「家庭倫理の会」とは

「家庭倫理の会」は、一般社団法人 倫理研究所の主宰する倫理運動の趣旨に賛同する、個人会員による組織です。
f0032780_11214100.jpg
「家庭倫理の会」は、実行によって直ちに正しさが証明できる、生活法則である
純粋倫理
を基底に、和やかな家庭づくりを推進し、共尊共生の精神に則った生き方をめざす人々の輪を拡げて、地域社会の発展と、美しい平和な世界づくりに貢献することを目的とした団体です。


純粋倫理
とは、日本の精神文化や歴史、宗教等の研究を土台に樹立された《人間生活の法則=すじみち》です。実生活とひと時も離れることのない生活のルールといえます。人間を幸福に導き、平和で豊かな社会を築く基本の《くらしみち》であり、生きた生活法則です。

家庭倫理の会は一般社団法人倫理研究所の個人会員によって組織された会です。倫理研究所は、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律のもとで認可された民間の社会教育団体です。家庭倫理の会は、純粋倫理をベースにした生涯学習活動を通して、健全な家庭づくりと地域社会に貢献することを目的に、様々な活動を展開しています。民間の社会教育団体です。

以下その活動状況を随時掲載しています。

ページ画面の一番下に来ましたら、「次のページ」に進んで下さい。














【お知らせ】ブログに、広告が入るようになりましたが、家庭倫理の会とは一切関係がありませんので、ご承知おき下さい。クッリクしないで下さい。











[PR]
# by krinrig | 2018-09-12 12:25 | 「家庭倫理の会」とは

8月19日「ふれあい運動会」

8月19日長森コミュニティセンターにて「ふれあい運動会」を、家庭倫理の会岐阜市の、子育て委員会が企画して開催。参加者 94名(内子ども23名)
f0032780_12230390.jpg
最初にラジオ体操をし、子育てチームと会三役チームの応援タイムがあり、体と心をほぐしました。
その後、紅白に分かれて、魚釣りゲーム・空き缶積みゲーム、空き缶ボーリングを連続リレー形式で競技しました。
子どもたちは全員参加してくれ、大きい子が小さい子を助けてあげる姿も見られ、ほのぼのとした場面もありました。
続いて、全員で一列に並び、ボール送り、そして、新聞紙で作ったボールを使って、ボール合戦!どっちが多く投げたか、で勝敗が決まります。
勝っても負けても、楽しんで、精一杯やっている姿が、素敵でした。
また、各支部の協力により、バザーが催され、運動会に参加しなくても、お買い物で楽しんでいただけたようで、良かったです。
f0032780_12230794.jpg
運動会終了後は、アルパ(南米の、ハープを小さくしたような楽器)の演奏を聴き、また、沖縄出身の方のお話を聞いて、平和に対する願いを深める事ができました。
他にも三線の演奏を聴き、カチャーシー踊りを教えていただいて、みんなで楽しく踊りました。
その後、お弁当をいただきながら、一年間の活動について振り返り、今後の活動について新たな繋がりもでき、さらに希望が持てる場になりました。
f0032780_12225940.jpg
















,

[PR]
# by krinrig | 2018-08-24 20:19 | 子育て支援活動

「長良川を美しくしよう運動」

8月5日朝6時から
前夜の地元新聞社主催の花火大会後の清掃活動に、家庭倫理の会岐阜市も参加しました。
朝から気温の上がる中、『岐阜長良川防災健康ステーション』に集合し、周辺一帯のごみ拾いをした。
今回は、昨年よりゴミが少なく、マナーが良くなってきていることを、嬉しく思いました。

f0032780_13141356.jpgf0032780_13141341.jpgf0032780_13141335.jpgf0032780_13141391.jpgf0032780_13141363.jpg

