千潟佐和代様「良き夫婦関係を」〜楽しいシルバーエイジをすごそう!〜

2月10日長森コミュニティーセンターにて、家庭倫理の会岐阜市、倫理セミナーが一般社団法人 倫理研究所 生涯局 講師 千潟佐和代様を講師に迎え開催。テーマ「良き夫婦関係を」〜楽しいシルバーエイジをすごそう!〜
f0032780_18563402.jpg楽しいシルバーエイジを過ごす為に、今一度夫婦関係を見直しましょう。夫婦関係は人生のあらゆる幸不幸を左右する原点であり、出発点です。しかし、日々の暮らしの中であまりにも身近な存在のためにすれ違いが生じます。仲良くなる秘訣を考えてみましょう。
夫婦二人の男女が一緒に暮らすという事がどんなに難しいことかを自覚すべき。両手があり手を合わせて「パチン」と音がでのも両手が合ったからです。一致して音が出るように、対立してあるものが → 合一によって → 生成発展して行くのです。
夫婦お互いの健康。良い子供とその肉体の健康。夫婦のお互いの心の正しい発達。一家の栄え。事業、商売の繁栄。これらの全てが、夫婦の心が一致しているかいないかにかかっているのです。
どんな夫婦も、二人を足して二で割れば、丁度釣り合った男女になるようになっています。
「万人幸福の栞」5条では、夫婦は一対の反射鏡とあります。自分の良き心意は、相手の好ましい行為となって投影し、わがままや不自然な心は相手に自分を嫌う行為となって現れる。
夫婦関係は相手を変えようとする前に、自分から変わることです。
夫婦は先に述べたように陰と陽の対立からなっています。
「夫の倫理」夫は夫らしく(陽)おおらかで雄大、しかも心細やかで面倒見がよい。
「妻の倫理」妻は妻らしく(陰)何でも喜んで朗らかに受け入れ、責めたり傷つけたりしない。
【夫婦円満の秘訣】
◆話し合いの場を持つ(男女は、価値観が違うから話さないとわからない)
◆明るく「ハイ」と応える(まず、共感することから始める)
◆言いたいことは、あっさりと伝える(話しやすい場をつくる。それには買い物など、行動を共にする。夫は妻のことばをさえぎらずに聞く)
【夫婦愛和の秘訣】
◆甘える(わがままを言うのではなくて、意地を張らない。手伝いを頼んでみる。純情(すなお)になる。嬉しい、悲しいを伝える)
◆信じる(信じてあげるから、頑張れる。頑張るのは信頼があるから)
◆受け入れる(純情(すなお)が基本であるから、まずは「ハイ」と受け入れる。その後に自分の意見を言うようにする)

高齢化が進み、シルバーエイジの課題は、お互いの健康である、そのためには喜んで働く(喜働)。
生きがい(希望)(目標)を常に持つ。曽孫の成人式を、孫の結婚式を楽しみに待ち健康に生きることが目標だっていい。
一緒にいる時間が長くなるので、一緒の時間を楽しめることを考えてみる。別々が当たり前にならないように。
夫婦の仕切り直しの時でもある。「この人と生きていく」と心に誓う。そうすることで、新しい夫婦の人生が開けてくる。今までの人生を振り返って、子供の自立後の夫婦の在り方を考える時でもあります。

実践のポイント
*相手ではなく自分が純情(すなお)に変わる。
*相手をひたすら喜ばせる。
*自分と一緒になっていただいて「ありがとう」と言えるようにする。

[PR]
# by krinrig | 2018-02-12 18:46 | よくする活動

2月8日子育てセミナーを開催

2月8日ぎふメディアコスモスにて、子育てセミナーを開催。
「可能性の芽を育む」〜子供の能力は無限大〜、をテーマに平岩かおる講師の話を聞いた後のグループトーク。
f0032780_17092769.jpg
かなり深い話ができ、その後の質疑応答でもさらに深めることができた。
今回で3回目の参加の方に感想を聞くと、「自分の気持ちを素直に話せる場所があることは幸せだと思いました。そして、人の悩みを聞いて何か力になりたいと思うことも、自分自身の問題を解決に導く糸口になる、と分かりました。」と、感動の言葉をいただいた。
これからもますます、ママの心がホッとする場にしていこうという思いが強まった!










