さわやかな季節に「おはよう倫理塾」へ!

f0032780_9102236.jpg朝起きは再建の第一歩です。

ワガママを決めこみ、朝寝することが当たり前の生活になっていませんか?
そんな家庭人に発展はありません。夜更しに健康はありません。
成功者は朝が早い!これは事実です。
なぜなら、“朝起き”の実践をしていると、直感力が磨かれる。健康になる。
積極的になる。等々、ただそれだけではありません。

「早起きは三文の徳」とか「朝を制する者は人生を制す」と言われる。
“朝起き”は“早起き”とも言い、どちらも“朝早く起きること”の意味で、同意語です。
㈳倫理研究所の創始者、丸山敏雄が提唱している“朝起き”・“早起き”は
自然に目覚めたらサッと起きることであり、ゆうゆうと日の出を迎える起き方となります。
本物の“朝起き”を身につけ、自己革新を目指す。それが“朝起き”の実践です。
【実践のポイントは】
①早く起きると決心して早めに寝る。(睡眠時間を気にしない生活)
②目が覚めた時にあれこれ考えずにサッと起きる。(目覚めた時間を気にしない)
③決めた時間に起きる。(寝る前に起きる時間を決め、心に誓う)

新しい自分!・・・本当の自分を見つける、
そのお手伝いをするのが「おはよう倫理塾」です。

朝の空気の美味しさを体験してみてください。
本物の“朝起き”を身につけるため、
「おはよう倫理塾」に勇気を持って参加してみてください。
心よりお待ち申し上げております。
f0032780_9121379.jpg
「家庭倫理の会岐阜市」には三会場あります。
長良会場・金華山会場・細畑会場
お問い合せは:rinrigifu@yahoo.co.jp
[PR]
# by krinrig | 2006-06-24 07:17 | おはよう倫理塾

生活倫理相談士認定講座に参加して

f0032780_2020893.jpg紫陽花が今が盛りと咲き誇る6月18日〜20日まで、「家庭倫理の会岐阜市」から美女?三人が、生活倫理相談士認定講座に参加してきました。初日は霧が深くて富士山は見えなかったのですが、二日目は雲の間からところどころ顔を見せてくれました。梅雨時に富士山が少しでも見られてラッキーでした。
以下参加者の感想です。
“写真は高杉庵にて  御所園正信先生撮影”
*****************************************************************
倫理生活相談士の認定講座の受講に行ってきました。改革初代の生活相談士ということで、いろいろ戸惑いもありますが、まずやって見ようと言う意識がたかまりました。少しでも皆さんのお役に立てるように動きます。富士山も見えましたよ。【大野ヒサ子】

 現実を離れ、あの空間の中で見つけた難問の突破口。認定講座ならではの大収穫に感謝・感動!! ただひたすらに純粋に倫理実践に努めます。どうか、どうか温かく見守ってください。【神谷 由美子】

 資格講習よりたくさんの不安と緊張感があり、むずかしかった認定講座。終わりに近づくにつれ、少しでも皆様のお役に立てるよう精一杯させていただこうという気持ちが強くなりました。よろしくお願い致します。【加藤俊子】
[PR]
# by krinrig | 2006-06-22 20:22 | よくする活動

第34回子ども倫理塾

f0032780_18464633.jpg6月18日日曜日10時から円徳寺於いて第34回子ども倫理塾を行いました
環境汚染と自動販売機の設置でお水、お茶、ジュース等のペットボトルが使い捨ての昨今です。子ども倫理塾では8月13日の第3回子ども短歌まつりに先駆けてみんなで力を合わせてペットボトルのキャップで「パームツリィ作り」をしました。総勢33名で「♪この木なんのきになる木 なまえもしらないきですから~♪」でおなじみの木に形取った3枚のベニヤ板にキャップを木工用ボンドで貼って立派な手作りの木が出来上がり子どもたちもとても嬉しそうでした。この木を作るに当たり3枚のベニヤ板をつないで大きな木の形にしてくださいました堀光好さんをはじめ、キャップを集めて頂いた多くの皆様に深く感謝いたします。子ども短歌まつりに文化センター入り口へみんなの心を一つに大成することを願って展示いたします。
f0032780_1848671.jpg

