2月の「合同おはよう倫理塾」

2月17日平尾勝主事を迎え「合同おはよう倫理塾」を開催!f0032780_943031.jpg
村上和雄筑波大学名誉教授は遺伝子の研究で知られています。そのお話の中で、笑いが遺伝子にとても良い影響を与えるこたが実証され、ガンの進行も抑制し糖尿病の血糖値の改善も見られる。明るさは苦難をも吹き飛ばし、人は笑いによって遺伝子レベルが変わってくるのです。
漫才師B&Bの島田洋七さんの生い立ちは広島から佐賀のおばあさんの家へ一人で疎開された体験がその後の人生を大きく変えたのでした。極貧の貧乏生活のおばあさん家に引き取られ、その中で、明るさと前向きに捉えられるおばあさんの生き方は「明るい貧乏」。食べるものがなくても明るくとらえ、物がなくても工夫して明るくとらえ、悪口を言われても明るく受け流す。底抜けに明るい。島田洋七さんの「めちゃめちゃ陰気やで〜」って笑いながら言うギャグはここから来ているのか思いました。
笑い、喜び、前向きに、すべて「これがよい」と受けた時から、すべてが好転して行く。
心配や憂い、じゃなくて可能性に目を向ける。
倫理は難行苦行ではなく、明るさである。歯を食いしばってやるものでもない。笑いの中でやるものである。
一分間に一度は大笑いしながら拝聴できた今回の講話は、聴くだけで免疫力が高まりました。平尾勝主事、ありがとうございます。今回、参加できなかった皆さんは、次回は是非ご参加下さい。
[PR]
# by krinrig | 2006-02-17 09:41 | おはよう倫理塾

秋津書道の展覧会に行ってきました。

f0032780_178165.jpg2月9日から11日まで本部(倫理文化センター)で開催されている倫理研究所創立60周年記念 第33回秋津書道展に初日の9日、岐阜より4人一緒に観に行ってきました。
当日はとても風が冷たく寒い日でしたが、新幹線の車窓からは雪を冠った富士山がとてもきれいに見えました。
今回の書道展のテーマ「家族」を題材にした全国よりの作品589点が1階と2階のホールに所狭しと展示されていました。
「特別出品」として丸山敏雄先生の『精神一到何事不倒』が展示してあり、事前に全作品が載っている冊子を頂きましたが、作品を目の当たりにみると、冊子からは伝わらない素晴らしい感動と迫力がどの作品からも伝わって来ました。

f0032780_1792823.jpg
f0032780_17171655.jpg又、会場では丸山敏秋理事長にお会いする事もでき、理事長の作品『崇祖』は冊子には載っていませんが、会場で見ることができました。
何でもそうですが、実際に足を運んでみると現地でしか味わえない雰囲気、感動、出会いなど、を頂くことができます。来年も秋津書道展は開催されますので、是非皆さん出掛けて見て下さい。素晴らしい感動の世界が待っていますよ。(鈴木美智子:記)
[PR]
# by krinrig | 2006-02-10 17:19 | 文化活動

長良支苑会員、相次ぎ入選!

3月号しきなみ短歌飛雲集(東中部)井戸いつき様が第二席に入選されました。
「渡岸寺の観音様は湖(うみ)わたる風のごとくにすずやかなお顔」
「かくれ里友と訪ねる菅浦はしぐれて青きみかんの御陵」
以上が入選作品です。
f0032780_8264361.jpg
また、秋津書道では、芸術部 人の部(中部・西部)12月兢書において、篠田隆夫様が第一席に入選

f0032780_827427.jpgそして、12月創作課題 人の部においても篠田隆夫様が入選されました。二作品が同時に入選は、素晴らしいですね。

長良支苑では毎月第一木曜日、講師に水野つや子様を迎え、歌会と書道会を開催しております。今月の高点歌を紹介します。
「遠会釈交わせる人をどなたかと思い出しおり元旦の朝」若原邦子
「雪の壁縫うごと進むその先に癒し求めて淡墨のお湯」神谷由美子
皆さんも短歌づくりを楽しんでみませんか!
[PR]
# by krinrig | 2006-02-07 08:51 | 文化活動

