人気ブログランキング |

カテゴリ:よくする活動( 144 )

倫理セミナー「豊かな人生の為の自分の再発見」

5月26日<日>長森コニュニティーセンターにおいて中野敬子講師を迎え「倫理セミナー」を開催。
テーマ「豊かな人生の為の自分の再発見」
f0032780_19265165.jpg講師自身の体験や、他の方の経験などを例にした分かりやすいセミナーでした。 
・明朗な言葉で語ろう。
「一怒一老」はダメで、 
「一笑一若」
「一笑健命」で過ごしましょう 

・心配性を取るには
即行<気づくとすぐする> 
プラス言葉<美点を見つける事になる>           
肯定<これがよいと受け止める> 

・愛和の人間関係とつくる     
劣等感を克服しよう<劣等感を味方にする。バネにする>
<わたしはこれでいいのだ。自分を誉める>              
<失敗した時、自分を全否定しない>
<自分の感情に責任を持つ>     
感謝、感謝のきもち<ありがとう。ありがとうの言葉を自分にも他人にもかける>    
他人をゆるす、認める。<互いの違いを認める。ひとはそれぞれ何を大切にしているか違う。人には                 欠点があるもの。許し合う。責め心はいけない> 

・喜働の働きが必要
<日々の暮らしに喜んで働きます。喜んで食事をします。作ります。喜んで掃除します>










by krinrig | 2019-05-29 19:21 | よくする活動

「純粋倫理基礎講座」

5月25日(土)長森コミュニティーセンターにて「純粋倫理基礎講座第17講」を開催。
まず16講に基づく実践報告で
加納支部H.Eさんは 自転車事故に会い、何事にも喜んで取り組むこと、素直な気持ちでいることの必要性を教えられた。
そこで次期支部長を喜んで受けることにした。
柳ケ瀬支部のM.Kさんは自分の環境はありがたいことが多いですが、どちらかというと物事を主人より先に決め、事後報告で済ませていることが多い事に気付いた。
これから主人と相談し、主人をたてていきますと報告。
 
中野敬子講師の講義。
17講のテーマは「実践の心得―基本十ヵ条」
純粋倫理はとりわけ、実践に重きを置いています。
それはあらゆる物事を成就させる要件であると共に、行う者に生活の向上に導く鍵であることを肝に銘じてくださいと実践の必要性を話された。
実践心得の十ヵ条は 
(1)即行(気づいたらすぐする)
(2)純粋(済んだ心で事にあたる)
(3)直行(真っすぐに行う)
(4)クヨクヨしない(結果にとらわれない)
(5)張りつめた心(緊張)
(6)途中で気を抜かない(一気呵成)
(7)貫徹(押し通す)
(8)うまずたゆまず(反復不退)
(9)悲しみも喜びもほどほどに(不悲不喜)
(10)きちんとした後始末(慎終)
f0032780_19140616.jpg










,

by krinrig | 2019-05-28 19:10 | よくする活動

「感謝の会」を岐阜倫理会館で開催!

5月12日<日>岐阜倫理会館にて、感謝の会を開催。 
日頃の会員皆さんの倫理運動に対する感謝、協力してくださっている家族への感謝、倫理運動の創始者丸山敏雄先生への感謝、私たちは様々な喜びの中に包まれています。
この感謝の思いを6名の方が発表。つぎに各支部は喜びのパフォーマンスの披露がありました。 
はじめ中瀬加代子会長は「今日は母の日です日頃受けている恩恵を忘れず、感謝の気持ちを深めましょう。
6名の喜びの発表を聞いてください」と挨拶。 

《喜びの発表》
◆柳ケ瀬支部 A.Iさん
2年前、柳ケ瀬支部のN.Kさんが亡くなられたとき、N.Kさんの会員であった4名が退会されないようにと、葬儀の当日4人にお願いして残っていただきました。
そして昼の行事や、書道や短歌の会にもお誘いして、秋津書道の会に入っていただいた。毎月の斑常会を大切にして、みなさんが喜んで参加できるよう、おもてなしをしていきます。

