人気ブログランキング |

おはよう倫理塾(細畑会場)

5月18日「おはよう倫理塾」細畑会場に、倫理研究所 生涯局 普及開発部 寺嶋朗圭研究員を講師に迎え開催。
<実践報告>八剣支部 K.Tさん
しきなみ短歌を始めた。次男が幼稚園で書いた絵を見て考えさせられた。家族の絵で、次男の顔だけが小さく、自分の存在を小さく感じているのかとショックだったが、見方を変えて、おばあちゃんやお父さん、お母さん、お兄ちゃんの事を大きい存在だと思ってくれているのだと、純情な気持ちで短歌にした。『家族の絵 あなたの顔は小さいね 私の中では大きいからね』
f0032780_10553021.jpg<講話>生涯局 普及開発部 寺嶋朗圭研究員
テーマ 「 親子のつながり」 
静岡県在住のAさんの体験。富士研セミナーに参加し、『恩の溯源』の研修を受け、36年前に出て行った父の事が浮かんだ。事業に失敗し、突然居なくなった。生きていたらどうしているかと、富士山を見ながら、父を思う気持ちを見つめる実践を続けていると、心の変化に気づいた。ある日、区役所から、連絡が有り、父と再会。再会したら今までの思いをぶつけようと思っていたが、涙が止まらなかった。一日一枚の葉書を送り続けた。これまでしてもらった事を、今度は父にしていこうと決意。余命半年と言われた父は、3年生きた。親子のつながりは目に見えない、電気のようなもの。自分の命の根元=父を敬し、母を愛する純情の子でなければ、世に大業を残す事は出来ない。親の子であることを自覚し、命の根元に溯って、充実した生活を送ろう。

















by krinrig | 2018-05-19 10:55 | おはよう倫理塾
<< 寺嶋朗圭研究員「公開倫理相談Q... 5月17日「純粋倫理基礎講座」 >>