[PR]
# by krinrig | 2018-08-12 13:13 | 地域交流支援活動

7/22名倉芳惠講師「倫理セミナー」

7月22日倫理セミナーを長森コミュニティセンターにて、(一社)倫理研究所 生涯局 名倉芳惠講師を迎え開催。
テーマ 「充実した日々を過ごそう」
f0032780_12075301.jpg今や人生100年時代と言われている。健康で充実した毎日を送るには、どのような心で暮らせばよいか。
①夢を持ちましょう
 *心が先行、まず目標を持つ
②朝の時間に愛をこめて
 *大自然の歩調と合わせる、目が覚めたらサッと起きる

③早起きの徳とは
 *わがまま・私欲を捨てる
 *利他の働きを喜び善行が増える
 *生かされている自分に気付き神仏に感謝
 *命の元に遡って祖先を大切に
④今日行くところがある、やることがある
⑤感謝の言葉が運を運んでくる
 *「和顔愛語」優しい顔、温かい言葉(ありがとう、おかげさまで)をたくさん使う 
 *純粋な実践が家族に波紋して「和やかな家庭づくり」ができる
 *早起きは三代の徳














,

[PR]
# by krinrig | 2018-07-25 12:00 | よくする活動

「おはよう倫理塾」名倉芳惠講師

7月22日芥見支部「おはよう倫理塾」に、生涯局 名倉芳惠講師を迎え開催。
<実践報告>T.Sさん 
校則が守れない息子を責め続け、どこか説教をしてもらえる所はないかと探していた時、「おはよう倫理塾」を紹介された。そこで純粋倫理を学び、自分の間違いに気付き、子ども優先の生活を改め、夫婦愛和の実践を心がけた。今、息子はお弁当と惣菜の店を開き頑張っている。
しきなみ短歌 清泉集一席
「身を呈し我にこの倫理教えし息子生かされ開くお弁当の店」
<講話>生涯局 名倉芳惠講師
もうすぐお盆、自分の生命は生かされている命と自覚し、祖先に想いを馳せよう。 この時期日本に飛来し子育てをする燕について話され、身勝手でわがままな心を捨て、利他の働きをしようと説かれた。
f0032780_17545925.jpg













.


[PR]
# by krinrig | 2018-07-23 17:58 | おはよう倫理塾

名倉芳惠講師、純粋倫理基礎講座

7月21日、長森コミュニティセンターに(一社)倫理研究所 生涯局 講師 名倉芳惠様を迎え、純粋倫理基礎講座第12講 「運命は自ら造る」を開催。
<実践報告>
八剣支部 S.Tさん 
富士研セミナーで親の恩を学び、親の喜ぶ事をしようと決め、1日通信を始め、18年間で7000通。その間、私が始めた短歌を母も親しみ、返信葉書に短歌が添えられる。白寿を過ぎても元気。今年5月号のしきなみ短歌誌に、私が一席、妻がニ席に入選。母に入選短歌を添えて葉書を出すと、おめでとうの文面と、添削が。私にとっての短歌講師でもある母。
長森支部 H.Tさん 
第11講を受講し、両親と主人に感謝の念が深まった。74歳で亡くなるまで、人様の為によく働き、見返りを当てにしてはいけないという母の教えを尊く思う。また、主人に対しては、自分の思い通りにしたくて、怒ってばかりだったが、生活倫理相談を受け、主人に合わせる実践をした。倫理の学習をすればするほど感謝が深まる事を実感。
f0032780_17545956.jpg<講話>生涯局 名倉芳惠講師 自分ではどうする事も出来ない、生まれた国・性別・親等選ぶ事の出来ない状況が「宿命」。しかし「運命」は変えられる。心の通りに境遇が変わる。全てに原因があって結果が起こっているので、どんな状況でも「今が最上」と純粋な気持ちで、大肯定して受け止められるように。
運命自招のポイント!
1.毅然と立って行う
2.目の前のあらゆる機会をとらえる
3.目的に向かって終始一貫やりぬく















.