◆加納支部 U.Sさん 
我が家の家族は、私と夫、長女夫婦と孫が2人の6人が同居です。また近所には四女の家には孫も5人が住んでいて、日頃行き来をしています。私はときどき腰が痛むので、主人や婿や孫たちも快く手伝ってくれて、とても感謝です。
体調が悪い時は長女に食事の世話を頼みます。夫にも娘にも孫にも感謝、感謝の毎日です。これからもすなおな心で、何事も受け入れ、かわいいおばあちゃんになれるよう、実践に努めていきます。

◆八剣支部 N.A子さん 
主人の姉から新世をいただき、朝の集いに参加した後、昭和63年11月に入会。
今日までいろいろな出来事がありましたが、倫理の先輩や仲間の皆さんの励ましのおかげで乗り越えることができました。
今年度の普及キャンペーンでは、声をかけることが苦手な私でしたが、思い切ってお話をしたら、すんなりと入会していただくことが出来、とてもうれしかった。
私の好きな言葉は、「怒るは無知、泣くは修行、笑うは悟りなり」です。
倫理に出会ったおかげで、笑って暮らしていくよう喜んで生活します。

◆長森支部 I.Yさん 
昭和53年結婚しましたが、姑とはうまくいきませんでした。
平成5年に子供も同級生のお母さんから新世をいただき入会しました。
とても大変な日々でしたが、今では『ありがとう』の感謝につきます。そして主人と毎日、姑の入院している病院に行き、おしゃべりをしてきます。この穏やかな時を持てることがとてもうれしい。
また主人の優しさが感じられる時です。私も本当の親娘になれた気がします。主人も喜んでくれているでしょう。
今姑と心を通わせることが出来ることがありがたいことです。

◆やまがた支部 I.Eさん  
平成1年入会。文化活動に参加できたことが、今でも会員を続けているもとになっていると思っています。
岐阜で短歌会が始まって頃、母と一緒に参加しました。その後母の介護でしばらく休みましたが再開した。
東京の姉も短歌を始めたので、短歌を通して近況がわかった。
昨年しきなみ子供短歌コンクールに1年生の末娘の短歌を投稿したら佳作になり、とても喜んだ。
私は秋津書道にも参加して、令和元年6月1日付けで一般部を終了した。孫も秋津に入会してくれて、ともに活動出来てうれしい。

◆芥見支部 S.Aさん 
放射線技師を目指していた次女が、進路変更し、大学院に進む進学勉強を始めました。
その頃、芥見支部の新事務長を、引き受けました。その後次女は無事合格しました。
また、同居の長女も家をでて、独立。私が支部の役を引き受ける決心したことで娘たちが人生を一歩踏み出す、決意が出来たのです。
「親と子は見えないところでつながっている」、ことを実感しています。
娘たちに負けないよう支部の事務長としての役割をしっかり取り組んでいきます。そして良き縁に恵まれますよう願っています。















,


by krinrig | 2019-05-15 14:49 | よくする活動

「倫理セミナー」

4月20日(土)細畑公民館にて「倫理セミナー」を開催。
<テーマ>心のオシャレしませんか 
<講 師>生涯局中條ますみ講師
f0032780_14481722.jpgオシャレには、外面の化粧・服装・姿勢・アクセサリー等と、内面即ち私達の勉強する、心のオシャレがあり、後者は
①明るい人生観
②何事にも肯定的な受け止め方をする
③感謝の心が深い
④魅力的である
⑤笑顔が素敵
⑥健康である
等が大切。
ポイントは、「笑顔と微笑み」を絶やさない事。
微笑みは周囲に明るさと優しさをもたらし、心に余裕と落ち着きが生まれ、良い事が周りに起きてくる。
実践として
①出来事を肯定的に受け止める
②感謝して生きる 大自然、親祖先、夫・妻、周囲に
③美点を見る心癖をつける
先入観を持たず、そのまま受け入れる
自分の考えに固執しない
いつも明るく受け止める
相手の立場で考える
何事にも感謝の気持ち















.

