人気ブログランキング |

<   2019年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

シニア懇談会

2月20日(水) 長森コミュニティーセンターにて「シニア懇談会」を開催。
<テーマ>厚紙で作るキュービック&懐かしのメロディーを歌おう
16㎝角の厚紙を、16マスに仕切って、8色のシールを貼り、裏面も同様にし折り曲げていくと…“あれ!どうやってキュービックができるの?”脳トレです。 
f0032780_15031776.jpg

続いて八剣支部 橋本恭須代さんのピアノ演奏で、四季の歌・早春賦等懐かしい6曲を合唱。 
最後にお菓子をいただきながら座談。楽しい時を過ごしました。
f0032780_15030982.jpg













.

by krinrig | 2019-02-25 14:57 | シルバー活動

おはよう倫理塾

2月18日(月)  清洲町公民館にて、講師に澤谷直行主任を迎え開催。
f0032780_15372648.jpg<実践報告> H.Hさん
嫁いだ娘が夫に不満があり戻ってきた。
娘の問題を解決する為、「おはよう倫理塾」に通い、生活倫理相談を受けた。
何かにつけて娘を責めていた自分に気付き、娘に詫びたところ、娘も夫へ反省の思いを伝え、その結果夫が迎えに来てくれたという喜びの報告。
勇気を出して実行する事によって結実する。
f0032780_15374084.jpg<講話>(一社)倫理研究所 生涯局普及開発部 澤谷直行主任
<テーマ>強い心をつくる
心がタフな人は、多くの失敗や苦難を体験してきた人で、顔も明るい。反対に、順調な人生を送ってきた人は脆い。
苦難には自分に原因が有る苦難(我儘な心からくる)と、自分に原因が無い苦難(この場合はそのままに受け止めるしかない)がある。
心を強くする方法は
1.何事も表裏一体であると捉える。(一例として、表は社会であり裏は家庭。よって家庭も大切)
2.想定外の事が起こり得るので 適応力を付ける。起こった事は受けきる。












.










by krinrig | 2019-02-23 15:32 | おはよう倫理塾

子供倫理塾

2月17日(日) ぎふメディアコスモスにて「子供倫理塾」を開催。
テーマ「書道」をやってみよう!
f0032780_15280711.jpg幼児が多かったが、自由に文字を書き、褒めてもらいながら、楽しく、落ち着いた様子で、集中していた。
片付けの後は、皆でおにぎりを美味しそうに頬張っていた。
















by krinrig | 2019-02-22 15:26 | こども倫理塾

子育てセミナー

2月17日(日) ぎふメディアコスモスにて「子育てセミナー」を開催。
テーマ「思春期~親にできる事~」
<講師>生涯局:平岩かおる参事
セミナーに参加してくださった方の感想、
「とても有意義な時間でした。他の方の悩みも参考になり、思春期の男児は父親との関わりを持った方が良いという事を講師からお話しいただき、男児の気持ちが分からず子育てに悩む時は、お父さんに任せれば良いんだ、と思えて楽になりました。また、義理の両親の事も、感謝の気持ちを忘れず過ごそうと改めて思いました。気持ちが洗われました。」
f0032780_15253546.jpg

















by krinrig | 2019-02-22 15:23 | 子育て支援活動

「岐阜県普及キャンペーン決起大会」

2月17日(日) ホテルクインテッサ大垣にて「岐阜県普及キャンペーン決起大会」を開催。
3月に岐阜県各会で行われる本年度の普及キャンペーンを盛り上げる為、各会役職者が集まり、キャンペーンの目標達成を誓い合った。               
進行は岐阜市の中瀬加代子会長。
f0032780_15094123.jpg
初めに川﨑克佳県幹事が、最近マスコミを賑わす事件の多くの遠因はその人の育った家庭にあり、家庭を良くする事が解決の方法であり、その為には、倫理を広める事が大切と挨拶された。
次に各会より代表5人の喜びの発表。岐阜市からは芥見支部のG.Tさん。内孫に恵まれず、悩んでいたが生活倫理相談を受け、『おはよう倫理塾』に通う為、60歳で運転免許を取り、支部の役職に積極的に取り組む事により、2人の内孫が誕生。また、姪が昨年のプチキャンペーンの際、自ら進んで入会してくれた体験報告。  
所見は澤谷直行主任。倫理は実践が大切。そのきっかけは苦難。心の在り方が重要でいつも心を明るく持ち、嬉しい気持ち、楽しい気持ちで取り組むと思わぬ事が実現すると話された。
次に各会の推進長が決意発表。岐阜市の井上多恵子推進長は Y(やろうよ) M(みんなで) C(根気よく) A(集めよう仲間を)、 一人の100歩でなく100人の1歩…YMCAの合言葉で元気に普及に取り組みますと決意を発表。 
f0032780_15094730.jpg最後に寺嶋朗圭研究員は、今自分がここにいるのは、どなたかの普及の勇気のおかげ。各会、支部長を中心に心を一つして、出会った方に幸せの普及を。コツコツ一歩一歩取り組もうと激励された。















.

by krinrig | 2019-02-22 15:09 | よくする活動

桃の節句に寄せて

桃の節句に寄せて 
f0032780_15161614.jpg昨年7月、初孫が誕生。女の子である。
初節句を迎え、「お雛様どうする?ショーケースに入ったコンパクトなのがいいんじゃない?」と娘に相談すると、「私のお雛様の親王飾りを貰いたい。」との返事。
娘の初節句の時には実家の父に七段飾りのお雛様を買ってもらったが、場所も取り、出し入れが面倒で全部飾ったのは2、3回だけ。
以降は親王様を飾るだけで精一杯。それでも娘は喜んでくれた。
今もなお美しいお雛様を届ける為、初めて嫁ぎ先を訪れる事も楽しみであるが、立派なお雛様を買ってくれた父、今は亡き母、祖母に改めて感謝。
広報委員一コマ 














.

by krinrig | 2019-02-18 15:14