[PR]
# by krinrig | 2018-07-22 17:48 | よくする活動

子育てセミナー「生きる力を育てる」

7月5日ぎふメディアコスモス「子育てセミナー⑥」を開催しました。
テーマ「生きる力を育てる」
講師 生涯局 平岩かおる講師
子育ての目指すところは、生きる力=自立心を育てる事。親の役割は、子どもの自己肯定感を高める事。
その為には、「子供の甘えたい気持ち」を十分に受け入れる事が大切。その上で、捨て育て(過剰な心配や不安をサラリと捨て、子を信じる)を実践する。
具体的な方法として、子供のする事に、すぐに手出し口出しせず、見守る(=待てる親になる)。できたら、「ママは嬉しいな!」、できなくても、「きっとできるようになるよ。ママは応援してる!」と、失敗も受け入れられる親になる。

今年度最終セミナーは、倫理の子育ての胆が盛り沢山でした。
講師への質疑応答では、朝、子どもが中々起きず、どう対処したら?とか、(*)ワンオペ育児問題などから、夫婦関係が大事、本音を伝え合う、など、来年度の課題が見えてきました。
平岩講師の温かく優しい(時に熱い!)アドバイスのおかげで、参加してくださった皆さん方がこの一年間で心を開かれ、実践された結果、とても前向きな言葉が聞けたことが、嬉しかったです。
平岩かおる講師、2年間お世話になりありがとうございました。会の皆さんにもたくさんご協力いただき、ありがとうございます。                        子育て副委員長 片桐
(*)ワンオペ育児…夫が不在で仕事・家事・育児を母親一人でやりくりする「ワンオペレーション」育児。イライラ、不満が高じて家庭崩壊の危機も…
f0032780_17545982.jpg














.


[PR]
# by krinrig | 2018-07-10 18:04 | 子育て支援活動

7月「子育てセミナー」と「子供倫理塾」開催!

f0032780_11582544.jpg


7月「子育てセミナー」と「子供倫理塾」開催!














[PR]
# by krinrig | 2018-07-04 11:57 | 子育て支援活動

6月19日おはよう倫理塾

6月19日細畑公民館にて(一社)倫理研究所 普及開発部 主任 澤谷直行様を迎え、おはよう倫理塾を開催。
f0032780_11265197.jpg中瀬加代子会長の挨拶の後、加納支部、中原正子さんの実践報告。今年1月の普及キャンペーンで9名の方に入会していただいた喜びの報告。




f0032780_11265452.jpg<講話>普及開発部 澤谷直行主任前日に大阪で発生した地震に関して、普段から、物の備え、行動の備えが必要。また、気付きと直感を磨き、行動する事が大切と話された 講話のテーマは「元気の源」。一般的には、元気の源は食事という答えが多いが、倫理的には「希望」。『万人幸福の栞』第14条「心即太陽」。苦難が来たら
①自分に共感する、自分を傷つけない
②受け入れる、無駄にしないで体験から学ぶ
③自分をほめる、労う 
好きな言葉、希望が湧いてくる言葉を口にして、自分の力を信じよう。
自分には人生を変える力がある。希望を持って生きる事は周りにも希望を与える。と話され、会場の方々は真剣な面持ちで聞き入っていた。