.


[PR]
# by krinrig | 2018-02-10 17:01 | 子育て支援活動

1月28日「寒さに負けぬ実践力アップセミナー」

1月28日長森コミニュティーセンターにて、倫理セミナーを開催。
生涯局 講師 小林宜子様を迎え、テーマ「寒さに負けぬ実践力アップセミナー」
f0032780_18001157.jpg
平成2年の入会。ベテラン会員揃いの、家庭料理の会大阪市に所属。役職は天意である。必要だから与えられる。倫理・家庭・仕事 三位一体です。先に倫理の実践をする事で、家庭と仕事も変わってくる。組織の中で自分から変わる努力する事で、周囲が変わってくる。
おはよう倫理塾へ通うことは、純情(スナオ)になる第一の実践です。
標語に「朝起き再建の第一歩」とあります。朝起きは、早起きと違う。朝起きは、目が覚めたら躊躇なく起きて、陰と陽の実践になり、1日同じ時に1回の実践となると宇宙のサイクルとなる。おはよう倫理塾に通って、輪読することも、同じ時に一日一回の実践になり、宇宙のサイクルと合わせる事です。
倫理をつなげることが大切です。母から孫へと先祖の徳によりつながる。私も、両親の徳によって入会することになる。
倫理を学び実践する母が輝いて見えた。姉も入会してから綺麗になった。大切な人に倫理を伝えることです。
倫理を正しく学んで正しく実践することが、今年度の目標でもあり、考えてみれば当たり前のことである。実践は、理屈なしに行ってくださいというのが、創始者の願いでもある。
子供の食事の好き嫌いの悩みと、台所を綺麗にするとは関係ないと思うかもしれませんが、理屈なしにやった時に子供が好き嫌いをしなくなった体験が出た実例もある。理屈でやらなかったり、理屈を思ってやっていたのでは正しい実践ではない。
土台となる心は、純情(スナオ)であるべきである。その心で実践することで体験が出る。その反対で、わががままな心で実践しても途中で挫折するか、うまくいかないのは、当然である。心の通りに環境が変わっていくからです。
苦手な人や嫌いな人には、挨拶しないことが多いが、嫌いな人に挨拶をするのは超常識です。そこに倫理があります。
起きてくることに無駄がない。良くするため起きて来る。理屈なしに行ってみてください。
*起きた問題は何か教えられているから、これまでの生活を改善する。
*起きてくることを他人のせいにしない。
*要物必与。(全てが自分に必要があって起こる)
*信念は必ず体験につながる。
*普及の時は、相手の幸せを願ってより多くの人に声掛けする。(断られる時がチャンスと捉え、他の人に声掛け)
セミナーの後半はグループトーク、各グループのリーダーが発表し、講師がコメントした。














[PR]
# by krinrig | 2018-01-31 17:57 | よくする活動

1月27日「純粋倫理基礎講座」を開催

1月27日長森コミュニティーセンターにて「純粋倫理基礎講座:第9講」を開催。
中瀬会長の挨拶では、「第8講を受けた後『すべてのことを素直に受け入れる』と実践目標を立てて実践をしたら周りが変わってきた。」と話された。
第8講を学んでの2名の実践報告。
f0032780_17175536.jpg次いで小林宜子講師により、講義が行われた。
<テーマ>愛和の家庭を築く
夫婦円満のコツは
1、相手をそのまま受け止める
2、相手にそのまま合わせる
3、同じ方向を向いて進む
4、相手を喜ばせる
“夫婦は一対の反射鏡”であり、相手を変えることはできない。
自分が変わればよい。
日頃「ハイ」と受け、名前を呼んで挨拶を心掛けることが大事。
















[PR]
# by krinrig | 2018-01-31 17:15 | よくする活動

2月の子育てセミナー

f0032780_11391315.jpg

055.gif 問い合わせ rinrigifu@yahoo.co.jp


















[PR]
# by krinrig | 2018-01-25 11:39 | 子育て支援活動

1月21日「子供倫理塾」

1月21日長森コミニティーセンターにて「子供倫理塾」を開催。
「書道」〜毛筆文化に親しむ〜
今回は、小学校で配られたチラシを見て、初めて参加してくれた子もいました。
全員でファイブアクト斉唱の後、書道講師から筆の持ち方や墨の扱い方を教えてもらってから、書き始めました。
戸惑ってなかなか進まない子、ためらいなくドンドン筆の進む子、様々でした。
好きな文字、思い付いた言葉、自分の名前を書いたり、文字を書けない小さい子は絵を描いたり、思い思いに、書道に親しみました。
f0032780_17284691.jpg

