山田悦子さん

f0032780_7394633.jpg
春を告げるマンサクが咲き始めた頃
「家庭倫理の会岐阜市」しきなみ短歌徹明支苑チーフ
山田悦子様が本日(1月28日)午後1時20分
永眠なされました。
生前のご活躍に感謝し
ご冥福をお祈りいたします。
f0032780_7482496.jpg
短歌講師 水野つや子様が山田悦子様を詠まれた短歌です。
「千代紙の少女の栞に「えつこ」の印小さくありて友の手作り」
山田悦子様が、なお生きようとなされて詠まれた短歌を紹介します。
「最後まで夫のやさしさ支えられ生きる力をしぼりおり」
♥山田悦子様は身体が病んでおられても、文化部のチーフとして積極的に取り組んでおられました。なかなか出来ないことだと思います。感謝。(多和田詩朗)
♥山田悦子さんは、入会(昭和57年)され30余年の永きにり倫理にかかわり、時には、金神社のお拝殿で一人の時もあったと聞きました、徹明の灯をまもりつずけ今日の基を築いてこられた人です。(後藤幸子)
♥山田悦子さんは、朝の集いには毎日、皆出席でした、皆勤賞の図書券を何枚の数をお渡ししたか分かりません。癌が見つかっても手術前日まで会場に来てくれていました。 ファミリデーに五目御飯、赤かぶの漬物も持ってきてくれました。寺尾ヶ原千本桜に毎年夜桜を見に行っていました。(西田高啓)
♥山田悦子さんのお見送り皆さんありがとうございました。死は元に帰るのだと思いながらも、あの人なっこい笑顔と岐阜弁丸出しの声を二度と聞くことができないのだと思いと、短歌に詠われたように優しくご主人にささえられながら最後まで生きることをあきらめなかった、悦子さんの姿浮かび、胸に迫るものがあり涙がこみ上げていました。誰でもいつかは別れがやってきますが、精一杯この世を楽しんで人生劇場での主役を演じきったそんな旅たちがしたいと思いました。何をするにも明るく楽しんでやりましょう!(高島晴美)
[PR]
# by krinrig | 2006-01-28 14:42 | 文化活動

大好評!新刊発売

f0032780_1865740.gif

『丸山敏雄一日一話』幸せになるための366話(PHP研究所)
http://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=4-569-64866-5
からも購入できます。
品薄のようです。
f0032780_19251662.jpg

読売新聞掲載広告
[PR]
# by krinrig | 2006-01-25 18:11 | プチ情報

こども倫理塾【もちつき大会】開催!!

f0032780_892994.jpg
1月22日岐阜倫理会館で、もちつき大会が開催されました(参加者89名)。晴天に恵まれ、風が冷たく感じられましたが、もちつき作業が始まる頃には、みんなの熱気で寒さを感じませんでした。
f0032780_8133364.jpg
注意事項を聴いて、みんなで5アクトを斉唱してから実習作業に取りかかります。大根をおろす子。油揚げを切る子。ネギを切る子。包丁使いもだんだんにうまくなってきます。もち米が蒸し上がり、温かそうな湯気が立ちこめる中、皆で交代にもちつきを楽しみ、つきたての美味しいお餅と豚汁で満腹!満足!
f0032780_8193125.jpg
f0032780_8222810.jpg
f0032780_823227.jpg
f0032780_8234592.jpg
f0032780_8241896.jpg

最後に、みんなで後片付けと清掃をして終わりました。次回をお楽しみに。
ありがとうございます。
[PR]
# by krinrig | 2006-01-23 08:29 | こども倫理塾

于振忠さん(中国)からのメール

f0032780_9134436.jpg1月7日からの「富士研」受講でルームメイトになった、于振忠さんからメールが届きました。

多和田様   こんにちは。
メールを有難うございました。16日北京に帰ってきました。
御礼のメールを送ろうとしたところ、多和田さんからメールが届きました。
「心に残る親の思い出」の時、話した内容は本当に自分の残っている思い出なので、皆さんに聞いてもらえるならば掲載しても良いです。どうぞ掲載してください。
また、其の時に一緒にとりました写真を添付ファイルにて送付致しますので
ご査収のほどよろしくお願い致します。
富士研では本当にお世話になりました。
とりあえずお返事まで
倫理研究所中国事務所 于振忠より
1月19日