[PR]
# by krinrig | 2018-06-22 11:32 | おはよう倫理塾

6月15日(金)〜17日(日) 富士教育センター『生活倫理セミナー』

6月15日(金)〜17日(日)富士教育センター『生活倫理セミナー』参加者17名(総人数131名)
中瀬加代子会長の見送りを受け、早朝元気に出発。三日間深く学び、各自、目標設定を新たにした。
<柳ヶ瀬支部>M.Nさん 部屋の皆さんと本音トークで語り合い、良かった。清堂でゆっくり過ごす事ができ、亡き父、母への感謝を伝える事ができた。
<柳ヶ瀬支部>I.Aさん 自分の生活内容を見直し、できる事を一つずつ真面目に取り組み修正していく大切さを学んだ。
<柳ヶ瀬支部>S.Gさん 人世の為、報恩の生活を深め、我が家の仏様の清掃に、自分の存在を父母やご先祖に寄り添わせ感謝していく。
<柳ヶ瀬支部>S.Sさん 自分を見直すきっかけになった。明日からも無理をせず楽しく過ごそうと思う。
<加納支部>H.Hさん 毎回新しい感動がある。自己を見つめ、もっと可能性を発揮しようと決意。
<長森支部>H.Tさん 同室の方の体験、自分では解決できない苦難も、倫理を学び、実践し、幸せになった話を聞き、ちっぽけな事で悩んだ自分が恥ずかしく、次回も是非、受講して学びを深めたい。
<長森支部>K.Hさん 各部屋の方と交流の時間が多くとられていて、良かった。
<長森支部>T.Iさん ゆったりとした研修。時間に追われる事なく、他県の方と交流もできた。行かせてくれた家族に感謝。
<長森支部>I.Tさん 同室になった他会の倫友との出会いに感謝。感動し、元気をいただいた。
<八剣支部>M.Tさん たいへん楽しくありがたく受講できた。
<八剣支部>A.Nさん 3日間充実した時間を過ごさせていただいた。命の講座を受講でき、喜んでいる。
<八剣支部>K.Kさん 和やかで明るく楽しいセミナーだった。空気が気持ち良く、梅雨空の下、木々や花々が立派で満足。
<八剣支部>E.Kさん 少人数で少々遠足気分。今の私にとても必要なセミナーだった。
<やまがた支部>M.Oさん 後始末、真剣に取り組む。感謝、真心で皆に接することを確認。
<芥見支部>Y.Mさん 多くの人と話をする事ができた。いろいろな方から経験を聞く場を与えていただき感謝。
<芥見支部>M.Aさん セミナー初参加。笑いも混ぜた講話もわかりやすく、楽しく過ごせた。実践目標もしっかり続けていく。短歌にも参加でき良かった。
<芥見支部>M.Nさん “全一統体”全ての人や物を大切に!何に対しても感謝の心を忘れずにしようと思った。
f0032780_18222645.jpg













.


[PR]
# by krinrig | 2018-06-20 18:21 | よくする活動

子供倫理塾「七夕祭り」

6月17日ぎふメディアコスモス「子供倫理塾」を開催。
今回は、七夕飾りを作り夢を語ろう!
乳幼児は風船バレーで遊び、小学生は折り紙で、流れ星や織姫&彦星、思い思いの飾りを創作し、大人も一緒に楽しみながら、和気あいあいと作りました。短冊にはそれぞれの願いを心を込めて書きました。(みんなの願いが叶いますように…)
芥見支部の会員さんからのご厚意で、今年も笹の葉を寄付いただき、本物の笹に飾ることが出来ました。  
f0032780_11530502.jpg















[PR]
# by krinrig | 2018-06-20 11:49 | こども倫理塾

関谷貞子さん自分史出版を祝う会

6月14日萬松館にて、柳ヶ瀬支部「関谷貞子さん自分史出版を祝う会」を開催。
f0032780_11090765.jpg現在86歳の関谷さんは、3歳から現在に至るまでの生い立ちを書き下ろし、自費出版された。
数多くの体験を前向きに取り組み一生懸命に生きて来られ、生涯現役をモットーに仕事はもちろん、茶華道、ダンス、カラオケなど趣味も多彩で、一気に読破してしまう素敵な自分史。
席上、関谷さんは、「倫理に入会したおかげで、林宏之推進長の自分史の話を伺い、自分を見つめなおし、自分もぜひ書いてみたいと思い、書くことができ大変嬉しいです」と話された。
出席者一人ずつ本の感想を話し、寄せ書き、お祝いの品、加納支部 林英子支部長手作りの素敵なフクロウの置物など、皆の想いを込めた品々を並べて記念写真に収め、素晴らしい一時を過ごした。
f0032780_11091371.jpg
















