人気ブログランキング |

<   2018年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

やまがた支部 倫理の集い

3月25日 日曜日 高富公民館にて、やまがた支部「倫理の集い」を開催。 
講師 大野ヒサ子副参事、テーマ「祈りの力」。
祈りとは、目に見える世界と、目に見えない世界とが一つに重なり合う営みである。
良い祈りとは、自他共の幸福を祈ること。
祈りの原則4か条
①素直に祈る
②全身全霊で祈る
③過去完了形で祈る
④早起きして祈る
自身の体験を通じて、祈りは大きな力であると実感していると話された。
f0032780_15041624.jpg















by krinrig | 2018-03-28 15:01 | やまがた支部

芥見支部倫理の集い

3月25日 日曜日 高山市第一物産株式会社にて、芥見支部「倫理の集い」を開催。
講師 林宏之生活倫理相談士。テーマ「本を忘れず末を乱さず」 
f0032780_14513465.jpg
日頃、倫理の行事になかなか参加出来ない高山の方々に、3月24日の「S Pおはよう倫理塾」の野口みかさんの体験報告の内容を話された後、テーマである「本を忘れず…」の講話をされた。
特に自分の命の本である親への感謝の大切さ、親へ思いを馳せ、恩愛の情に触れた時、生きる力が湧き、自分らしさを発揮出来ると話された。
















by krinrig | 2018-03-28 14:48 | よくする活動

4月15日「家庭倫理講演会」開催!

平成30年度 家庭倫理講演会
4月15日(日)10:00〜11:40
じゅうろくプラザ 2Fホール
テーマ「ともに生きる」
f0032780_18173429.jpg

055.gif 問い合わせ rinrigifu@yahoo.co.jp
















.



by krinrig | 2018-03-28 11:35 | よくする活動

3月24日「SPおはよう倫理塾」

3月24日(土)岐阜都ホテルにて、SP(スペシャル)おはよう倫理塾を開催。
柴橋正直岐阜市長、林宏優山県市長、宮脇恭顯羽島郡二町教育長、岐阜市議会議員の方々をお迎えし210名が参加。
f0032780_11232256.jpg
f0032780_11233514.jpg<体験報告> 芥見支部 野口さん
高校3年の娘が以前から父親を嫌っている事が気になっていた。
1年程前に子育てセミナーの講師より「父親を嫌ったまま、実家を離れる事のないように。その為に母親が実践し変わる事。」と助言があった。
その後「純粋倫理基礎講座」の受講をきっかけに主人と出勤時に握手をする実践を始めた。娘は4月から就職の為、家を離れる事になった。私は「娘は私達の姿を見ているはず。親が仲良く、お互いを気遣いあえば大丈夫。父親の優しさにも気付くはず」とこれまで以上に心を込めて実践を続けた。
卒業式の日、娘は私と主人に手紙をくれた。主人への手紙には感謝の想いや尊敬の念が書いてあった。その後、主人からも娘に、社会の厳しさや、娘への愛情を記した手紙。主人は立派な父親だと尊敬の念が強まった。
<講話> 生涯局 徳江秀雄局長f0032780_11231691.jpg
今年度の家庭倫理講演会のテーマは「ともに生きる」です。
戦後少しずつ断ち切られてきた「絆」。個人を大切にする一方で、地域、家族、人と人とのつながりが希薄になった。
しかし、東日本大震災以降、あらためて、地域や家族のつながりの大切さを思い知らされた。私たちは一人ではない 、家族、地域のつながりの中でともに生きる、地域とともに子どもたちを育てようという感覚をもう一度見つめたい。
















by krinrig | 2018-03-28 11:33 | おはよう倫理塾

倫理の集い「親と子のつながり」

3 月 25 日下羽栗会館にて八剣支部倫理の集い「さわやかサークル」を開催。
講師には神谷由美子育成講師を迎えテーマ「親と子のつながり」
f0032780_14052548.jpg子と親は顔や言いぶりや身ぶりなどは似てることがわかるが、倫理では目に見えないところでつながっていて、親の心持ちまで子はそのまま実演する。
自身も親の子であるならば、親に感謝し、いのちのもとに孝養を尽くす。子の親としては、夫婦愛和である事の実践し、わが子を絶対信頼して、家庭の薫化に努めましょう。















.


by krinrig | 2018-03-26 14:00 | 八剣支部

加納支部倫理の集い

3月18日 日曜日 菊地公民館にて加納支部「倫理の集い」を開催。
講師 堀佳代子生活倫理相談士。テーマ「楽しい仲間作り」
f0032780_14593862.jpg前半は講師による参考資料“心のオシャレしませんか”を引用しての講話。
自分の趣味をみつけたり、歳をとっているからと引きこもらずにいろいろな場所に出掛けたりして前向きに暮らそうと話された。
後半はテーブルに伏せて置いてあった“倫理かるた”を各自読み上げ、講師よりそれについての説明を聞き、自分にぴったりあてはまる札が与わっている事に笑顔。
ゲーム感覚で、参加者のコミュニケーションもとれ、楽しいひと時を過ごすことができた。

















