<   2016年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

東海エリア『歌ごもり』

6月20~22日、岐阜グランドホテルにて、本部より、北奥明彦文化部部長、木村英世専任研究員そして、東海エリアの短歌講師を迎え、総勢106名で開催しました。(内岐阜市21名の出席)

f0032780_17161795.jpg 20日午後1時の開講式後、北奥明彦部長の講義『いのちとかたちー短歌における個性の発揚―』が行われ、「生きる力の根源『いのち』を三十一文字という定まった形のうたで表しましょう。すべてがそのままで良いのです。」と述べられました。
 続いて歌会の開始。全投稿草は百十二首になり、一日目の第1部歌会に於いては、五十七首の講評を10人の講師が一首ずつ述べられ、作者が作歌の動機を発表しました。
f0032780_17205341.jpg

二日目の第2部歌会後に、閉講式が行われ、その中で高点歌の方14名の表彰がありました。(高点歌は、20点以上の歌です。)最も点の多いお二人の詠草を紹介します。
  三河  安城支苑   佐々木和歌子さん
◎ハグをする我にふざけて「ハッケヨイ」と相撲をとるふり照れるな夫よ

大垣市 大垣支苑   長井トシ子さん
◎手間かけて姑の伝授の草餅に夫は「うまい」と笑みたる面を  
f0032780_17211693.jpg

総括では、北奥明彦部長が、「しきなみ短歌の良さは全員が主人公です。しきなみ短歌には純粋倫理の理念がしっかりとしみ込んでいます。短歌は心の向上が大切です。心を清らかにしていくために短歌を詠んでください。自分の真実の姿を歌に込めてください。心の歴史を歌に詠んで残してきたのが日本人です。」とまとめられました。
  













,
[PR]
by krinrig | 2016-06-30 17:14 | 文化活動

「子供倫理塾」 “七夕祭り”

 6月19日(日)に「子供倫理塾」 “七夕祭り”(夢や願いを持とう)がぎふメディアコスモスで行われました。参加者は、子供が16名でした。
5アクト斉唱後、自己紹介をしました。始めは恥ずかしそうにしていましたが、子ども達全員が発表できました。
f0032780_14455524.jpg

 次に、役員さんから教えていただきながら、星や天の川の笹飾りを折り紙で作りました。短冊には子ども達それぞれの夢や願いを書いて、笹に結び付けました。どの子も夢中になって取り組んでいました。親子で参加の幼い子は、お母さんと一緒にとても嬉しそうに笹飾りを作っていました。
f0032780_14462399.jpg

f0032780_14464099.jpg
















[PR]
by krinrig | 2016-06-24 14:44 | こども倫理塾

子育てセミナー「あなたの子育て大丈夫? 」

「あなたの子育て大丈夫? ~自分を責めない~」と題した子育てセミナーが6月19日(日)、ぎふメディアコスモスで行われました。
森田玲子講師は、子どもを変える前に自分が行動!を見直してみましょうと話された。
お家の汚れを一拭きして、できた自分を褒める。すると、子どもの宿題も一行でも出来たら、褒めることが出来るようになる。
何度通っても、良い話を聞いても、現状が変わらないなら、腑に落ちていない、腹で分かってないという証拠。
色々実践してきて、自分の心が楽になってきた。でも、まだ何だかモヤモヤするなら、そのまま先生や仲間に打ち明けてみると、やっぱり基本が大事だった、ということに気づかされた会でした。
f0032780_14395158.jpg