文中にもありますように、本人于振忠さんから伺った「心に残る親の思いで」のブロク掲載の許可を頂きましたので、ここに掲示します。
【于振忠さんの「心に残る親の思いで」】
中国の山奥クブチで7人兄弟の7番目に生まれ貧しかった。両親は7人の子供を育てるために必死に働いたが食べるものがなく、幼い頃はトウモロコシを粉にし木の皮からとったニカワで固めたものを食べていて、お米を食べたことがなかった。5才頃、どうにも食べさせられないから、私を裕福な家に貰ってもらおうと父が提案した。しかし、母が激しく反対したので今の自分がある。貧しい家を救い出世するには大学へ行かなければと、両親の仕事を手伝いながら必死に勉強した。
やっとの思いで大学に合格することができた。中国では学費は国が出してくれるが、教材は学生側の個人持ちである。それにはおよそ一年で1,000元必要である。日本円で15,000円であるが私たち家族にとってはそれは天文学的数字である。そんな負担を親にさせられないので、私は大学へ行くのを諦め、合格通知を隠していました。それを父にとがめられ、大学へ行くように強くすすめられたので、しかたなくかねてより希望していた日本語学科に行くことにした。大学に通うが教材費のことが心配であった。冬のクブチは氷点下27度にもなるのに、父は私達子供のために夜遅くまで働いて疲れて帰ってくる毎日であった。父は何をして1,000元もの学費を稼ぐために働いているのか知らなかった。不思議に思い調べてみると、羊使いの仕事であった、村人の飼っている羊を集めて放牧させたり世話をするのである。中国ではそれは仕事としては地位の低いものの作業なのです。そんな仕事を父親にさせておく訳にはいかず、私は大学を辞めることにした。滅多に怒らない父親はそれを知って「本当の親孝行は、お前が大学を出てくれることだ」と怒った。
そんな父の温かい言葉に支えられて大学を卒業することができました。・・・・・しかし、それから2年後、父は亡くなってしまったのです。これから親孝行をして恩返しをして行こうと思っていた矢先でありました。(涙)

今回1月7日、富士研へ来る前に、倫理学苑で研究生と同じ生活を体験し冬の滝行も体験した。中国では滝行をすることもなく、初めての体験であったが、今までの人生のことを思えば、滝行が冷たくて辛いといういは全然なかった。(驚き!)
日本では、親に感謝する心が薄いような気がする。中国では、親に感謝するのが当たり前であるように教えられ育って来た。

(その後の、後日談が倫理との出会い)
中国では、大学を卒業すると授業料を負担してくれる代わりに、国が決めた官庁に就職することになる。しかし、仕事が合わなくて、大学で学んだ日本語を活かす旅行会社に転職した。しばらくしてクブチ沙漠緑化隊のお世話をすることになり、日本から来る旅行団や経営者の態度は私たちを奴隷を扱うように冷たく、ペットボトルを投げつけられたこともあった。日本人って何て奴らだと、日本人に嫌悪感がつのり今回の仕事を最後にして辞めようと思った最後のお客様が倫理法人会の緑化隊であった。同じ日本人の経営者でもこんなに温かく親切な人達もいるのだと思い、仕事を辞めるのを思いとどまった。この会の方達はどんな団体かと知ることが倫理との出会いです。
どんなことを学ばれているのだろうと知ることにより、倫理の魅力を知ることになりました。

今後、中国にも純粋倫理を普及されることを責務として、益々ご活躍されることでしょう。(感謝)
最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。
このブログは、于振忠さんも見られますので、于さん宛にメッセージがありましたら、コメントの書き込みをお願いします。

f0032780_9321498.jpg
メールで送られたきた、富士研で同室の方々と一緒に撮影した写真です。
[PR]
# by krinrig | 2006-01-20 09:41

平尾勝主事来る!