by krinrig | 2019-04-24 14:42 | よくする活動

「全役職者研修」 

4月3日、丸山敏秋理事長による初めての全役職者研修が名古屋市『ウイルあいち』にて行われた。
f0032780_10572448.jpg理事長の直々の講話は、岐阜市会員としては数年前の長良川国際会議場での教育創生フオーラム以来。
会役職者は、理事長の講話を直接聴くチャンスを逃さぬ様にと多数参加。会場は驚くばかりのシンプルな演出で壇上には理事長のみ。看板も、演台も、舞台の花も、司会者も、音楽も、開始のベルも、控えのスタッフも全て無く、全体の入り口受付も井上多恵子推進長、田口育子事務長、寺嶋朗圭研究員のみで断捨離に徹した会場作りであった。 
休憩を挟みながら、昼食抜きの4時間、中身の詰まった講演であった。これほど長時間、丸山敏秋理事長の話を聞いた方はこれまで少なかったであろう。倫理の多岐に亘る興味ある講話。
幼い頃の理事長宅のエピソード。普及の必要性。理事長ならではの講話にあっという間の4時間であった。
理事長は声もかすれての熱のこもったお話に感激の時間であった。終了後、ロビーで理事長との記念撮影に感激は最高潮。
帰りのバスの中で遅い昼食、八百彦さんの美味しいお弁当を頬張り、出発場所の多和田さん宅に到着。幸せな一日を過ごす事ができた。ありがとうございました!
f0032780_10572963.jpg
.
by krinrig | 2019-04-05 10:56 | よくする活動

芥見支部便り

芥見支部は3月10日(日)高山にて「倫理の集い」を開催。                          
<テーマ>周りの人と上手く付き合うには
<講師>神谷由美子育成講師
新しく12月に入会された方にあわせて開催。
高山からは、新しい方、いろいろな方が受講され、今後の高山の倫理の広がりが期待される。
f0032780_14360080.jpg















by krinrig | 2019-03-13 14:33 | よくする活動

「普及キャンペーン決起大会」

3月9日(土) 細畑公民館にて、家庭倫理の会岐阜市「普及キャンペーン決起大会」
今年度の普及キャンペーンは3月10~24日。
決起大会は早朝より各支部、熱意溢れる皆さんのパフォーマンスで盛り上がった。 
まず、中瀬加代子会長の挨拶。「和やかな家庭作りの為、世の中に純粋倫理の普及が大切。ちょうど良いチャンスです。一人の100歩より100人の一歩。一人が一人をの合言葉で頑張りましょう。」 
次に各支部長にキャンペーンチラシファイルが手渡された。
井上多恵子推進長は、西城秀樹さんの、Y…やろうよ! M…皆で C…根気よく A…集めよう仲間を!
この「YMCA」を合言葉に身振り手振りで、皆でやろうよと決意発表。
次に各支部の決意発表に会場は盛り上がった。
即席で作られたパフォーマンスに会場は笑いに包まれたが、各支部長の強い熱意が伝わってきた。 
神谷由美子育成講師の励ましの言葉。「世の中に幸せな家庭を増やしましょう。私達は少し勇気を出し、いつどこでも倫理を伝える使命がある。」と話された。 
大野ヒサ子副参事の乾杯の言葉。「丸山竹秋会長は倫理活動に携わる事に使命を感じられて、一生を倫理に捧げられた。おかげで今の倫理運動がある。私達もこの倫理を少しでも広めるべく普及に努めましょう。」 
美味しいサンドイッチとコーヒー・紅茶をいただきながら、皆、決意を新たにした。
f0032780_14391075.png