[PR]
# by krinrig | 2018-01-23 17:25 | こども倫理塾

二支苑合同新年会

1月14日細畑公民館にて、家庭倫理の会岐阜市 秋津書道・しきなみ短歌 長良支苑長森支苑合同新年会を34名の参加で開催。
f0032780_10533428.jpg
前日より会員の短歌と書道の作品を展示し、力作に囲まれての合同歌会が始まりました。
f0032780_10533759.jpg36首から10首の高点歌が発表され、古山洋子講師と後藤幸子講師の講評をいただき和やかに歌会は進行しました。
お昼からは、新年会で新春にふさわしい豪華なお弁当をいただきながら、賑やかに二支苑の親睦をはかることができました。
午後は、合同秋津書道会でも同講師の励ましにより、参加者は筆を進めることができました。
会場作りから後片付けまで、会員のご協力に感謝です。
f0032780_10361741.jpg














.


[PR]
# by krinrig | 2018-01-19 10:48 | 文化活動

1月11日「なごみcafé」を開催。

1月11日メディアコスモスにて、子育て委員による「なごみcafé」を開催。
ヨガと、頭の中の考えや思いをスッキリ整頓させる“マンダラ(曼荼羅)チャート”を行いました。
【参考】曼荼羅とは仏教における世界観を視覚的に表した絵画。曼荼羅のように中央から放射状に広がるマスを用いた発想法がマンダラート(マンダラチャート)。3×3のマスを作成し、メインテーマを中央に、関連事項を周辺に書いていく。展開していくことで、さまざまな視点からのアイデアが次々と生まれる。応用の幅も広く、事業計画や勉強、スケジュール作成などあらゆるシーンに応用できる。プロ野球で活躍する大谷翔平選手も高校時代から利用していたようだ。目標をマンダラチャートに書くことで、一見無関係に思えるような要素でも、密接に繋がっていることに気付く。
f0032780_10362134.jpg
ヨガは、普段伸ばさないところがグーッと伸びて気持ちがよかったです。“マンダラチャート”では心の中の悩みを書き出しました。
「今できる事、始める事、が出てきて、これから1つずつ頑張ろう!と思いました。」と、参加した方から感想をいただけました!
f0032780_10355401.jpg

















[PR]
# by krinrig | 2018-01-16 10:35 | 子育て支援活動

平成30年度子育て正副委員長研修(in横浜)に参加して

平成30年度子育て正副委員長研修(in横浜)に参加して
H.29年12月2~3日                   片桐子育て副委員長
研修に行かせていただき、最初に感じた事は、挫折感です。
全国から選ばれた実践報告者のお話は素晴らしく、活発な地域の活動報告を聞く度に、凄いなあ、という気持ちになり、と同時に私には出来ない、体験をしてない私が子育て副委員長をやってていいのかと、落ち込みました。でも、せっかく行かせていただいたのだから、会の皆さんに還元したい気持ちもあり、その時の感情を正直に表しながら、自分の抱えている問題と共に平岩かおる講師に聞いていただきました。
教えていただけた事は、まず、早朝の外気に触れる事の凄さです。「外に出て、呼吸と同じく皮膚からも色々なものを循環させる事。体だけでなく様々な事の循環が良くなってくる。その為に、『おはよう倫理塾』に通ってみるといいわよ。」と言われた時、「絶対に無理です~!!」と言いました。講師と押し問答を続けているうちに、自分の思い癖に気付き、そこを変えたいな、通ってみたら変えられるかも、と思うようになり、段々と覚悟が決まってきて、「まずは1か月を目標に通ってみます。」と約束をしました。その晩、主人に宣言して覚悟を固め、翌朝、久々に行くことが出来ました。
通ってみると、毎日準備をし、その場にいてくださる方がみえるから、通えるんだなあ、と感謝の気持ちが湧いてくるし、呼吸し、外気に触れて循環し、会場で話すことで、良いエネルギーを循環させてるんだなあ、会場があって有難いなあ、と実感しています。
なかなか毎日通うことが出来ませんが、「お休みする日があっても、また次の日から改めればいいのよ。」との平岩講師からの言葉を力に、1日1日通いたいと思っています。
f0032780_10360067.jpg