1月19日合同「おはよう倫理塾」に平尾勝主事をお迎えしました。
講話に先立って、早田支部の尾崎政子さんの実践報告。f0032780_821112.jpg
夢のマイホーム購入後、これからという時に夫が急死し、親子三人で家のローンも残ってどうして行けば良いのやらわからないままにも、一所懸命働き息子を難しいと言われた志望高校に墓前での夫への願いが通じたのか入学できることになった。しかし、次第に息子の様子がおかしくなり好きだった野球も諦め学校へ行かなくなった。私が学校へ行かなくてもいいんだという思いで吹っ切れると息子は大工見習いの職に付き、初めての給料で、手紙を添えて私にプレゼントを買って来てくれた。それからというもの倫理の青年部活動で「よさこいソーラン」にも参加するようになり、親の願い通り、活き活きと生活しています。倫理を学んでいて本当に良かった!
f0032780_832521.jpg
尾崎さんの実践報告に感動された平尾研究員は、予定していた講話を変更して、倫理研究所入所前のご自身のことを話し始められました。
物心ついたころから、両親が倫理を学んでいたが、倫理が嫌でしょうがなかった。中学や高校の頃は反発さえして、家にも帰らず倫理を学ぶ親に背を向けていた。今に思えば、親の願いとしては、青年活動に参加して少しでも倫理に触れて欲しかったことでしょうが、倫理が大嫌いであった。幼児の頃学んだ倫理への復活の切っ掛けは、しつこいほどの青年部長の真心のお誘いがあったからです。見るのも嫌だった部長の顔や、青年部お誘いのチラシを毎日毎日笑顔で持ってこられる。それが嫌で、2度と誘いにこないこと引き換えに、断わり続けた弁論大会の出演を受けてしまった。実践もしていないのに話すことなどある訳がない。しかし、青年部長の自信満々の指導に成り立って行く。そして様々な体験が出てくると倫理を信用してもいいかな!と思えるようになった。180度の転換である。青年部長の熱心なお誘いに今でも感謝している。(講話の感動は文章では伝わりきれませんので、次回はぜひ参加を!!)
実践なき倫理はありません。
希望を持って、喜んで取り組んでみる時、年齢に関係なく輝いてくるものです。
自分で年齢を引きずって丸くならないでください。
実践によって、楽しく,明るく⇒⇒⇒が倫理です。
[PR]
# by krinrig | 2006-01-19 08:53 | おはよう倫理塾

多数のアクセス、ありがとうございます!

f0032780_19272978.jpg
1月2日にブログを開設して2週間あまり。「家庭倫理の会岐阜市」のブログへの訪問者は、18日現在総計113名に達しました。
ありがとうございます。
[PR]
# by krinrig | 2006-01-18 19:32 | プチ情報

文化部新年会を開催!

f0032780_719295.jpg
3月上旬を思わせるような気温と快晴に恵まれて、1月15日文化部では、かねてからこんなことができたらいいなあと思い、新年会を挟んで徹明支苑・長良支苑合同のしきなみ短歌会と秋津書道会を盛況裡に開催することができました。午前はしきなみ短歌会。高点歌に「冬の飛騨赤かぶ並ぶ朝市の「安くしとくさ」に心なごみぬ」鈴木美智子さん。「道問えばほうかむりした人は引きし大根で方向指せり」後藤幸子さんの歌などが選ばれ、提出された32首の短歌を講評しあいました。
お昼は新年会。福袋も配られ、お弁当を食べながら、親睦を深めることができました。
f0032780_7355792.jpg
午後は秋津書道会。下手だ下手だと言いながらも筆運びの勢いのある素晴らしい作品を展示し、お手本を見て書いておられる姿は真剣そのもので、若々しさがあります。
皆さんも、日本文化を学ぶ、しきなみ短歌と秋津書道を学んでみませんか。それは倫理実践そのものです。
f0032780_741339.jpg

[PR]
# by krinrig | 2006-01-16 07:46 | 文化活動

《特報》鏡の法則

ショートストーリーブック(無料)
[人生のどんな問題も解決する知恵 『鏡の法則』]

http://coaching-m.co.jp/payforward.htm

f0032780_717163.jpg
《特報》
上記のアドレスへアクセスして見てください。
純粋倫理で学ぶ、『万人幸福の栞』のなかで、
「子女名優」「「夫婦対鏡」「万象我師」「苦難福門」が体験証明できる実例が記載されています。
心理学的にも、スナオに実践することが
素晴らしいことであることが、わかってきます。
純粋倫理が理解できない方も、ぜひ読んでみてください。
また、多くの方にもお知らせください。
感想の書き込みもお待ちしてます!
[PR]
# by krinrig | 2006-01-12 07:26

《速報》富士研へ行ってきました!

