カテゴリ:未分類( 44 )

おはよう倫理塾、金華山会場

4月15日菊池公民館にておはよう倫理塾を講師に、橋本多實子参事を迎え開催。
結婚して主人の両親と同居することになり、倫理を学び始めた。
薔薇色の人生を夢見て結婚したが、私の事を気に入らない姑の存在を重く感じていた。
長男の近視により生活倫理相談を受けると、「子供の目が曇っているのは親の心、あなたの心が反映している。今すぐ両親に謝りなさい。」と言われ、納得がいかないながらも家に帰り「おかあさん、すみませんでした。」と頭を下げると涙がこみ上げてきた。顔を上げると姑も涙ぐんでいた。「あなただけが悪いんじゃない。あなたはよくやっていますよ。」と言われ、姑との垣根が取れ、それからは何でも聞いて教えていただき、主人の胃潰瘍も治った。苦難は心の在り方を正してくれる幸せへのパスポート。心のとおりに変わって行く。
繁栄の近道は「即行」。気付いたらすぐする事を続ければ幸せになれる。まだ倫理を知らない人に伝えてまいりましょうと結ばれた。
f0032780_15082600.jpg













,


[PR]
by krinrig | 2018-04-18 15:05

八剣支部・倫理の集い「さわやかセミナー」開催

9月16日(土)岐南町のほほえみ会館にて、八剣支部・倫理の集い「さわやかセミナー」開催。
講師は堀佳代子生活倫理相談士。テーマは「これがよいは魔法の言葉」。
苦難には原因がある。苦難を「これがよい」と受け止めて、明るい気持ちで生活することで、解決の方向へ。
困った時には、「これがよい」と言ってみようと話された。質疑応答では、純粋倫理の学びのおかげで気持ちの切り替えが早くできるようになり、苦難も後で考えれば必要なことだったと思えるとの発言があった。
f0032780_08383065.jpg

[PR]
by krinrig | 2017-09-19 08:33

中瀬会長あいさつ

f0032780_11121077.jpg
30年度会長を仰せつかりました中瀬加代子です。私は平成17年に入会し、純粋倫理を学ばせて頂く中で心の持ち方や、考え方ががらりと変わりました。人生が変わったといっても過言ではありません。感謝と恩返しの気持ちでお役を受けさせていただきました。1年間 一所懸命頑張ります。どうぞ宜しくお願いします。
[PR]
by krinrig | 2017-09-01 11:11

神谷会長あいさつ

皆様のご協力のおかげで、3年間、会長のお役を務めさせていただくことができました。心より感謝お礼申し上げます。
f0032780_11091126.jpg
都ホテルで開催した合同の「おはよう倫理塾」は、3年連続全国年間ランキングに名を残し、特に28年度、29年度は、200名を超える動員を得ることができ、岐阜市が自信を持てた取り組みの一つでした。27年度の県体制の教育創生フォーラム、28年度の東海エリアしきなみ歌ごもりは、岐阜市が中心となって取り組み、苦労があった分喜びと感動を共有することができました。また、家庭倫理講演会や普及キャンペーンなど様々な行事で“新に挑む”を意識して活動してこられたのも、全て皆様のご理解とご協力があったからこそであります。29年度は、岐阜市で倫理運動が始まって55周年という節目の年でもありました。この時期に会長として関わらせていただけたことは、私にとりまして、とても意義深いことであり、貴重な経験でした。この経験を糧に、これからも精進してまいります。ありがとうございました。 神谷由美子
[PR]
by krinrig | 2017-08-31 11:08

8月20日「親子ふれあい会」

8月20日日曜日、長森コミセンにて、子育て支援の一環として「親子ふれあいの会」を開催  参加者 小学生9名、幼児9名、大人8名親子混合で、2チームに分かれ、魚釣りゲームや空き缶積み、ボーリングに段ボールキャタピラ競争など、リレー形式で競いました。
f0032780_10512284.jpg
小さい子には大きい子が手助けしたり、声援したり、最後はみんなで新聞ボールの投げ合いっこ!とても熱く、楽しいふれあい会になりました!!
f0032780_10513253.jpg

[PR]
by krinrig | 2017-08-21 10:46

8月18日「合同のおはよう倫理塾」

8月18日金曜日、細畑公民館にて「合同のおはよう倫理塾」を開催はじめに神谷由美子会長より挨拶。実践報告は川辺典子さん。3年間文化チーフとして様々な新しいことに挑戦し、多くの感動と喜びをいただいた。役を通して、受け入れること、つながることの大切さを学び、すなおな自分になれた。夫婦関係も良くなった喜びの報告。講話は生涯局普及開発部 澤谷直行主任。8月から中日本の担当で、まずは名前の由来から。熱心に倫理を学んでいた両親が、『万人幸福の栞』にある「純情直行」からとったと自己紹介。講話のテーマは『幸運をつかむ』。幸運をつかむには(『万人幸福の栞』第3条・35ぺージ参照)1 あらゆる時(機会)をとらえる2 断乎として善処する3 目的を定める4 終始一貫やり続ける逆に、運が来ない人は1 人の目を気にしすぎる2 呼吸が浅い3 心の切り替えがうまくできない4 真心のない行動をする
[PR]
by krinrig | 2017-08-19 19:37