[PR]
# by krinrig | 2006-06-20 18:49 | こども倫理塾

ー書道で地域貢献ー

f0032780_1859432.jpg岐南町の地域子ども教室「Gさうす」のボランティア講師の募集が4月にあり、申し込みをしました。まなび、あそび、ふれあいなど色々の教室がありますが、私は『筆で楽しく書いてみよう』という名前を付け書道を担当しました。
5月に第1回を終え、先日6月17日に第2回を開催し、幼稚園から小学4年生まで20人が集まりました。初めて筆を持つ子、学校でもうすでに習った事のある子など色々でしたが、みんな一生懸命書いて見せてくれました。中には活発な子もいて、体のあちこちに墨を付けたりした子もいましたが、秋津書道の会員の後藤時子さんに助けてもらい、何とか2回無事済ます事ができました。
 5回の教室ですので、あと3回も楽しくできたらと願っています。
                          (記 鈴木美智子)
[PR]
# by krinrig | 2006-06-18 19:00 | よくする活動

第三回ぎふ子ども短歌コンクール。作品募集中!

締め切り迫る!
f0032780_19101864.jpg

●資格  小学6年生まで 本人が作った未発表のもの。応募は無料です。
●方法  ①専用の応募用紙 ②官製はがき ③FAX ④Eメール
     のいずれかにて、郵便番号、住所、氏名、学校名、学年、電話番号、
     応募作品2首まで。但し、作品展示発表は1首のみになります
●宛先  〒500-8318 岐阜県岐阜市桜通1-12「子ども短歌コンクール」係
                               北岡 恵子宛
     お問い合せは、(090)1784-5682 FAX(058)251-8664
     Eメール fukufuku298@hotmail.com 北岡恵子まで
●締切り 平成18年6月26日(月)当日消印/送信有効

後援:岐阜県・岐阜県教育委員会・岐阜市・岐阜市教育委員会・岐阜新聞 岐阜放送・岐阜市商店街振興組合連合会・岐阜柳ヶ瀬商店街振興組合連合会・金神社・円徳寺
[PR]
# by krinrig | 2006-06-16 12:39 | 「家庭倫理の会」岐阜市の活動

2名が秋津書道入選!

「家庭倫理の会岐阜市」会員から七月号秋津書道で入選されました。
f0032780_7514399.jpg芸術部 かな
 地の部二席入選
(岐阜徹明支苑)鈴木美智子様
f0032780_756970.jpg4月号創作課題
人の部第一席入選
(岐阜長良支苑)篠田隆夫様
[評]かみしめるように運筆された深みのある書。

篠田様は今年度3回目の入選です。
[PR]
# by krinrig | 2006-06-15 08:07 | 文化活動

子育てクッキング

f0032780_18562412.jpg6月11日(日)9時30分より12時30分まで 長森コミュニティーセンターにて子育てクッキングが開催されました。講師の多和田美幸さんを含め参加者は8名(内子ども3名)でした。子どもと一緒に作れる簡単メニューを作って子育てに活かしてもらうことを目的に、子育て支援委員会が企画しました。メニューはピザとチョコレートムースで、和やかな雰囲気の中、どちらもとっても簡単に作ることができました。ピザは人の顔や動物などそれぞれにユニークな形ができました。近づく父の日にはお父さんの顔をピザで作って驚かせようかと相談している親子の姿もありました。f0032780_1857395.jpg「天地の恵みと 多くの人々の働きに感謝して 命の元をつつしんでいただきます。」と挨拶をしておいしくいただいた後は、食に関する話題で盛り上がりました。お母さん世代が味わった家庭の手料理で心に残る味を紹介しあったり、現代の食生活の話の中から食環境の問題点を出し合いました。多和田講師より、夜型生活の増加の実態と文部科学省も提案している“早寝、早起き、朝ごはん”の提唱と、孤食を払拭しようということで、時間を作って一日一回は家族そろって食事をすることや、テレビを消して、和やかに家族全員が同じものを食べることで、毎日の食を通して家族の絆を強くしていきましょうとお話をまとめていただきました。
[PR]
# by krinrig | 2006-06-12 17:36 | 子育て支援活動