1月7日〜9日二泊三日富士研講習に「家庭倫理の会岐阜市」から18名の方が参加されました。受講感想を速報します。(順序不同)

f0032780_1658934.jpg
◆出発時に心配された雪も降らなくて、天気に恵まれ、真っ白な富士山が三日間とも見れましたし、一生分の笑いこけた劇団「富士の風」の演劇も見れたし満足!満足!!そこで学んだモノも多く、頭に入りきらないくらいなので、また富士研に行きます!!(大城幸子)
f0032780_176778.jpg◆多くの方々との交流に感動し、今後、家内の会長職の支えになっていきます!富士研は最高です!!(高島英伸)
◆霊峰富士と富士研スタッフの熱心さ、岐阜の会員さんの笑顔に十才若返りました!!さあ、動こう地球倫理フォーラムに向けて、やるぞ!!(高島晴美)
◆18回目の受講で、初めて他の倫理の会の人と、とっても深く交流ができました。その交流の中で、自分自身が自分を気づかないところを気づかせていただけたことが、とてもよかったです。雪があると思って長靴も新調したくさん着込んで行きましたが、全然大丈夫で楽しく受講できました。行くのを迷っていましたが、今回参加して本当に良かったです。(堀場秀子)
f0032780_17153743.jpg
◆富士のふところに抱かれて、自分の小さな力で頑張るのでなく、大自然に生かされていることに感謝の気持ちがいっぱい湧いてきました。ありがとう!!本当に来てよかった。(林宏之)
◆清堂での「いのちの遡源」研修で、母親に添い寝してもらった赤ん坊の頃を思い出し、母の匂いまで感じられて、とても嬉しく感動しました。益々元気が湧いてきた!!(立川悦子)
◆新年早々富士研に行き、ゆったりとした気分で勉強できたこと、雪の富士山もくっきり見え、とても感動しました。また、丸山理事長の妹さんにも出会え、お話が出来、お風呂にも一緒できとても嬉しく思えました。今後の実践としては、イメージを描き目標を毎日、声を出して誓います。笑顔で「ありがとう」と毎日、感謝の心を出せるように実践します。(小森都美子)
◆富士研は何度来ても感動です。今回は偶然にも丸山理事長の妹さんとも会え、お話が出来て最高でした。人との出会いが自分を豊かにしていく。そんな富士研に、笑って、泣いて・・・・・とにかく最高!!(中原喜代子)
◆“笑顔(えみがお)はすべてのはじまり諸々と我とのきずな固く結ばん”こんな短歌が出来ました。グループ交流で、人を見かけだけで判断するのではなく、相手を理解してあげることが大切であることを、気づかされました。(安藤昭彦)
f0032780_17474869.jpg
◆今回は夫婦にて参加でき、原点の勉強ができました。清堂での臨終実習で一度死に、生き返ってきました。生まれ変わった気持ちで、心新たに倫理に取り組んでいきます。(片桐善昌)
◆夫婦で受講できて最高です。生まれ変わって、ふんわりとやわらかに、感謝の「ありがとう」を百回言います。これからは自分の年齢に関係なく、人に役立てる面を見直し実践していきます。富士研はいいですね!(片桐定子)
f0032780_1824233.jpg
◆鈴木支部長に誘われて、嫌々の参加でしたが、他府県の会員の人たちと真心の交流がとても楽しかったし、嬉しかったです。倫理を学び続けてよかったです。何か安心感も得られ、基本の学びで生まれ変われた気分です。岐阜を代表して決意発表も出来、感動をいっぱいありがとうございました。(服部貞子)
◆皆さんとの交流の中で、娘という立場に甘えているなあと痛感しましたが、受講が終わる頃には、このまま、そのままでイイんだと思えるようになり、家族や周りの人や環境に感謝の気持ちでいっぱいになりました。そして、家族や夫婦ってやっぱりイイなあと思いました。(堀貴子)
f0032780_18162093.jpg
◆病人を抱え富士研受講に出にくい中、家族の理解の中で参加して本当によかったです。もっともっと多くの人に参加してほしかった。見知らぬ人との交流も、参加しなければわからない学びをいっぱい吸収して、より一層の実践が深められます。(大野ヒサ子)
◆今回の受講で、気づきをいっぱいいただきました。少しずつでも自分がスナオになれたようで、気づきを大切に実践していきます。感動をいっぱい!こんな機会を与えてくださり感謝しております。以前、富士研に参加した感覚と違って、富士研へ行って、他の人との出会いでまだまだ学ぶことがいっぱいあるなあと、思いました。(後藤時子)
◆仲間がたくさんできて、とても楽しかった。富士研受講に参加しなければ「損!」ですヨ。外はマイナス7度!!寒いと思っていっぱい着込んでいきましたが、皆さんの熱気で身体がポカポカになり、冷え性が治ってしまいました。感激!!(尾崎政子)
f0032780_183745100.jpg
◆二泊三日があっという間でした。劇団「富士の風」特別講演では、お腹がよじれるほど大笑い。これで免疫力も百万倍。初春に笑顔の輝く佳き人に会えて嬉しき富士研講習でした。「富士研タイム」は必見の価値あり。(鈴木美智子)
◆一度は富士研、今度も富士研。今回は死生観に新たな学びを得ました。毎回毎回、感動がいっぱいです。中国事務所の于振忠さんとも同室になり、貴重な体験談も聴くことができました。すてきな出会いをありがとうございます。(多和田詩朗)
f0032780_18463936.jpg