平成30年度会三役・支部長懇談会

8月17日金曜日、八郎鮨にて「平成30年度会三役・支部長懇談会」生涯局普及開発部中日本担当澤谷直行主任をお迎えして開催。
f0032780_10323353.jpg
参加者がそれぞれ自己紹介した後、澤谷主任から挨拶があり、その後、食事をしながら、平成30年度の会の活動や支部の活動について様々な意見交換や質疑応答が行われ、「皆で楽しんで、会活動・支部活動を盛り上げましょう。」と結ばれた。
[PR]
by krinrig | 2017-08-19 10:23

芥見支部設立式典

8月6日、芥見支部設立式典と記念講演が市内の東部コミュニティセンターにて開催された。参加者95名。後藤千鶴子事務長より経過報告の後、生涯局平岩かおる講師から、篠田知美支部長に認可書が授与された。
f0032780_09592751.jpg
f0032780_09593010.jpg
平岩かおる講師は式辞で、「72年前、敗戦の混乱の中、荒廃した世を立て直すべく倫理運動が始まった。現在は予期せぬ事が多発し、大変動の中を我々は生きている。この時代、不易の倫理を基軸とする健全な家庭作りを力強く推し進めよう」とエールを送った。
f0032780_09593554.jpg
f0032780_09593979.jpg
ご来賓の芥見自治会連合会会長 後藤東洋士様は6年前の準支部発足の際にもご出席いただいており、この度の祝辞の中で「芥見地区の自治会活動が広がる中で、倫理活動がその支えの一部となり、成り立っている」とのお言葉をいただいた。篠田知美支部長は謝辞で、「生涯教育を推進する民間の教育団体として、学びと実践を深め、地域社会の発展と、和やかな家庭作りに貢献したい」と感謝と決意を述べた。 その後「つながる」というテーマで平岩かおる講師による記念講演が行われた。
f0032780_09594539.jpg

[PR]
by krinrig | 2017-08-10 10:11

「長良川を美しくしよう運動」

「長良川を美しくしよう運動」7月30日日曜日(参加者51名)と8月6日日曜日(参加者45名)、地元新聞社主催の花火大会後の清掃活動に参加。 今年は花火打ち上げ場所の真正面に当たる、『岐阜長良川防災、健康ステーション』に集合場所を変更し、その周辺一帯をゴミ拾い。心地よい汗を流した。
f0032780_10441423.jpg

[PR]
by krinrig | 2017-08-07 10:43

『純粋倫理基礎講座』

2月20日(土)に、講師に吉澤綾告子講師を迎え、純粋倫理基礎講座 ~第15講~「大自然と生きる」が長森コミニュティーセンターにて開催されました。参加者は56名。
 最初に、第14講の「喜んで働く」働きの倫理受講後の学びの実践を、加藤さんが報告しました。
「私は看護や介護の仕事に従事しています。職場の新人社員の態度について不満があり、心で責めてしまうことに悩んでいました。第14講を学び真心を尽くして働くことの大切さを改めて考えました。看護や介護の現場は信頼関係で成り立っている仕事です。職員の多くは介護に誇りを持ち仕事が好きで頑張っています。皆が心を合わせ協力して働けるように私に何ができるかを考えてみました。介護の仕事は、利用者さんから感謝の気持ちを伝えられることが多くあります。そこで、職員や利用者さんに対し「ありがとう」の言葉を多く伝えられるように心掛けました。続けているうちに“ありがたいなあ”と思え、利用者さんがどうしてほしいか、嫌なことはないかと心を込めて仕事ができるようになりました。」

f0032780_16262934.jpg 続いて、吉澤綾告子講師による講話。
「天候気候は自然の営みであり大自然の恵みです。人はこの自然の中で生きています。天候は人間の思い通りにならないものですが、晴れだから喜び、曇りや雨を嫌がるというのは、自分中心のわがままといえます。第15講では、「天候気候の倫理」について、人としてのあり方とその心構えを学びましょう。
自然現象に対する心の持ち方が生活に反映し、いいことも悪い事も自分の心の通りに現れます。また、嫌う心や心配、恐れる心が病気を呼び込みます。今日、人による自然破壊が進み、異常気象が続発しています。地球規模での自然保護の施策が講じられています。と同時に、穏やかな心で天候に対し、そのままに受け取り、しかるべき手だてをする(順応)と、敬い畏れ、和やかな心で親しむ(畏(い)親(しん))の心を持つ「天候気候の倫理」の実践が求められています。」と述べられました。















,
[PR]
by krinrig | 2016-02-23 16:23