<   2013年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

『しきなみ短歌会、合同吟行会』

6月30日(日)「しきなみ短歌会」の合同の吟行会が開催された。参加者33名
当日は梅雨のさ中にもかかわらず、うす曇りの天気にめぐまれ、三田洞弘法の法華寺を尋ねた。広い庭園内は、
木々の新緑に溢れ、紫陽花の花と池には水連のピンクや黄の花が咲き、鯉の泳ぐ素敵なところであった。参加者は歌会の始まるまで、庭園内を散策し、清々しい緑を満喫した。長良支苑264回、長森支苑112回の合同の短歌会を法華寺をお借りして川手 静子・高橋 秀雄両短歌講師をお迎えして賑やかに行った。秋津書道は7月の競書作品を並べて鑑賞し、泉 富子書道講師の指導のもと、良いところを発表し合い、お互いが学びあえる場となった。精進料理の昼食を美味しく頂き、会員以外の参加者もあった、なごやかな吟行会は、好評のうちに散会となった。
f0032780_11243554.jpg

[PR]
by krinrig | 2013-07-31 11:25 | 文化活動

家庭倫理の会岐阜市『長良川清掃』

7月28日(日)地元新聞社主催の全国花火大会の翌日、花火大会会場となった長良川河川一帯を早朝より多くの市民団体が参加の中、家庭倫理の会岐阜市から、57名が参加。
花火大会の宴の後、長良川の美しさを保つため皆さんと協力して朝のさわやかな空気の中で清掃することができた。
f0032780_1853958.jpg

f0032780_1855589.jpg

[PR]
by krinrig | 2013-07-29 18:05 | 地域交流支援活動

「子ども倫理塾」テーマ『作る楽しさ!』

7月21日(日)「子ども倫理塾」を『作る楽しさ!』のテーマで円徳寺にて開催。出席者29名
夏休みに入ったので、空き瓶を利用してペン立て作りを行ないました。
会員の林英子さんが、指導。赤、白、青、黄色のカラー粘土を伸ばし、空き瓶に巻いたが、難しくて子ども達は苦戦していたが、
それぞれ思い思いのペン立てができ、最後に完成した作品を手に全員でポーズを取り写真に納まった。
f0032780_14494685.jpg

f0032780_14495912.jpg

f0032780_1450122.jpg

[PR]
by krinrig | 2013-07-22 14:47 | こども倫理塾

「子育て教室」を開催

7月21日(日)円徳寺にて「子育て教室」を開催。参加者12名
f0032780_14374163.jpg

「らくらく子育て術」と題して、篠田知美生活倫理相談士の、基調講話がありました。
最初に今まで参加したお母さん方に感想を聞き、
講話では、子育てにとって、一番大切な夫婦のあり方を『万人幸福の栞』の第5条−夫婦対鏡−をもとにお話しがありました。
夫婦は親しいが故に知らない間にお互いを責めていて、相手に求めるが多いが、相手を受け入れることが大切であると説いた。
その後三グループに分かれて、それぞれに生活倫理相談士が入り、ディスカッションを行いました。
[PR]
by krinrig | 2013-07-22 13:36 | 子育て支援活動