[PR]
# by krinrig | 2018-01-07 10:58 | 子育て支援活動

「モチベーションアップセミナー」

12月22日、日光コミュ二ティーセンターにて「モチベーションアップセミナー」を、講師に倫理研究所 生涯局 寺嶋朗圭研究員を迎え開催。
f0032780_11115521.jpg「大丈夫きっと出来る」の言葉を胸に刻み、色々な苦難を乗り越える事ができた。モチベーションをアップするには
1.どんなことがあっても明るく受け止める事
2.モチベーションの高い人と一緒に行う。自分の気持ちが少しずつわくわくしてきてやりたくなる
3.実践したら、自分の意に添うものが出て、与えられる。 
この身体をいただいた親につながり、感謝の気持ちを忘れない。

[PR]
# by krinrig | 2017-12-26 11:11 | よくする活動

長良川会場おはよう倫理塾

12月22日、長良川会場おはよう倫理塾は講師に倫理研究所 普及開発部 寺嶋朗圭研究員を迎え開催。
実践報告はOTさん。嫁いだ娘の子育てや孫の姿を見ていると、以前に倫理で学んだ「子女名優」の親子相関の原理(親子はつながっている)を思い出し。自分の子育てが間違っていたのでは無いかと反省しました。
しばらく「おはよう倫理塾」を休んでいたましたが、生活倫理相談を受けてから毎朝「おはよう倫理塾」に通うようになりました。
何とか少しでも、自分自身が成長し自己革新し、家庭を改善したいと実践を始めました。

f0032780_10361281.jpg寺嶋朗圭研究員の講話は、テーマは「実践の大切さ」。
皆さんは自分の名前の由来をご存じですか?
私は自分の名前の由来を母から聞いて、やっと自分の名前が好きになりました。
富士高原研修所での「恩の遡源」の研修を受けた折に、38年間音信不通になっていた父のことが思い出された。「父に思いを寄せる」というアドバイスを受け、実践をしていると、中野区役所から電話があり居所がわかりました。
その後、1日通信(毎日ハガキを出す実践)を始めたとの事。
命の元に思いを馳せていただきたいと締めくくられた。
f0032780_10360686.jpg


















[PR]
# by krinrig | 2017-12-25 11:18 | おはよう倫理塾

12月10日「感謝報告会」

12月10日長森コミュニテイセンターにて「感謝報告会」開催。 
中瀬会長より、感謝報告会の意義の説明があり、各支部ごとに感謝報告を発表。

柳ヶ瀬支部  K.Kさん
銀杏採りの作業中、転んで骨折。起きてきた事を前向きに捉え、倫理の学びを生かそうと実践。家族の有難さを深く感じ感謝した。また、これまで喜んでやっていなかった事、人に頼るより自分でやったほうが良いと思い、甘え下手の自分だった事を反省した。「ありがとうございます。これがよい!」と明るく受け止めた時、身の周りの事が好転した。 

加納支部  H.Eさん
支部長の大役を受け、初めての事にチャレンジしている。支部長として前向きな気持ちで『おはよう倫理塾』や『新世』頒布に取り組んでいる。東京に住んでいる長男が購入する新居が丸山敏夫先生の生誕地のすぐ近くだと知り、偶然でなく、倫理活動を応援してもらっていると受け止め、精進する。 

八剣支部 K.Kさん
突然体調を崩し、救急車で運ばれた病院で検査入院した結果、大病が見つかった。自分を見つめ直し、家族、亡き両親、先祖に感謝した。100個の「ありがとう」を主人や子、孫たちにそれぞれ書くなど実践に取り組む。手術する事無く回復に向かい少しずつ日常の生活を取り戻し感謝。 

長森支部 S.Hさん
倫理とのご縁は、姉からの講演会の誘い。「何かが変わるよ」の言葉に魅かれ『おはよう倫理塾』に通う。親として成長させてもらえる場所にご縁をいただき感謝。『万人幸福の栞』を人生の手引書として、これからも学びを深めていく。 

