人気ブログランキング |

12月10日「感謝報告会」

12月10日長森コミュニテイセンターにて「感謝報告会」開催。 
中瀬会長より、感謝報告会の意義の説明があり、各支部ごとに感謝報告を発表。

柳ヶ瀬支部  K.Kさん
銀杏採りの作業中、転んで骨折。起きてきた事を前向きに捉え、倫理の学びを生かそうと実践。家族の有難さを深く感じ感謝した。また、これまで喜んでやっていなかった事、人に頼るより自分でやったほうが良いと思い、甘え下手の自分だった事を反省した。「ありがとうございます。これがよい!」と明るく受け止めた時、身の周りの事が好転した。 

加納支部  H.Eさん
支部長の大役を受け、初めての事にチャレンジしている。支部長として前向きな気持ちで『おはよう倫理塾』や『新世』頒布に取り組んでいる。東京に住んでいる長男が購入する新居が丸山敏夫先生の生誕地のすぐ近くだと知り、偶然でなく、倫理活動を応援してもらっていると受け止め、精進する。 

八剣支部 K.Kさん
突然体調を崩し、救急車で運ばれた病院で検査入院した結果、大病が見つかった。自分を見つめ直し、家族、亡き両親、先祖に感謝した。100個の「ありがとう」を主人や子、孫たちにそれぞれ書くなど実践に取り組む。手術する事無く回復に向かい少しずつ日常の生活を取り戻し感謝。 

長森支部 S.Hさん
倫理とのご縁は、姉からの講演会の誘い。「何かが変わるよ」の言葉に魅かれ『おはよう倫理塾』に通う。親として成長させてもらえる場所にご縁をいただき感謝。『万人幸福の栞』を人生の手引書として、これからも学びを深めていく。 

やまがた支部 H.Hさん
27年前に5年間、朝の集いに通っていたが、以降遠退いていた。今年5月から『おはよう倫理塾』に通い始めたきっかけは、のどにポリープが出来たこと。帰り道の清々しさ、働ける事、仕事が出来る事、食事が出来る事など、感謝の生活を心がけた。その後、のどのかすれも無くなりポリープも消えた。自分自身の修行と思いこれからも通う。

芥見支部 M.Yさん
主人に合わせる事、子どもを信じて任せる事が大切と教えられた。子育て委員、子育て委員長、副推進長の役職をさせてもらい、たくさんの気付きと学びをいただいた。子育ての役を通して、自分が身勝手な子育てをしてきた事を反省。役職に真摯に取り組む中、長男が希望の職種に内定の報告をもらった感謝の報告。倫理の学びは、私にとって必要な事だと受け止めている。

















by krinrig | 2017-12-15 09:28 | よくする活動
<< 長良川会場おはよう倫理塾 12/7「子育てセミナー」 >>