<   2013年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

生涯学習セミナー “仲よく暮らす”

10月28日の月曜日に、生涯学習セミナーが、鶴川文子専任講師をお迎えし、岐阜倫理会館で開催された。平日の開催でしたが、59名が参加。中には、合同の「おはよう倫理塾」に参加後、講師のお話をもっとお聞きしたいと仕事を休んで参加された方もあった。

f0032780_17383599.jpg「仲よく暮らす」をテーマの講話では、「夫婦は、一番身近で大切な関係です。しかし、人格も価値観も異なっていますから、なかなか思いが伝わらなかったり、近すぎて欠点ばかりが見えて、良いところがわからないこともあります。まずは、自分自身を認め、好きになることで自分の心が明るくなり、相手も好きになれます。」と説かれた。
f0032780_174079.jpg
後半は、活発に質疑・応答がなされ、講師のユーモアのある分かりやすいお話により、有意義なセミナーとなった。
[PR]
by krinrig | 2013-10-29 17:37 | よくする活動

鶴川文子専任講師「おはよう倫理塾」

10月28日細畑公民館に、鶴川文子専任講師をお迎えし、合同の「おはよう倫理塾」を開催。

f0032780_16532174.jpg苦難を抱えている人は、真面目で自分を許せない人が多く、責任転化をし人を責める。ですから顔が暗い。普段の生活は笑顔でありたい。怒りの顔を笑顔の変えるには、目尻を下げて口角を上げる。笑顔が出来なくて、そうするのに30年かかった人もある。倫理を学ぶ人に幸せになって欲しい。明るい笑顔をしてれば、何とかなる。
子育てセミナーに参加させてもらい、いつの時代もいろいろ問題を抱えているのが親である。しかし現代は深刻になって来ている。家庭倫理の会の「子育てセミナー」に、若いお母さん方を誘って下さい。実践すれば、一変します。
子供を叱る時は目線を同じにして、ダラダラ叱らない、必ず愛情を伝える事が大切ですよ!そして、子を叱るより、自分の欠点を直す、苦手なものを好きになる。これが、倫理の子育ての特徴です。
アメリカの倫理の会の「子育てセミナー」でも、大反響です。一回参加した方が、友達を誘い、2時間もハイウェーを飛ばして参加してもらえるようになった。たった5・6人だった参加者が今では30人に増えた。
アメリカは離婚が多い。再婚して、子供が新しい夫になつかないと相談されました。倫理は常に前向き、必要以上に悔いないことです。過去の夫の悪口を言わない。女性の性を大切に生きること。そのように、アドバイスしたら、彼女は涙を流しはじめた。思い当たる節があったのでしょう。子供ではない、親の問題なのです。
お金をかけて、体のメンテナンスより、心のメンテナンスが大切です。人の欠点を見ていると暗くなる。ですから、純粋倫理の学びと実践が必要なのです。
楽をしようとするより、少し苦しいことをする。子供達に倫理を伝えるにも、少しは苦しいことをする。わがままをお墓に持っていかないこと。わがままを子供に伝えないには、少し苦しくても純粋倫理を学ぶこと。74名
[PR]
by krinrig | 2013-10-28 16:51 | おはよう倫理塾

こども倫理塾

 10月20日(日)円徳寺にて 今回のこども倫理塾は、いろいろなことに興味を持ち、子供同士がふれあい、心豊かに育ってほしいと願い「マジックと腹話術」を開催しました。
 
f0032780_1618513.jpg子ども達は、マジックや腹話術をテレビでは見ていても実際に見るのはおそらく初めてなのでは。藤井久衛さんによる腹話術では、どの子も人形の男の子がミルクをストローで飲む様子に驚いたり、楽しそうに拍手を送っていました。
f0032780_16192168.jpgマジックを披露された西部説益さんからは、子どもにも手軽にできる手品を教えていただいて、みんなでやってみました。参加者はこども28名と大人13名。楽しい時間を過ごさせてもらうことができました。
[PR]
by krinrig | 2013-10-21 16:16 | こども倫理塾

子育てセミナー

10月20日(日)円徳寺にて「子育ての悩み解決」と題した子育てセミナーを開催。
f0032780_16101644.jpg講師の山田寿美恵選抜副参事は、「子育ては、妊娠中から始まっていて、子どもはお腹にいる時から全てが見えています。生まれてまだ何も話す事ができなくても、親の姿を見ていますよ。三歳までの子育ては“教育の土台となる”とても大切な時期なのです。」と話された。その後、グループ毎に子育てについての悩みを話し合い、発表を行った。
f0032780_16114142.jpg
また、家庭力が低下している今、家庭にとって大切なことは、
1」結束力
2」共感力
3」忍耐力
4」思考力
5」行動力
と述べられました。
  参加者11名
[PR]
by krinrig | 2013-10-21 16:09 | 子育て支援活動

全国一斉清掃デー


f0032780_164561.jpg10月13日の全国一斉清掃デーに、岐阜市倫理法人会と岐阜市中央倫理法人会のみなさんも参加されて、総勢74名により市役所近辺からJR岐阜駅前の繁華街の清掃を実施。各会会長の挨拶と鈴木冨佐子委員長の諸注意後、【地域を自分たちの手で美しくしよう。】と、ゴミ袋と火バサミを持って開始した。
 日曜日の早朝ということで、大通りから路地裏には、ペットボトルや食べ残りのゴミがたくさんあった。一人ひとりのゴミのポイ捨てをしない心がけにより、街や環境が美しくなると改めて感じた。
[PR]
by krinrig | 2013-10-14 16:04 | 地域交流支援活動

純粋倫理講座


f0032780_18144937.jpg10月8日、講師に 一般社団法人 倫理研究所 生涯局 田上不折研修室室長を迎え、長森コミュ二ティーセンターにて ”第一講「純粋倫理の基本を学ぶ」を開催。
f0032780_18133052.jpg
1. 純粋倫理とは
守れば必ず幸福になる生活の
法則
2. 最高善とは
  (絶対性) ・・・ いつ、だれが、どこ
でどれほど行っても、常にすべて
の人を幸福に導く。
(普遍性) ・・・ 同時に、どれだけ
行っても、幸福になる。自他とも
に幸福になる。
(一貫性) ・・・ 過去も現在も未来
も変わらない。
(基本性) ・・・ あらゆる生活の基本となり、政治・経済・教育・宗教などすべてのもとになり、土台になる。
3.純粋倫理の対象
純粋倫理は、人間関係における基本の生活法則であるのみならず、人と物、人と自然のあるべきあり方を律する自然の法則である。
4.純粋倫理の指標
純粋倫理は、多岐にわたる生活法則ですが、その実践の指標は「明朗」(明るく)、「愛和」(仲よく)、
「喜働」(喜んで働く)の三つそしてさらに一歩押し進めると、「純情(すなお)という心境に帰一する。
f0032780_18133154.jpg

[PR]
by krinrig | 2013-10-09 18:11 | よくする活動

10/20「子育てセミナー」と「こども倫理塾」

f0032780_165451.jpg

[PR]
by krinrig | 2013-10-05 16:05 | 子育て支援活動