「富士研 生活倫理セミナー」を受講

7月15日〜17日 富士高原研修所の「生活倫理セミナー」を16名が受講してきた。
以下はその感想文です。
f0032780_15413319.jpg

・創生後16回目の受講ですが、今回も自分の殻をやぶるポイントを頂け、受講できたことに感謝です。(O.H)
・源流講座を受講し、丸山敏雄先生の心からの願いを体感しました。世のため、人のために努めます。(H.H)
・自分の中の自分をひとつ見つけることができた。ひと口20回以上かんで、あと2kgやせます。(T.M)
・三日間、家を留守にして自然体感講座を受講でき主人に感謝一杯です。(S.M)
・二泊三日は初めてで、中味の濃い研修だった。清堂で、両親を思い感謝の涙を流した。
 又、主人にも感謝している。(I.N)
・研修で不思議の空間に入り「心の整理」をし、百パーセントの力を発揮できる自覚が持てた。(T.W)
・研修で学んだ事を実践します。来年も受講します。(H.Y)
・三日間の研修で、倫理の奥深い事を知った。一生の勉強として、ゆっくり学んで行きます。(K.E)
・「勾留の記」丸山先生映画見て亡き母思い涙溢れる(T.H)
・緑いっぱいの富士研の空気を吸ってリフレッシュできた。自然体感講座はゆったりとしていて、2,3才若返ったかな?(S.F)
・残念、富士山には出合えなかった。ゆったりと充実した時間を過ごせ、留守番の主人と娘に感謝です。(H.K)
・今回は源流講座を受講。家にある書籍をじっくりと読んで、倫理をより一層、理解したい。(M.K)
・初めて、自己受容講座を受講し、今迄自分の都合のよい受け止め方をしていた事に気付いた。今日からはふんわりと暖かい心になります。(I.H)
・悪循環を断ち、実践に磨きをかける決意をした。体調が思わしくなく、先生方や周りの方に支えられて受講できた事に心から感謝した。(K.M)
・二泊三日は初めての受講。日程はゆとりがあり、象徴庭園、万葉花園を散策できて、とても良かった。(O.H)
・自己受容講座の「自分と向き合い、自分を知る」で実践の課題を再認識することができた。肝の銘じて頑張ります。(S.T)
f0032780_15445129.jpg

[PR]
by krinrig | 2013-07-20 15:40

泉憲治管区長「おはよう倫理塾」

7月18日(木)細畑公民館にて開催「合同おはよう倫理塾」を開催。講師は、(社)倫理研究所 生涯局 東海北陸管区・管区長 泉 憲治様
最初に大野ヒサ子会長より挨拶があり、
桑原かずみさんから、広報副委員長の役職を受け、会報「わかあゆ」作りに努力しながら、喜んで取り組んでいることの発表があった。
泉菅区長からは、過日、沖縄で開催された方針説明会での、丸山敏秋理事長の講演から、バチカン市国の1千年に一度の儀式のことを紹介された。
日本の精神文化の素晴らしさは“和”にあり、
“和”には“愛”と“信”からなる。
また、どんな状況であれ、まずは受け入れることから始まる。
否定的な受けとり方は、対立しか生まれないことなど
ご自分の子どもとの関わり方を例に挙げ、まずは聴き心を受け入れることの大切さを話された。
心の在り方については、顔にあざのある34歳の女性の事に触れられ、母の優しさ、父の厳しさを、具体的に話され、父親が何故冷たく厳しく接したのかが、最後に分かる感動する話であった。私たちが今ここにいるのは、多くに人達と親のお陰であることを思うことが大切ですと、締め括られた。
f0032780_16275040.jpg

[PR]
by krinrig | 2013-07-19 16:23 | おはよう倫理塾

家庭倫理の会岐阜市主催『新世』頒布

7月14日(日)山県市美山で,『新世』頒布を実施しました。

f0032780_14351026.jpg今回は8月4日(日)に行なわれる「やまがた支部設立式典並びに記念講演」のPRを兼ねて、当日の会場となる美山中央公民館周辺を巡回させていただきました。
『新世』と共に講演のお知らせをすると興味を示す方が多くあり、「行きます」と返事をされた子育て中のお母さんに出会えて勇気をもらう事が出来ました。
また、トイレを借りた店でも『新世』を置かせてもらう事が出来、式典のチラシもすぐに店内に貼ってもらえ「来店されたお客さんに案内します」と心強い言葉をもらいました。
大勢で回るとみんなの知恵が働き、新しい出会いがあり、午後の炎天下の中、暑く、熱く燃えた頒布となりました。
[PR]
by krinrig | 2013-07-15 14:31