やまがた支部 H.Hさん
27年前に5年間、朝の集いに通っていたが、以降遠退いていた。今年5月から『おはよう倫理塾』に通い始めたきっかけは、のどにポリープが出来たこと。帰り道の清々しさ、働ける事、仕事が出来る事、食事が出来る事など、感謝の生活を心がけた。その後、のどのかすれも無くなりポリープも消えた。自分自身の修行と思いこれからも通う。

芥見支部 M.Yさん
主人に合わせる事、子どもを信じて任せる事が大切と教えられた。子育て委員、子育て委員長、副推進長の役職をさせてもらい、たくさんの気付きと学びをいただいた。子育ての役を通して、自分が身勝手な子育てをしてきた事を反省。役職に真摯に取り組む中、長男が希望の職種に内定の報告をもらった感謝の報告。倫理の学びは、私にとって必要な事だと受け止めている。

















[PR]
# by krinrig | 2017-12-15 09:28 | よくする活動

12/7「子育てセミナー」

12月7日長森コミュニティーセンターにて子育てセミナーを開催。
テーマ 「子供のSOSに気付いていますか?」
講 師 生涯局 平岩かおる講師
12月2~3日の『子育て正副委員長研修』に野口委員長、片桐・三浦副委員長が参加し、子育てセミナーの開催目的が定まり基本に立ち返って開催することが出来ました。
講師のお話で、子供との関わり方を学び、初参加が2名の方は、グループトークでの、これまで参加された方の話を参考になったとのこと。
講師との質疑応答でも納得のいく解答を得られたようです。
f0032780_09150794.jpg

「次回も来たいと思っています。とてもいい雰囲気の中で話が出来て、スッキリしました。」と、感想がいただけ開催した委員も、とても嬉しく感じました。
時間配分など改善点も気付いたので、今後に活かして更にホッとできる場にしたいです。
f0032780_09165450.jpg
次回をお楽しみに!


















[PR]
# by krinrig | 2017-12-10 09:04 | 子育て支援活動

12月7日「子育てセミナー」開催。

f0032780_16413638.jpg

画面を、ダブルクッリックすると拡大します。

055.gif 問い合わせ rinrigifu@yahoo.co.jp















[PR]
# by krinrig | 2017-11-23 16:41 | 子育て支援活動

11/19「子供倫理塾」

11月19日南部コミュニティセンターにて「子供倫理塾」を開催。
~廃材を使った「モノづくり」と手形アート~
参加者全員で5アクトを斉唱。
ビー玉が転がるように、筒や箱をいくつもつなげたり、ロボット、お人形さんの家、ツリーなど、一人一人が工夫を凝らしながら製作を楽しみました。
手形アートでは、白い絵の具を塗って押した手形をサンタさんのひげに見立て、顔のパーツを貼り付けてサンタさんを完成させました。
家では、なかなかできない遊びに子供達は、夢中で取り組み楽しい時間を過ごせました。
f0032780_09242817.jpg















[PR]
# by krinrig | 2017-11-20 09:19 | こども倫理塾

親睦バス旅行

11月18日は「おはよう倫理塾」細畑会場の会員の親睦バス旅行を開催。
小雨降る中、彦根方面に向けて参加者34名を乗せたバスは出発。
雨も良しと受け止め、澤田班長の名司会で進行。バスの中はでは参加者が自己紹介をして、和やかな雰囲気につつまれた。
『多賀大社』では、皆さん助け合って参道を歩き…これこそが、倫理の仲間旅行だと、心が温かくなりました。 
『ラ コリーナ近江八万』では、長蛇の列に加わり焼き立てバームクーヘンを家族の為に買ったり不思議な建築物を散策したりしました。
ちょうど雨も止み、石山寺で昼食をとり、紅葉が綺麗でした。
『信楽陶苑狸村』では、湯呑みの絵付けに個性を発揮しました。
f0032780_09022322.jpg

帰りのバスでは、ビンゴ、カラオケと盛り上がり、参加者の方から全員にプレゼントがあり、またビンゴの景品の手作り野菜に歓声があがりました。
楽しい一日を過ごし親睦を深めることができました。















.

