<   2014年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

松本光司主任“おはよう倫理塾”

1月19日は、一般社団 倫理研究所 生涯局 普及開発部 東日本 主任 松本光司様を講師に迎え、合同の「おはよう倫理塾」を、細畑公民館にて開催。

f0032780_155398.jpg実践報告は、高島英伸さん「突然の脳梗塞で緊急 入院した妻は奇跡な回復をしたが、他にも脳内に腫瘍がいくつか見つかり、摘出手術が続いた。しかし、素晴らしい生命力により助けられているのは、倫理のお陰であると、本人も確信している。」と、奥様の病気が人のお世話役をして来たことで、奇跡的な快復をした、体験を話されました。

f0032780_1562453.jpg講話で松本主任は「四国の高知で家内業を営む両親の間に生まれました。母が倫理を学び、小学生2年の時入会、病弱だった私を不安に思い、母の実践によって健康になった。そんなことも知らずに、高校を卒業を両親の存在を疎ましく思い、東京に出て、自由な生活から、二年後母の病気から高地に戻り、悪性の病気であったはずが、倫理実践によって順調に健康を取り戻しました。そのまま高知にとどまり社業を手伝うが、父との確執でうまく行かず、父が亡くなると益々うまく行かず、事業を畳んで、30歳で、青年活動でお世話になった倫理に恩返しする為に、倫理研究所に入所。」と自己紹介。
「実践報告をされた、高島様の奥様は、たくさんの方のお世話をされてこられました。見えない方の感謝によって生かされている。そんなことが実感されています。人のお世話を、喜んでするはたらきは、素晴らしい実践」と、実践報告のコメント。
「倫理は“おはよう倫理塾”等で、話を聴いているときではなく、本番は普段の生活です。
家庭を良くすることは、自分が良くなることであり、変わることです。
家庭倫理講演会の今年度テーマ“家庭のちから”は、目に見えるものではありません。また、放っておいては善くならない。日々の鍛錬が必要です。
(1)結束力⇒食事の時間を大切にする。家族のみんなが守れるルールをつくる。
(2)共感力⇒理解をしようとすると、自分中心になるが、共感は相手の立場になるということ。
(3)忍耐力⇒忍耐は我慢ではない。忍耐は積極的明るいこと。信じて待つこと。合わせて行く力。
(4)思考力⇒物事の本質を考える。何のためにを、考えられるちから。思考力を低下させるのはテレビです。テレビを消しましょう。
(5)行動力⇒知識ばかり増えて行動しないことが悪い。全てのことがやった人だけがわかること。知ったことは自分から行動する。
これらすべてが“家庭のちから”になりまが、全部と欲張らずに、できることからひとつずつ取り組んで下さい。」と、講話を締めくくった。
[PR]
by krinrig | 2014-01-24 15:07 | おはよう倫理塾

子育てセミナー“親も子も喜ぶほめ方叱り方”

1月19日(日)円徳寺にて講師に山田寿美恵選抜副参事をお迎えし、“親も子も喜ぶほめ方叱り方”をテーマの子育てセミナーが行われた。参加者13名。
f0032780_12144326.jpg講話では、「子どもの成長段階はそれぞれ違うので、他の子や兄弟姉妹とは比べてはいけません」また、「“怒り”は感情的になり、自己中心的なのに対し、“叱り”は、相手を説き聞かせ、非を認め反省させる」と“怒り”と“叱り”の違いを話された。そして、「叱る時に言ってはいけないのは、“お前はお母さんの子じゃない”“大嫌い”“だめな子ね”など人格を無視する言葉で、叱ってはいけない時は、登校前や食事時、就寝前です」そのほかに、「子どもの頃、親の愛情をたっぷり受けて、ほっとできる居心地の良い家庭で育った子は、しっかりと自立できる大人になります」と説かれた。
[PR]
by krinrig | 2014-01-20 12:12 | 子育て支援活動

こども倫理塾“よい食習慣で健康なからだ!”

1月19日に、“よい食習慣で健康なからだ!”をテーマに、食育教室を行った。

f0032780_129926.jpg講師は、倫理の会員でもある岐阜市食生活改善推進員の渡辺恭代さん。

f0032780_1295785.jpg「朝、うんちが出た人は手をあげて?」の質問に半分くらいの子が手をあげると「毎朝、バナナうんちがでることは健康な体のバロメーターの一つです。」と言われた。

f0032780_12102032.jpg次に子ども達に“まごはやさしいこ”と書いたパネルを見て、日本の伝統的な食事に使われる食材を答えてもらった。「和食は、ご飯と大豆、魚、野菜が組み合わされた栄養のバランスがとれている健康食です。いいうんちが出るお手伝いをしてくれます。」と分かりやすく話された。

f0032780_12105581.jpg調理実習では、炒り大豆に黒砂糖をからめてきな粉をまぶしたおやつを作り、楽しみながら健康な体づくりについての学習を行った。 こども24名の参加。
[PR]
by krinrig | 2014-01-20 12:06 | こども倫理塾

「子育てセミナー」と「こども倫理塾」を開催します。

f0032780_108535.jpg


画面を、ダブルクッリックすると拡大します。

055.gif 問い合わせ rinrigifu@yahoo.co.jp
[PR]
by krinrig | 2014-01-15 10:08 | 子育て支援活動

平成26年秋津書道、しきなみ短歌新年会

家庭倫理の会岐阜市では、1月12日「平成26年秋津書道、しきなみ短歌新年会」を、細畑公民館で開催。
午前は後藤幸子短歌講師による“しきなみ短歌会“。
事前の選歌による、高点歌を発表。一人一人作歌の動機などを伺い、感想を述べ合い意義ある学びが出来ました。
f0032780_15494914.jpg

f0032780_15504761.jpg

その後、食事を摂りながら懇談会。各支苑が一同に集まっての食事会は、それぞれ盛り上懇親を深めた。
f0032780_15505472.jpg

午後からは、泉富子書道講師をお迎えして“秋津書道”。
展示された半切に書かれた一月の競書を出席者全員に一作品ずつ感想を聞かれた。
f0032780_15515217.jpg
短歌、書道とも意義あるものとなり、文化チーフ支苑班長の並々ならぬ努力の賜物だと思う。
また前日の作品展示については、細畑会場の男性全員から多大な協力を得たことは感謝に堪えません。有難うございました。参加人員40名
[PR]
by krinrig | 2014-01-13 15:48 | 文化活動

2014年新年式

1月1日(水)朝5時から「おはよう倫理塾」の後、新年式を細畑会場にて実施。
参加者53名。
新年式では国歌斉唱に続き、大野ヒサ子会長が丸山敏秋理事長の「新年のご挨拶」を代読。『私たちは今年度の基本方針「内外拡充、上下一心」のもと、心を1つにしてより果敢に倫理運動を展開してまいります。普及部門ではその「堅実な普及と確実な成果」を実現すべく、1段と組織力の「拡充」を図ってまいります。今年も一年、雄々しく、そして堅実に歩みつづけていきましょう。』との理事長の言葉を厳粛に受けとめた。
続いて、会役員が順次今年一年の決意を発表。次に支部ごと一人づつの決意発表では個性あふれる発表に笑いをさそった。懇親会では、多和田美幸推進長の乾杯の音頭の後、オカリナと三味線の演奏でなごやかに歓談をした。
f0032780_1731023.jpg

[PR]
by krinrig | 2014-01-04 17:04 | おはよう倫理塾