[PR]
# by krinrig | 2018-06-20 11:06 | シルバー活動

吟行会・秋津書道学習会

6月10日岐阜県本巣市『美濃のまほろば』で文化部 甲斐靖幸主事をお迎えし吟行会・秋津書道学習会が行われた。
中瀬加代子会長の挨拶。甲斐靖幸主事の短歌を詠むときの心がけと、心を浄化するしきなみ短歌は家族関係も良くなった実例お話を伺いました。
古民家まほろばの、築101年(大正5年)の由緒ある建築、建具、歴史の詰まった家具、庭など散策し、最も心に映った事を気付いたまま、ありのままに短歌にした。
その後、秋津書道では条幅の席書き、甲斐靖幸主事に朱墨で手本、添削いただきました。
昼食後は講話に続き、詠草の評と作歌の動機発表を聴き、素晴らしい時間を過ごす事ができました。
f0032780_11165116.jpg
f0032780_11165154.jpg
f0032780_11165165.jpg
f0032780_11212906.jpg
f0032780_11190955.jpg


















[PR]
# by krinrig | 2018-06-12 11:11 | 文化活動

子育てセミナー⑤

6月7日、ぎふメディアコスモスにて(一社)倫理研究所 生涯局 講師 平岩かおる様を迎え「子育てセミナー」を開催。
<テーマ>「いじめっ子 いじめられっ子」
<講師>生涯局 平岩かおる講師親が変われば子が変わる。
夫婦が愛情を育み家庭が薫化されれば子どもは心豊かに育つ。
また、いじめられやすい子の特徴(ネット調べ)として、おとなしい子、目立つ子、対人関係が苦手な子、真面目で内向的な子となっているが、いじめられない子に育てる5か条を話された。
その中で一番大事なのは、自己肯定感を育てる事で、親自身も、自分を愛し、人の存在を素晴らしいと感じられる心を育てていく。
グループトークでは、長年参加してきた事で、子どもへの過干渉が激減し、子どもがのびのびとしてきたという報告や、子どもの習い事に関する悩みなどが出た。
f0032780_11475262.jpg
講師への質疑応答では、嫁姑や夫婦の関わり方に話が及び、子どもの意思を尊重することが最優先で、夫との心の一致の大切さなど、更に深い学びや共感の場となった。














[PR]
# by krinrig | 2018-06-10 11:42 | 子育て支援活動

6月子育てセミナー

f0032780_11355151.jpg
















[PR]
# by krinrig | 2018-05-29 11:36 | 子育て支援活動

会員感謝の会

5月20日(日) ホテルパークにて「会員感謝の会」を開催。
普及に皆んなで取り組んだことに感謝し、喜びを発表!
<喜びの発表>
f0032780_10321443.jpg★柳ヶ瀬支部 水崎さん 家庭倫理講演会のお誘いでは、行けると返事してくれた人が少なかったが、諦めずに声かけを続け目標の15名を達成する事が出来た。





f0032780_10321499.jpg★加納支部 小森さん 動員で困っていると、いつも協力してくれるのが娘婿。SPおはよう倫理塾でも駐車場係を純情に引き受けてくれ感謝。





f0032780_10321451.jpg
★八剣支部 多和田さん 支部長の役を受け、行事の多さや責任に気持ちが重くなったが、全て自分一人では出来ない、つながりを強く感じ、感謝しながらこれからも力を合わせて明るく取り組んでいく。




f0032780_10321392.jpg★長森支部 井上さん 一年前スーパームーンの夜、娘が無事に自宅出産し、再び妊娠した事がわかった。また、次男も勤務先で正社員となり、香港にてプロポーズをして快諾を得る事が出来、喜びの輪が広がった。倫理の役職を受けて良かった。皆さんも喜んで役を受け、喜びの報告が出来るようにしよう。