当日、朝日新聞社から取材があり、翌朝の朝刊に掲載されました。
f0032780_14411550.jpg

















[PR]
by krinrig | 2016-06-24 14:36 | 子育て支援活動

町筋幸江特別顧問「活き活きセミナー」

家庭倫理の会岐阜市では、6月5日長森コミュニティーセンターにて、倫理研究所 特別顧問 町筋幸江様を講師に迎え「活き活きセミナー」を開催。

f0032780_1733348.jpgテーマ【幸せのヒント】
“幸せ”とは一体何でしょう?
幸せとは、(1)心身ともに健康であること。(2)経済的に物質的に恵まれていること。(3)人間関係が円滑であること。(4)生きがいとして充実していること。(5)人の役に立っていること。心に喜びを感じている。
物質面ではなくて、心を豊かに生きるにはどうすればいいのでしょう?
私たちは一人では生きていけません。社会と共に関わって生きることです。
しかし、苦難を抱えていると幸せとは思えないでしょうが、苦難を乗り越える勇気を持つことです。苦難はその人を幸せにする門であるからです。苦難はメッセージを持っていて、心の間違いに自ら変わること。他人のせいにしていては、いつまでたっても解決しません。自らが変わることです。
それには、まず心を明朗にすること。そして、プラスの言葉を使うようにする。苦難をも肯定的に受け、否定しないことです。
夫婦間には様々な問題が起きてきますが、男性は間違いを認めないと思うことです。女性は受け入れる特性を持っているので、家庭内の問題は女性が実践すると大体が解決する。
自分を卑下する人がいますが、自己肯定をすること。自分を好きになること。自分を否定すると、相手の負の部分を見つけて否定するようになります。素晴らしい自分を好きになること。
自分を好きな部分は親のいいところである。自分を嫌うことは親を嫌うことはである。親のいいところは自分のいいところを伸ばし子供につながって行く。
両親のおかげの“いのち”と思えること。その“いのち”を、人のために喜んで働ける人は幸せである。
自分の使命役割の自覚を感じ取っていくこと。
見えない魂のつながりを意識して感じ取れること。
f0032780_1734932.jpg

当たり前のことに「ありがとう」の心を持ちましょう。
心が豊かに、当たり前のことに感謝出来ているか
ありがとうの三つの心、毎日三つの感謝を見つけて書き出す。
飲み水に感謝、移動できる車に感謝。主人にありがとう。など
毎日三つのありがとう見つけることで、感謝が深まります。
そうすることで、大丈夫の心境になっていく。
気づいたことを、実践と行動に移すのが幸せのヒントになっていく。
細胞の免疫力を高めるには、喜ぶこと、感動すること、感謝すること。
















[PR]
by krinrig | 2016-06-09 17:35 | よくする活動

合同の「おはよう倫理塾」に110名

6月5日(日)「おはよう倫理塾」 細畑公民館にて 参加者110名
■実践報告 鈴木さん
おはよう倫理塾300日皆勤をした事で、主人への感謝の心がより一層深まった報告。きっかけは、朝早く起きる事が苦手で早起きが出来るようになりたいとおはよう倫理塾に通うようにした。何度となく途中で途切れたが、夜11時までには寝る・主人に「はい」と合わせる実践に取組んでいると、秋津書道の応募で秋津賞を頂けたり、やさしい主人の良い所がどんどん見えてくるようになった。これからも思いやりの心を忘れない様に心豊かに過ごします。

f0032780_12162894.jpg■講話 町筋幸江 特別顧問
気づいたらすぐする。「気」は、かたちでは見えないが、やる気のある人はパワーをもっている。ほがらかにならない時、心をきたえないとほがらかにはなれない。心配する人は、事が起こると他人のせいにする。文句を言う心は肉体に症状(特に皮膚・内臓)が現れてくる。
朗らかになったらどんな体験がでるか?
環境の変化は、何かを気づかせてくれる。食事は、喜んでいただく。喜ぶと、環境も身体も良くなる。
倫理は、いつでもどんな時でも喜ぶ事。
物事は、良くなるために起きているので、喜んでそのまま受け入れる事。
と締められた。















,
[PR]
by krinrig | 2016-06-09 12:14 | おはよう倫理塾

『純粋倫理基礎講座』

 6月4日(土)に、講師に町筋幸江特別顧問を講師に迎え、純粋倫理基礎講座 ~第17講~「科学に立脚し宗教に出入する」が岐阜倫理会館にて開催されました。参加者は51名。
 神谷由美子会長の挨拶に続き、第16講の「真っ直ぐに生きる」の倫理受講後の学びの実践を、柳ケ瀬支部の後藤幸子さんと加納支部の洞口宣子さんが報告しました。
 
f0032780_12274264.jpg第17講は純粋倫理の科学的方法、実証と観察と実験によって得られたデーターで理論や法則が見出されるが、純粋倫理はそれを精神、心理の世界まで研究して、誰が、いつ、どこで行っても同じ結果が出ることを証明したもので、この証明ということが、科学に立脚するということです。そして宗教に出入するの、出入するとは、純粋倫理に宗教が入ったり、出たりということではなく、純粋倫理は宗教とは離れがたく、繋がっているということです。倫理と宗教の違いは、倫理は私から親、先祖を通して神・仏(宇宙生命)に至るが、宗教は、私から直に紙を信ずるに至る。純粋倫理は実践することが大切で、親、祖先を尊敬し、大切にする実践をして、初めて真(まこと)の人となりますと結ばれた。














,
[PR]
by krinrig | 2016-06-07 12:26 | よくする活動