,


by krinrig | 2018-03-22 14:55 | 加納支部

倫理セミナー 「楽しい仲間づくり」

倫理セミナーテーマ 「楽しい仲間づくり」~人生は出会いから~
3月11日(日)倫理セミナーを長森コミニティーセンターにて開催。講師には、生涯局講師 市原みや子様を迎え、テーマ「楽しい仲間づくり」
日本は、超高齢化社会になってきました。これからの人生を楽しく過ごしていくにはどうすればよいでしょうか。
私たちの倫理の会員の中には、一冊の『新世』によって出会いがあった方もあります。そして、入会すると不思議なつながりを感じることもあります。
あなたにとって宝物はなんですか?ダイヤモンドと答える人もいれば、家族や子供と答える方もある。
生まれてから今日までに出会った人は、母、父、兄弟、親戚、先生、友達、恋人、本や絵までを通しての出会いがある。人との出会いが宝物になる。
出会いが豊富であれば、人生の質が豊富になり実りが多い。
心を閉ざして特定の人としか会わないと、貧弱な人生になる。
だから、人に対して明るく微笑む人生でいたい。
人は出会いから本当の私になる。心をオープンにして、いい格好せず、ありのままの自己をさらけ出す。失敗を恐れない。明るく朗らかなプラスの言葉を使う。
愚痴をこぼせば幸せこぼす。失敗しても肯定的に受け止めて行く。これが良いと受け止める。
明るい人のところには、好ましい人や物が集まる。運が開ける。
好き嫌いであいさつをするのではなく、結果求めずに自分からあいさつをする。
意識して、笑顔を作る努力をする。明るく大きい声であいさつをしましょう。
f0032780_13554558.jpg
講義の後は、グループに分かれて人間関係と出会いについて、デスカッションをし、講師にまとめて頂きました。














.


by krinrig | 2018-03-12 13:44 | よくする活動

芥見会場おはよう倫理塾

3月11日(日)芥見会場おはよう倫理塾は、講師に市原みや子様を迎え開催。
f0032780_12033020.jpg
<実践報告> 後藤さん 
おはよう倫理塾会場の鍵当番を申し出て、毎朝一番の会場入りをし、会場作り、清掃を、感謝の気持ちで実践しています。

<講話>生涯局 市原みや子講師
後藤さんの実践は素晴らしいです。喜んで「ありがとう」と言いながら会場準備をすると、会場も明るくなる。不足不満での会場準備をすると、いらない思いが湧き雑念が湧く。喜んでやっていると、大切なことだけしか入ってこなくなる。心が浄化されるのです。
実践は、くよくよしたり心配したり取り組むとその通りになる。感謝の気持ちで接するようにする。
栞11条「物はこれを生かす人に集まる」については
使った後の片付け、物事の後始末が、物の命を生かす出発点である。
特に、金銭については、財布に入れる時は、揃えて入れる。そして支払う時は、サッと出す。先に払う。そうすると、必要な時は友達を連れて帰って来る。
金銭は、生かして使う。滞らせずに流すこと。欲得で動かすと、いらないところに動く。妥協なく払う。感謝して払う。支払いは早く。
生かして、妥協なく、感謝して払う。
お金を貸す時は帰ってこなくてもいい、戻ってこないと思うなら貸す。必要な時は、妥協なく請求すること。
f0032780_12033493.jpg














.


by krinrig | 2018-03-12 11:35 | おはよう倫理塾

純粋倫理基礎講座第10講「地球倫理の推進」

3月10日(土)長森コミュニティーセンターにて、純粋倫理基礎講座第10講「地球倫理の推進」を開催。
第9講「愛和の家庭を築く」を学んでの実践報告
やまがた支部 岩田さんの実践目標は
①素手でトイレ清掃をする ②家族と仲良くする主人亡き後、娘家族と同居する事になり、家事全般を引き受けている。若い人の役に立っている事、娘と孫が仏壇に手を合わせる姿を見て喜びを感じている。 
芥見支部 篠田さん実践目標は
①主人を名前で呼ぶ ②主人と同じ方向に向かう ③「ハイ」と相手に合わせる主人を名前で呼ぶ実践をし、夫婦で、息子が開業した弁当屋を手伝い忙しく毎日働いている。
f0032780_12372185.jpg
<講話>生涯局 市原みや子講師第10講「地球倫理の推進」について 
丸山竹秋会長が1985年に地球倫理を提唱された。「調和協調」「共尊共生」の理念の下、あらゆる存在を尊重して共に生きる事が、人類に課せられた大目標。
「万物は生きている」「万物は隠れた次元で一つにつながっている」その為に私達は何を実践して、日々の生活をすべきか。個々の実践目標をしっかり立て、感謝の心と、見えないところでつながりがあり、自分の命が生かされている事を、考える必要がある。















,


by krinrig | 2018-03-11 12:34 | よくする活動

子育てセミナー④

3月8日(木)ぎふメディアコスモスにて「子育てセミナー」を開催。
テーマ「親も子も友達付き合い悩んでない?」
f0032780_12192300.jpg平岩かおる講師の講話の後、10年ほど前からほぼ毎回参加してくださっている会員さんに体験報告をしていただきました。
「長男が3歳頃から参加し始め、どちらかというと過干渉な子育てをしていた自分に気付き、セミナーに参加するうちに、段々と手放せるようになり、今では、中学生になった長男がとても頼りになる存在に成長している。」という喜びの報告でした。
いつお会いしても、5人のお子さんがいらっしゃるようには見えない、落ち着いた方です。
「丁寧な子育てをしたい」という想いが根底にあり、こんなにも穏やかでいられるんだろうなあと改めて感動しました。
他にも、久しぶりに参加してくださった方から、「子育てにかかわらず、いろいろな話ができて、参加して良かった。」と感想をいただき、充実した内容になり、とても嬉しかったです。















.

by krinrig | 2018-03-09 12:11 | 子育て支援活動