全国一斉清掃デー「やさしい地球への恩返し」

f0032780_7405553.jpg
地球環境問題が取りざたされる昨今、(社)倫理研究所は地球環境の美化、浄化に対する意識の高揚と実践の強化を事業方針に掲げ、清掃奉仕活動を続けております。「地球よ、ありがとう」を忘れて、人類は自然を破滅し続けて、今や自分たちの生存さえ危うくしています。今こそ、地球への感謝を日常生活にあらわし、未来を担う子等に素晴しい地球を残しつつ、豊かな人生を立て直していこうで、今年も6月の「環境月間」に伴い、環境省と文部科学省の後援で、各種団体に呼びかけ「やさしい地球への恩返し!」をキャッチフレーズに「全国一斉清掃」を行いました。f0032780_7414677.jpgお天気にも恵まれた6月11日、家庭倫理の会岐阜市では朝6時30分〜7時15分まで、岐阜市の中心地区金プ宝町通りから、金華橋通り・長良橋通りグループごとに別れ徹明通りと若宮通りを、地域の方や市職員の協力を得て清掃することができ、清々しい気分になりました。
[PR]
# by krinrig | 2006-06-12 06:03 | 地域交流支援活動

ブログ訪問者1,000名突破!ありがとうございます。

f0032780_1227350.jpg

[PR]
# by krinrig | 2006-06-06 12:28 | プチ情報

6月の合同おはよう倫理塾

6月5日月曜日朝5時から岐阜倫理会館にて「合同おはよう倫理塾」開催!f0032780_2093635.jpg
実践報告は、やまがた支部会員、神谷由美子さん。「倫理実践により子供の不登校問題も解決し子供から手が離せるようになり、おかげ様で外に働きにでるようになりました。そこでも今まで学んできた倫理実践に期待をしましたが、倫理で学んだこと現実との違いに戸惑う。倫理にどっぷりつかってやりたいことだけをやっていたからと反省。失敗の連続で毎日が仕切り直し。しかし、嫌な部署への人事異動も、これがよしと受けとめてみれば楽しく働けるようになり、周りの雰囲気も良くなってきた。倫理を学んできたことをその場その場で活かすことにより、自分自身が成長できる。生活法則を当たり前のように実践して行きたい。」このような素晴らしい実践報告でした。
f0032780_20221054.jpg講話は平尾勝主事。倫理は実践である。会員の皆さんは今まで実践してきて「楽し」かったか「苦し」かったかどちらかであるはずである。何も感じなかったらそれは実践をしていないことになる。倫理は実践をすれば必ず体験が出る。出ないのは実践ではないからである。実践しているつもりだけで、日常生活に埋没してしまってることに気がついていない。
人間の身体は69.8%が水である。水にプラス言葉をかけると結晶が良くなり、否定的な言葉をかけるよ結晶が醜く壊れることが科学的に解ってきた。日本人は古来からプラスの言葉掛けを推奨して来た文化があるが現在は宗教めいていると思われて、受け入れてこられなかった。
私たちは見えない遥かなる偉大な徳をもらって生きているが、感じる力、キャッチする能力がないので気がつかない。頂いている徳に真の感謝が恩になる。恩の中に生かされている私たち。徳を積むのは私たちの責務であり子孫に残さなければならない。そんなことに気がついてください。親先祖から頂いた徳を自分の世代で使い切り、子孫へはマイナスの徳を残す人も居る。これではいけません。ますます倫理実践が重要な時です。
徳を積むことは、人の幸福を願うことです。
倫理(純粋倫理)に卒業はありません。
[PR]
# by krinrig | 2006-06-05 20:39 | おはよう倫理塾

新世7月号

f0032780_18584610.jpg日頃の生活にきっと役立つ、『新世』7月号が発売されました。
今月の特集は《家庭に和食を!》世界的な和食ブームの一方で、家庭の中ではいかがでしょう。むしろ「和食離れ」が進んではいないでしょうか。食の伝統を取り入れつつ、何気ない日々の食卓を大切にしたい。そんな願いをこめた「家庭に和食を!」が特集されております。
また、102ページ短歌の欄には、会員 古山洋子様の短歌が入選されています。この短歌は、今年1月28日に亡くなられた山田悦子様の思い出を詠まれた短歌です。是非開いてみてください。
『新世』7月号を先着5名の方に差し上げます。申し込みは rinrigifu@yahoo.co.jp へ
[PR]
# by krinrig | 2006-06-02 19:15 | プチ情報