by krinrig | 2019-03-10 14:37 | よくする活動

純粋倫理基礎講座第

3月2日(土)長森コミニュティーセンターにて「純粋倫理基礎講座第16講」を(一社)倫理研究所 生涯局 寺嶋朗圭研究員を迎え開催。
<実践報告>
前回15講「喜働に燃える」について
やまがた支部K.Yさん 
今年の実践目標は人に役に立つ事をする。主人に対して、今まで倫理活動に協力してもらっていたが、お返しをあまりしていなかった事に気づき、主人の足をマッサージする事にした。
癌の手術を何度もしているが、今健康でいて下さる事に感謝の喜働のマッサージ。毎朝二人でおはよう倫理塾に通える事に感謝。 
芥見支部S.Tさん
先日両膝の手術をした。
なかなか回復せず、以前のように元気に行動できないと後ろ向きの気持ちで日々を送っていた。が、入院中は主人や子供たちの協力、励ましに感謝の気持ちを深め、やがて退院。歩けるようになり、今はもとの状態に戻りつつある。
これからは、喜働の実践、シニア副委員長として多くの方に倫理の輪を広げ、喜んでいただける様努める。 
<講師>寺嶋朗圭研究員
<テーマ>「創生の理念―生活倫理相談と相談士―」
苦難は幸福の門、様々な苦難が訪れるが全てチャンス。
まず生活倫理相談を気軽に受け、相談により気付いた実践をしよう。
自分の生活を改善し、自然の生活法則に則った生き方に戻る事により、充実した人生を歩める。
そして、子孫に良きものを残す事に意義がある。
生活倫理相談で自分のわがままを客観的に見つめる事ができ、そして自らの実践と行動によって苦難が解決する。
f0032780_14500013.png













.



by krinrig | 2019-03-04 14:45 | よくする活動

「岐阜県普及キャンペーン決起大会」

2月17日(日) ホテルクインテッサ大垣にて「岐阜県普及キャンペーン決起大会」を開催。
3月に岐阜県各会で行われる本年度の普及キャンペーンを盛り上げる為、各会役職者が集まり、キャンペーンの目標達成を誓い合った。               
進行は岐阜市の中瀬加代子会長。
f0032780_15094123.jpg
初めに川﨑克佳県幹事が、最近マスコミを賑わす事件の多くの遠因はその人の育った家庭にあり、家庭を良くする事が解決の方法であり、その為には、倫理を広める事が大切と挨拶された。
次に各会より代表5人の喜びの発表。岐阜市からは芥見支部のG.Tさん。内孫に恵まれず、悩んでいたが生活倫理相談を受け、『おはよう倫理塾』に通う為、60歳で運転免許を取り、支部の役職に積極的に取り組む事により、2人の内孫が誕生。また、姪が昨年のプチキャンペーンの際、自ら進んで入会してくれた体験報告。  
所見は澤谷直行主任。倫理は実践が大切。そのきっかけは苦難。心の在り方が重要でいつも心を明るく持ち、嬉しい気持ち、楽しい気持ちで取り組むと思わぬ事が実現すると話された。
次に各会の推進長が決意発表。岐阜市の井上多恵子推進長は Y(やろうよ) M(みんなで) C(根気よく) A(集めよう仲間を)、 一人の100歩でなく100人の1歩…YMCAの合言葉で元気に普及に取り組みますと決意を発表。 
f0032780_15094730.jpg最後に寺嶋朗圭研究員は、今自分がここにいるのは、どなたかの普及の勇気のおかげ。各会、支部長を中心に心を一つして、出会った方に幸せの普及を。コツコツ一歩一歩取り組もうと激励された。















.

by krinrig | 2019-02-22 15:09 | よくする活動

1/12[純粋倫理基礎講座]

1月12日(土) 長森コミニティーセンターにて「純粋倫理基礎講座第15講」を開催。
14講のテーマ「七つの原理」についての実践報告
f0032780_15450378.jpg八剣支部 K.Kさん 
主人に合わせる実践。合わせねばならないというのでなく、合わなくてもいい、相手を認め、許し合えばいいと理解できた時、心が軽くなった。
その時その時を大切なものとし、結びつきを強固なものにしたい。



f0032780_15450368.jpg長森支部 F.Kさん 月間目標はトイレ清掃と決めて実践し、気持ちの良い日々の生活ができる事に感謝している。


<講 師>研修室 田上不折研究員
<テーマ>喜働に燃える 
人は他に役立つ事を懸命にすると真の喜びが感じられる。
しかしなかなか、出来ないのは、出来ぬと決めつけている。
ワガママである。言い訳をやめること。
苦手と思わず、嫌がらず、実践する。
実践する生活を続けていく中で、心がワクワクするようになる。
喜んで体を動かす事、脳を活性化する、心をプラス方向に使う。
進んで喜んで何を求めるところなく働く時には体に疲労感なく、しかも良い結果をおさめる事はよく体験するところ。











.

by krinrig | 2019-01-13 15:40 | よくする活動