今回大垣からも二名の方が同行されました。
◆今回初めての受講で、岐阜の皆さんに大変あたたかく迎えて頂き、感謝でいっぱいです。きれいな富士山の麓で元気に勉強させて頂きました。もっと!もっと!自分を輝かせ、倫理に燃えて行きます。本当にありがとうございました。(大垣:日比野友子)
◆今回は同行させて頂きまして、ありがとうございます。チーム交流での「心に残る親の思い出」を語るトーク実習で、多くの感銘する場面に触れ、目頭が熱くなりました。また、数々の出会いの中で、心が洗われた貴重な経験ができました。ありがとうございました。(大垣:伊藤道雄)

f0032780_193658.jpg

お陰様で、参加者全員このように感動いっぱいで受講してくることが出来ました。
ありがとうございます。(参加者一同)
[PR]
# by krinrig | 2006-01-09 19:06

子育てセミナー通信

f0032780_9173569.jpg
11月19日(土)に、岐南町中央公民館にて10時より高島晴美講師をお迎えして“子供をもつ親の心構え”と題して 子育てセミナーを行いました。若いご夫婦1組を含めて12人のご参加がありました。(総人数21人)
【講話より抜粋】
昨今、テレビ等では、いろいろな事件が報道され 世の中はとても騒がしくなっていますが、そんな中だからこそ親は

“基本的に大切なことを伝えること” “ぬくもりを伝えること”

これが一番大切であると話されました。基本的に大切な事とは、ごめんなさい、ありがとう を教えることでこれにより人に喜ばれる事また迷惑をかけない事を学び、あえては、社会に貢献できる人を育てる事になる。ぬくもりとは、子供は3才までに60%の脳が出来上がりますが、それまでに与えた親のスキンシップや語りがけがそのまま大人になってもぬくもりとして心に残り、またそれにより心を穏やかに保っていけるのだそうです。このことが親の役目であると話されました。
そして それ以上のすぎたしつけは、必要ない。
「あれだめ」「これだめ」を口癖にしていませんか?
わが子の今をそのまま受け止め、認めてあげる。そして褒めましょう!
その為にはまず自分を認めること、褒めること。親本人が褒められていないと子供も褒められません。誰も褒めてくれなければ自分で褒めましょうと・・・また親であっても人間です、感情に任せて怒った時は必ず後で謝りましょうとの事でした。
いい母親でなくてもいい、明るいお母さんであればいい。
また、親が変わらなければ子どもも変わりません。・・・・


f0032780_9215446.jpg
後半にはフリートークがあり、参加者の今の悩み事などに対して回答もいただきました。
何が大切かさえわかっていれば、もう少し肩の力を抜いて子供に接していけるのでは、ないでしょうか?
みなさん、心を少し軽くされて帰っていかれたように思えるセミナーでした。

今後も子育てに参考になるセミナ−を開催していきます!
ご期待下さい!
参加をお待ちしております。
[PR]
# by krinrig | 2006-01-04 09:25 | 子育て支援活動