ちょぼら【ごみゼロ清掃】

f0032780_19182267.jpg

こども倫理塾 5月の活動
ちょぼら【ごみゼロ清掃】
5月28日 日曜日 10:00〜11:30
円徳寺  岐阜市神田町6-24
f0032780_6113797.jpg第33回 こども倫理塾「ごみゼロ清掃」開催
5月28日(日)10時から18名で岐阜市ごみゼロ運動に合わせて、毎月こども倫理塾でお世話になっている円徳寺を中心に感謝の気持ちを込めてちょボラ「ごみゼロ清掃」活動を行いました。お御堂の床拭きをしたり、格子ガラスを一枚一枚丁寧に拭いたりとどの子も真面目に黙々と行うことが出来ました。
すきりした気分の後、お世話係の役員さんが作ってくれた「大判お好み焼き」を準備しておなか一杯食べ、楽しい会になりました。
[PR]
# by krinrig | 2006-05-28 19:24 | こども倫理塾

岐阜市京町小学校を訪問しました

f0032780_193676.jpg
柳ヶ瀬支部の後藤幸子さんが毎月『新世』を届けている京町小学校へ子ども短歌コンクールの募集のお願いに行かれた時、校長先生より、多くの人達に学校を訪問して欲しいとの要望があり、家庭倫理の会岐阜市の文化部3人(後藤、古山、鈴木)が地域密着と地域貢献のお役に立てばと学校訪問をしてきました。
 校長先生より学校を開放して地域の人達との交流を深め、子ども達の安全な環境になれば、等のお話を伺った後、6年生の子ども達や近所のお母さん方と一緒に音楽室で「おぼろ月夜」など懐かしい歌を何度も合唱しました。
その後、5年生と6年生が一緒になり「子ども短歌コンクール」の応募に向けての短歌作りをしました。最初に「子ども短歌コンクール」の案内をし、短歌の作り方を簡単に説明しました。子ども達は5,7,5,7,7と書かれた紙の○の中に指を折りながら言葉を埋めていきました。中にはとても感動する歌もあり、「子ども短歌コンクール」の当日が楽しみです。最後に8月13日の「子ども短歌コンクール」に来てくれることをお願いして京町小学校を後にしました。
f0032780_19371672.jpg
                          (記 鈴木美智子)
京町小学校のホームページにも掲載されました。
短歌を教えてもらいました。
[PR]
# by krinrig | 2006-05-24 19:50 | 地域交流支援活動

青年倫理塾から《ボーリング大会》のお知らせ

《ボーリング大会》f0032780_21291768.jpg
青年倫理塾では下記の要領で
ボーリング大会を企画しました!
♪日  時♪ 平成18年7月2日(日)
      AM10:00スタート
♪場  所♪ 大垣コロナワールド      
♪参加資格♪ 小学生以上
♪会  費♪ 高校生以下 1,000円
       大学生以上 1,500円

f0032780_2132050.jpg
大学生以上 1500円
会費には、ボーリング2ゲーム・貸靴・軽食が含まれています。
会費は当日徴収します。
一般の方は青年(少年)と同伴に限り参加できます。
参加希望の方は、青年役員までFAX又は電話かEメールアドレス rinrigifu@yahoo.co.jp までご連絡ください。みなさんの参加、おまちしてま~す!! 
[PR]
# by krinrig | 2006-05-23 21:44 | 青年倫理塾

“岐南町地域子ども教室”で地域貢献

f0032780_18491619.jpg
地域貢献の一環として『Gさうす“岐南町地域子ども教室”』に昨年度はサポーターとして参加しました。
子どもたちとのふれあいの中、とても楽しい時間を過ごすことができました。
今年度も何かお手伝いができたら良いな?と、考えたところ、子どもたちと楽しくパンが作りたいと思い、
『Gさうす“岐南町地域子ども教室”』にお手伝いを申し込み、本日(5月13日)、1回目の『楽しくパン作り!』を開催しました。
f0032780_18501157.jpg参加者は岐南町の3つの小学校の親子10人とサポーター1名、そして、講師の私とで総勢12名です。
「アンパンマンとウルトラマンを作りましょう。」と、手順を説明しましたが、皆さん思い思いのいろいろな形のパンを嬉しそうに作っていました。
f0032780_18505646.jpg焼きあがって自分の作ったパンがオーブンから出てくるのを、目を輝かせて待っていました。
おまけに「白玉だんご」も作りました。記*多和田美幸
次回は5月27日に開催します。f0032780_18523075.jpg
[PR]
# by krinrig | 2006-05-13 18:56 | 地域交流支援活動