[PR]
# by krinrig | 2017-11-20 08:47 | 長森支部

11月9日「子育てセミナー」

11月9日「子育てセミナー」長森コミセンにて開催。
テーマ「ママの役割・パパの役割」~共働き夫婦の子育てヒント~
f0032780_17015195.png
講 師 生涯局 平岩かおる講師
 母=女、父=男というわけではなく、母の役割(母性)と父の役割(父性)ということ。
母性は無条件に子どもを抱きしめ、父性はルールや善悪の判断、社会的責任感等を身に付けさせることであり、母性的なものを先に与え、父性的なものは後からという、順番が大切。
初めての参加者が2名あり、日頃の悩みや心配事をグループで話し合い、共感したり、それぞれの体験談を話したりした。最後に講師からアドバイスを受け、皆さんモヤモヤが晴れたようだった。
















[PR]
# by krinrig | 2017-11-11 16:58 | 子育て支援活動

11月3日スペシャル「おはよう倫理塾」

11月3日スペシャル「おはよう倫理塾」岐阜都ホテルにて開催
f0032780_16550318.jpg〔講師〕生涯局 普及開発部 吉川和儀 部長 
10月8日の目標達成決起大会での決意を胸に、会員全ての力を結集し、昨年度より12名増の224名が、早朝長良河畔、岐阜都ホテルに集った。
林宏優 山県市長、宮脇恭顯 羽島郡二町教育委員会教育長、岐阜市議会議員の方々にもご出席いただいた。 
中瀬加代子会長の挨拶の後、普及開発部 吉川和儀部長の講話があった。倫理運動や、『万人幸福の栞』冒頭の十七箇条の紹介をされ、個人も企業もその基盤は家庭であり、家庭をしっかり見つめ直していこう、一日一日、自分の持てる力を精一杯出し切っていこうと説かれた。
また、自身と母親との関わりの中で、親の子に対する深い愛と思いやり、見守られている事に気付かされた話は来場者に感銘を与えた。
f0032780_16534759.jpg
















,

[PR]
# by krinrig | 2017-11-05 16:43 | おはよう倫理塾

11月2日「純粋倫理基礎講座」

11月2日「純粋倫理基礎講座」第8講を長森コミセンにて開催。
中瀬加代子会長の挨拶の後、
第7講を学んで、柳ヶ瀬支部の浅野郁子さん、加納支部の小森都美子さんの実践報告があった。
f0032780_17072677.jpg第8講テーマ 「純情の心得―実践の指標―」
講 師 生涯局 吉川和儀部長 
絶対倫理の根本は、「すなお」になる事。
ここでは強い積極性を持っているので「純情」の字を充てた。
「純情」は人が本来持って生まれた、あるがままの自然な心、これを「正常心」とも呼ぶ。
これはまた、歪みも偏りもない清浄無垢な心であり、これに徹した時、人の働きは「まことの働き」になって開花結実する。直観は冴えわたり、遅滞なく進行する。 
「純情」の元は「緊張(はり)」、力んだり、身構えたりするのでなく、「その場いっぱいに充ち満ちている」事で「常居基全(常にその全きに居る)」とも言う。 
「純情」の陰と陽    
陰…水のごとく、あるがままに全てを受けきる 「ハイ」の実践    
陽…火のごとく、一気呵成にやってやりまくる 「即行」の実践















[PR]
# by krinrig | 2017-11-04 16:36 | よくする活動

10月29日「子供倫理塾」

10月29日「子供倫理塾 親子で食育~食事の大切さを学ぼう~」長森コミセン調理室にて開催。 
片桐くんの進行で、「5アクト」から始まり、岐阜市食生活改善推進員の方からのお話。
f0032780_16331657.jpgジャンボ図鑑を使って、普段食べている野菜や魚などの、カットや切り身にされていない、本来の姿の話を聞きました。






f0032780_16332088.jpg子供達は、色々質問しながら、興味津々で聞いていた。 







お話の後は調理実習。
f0032780_16332310.jpgメニューは“お味噌汁・白ご飯&炊き込みご飯のおにぎり・スイートポテト”。潰したり、こねたり、丸めたりしました。






f0032780_16332739.jpg
皆で協力して作り、大悟くんの「いただきます」の挨拶で、楽しく食事をしました。
後片付けまで、しっかりでき、子供達の良い姿が、沢山見られた。















[PR]
# by krinrig | 2017-10-31 16:20 | こども倫理塾