ブログ開設しました。

f0032780_15431293.jpg

あけまして おめでとうございます
新しい年を清々しくお迎えのことと思います。
「家庭倫理の会岐阜市」ではブログを開設しました。
今後のアクセスをよろしくお願いします。
「ブックマーク」・「お気に入り」に登録してください。
新しい活動内容の情報を随時発信します。
皆様の意見交換の場としてご意見書き込みをお待ちしております。
但し、他を中傷するようなコメントはご遠慮下さい。削除させていただきます。
明るさを大切にする「純粋倫理」の学びです。多くの方に読まれることを配慮してください。
コメントの書き込みは右下の「Comments」をクイックしてください。
よろしくお願いします。
f0032780_160624.jpg

[PR]
# by krinrig | 2006-01-02 15:55

文化活動

【文化活動】
倫理文化活動は、しきなみ短歌と秋津書道を楽しく日本文化を学ぶことが即倫理実践であり、心の浄化につながることを体験していただく場をもういけていきます。
活動は現在長良支苑と徹明支苑があり月一回歌会と書道会を開催しています。
倫理未会員にも参加を積極的に働きかけています。
f0032780_15405344.jpg
活動拠点は
『しきなみ短歌徹明支苑』
『秋津書道徹明支苑』
『しきなみ短歌長良支苑』
『秋津書道長良支苑』
があります。
長良支苑は毎月第一木曜日(場所:カランドリエ)
徹明支苑は毎月第三日曜日(場所:細畑公民館)
お気軽にお問い合わせ下さい。
見学大歓迎!!
[PR]
# by krinrig | 2006-01-02 15:33 | 文化活動

青年倫理塾

【青年倫理塾】
将来を担う青年の育成を目指し、岐阜エリアの青年活動を推進しています。
学習会、モーニングセミナー、ディスカッション、楽しい各種行事の企画運営をしています。
諸活動を通して自己の個性(たち)をできるだけ伸ばして、世のため人のために働かす実践を推進し、一人ひとりが、家庭、学校、職場をはじめ地域社会に対して、自己存在価値を見出せる「個性(たち)」を発見しつつ、決して自己中心的でなく、実際に「誰(何)かの役にたてた」と言える青年の育成を目標としています。
f0032780_15222223.jpg

[PR]
# by krinrig | 2006-01-02 15:23 | 青年倫理塾

広報活動

【広報活動】
家庭倫理岐阜市の会員のみなさまへの機関誌として“わかあゆ”を発行しています。
インターネットにより、純粋倫理の素晴らしさや家庭倫理岐阜市の活動内容をお伝えします。
純粋倫理の実践体験の収集していきます。
f0032780_15181584.jpg

[PR]
# by krinrig | 2006-01-02 15:18 | 広報活動

地域交流支援

【地域交流支援活動】
岐阜県や岐阜市など地域に貢献できる団体を目指します。クリーン長良川の参加、毎月一回自主的なJR岐阜駅前清掃の実施、実業団女子駅伝の際の道路清掃ボランティアなど行っています。今後はさらに貢献できることを拡大していきます。
「こんなことに貢献できるのではないか!」と思われる意見がありましたら、お知らせ下さい。
f0032780_15134381.jpg

[PR]
# by krinrig | 2006-01-02 15:14 | 地域交流支援活動

こども倫理塾

【こども倫理塾】
未来を担うこどもの育成を推進していきます。
しつけ(倫理)・遊び(連帯・和合)・学び(学習意欲)の3本柱の「こども倫理塾」でこどもたちに生きる力を与え、日本の文化、こころを感じさせる短歌・書道を中心に展開してまいります。「こども倫理塾」で学んだ子は確実に変わります。挨拶・返事・後始末の出来るこどもを育てていくことを目標として「こども倫理塾」を月一回第三日曜日に行います。(変更もありますのでそのつど予定を確認してください。)
今年も、ぎふこども短歌コンクール&まつりを企画開催します。
f0032780_158271.jpg

[PR]
# by krinrig | 2006-01-02 15:09 | こども倫理塾

子育て支援活動

子育て支援活動として「子育てセミナー」の開催を企画・実施してい来ます。子育て中の方や、子育ての支えになっておられる方の、悩みや疑問解決のヒントにきっとなります。実施に当たっては、こども倫理塾との共同開催も取り入れていきます。対象者の参加を心よりお待ちしております。
f0032780_7595834.jpg

[PR]
# by krinrig | 2006-01-02 15:06 | 子育て支援活動