2014年 11月 25日 ( 1 )

「おはよう倫理塾」会場交流会

11月16・23日(日)に清州町公民館、細畑公民館、円徳寺の各会場にて、家庭倫理の会岐阜市の「おはよう倫理塾」会場交流会が行われました。

f0032780_1772633.jpg16日の清州町公民館に於ける四人の方による実践報告では、一人目の長良支部の北村二三子さんが「今は亡き母の愛によって、心の迷いが消えて幸せな生活を送っていること、生前続けていた母との通信は、母と私の心の支えでした。」と話されました。

f0032780_1781531.jpg次に、加納支部の上野節子さんは、「娘家族との同居の中、孫が腕を骨折したので何かと世話をしていたら、娘婿より感謝の言葉をかけてもらい、嬉しかった。孫のケガがきっかけとなり、より協力しあうようになった。」という喜びの報告でした。

f0032780_1784195.jpg早田支部の高島英伸さんは、「妻の大病に大変な思いをしたが、大自然と親や先祖の力で見守られ快復したと思う。感謝の意を込めて、仏壇に手を合わせ、お墓をきれいに磨いている。これからも、家族のため力を注ぐ。」と、決意の報告がありました。

f0032780_179864.jpg柳ヶ瀬支部の中原喜代子さんは、「子育て委員長の役職を受けたとき、今の職場では時間に束縛されて、役職に力を入れることができないと考え、仕事を変えることにした。大勢のお母さんに、子育てセミナーに来て欲しいと願い、声をかけ親身になってお母さん方の話を聞くように心掛けているうちに、ぜひ参加したいと言ってくださる人が現れ元気をもらえた。」と、嬉しい報告がありました。

f0032780_1792796.jpg最後に神谷由美子会長は、「おはよう倫理塾に初めて来られた方や日頃見かけない方の顔を見ることができて、喜びを感じています。より多くの方に倫理を伝えて幸せになっていただきたいと思います。」と話されました。  参加者は16日84名、23日75名。
[PR]
by krinrig | 2014-11-25 17:05 | おはよう倫理塾