f0032780_10321582.jpg★やまがた支部 尾崎さん 家庭倫理講演会のお誘いをしたところ、快く「夫婦で行くよ」と、言ってもらえ嬉しかった。亡き主人が応援してくれていると感謝。





f0032780_10321447.jpg★芥見支部 水野さん 遠方より毎年講演会に参加してくれる友人がいる事に感謝。





 
大野ヒサ子副参事の乾杯の挨拶の後、会食しながら、各支部の余興やカラオケ、ビンゴゲームなど楽しんだ。最後に、『花は咲く』を全員で合唱した。
f0032780_10321337.jpg
f0032780_10321523.jpg
f0032780_10321434.jpg
f0032780_10321461.jpg



















[PR]
# by krinrig | 2018-05-22 10:28 | 「家庭倫理の会」岐阜市の活動

寺嶋朗圭研究員「公開倫理相談Q&A」を開催。

5月18日細畑公民館にて、一般社団法人倫理研究所 生涯局 普及開発部 寺嶋朗圭研究員を講師に迎え「公開倫理相談Q&A」を開催。
f0032780_10065721.jpg日頃から倫理実践などで、疑問に思っていることなどを、率直に伺おうという趣旨で開催。

冒頭、寺嶋研究員は「5月は春から夏への気圧や季節の変わり目で、体調に影響を与えます。そのままをスナオに大自然を受け入れることです。嫌がる心の持ち方を変えて、スナオな心を考える時でもあります。



Q.6歳の孫が、おねしょをまだするので、祖母として何を実践すべきか?  
A.親が実践するのが一番いいが、後始末の実践を。孫には、「恥ずかしい事ではないよ、大丈夫。」と告げる。

Q.自分に自信が持てない。どうしたら自信が?  
A.自分の存在に気付く。命の本につながる。自分一人で生きているのでない。先祖のおかげ。両親に感謝。何事につけても決心が大切。初めは失敗が普通。   

Q.自分の性格、もう少し穏やかになりたいが、どうしたら?  
A.『万人幸福の栞』16条尊己及人を読む。自分を大切にする。己を尊び人に及ぼす。

Q.娘の子を子育ての行事に参加させたいが、娘はなかなか難しい。どうしたら?   
A.待つことが必要、時期が来れば。知らせる事を自分の背中で伝える。まず、いいお母さんだなと思ってもらえるようにする。 

Q.子育ての行事に、支部としてもっと参加してもらいたいが、なかなか、前向きなお母さんに巡り合わない。どうしたら? 
A.前向きになれるよう導いて欲しい。気長に。すばらしい人間になれるよう自分も! 
f0032780_10070116.jpg
















 

[PR]
# by krinrig | 2018-05-20 09:57 | よくする活動

おはよう倫理塾(細畑会場)

5月18日「おはよう倫理塾」細畑会場に、倫理研究所 生涯局 普及開発部 寺嶋朗圭研究員を講師に迎え開催。
<実践報告>八剣支部 K.Tさん
しきなみ短歌を始めた。次男が幼稚園で書いた絵を見て考えさせられた。家族の絵で、次男の顔だけが小さく、自分の存在を小さく感じているのかとショックだったが、見方を変えて、おばあちゃんやお父さん、お母さん、お兄ちゃんの事を大きい存在だと思ってくれているのだと、純情な気持ちで短歌にした。『家族の絵 あなたの顔は小さいね 私の中では大きいからね』
f0032780_10553021.jpg<講話>生涯局 普及開発部 寺嶋朗圭研究員
テーマ 「 親子のつながり」 
静岡県在住のAさんの体験。富士研セミナーに参加し、『恩の溯源』の研修を受け、36年前に出て行った父の事が浮かんだ。事業に失敗し、突然居なくなった。生きていたらどうしているかと、富士山を見ながら、父を思う気持ちを見つめる実践を続けていると、心の変化に気づいた。ある日、区役所から、連絡が有り、父と再会。再会したら今までの思いをぶつけようと思っていたが、涙が止まらなかった。一日一枚の葉書を送り続けた。これまでしてもらった事を、今度は父にしていこうと決意。余命半年と言われた父は、3年生きた。親子のつながりは目に見えない、電気のようなもの。自分の命の根元=父を敬し、母を愛する純情の子でなければ、世に大業を残す事は出来ない。親の子であることを自覚し、命の根元に溯って、充実した生活を送ろう。

