子育てクッキング

f0032780_16313043.jpg

申し込みはrinrigifu@yahoo.co.jp でも受け付けます。
[PR]
# by krinrig | 2006-05-08 16:33 | 子育て支援活動

市民モーニングセミナー

5月7日(日)朝7時より、岐阜グランドホテルにて『市民モーニングセミナー』開催。講師に倫理研究所生涯局、田形健一局長を迎え、テーマは「運命を変える」〜奇跡はあなたの心に〜。
f0032780_15141589.jpg
多くの人は、努力せずして自分の運命を良くしたいと思っている。しかし、日頃の地道な努力なくして自らの運命を変えることできない。
熊本の過疎の村に育ち、理屈ばかりで、人と比べて、自分はダメだと灰色の青春時代を送ました。私の運命を変えた出会いに叔母の存在がある。高校へ通うために、人のお世話をすることが好きな叔母の家に下宿することになりながら、大学受験にも失敗。叔母の勧めで、倫理の生活指導を受けました。一通り自分の嫌な性格を言った後、講師は「劣等感は怠け者の言い訳である。極めるものを一つ決め、朝起きひとつやってればなんとかなる!」正しい朝起きは、目が覚めたらサッと起きることである。二度寝三度寝当たり前で、朝が来ることが喜べない毎日であった。今までは、やる前から文句を言っていたが、運命を変えるには実践実行である。それから40年正しい朝起きに努力してきた。f0032780_15152099.jpgもうひとつは、あいさつである。必要なときに、必要なことをはっきり言える人間になるために、あいさつの実践である。あいさつは上下関係に関係なく気づいた方が先にする。自分から先に。「出会い」は自ら先に出ることである。あいさつひとつも、どういう気持ちでするかが問題である。気持ちも態度に現れる。
小さな努力で大きな成果を求めない。大きな努力で小さな成果に感謝する。
自分が変わっただけ、運命が変わる。プラスの言葉で運命が変わる。困った事が起きたら、面白いことが起きてきたと言ってみる。苦難が起きたら、「ありがとう」と言ってみる。だから良くなってくる。
f0032780_15161570.jpg正しいことを断固として行う勇気を持つ。「勇気」は「言う気」。身近な妻や夫に「ありがとう」と言いましょう。笑顔を添えて。笑顔は周りも明るくする、消費税もかからない。身体の免疫力を高めるためにも、声を出して笑いましょう。心を変えるためには、型から入ること、だから笑う。
運命を変えるには、自分が変わることである。
開催に先立ち、今回のセミナーに参加いただいた、安藤征治教育長からも、このようなセミナーを開催され意義と励ましの言葉をいただきました。ゴールデンウイーク最終日で雨にもかかわらず、教育関係者や各議員を含め230余名の参加がありました。ありがとうございます。
[PR]
# by krinrig | 2006-05-07 15:00 | おはよう倫理塾

「春のほがい」

f0032780_7271033.jpg「春のほがい」
5月5日朝5:00〜5:45[式典]
     6:00〜7:20[懇親会]
場所:細畑会場(細畑公民館)
=======================
5月5日は社団法人倫理研究所の創立者丸山敏雄先生のご誕生日に当たります。倫理研究所では、この日を「春のほがい」と名づけて、毎年家庭倫理の会において記念の行事を行っています。
「ほがい」という言葉は「寿ぎ詞をのべて、お祝いする」という意味の古語です。さらに「祝い」には「賀す」「慶ぶ」という意味のほかに「結ぶ」という意味も含まれています。
丸山敏雄先生は、昭和26年の第一回の「春のほがい」の席で、次のように述べられました。
「父母はわたくしの生命の根源である。父母なくしてわたくしたちの生命はない。父の生命賦与の恩を思い、母の深い愛情に泣いて、人はまことの純情にかえり、その本性を現わし、個性を発揚して、もろもろの悩みやすべての不幸をも一掃することができるのである。また人はだれでも、その他にも数え切れない多くの恩の網に結ばれ、恵みの交流によって生かされている。このことを深く自覚し、これを喜び、これを祝いあうのが倫理研究所の『ほがい』である。」
この言葉を趣旨として、原点にかえる意味から、創始者の生誕をお祝いするとともに、併せてお互いの健康と繁栄を慶賀し、さらなる前進を祈り誓うための行事が今日の『春のほがい』です。(写真は昭和25年5月の誕生日で、ご夫妻での最後の一枚)
=====================================================
f0032780_19335861.jpg当日は式典で高島会長からのあいさつと、3名の会員の喜びの発表がありました。
f0032780_19362856.jpg
第二部の懇親会では手作りの料理と各会場から歌あり踊りありの楽しい時間を過ごすことができました。写真提供は柳原泰一様。ありがとうございました。f0032780_19385428.jpgf0032780_19394079.jpg
[PR]
# by krinrig | 2006-05-05 11:55 | 「家庭倫理の会」とは

