<   2017年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

12月7日「子育てセミナー」開催。

f0032780_16413638.jpg

画面を、ダブルクッリックすると拡大します。

055.gif 問い合わせ rinrigifu@yahoo.co.jp















[PR]
by krinrig | 2017-11-23 16:41 | 子育て支援活動

11/19「子供倫理塾」

11月19日南部コミュニティセンターにて「子供倫理塾」を開催。
~廃材を使った「モノづくり」と手形アート~
参加者全員で5アクトを斉唱。
ビー玉が転がるように、筒や箱をいくつもつなげたり、ロボット、お人形さんの家、ツリーなど、一人一人が工夫を凝らしながら製作を楽しみました。
手形アートでは、白い絵の具を塗って押した手形をサンタさんのひげに見立て、顔のパーツを貼り付けてサンタさんを完成させました。
家では、なかなかできない遊びに子供達は、夢中で取り組み楽しい時間を過ごせました。
f0032780_09242817.jpg















[PR]
by krinrig | 2017-11-20 09:19 | こども倫理塾

親睦バス旅行

11月18日は「おはよう倫理塾」細畑会場の会員の親睦バス旅行を開催。
小雨降る中、彦根方面に向けて参加者34名を乗せたバスは出発。
雨も良しと受け止め、澤田班長の名司会で進行。バスの中はでは参加者が自己紹介をして、和やかな雰囲気につつまれた。
『多賀大社』では、皆さん助け合って参道を歩き…これこそが、倫理の仲間旅行だと、心が温かくなりました。 
『ラ コリーナ近江八万』では、長蛇の列に加わり焼き立てバームクーヘンを家族の為に買ったり不思議な建築物を散策したりしました。
ちょうど雨も止み、石山寺で昼食をとり、紅葉が綺麗でした。
『信楽陶苑狸村』では、湯呑みの絵付けに個性を発揮しました。
f0032780_09022322.jpg

帰りのバスでは、ビンゴ、カラオケと盛り上がり、参加者の方から全員にプレゼントがあり、またビンゴの景品の手作り野菜に歓声があがりました。
楽しい一日を過ごし親睦を深めることができました。















.

[PR]
by krinrig | 2017-11-20 08:47 | 長森支部

11月9日「子育てセミナー」

11月9日「子育てセミナー」長森コミセンにて開催。
テーマ「ママの役割・パパの役割」~共働き夫婦の子育てヒント~
f0032780_17015195.png
講 師 生涯局 平岩かおる講師
 母=女、父=男というわけではなく、母の役割(母性)と父の役割(父性)ということ。
母性は無条件に子どもを抱きしめ、父性はルールや善悪の判断、社会的責任感等を身に付けさせることであり、母性的なものを先に与え、父性的なものは後からという、順番が大切。
初めての参加者が2名あり、日頃の悩みや心配事をグループで話し合い、共感したり、それぞれの体験談を話したりした。最後に講師からアドバイスを受け、皆さんモヤモヤが晴れたようだった。
















[PR]
by krinrig | 2017-11-11 16:58 | 子育て支援活動

11月3日スペシャル「おはよう倫理塾」

11月3日スペシャル「おはよう倫理塾」岐阜都ホテルにて開催
f0032780_16550318.jpg〔講師〕生涯局 普及開発部 吉川和儀 部長 
10月8日の目標達成決起大会での決意を胸に、会員全ての力を結集し、昨年度より12名増の224名が、早朝長良河畔、岐阜都ホテルに集った。
林宏優 山県市長、宮脇恭顯 羽島郡二町教育委員会教育長、岐阜市議会議員の方々にもご出席いただいた。 
中瀬加代子会長の挨拶の後、普及開発部 吉川和儀部長の講話があった。倫理運動や、『万人幸福の栞』冒頭の十七箇条の紹介をされ、個人も企業もその基盤は家庭であり、家庭をしっかり見つめ直していこう、一日一日、自分の持てる力を精一杯出し切っていこうと説かれた。
また、自身と母親との関わりの中で、親の子に対する深い愛と思いやり、見守られている事に気付かされた話は来場者に感銘を与えた。
f0032780_16534759.jpg
















,

[PR]
by krinrig | 2017-11-05 16:43 | おはよう倫理塾

11月2日「純粋倫理基礎講座」

11月2日「純粋倫理基礎講座」第8講を長森コミセンにて開催。
中瀬加代子会長の挨拶の後、
第7講を学んで、柳ヶ瀬支部の浅野郁子さん、加納支部の小森都美子さんの実践報告があった。
f0032780_17072677.jpg第8講テーマ 「純情の心得―実践の指標―」
講 師 生涯局 吉川和儀部長 
絶対倫理の根本は、「すなお」になる事。
ここでは強い積極性を持っているので「純情」の字を充てた。
「純情」は人が本来持って生まれた、あるがままの自然な心、これを「正常心」とも呼ぶ。
これはまた、歪みも偏りもない清浄無垢な心であり、これに徹した時、人の働きは「まことの働き」になって開花結実する。直観は冴えわたり、遅滞なく進行する。 
「純情」の元は「緊張(はり)」、力んだり、身構えたりするのでなく、「その場いっぱいに充ち満ちている」事で「常居基全(常にその全きに居る)」とも言う。 
「純情」の陰と陽    
陰…水のごとく、あるがままに全てを受けきる 「ハイ」の実践    
陽…火のごとく、一気呵成にやってやりまくる 「即行」の実践















[PR]
by krinrig | 2017-11-04 16:36 | よくする活動