[PR]
# by krinrig | 2018-05-19 10:55 | おはよう倫理塾

5月17日「純粋倫理基礎講座」

5月17日長森コミュニティセンターにて、一般社団法人倫理研究所 生涯局 普及開発部 寺嶋朗圭研究員を迎え「純粋倫理基礎講座」《第11講「純粋倫理の特質」》を開催。
f0032780_10212310.jpg丸山敏雄先生が自らの体験により、幸福と一致する善のある事に気付き、「徳福一致」の「最高善」を説く。これこそ純粋倫理が旧道徳と異なる特色。その条件とは
①絶対性…いつ、誰が、どこで、どれほど行っても、常に全ての人を幸福に導く。
②普遍性…世界で同時に広く行っても自他共に幸福になる。
③一貫性…歴史・時代により少しの変化も受けない。
④基本性…宗教・教育・政治・経済全ての基、土台になる。これを離れて人類の歴史は存在しない。
純粋倫理とは「実行によって直ちに正しさが証明できる生活法則」、考えるより先にやってみる。
そして「心の生活法則」、形だけの実践では成果が出ない。心の持ち方が肝要。
また、「科学に立脚し、宗教に出入する」、正しいかどうか、日々の生活を実験の場として、いつでも、どこでも、誰にでも確かめられる。宗教ではなく、在り方も性格も異なるが、離れがたく結びついている。
















[PR]
# by krinrig | 2018-05-19 10:21 | よくする活動

筒井道幸講師「倫理セミナー」

5月13日長森コミュニーセンターに、生涯局 講師 筒井道幸様を迎え、倫理セミナーを開催。テーマ「明るく楽しい生き方を!」
f0032780_11080904.jpg心の生活法則が純粋倫理です。
商売繁盛、家内安全、無病息災が誰しもの願いです。
しかし人生は心の持ち方です。心を鍛えること。心も筋肉と一緒鍛えなければなりません。心は苦難によって鍛えられるのです。心は、筋肉と一緒で鍛えないと萎縮してしまう。苦難を喜んで迎えること。現状を打破するブレイクスルー思考であること。
苦難の選択に明るくするか、暗くするかである。凶の象形文字は穴の中で手を組みにっちもさっちもいかない事ですが。穴の中でメ(芽)が出ているとも見える。物事を明るく受け止めるようにすればいいのです。
日野原先生は100歳を超えて、「健康ですか?お元気ですか?」の質問に対して「健康です。健やかにです。」と答えるようにしているそうです。健康は心が決める。人間は誰しも病んでいるものであるから、有病でも息災で生きていきましょう。病と上手に付き合うこと。病気と闘うこともしない。考え方の選択で明るくすること。心配ばかりだと楽しくなれない。
老いても"感心"、"感動"、”感謝”することを忘れない。
「もう〇〇だから」は言わない。「やったことないからダメ」「私には無理」「もう歳だから」は言わない。
心をどちらに向けるかである。明るい方に向ける。
感謝する。喜ぶと喜ぶ事が起きてくる。

1.物事に関心をもつ
2
.感動する気持ちを忘れない

3.常に感謝の気持ちを持つ

4.いつも笑顔を作る

5.良い歳のとり方をすれば、顔かたちは変わらなくても顔つきが変わる、柔和な顔になる

顔かたちは変わらないが、行動や言動で、顔つきは変わる。
「ありがとう」をたくさん言いましょう。


















[PR]
# by krinrig | 2018-05-14 14:05 | よくする活動