クリーン長良川

f0032780_10115242.jpgクリーン長良川
岐阜の観光のメインである、鵜飼い開きも近づいた4月29日。「長良川を美しくする会」が各種団体や企業に呼びかけた【クリーン長良川】に「家庭倫理の会岐阜市」も参加。早朝にもかかわらず大勢の方が参加されていました。
f0032780_1017548.jpg
f0032780_10182478.jpg一見美しく見える河原も、よく見てみるといろいろなゴミが落ちています。一番目立つのがビニール類。河原の石に挟まったレジ袋や肥料が入っていたと思われる袋等。野鳥を調査されている方のレポートによると海鳥が胃にビニールが詰まって死ぬ事例が多くなっていることが心配されます。そんなことを思いながら無心に拾い集めたゴミはいつしか、袋一杯になっていました。
ありがとうございます。
[PR]
# by krinrig | 2006-04-30 10:24 | 「家庭倫理の会」岐阜市の活動

美容の裏ワザ・隠しワザ【手間いらずで即効の洗顔法】

f0032780_19264722.jpg【日本酒で洗顔すればツヤツヤに】

日本酒は飲みすぎると体によくないけれど、洗顔に使えば肌を若返らせるありがたい存在に変身する。

いつものように洗顔料で汚れを落としたら、洗面器1杯分のお湯の中に日本酒を盃に3杯程度(コップの約3分の1)入れて用意しておく。これを両手ですくって、きれいになった顔全体に行き渡るように何度か洗うだけ。顔のすみずみまでていねいになでるようにして、日本酒をしっかり肌になじませるのがコツだ。

これを朝晩の1日2回実行すれば、新陳代謝が盛んになって、つやつやの肌がよみがえる。米でつくられているものであれば、安い日本酒でもOK。飲み残しの燗冷ましでも大丈夫だ。


【塩水洗顔で肌を丈夫に】

塩でおなかをもんでやせるという方法があるが、塩を使った美容法は顔にも効果的だ。鼻の黒ズミや毛穴が目立つというとき、オリーブオイルを塗った上から塩でマッサージすれば、スクラブ効果(つぶで汚れを浮きたたせる効果)できれいになる。肌が弱い人は栄養クリームに塩を混ぜてマッサージしてもいい。

このマッサージはひじやかかとの角質化した肌にも効果がある。ニキビや吹き出物に悩まされているなら、洗面器8分目の水に塩大さじ1杯を落とした塩水洗顔がいい。肌を健康にしてくれる。


【麺のゆで汁も肌にいい】

うどんやそば、ラーメンなどのめん類をゆでたあとのゆで汁は、捨てずに洗髪や洗顔に使うと、意外や意外、髪の毛はツヤツヤ、顔だってツルツルになる。

シャンプーをしたあと、ゆで汁をリンスとして髪の毛にしみ込ませて、しばらくたったらふつうのお湯で洗い流すだけ。ゆで汁の中のグルテンなどのタンパク質が、髪のタンパク質と結合して髪にツヤを与えてくれるというわけだ。

また、顔をゆで汁で洗えば、ゆで汁の中に含まれているデンプンの作用で、皮膚のタンパク質が分解されるので、顔についた垢や脂肪分が取り去られる。まさにゆで汁は「魔法の美容液」といえるだろう。
[PR]
# by krinrig | 2006-04-25 19:31 | プチ情報