<   2016年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

平成28年「家庭倫理講演会」

f0032780_1065231.jpg

画面を、ダブルクッリックすると拡大します。

055.gif 問い合わせ rinrigifu@yahoo.co.jp
[PR]
by krinrig | 2016-01-29 10:07 | 「家庭倫理の会」岐阜市の活動

1月13日合同の「おはよう倫理塾」

 1月13日(水)に、細畑公民館にて一般社団法人倫理研究所 東日本担当 松本光司主任を迎え開催された。参加者は64名。最初に岩田さんによる実践報告が行われた。
 
f0032780_10195314.jpg娘夫婦の危機に直面し、娘が悪い婿が悪いと責め心があったが、自分達夫婦に問題があることに気付かされた。主人を尊重する生活と娘の話をしっかり聞くことに心がける実践に取り組んだ。その後、懸命の介護にも関わらず主人は癌で亡くなった。今は娘夫婦と仲良く暮らせ幸せな日々を送っている。

f0032780_1020175.jpg次に、松本光司主任の講話が行われた。
“学ぶ”という言葉の語源は“真似る”という言葉からと言われる。最近の学校では“学ぶ”ことは、「なぜ、どうして」と疑問を持ち、考えることが“学ぶ”ことと言う。そして、「なぜ、どうして」を分かるようにしていくことを“研究”という。
 “守破離”という言葉がある。“守”…基本を徹底して行うこと。“破”…応用を利かせ、自然にできるようになること。“離”…自由自在に発揮できるようになること。最近の動向として、基本を学ぼうとせずに応用あるいは自由にできることを重視していることが多々あるが、そこからは本当の学びはできない。
 
f0032780_10203995.jpg
私は30歳の時に研究員として倫理研究所に入所した。まず最初に覚えることは『万人幸福の栞』の暗唱である。第2条までは、すらすらと覚えられたのに第3条からは全く覚えられないでいた。先輩から「まだ捨て切れていないな」と言われ、自分の中の“先入観、価値観、自分の思いやプライド”があると新しいものは入ってこないことに気付いた。プライドを捨てるために①清掃を徹底的にすること。②今、必要でないものは捨てる。の二つに取り組んだ。その結果、誰よりも早く暗唱することができた。今から何かを学ぼうとする時は、今までの経験やプライドを捨てて取り組むことが大切。と、述べられた。
[PR]
by krinrig | 2016-01-15 10:18 | おはよう倫理塾

松本光司主任の純粋倫理基礎講座

 1月12日(火)に、講師に東日本担当松本光司主任を迎え、純粋倫理基礎講座 ~第14講~「喜んで働く」が細畑公民館にて開催されました。参加者は53名。
 最初に、第13講の「活かして使う」物と金銭の倫理受講後の学びの実践を、八剣支部の方と長森支部の方が報告しました。 
 続いて行われた松本光司主任の講話では、「仕事の手を休めてお茶を飲み休息しているときも、散歩をしたり、眠っている時も、それぞれの働きです。人間のみならず、自然界の万物万象すべてが働きと言えます。
与えられた仕事を天職と信じて、真心を尽くして働くとき深い喜びが沸き起こります。人が生きているということは自分に与えられた能力を最高度に発揮して、生活を高め、社会を豊かにし、文化を向上させるという尊い働きをするためです。働く喜びこそ生きている喜び、最上の喜びです。」と説かれた。
f0032780_9202857.jpg

[PR]
by krinrig | 2016-01-14 09:19 | よくする活動

『家庭倫理講演会の祈誓式並びに決起大会と普及キャンペーン出発式』

1月10日(日)に、『家庭倫理講演会の祈誓式並びに決起大会と普及キャンペーン出発式』が細畑公民館にて開催された。参加者は60名。
 
f0032780_1003963.jpg国家斉唱後、神谷由美子会長によって丸山敏雄先生の御霊に家庭倫理講演会に向けての祈誓が行われた。次に、支部毎にチラシ・チケットが拝受された。続いて決起大会が行われた。
f0032780_1012614.jpg始めに神谷会長より、実践報告者の篠田知美さんと進行の野口みかさんの紹介があった。林宏之実行委員長より「普及キャンペーンと倫理講演会の同時開催です。多くの方に積極的に声をかけるチャンスです純粋倫理に自信と誇りを持って取り組んでください。普及目標全体で70名。動員目標数500名を全員一丸となって取り組んでください。じゅうろくプラザの会場を満席にしましょう!! 」と決意発表が行われ、続いて各支部の決意発表と取り組みの発表。いろいろと工夫された取り組み表に、力強い決意が現れていた。
[PR]
by krinrig | 2016-01-13 09:59 | よくする活動

平成28年「新年式」

1月1日(木)に、家庭倫理の会岐阜市の新年式が細畑公民館にて開催された。参加者は60名。
 最初に国家斉唱。
次に、神谷由美子会長の挨拶があり、「平成28年度が始まって4ヶ月経ちました。11月の会員大会では会員同士の親睦がさらに深まり、また、子供倫理塾に参加の子供達とその家族の参加もあって楽しく行われました。12月は「おはよう倫理塾」の強化月間で新しい方々が出席。併せて感謝報告会も開催し、純粋倫理を学ぶ喜びの発表をして頂きました。これを機に今後の行事の普及キャンペーンや家庭倫理講演会に向けて、会一丸となって倫理の花を咲かせましょう。」と、述べられた。引き続き、丸山敏秋理事長の『新年のご挨拶』を代読し、参加者全員が今年一年の決意を発表した。
f0032780_940075.jpg

 
f0032780_9421839.jpgその後、6名の方に皆勤賞の表彰と文化部では5名の方の表彰が行われた。
f0032780_9425251.jpg(500日皆勤が1名、400日1名、200日2名、100日2名。と秋津書道4名、しきなみ短歌1名)





 最後に所歌の斉唱を行い第一部が終了した。
第二部は、大野ヒサ子選抜副参事の乾杯で始まり、会員手作りのぜんざいやお節料理を頂き、今後の行事、普及キャンペーン、家庭倫理講演会などに繋げる決意を新たにした。
[PR]
by krinrig | 2016-01-05 09:38 | よくする活動