<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「こども倫理塾」(楽しい短歌)

1月20日(日)円徳寺にて講師に後藤幸子短歌講師を迎え、「こども倫理塾」(楽しい短歌)を開催。
f0032780_13401142.jpg最初は、ことば遊びから始まって、次に短歌作りをしました。思い付いたことを、ことばに変えて、5・7・5・7・7に並べて行きます。するとことばが、リズムに乗ったようで楽しくなります。低学年の子は、お母さんに話しかけ、それを聴き取り、ことばの一つ一つを集めて短歌を作ったそうです。今まで、親が一方的に話すばかりでしたが、初めて子どもの思いをじっくりと聴き取る練習にもなり、子供たちは、じっくり聴いてもらって嬉しそうでした。短歌づくりは、親子や孫とのコミニケーションにもなります。
f0032780_1352512.jpg


「 おとうさん」 一年生 中川璃子
おとうさん
いつもやさしい
おふろにはいって
かわいいよって
いってくれるよ

「サッカー」 三年生 馬渡祐太
ほうか後に
友だちみんなで
サッカーを
ディフェンスとっぱ
ゴールを決めた
[PR]
by krinrig | 2013-01-23 13:38 | こども倫理塾

子育てセミナー『迷いや心配を希望に変える子育て術』

1月16日、細畑公民館にて神谷由美子生活倫理相談士を講師に迎え「子育てセミナー」を開催。テーマ『迷いや心配を希望に変える子育て術』
多様なメディァにより、膨大な情報が氾濫している現在、何が正しくて、何が正しくないのか判断が難しく、不安や悲観的な心持ちになり、自信を無くしてしまいがちな現代です。しかし、純粋倫理の生活法則の学びと実践には、いつの時代も変わることのない、生き方の基盤です。ですから子育てにおいても、自信が持てます。
心の持ち方として、
1. 子どもそのままを全て受け入れる
2.優しい言葉で誉め抱きしめる
3.夫婦親子の絆をより強くする
4.子どもを信じる
f0032780_13293022.jpg
その後、子どもの年齢毎に分かれ、グループディスカッション。基調講話から得た疑問点や子育ての課題を、4グループと4名の生活倫理相談士と懇談しました。すると、お母さん方で同じような悩みを抱えていることがわかり、充実したデスカッションとなりました。
セミナーの終わりにまとめとして、講師は、絶対信頼の中で育った子どもは、無限の可能性を秘め、伸び伸びと自信を持って自立し、自己存在感を確立させていきます。
夫婦仲良くすることの大切さや、子どもは叱るのではなく、褒めて育てる事などを教えて頂き、中身の濃い、充実した子育てセミナーになりました。
ありがとうございました。
[PR]
by krinrig | 2013-01-23 13:30 | 子育て支援活動

平成25年新年式

家庭倫理の会岐阜市は、平成25年1月1日も「おはよう倫理塾」を実施。その後、「新年式」を細畑会場にて開催。
f0032780_1351044.jpg国歌斉唱に続き、大野ヒサ子会長が(社)倫理研究所 丸山敏秋理事長の“新年のご挨拶”を代読。『内憂外患の多難な時代において、倫理運動は今年度も「たましいに響く実践と普及に挑む」を深化させるべく、果敢に進んでまいります。それには「堅実な普及と確実な成果」を目標に、組織の「拡充」を図り、家庭倫理の会では「おはよう倫理塾」をはじめとする各種行事に積極的に取り組み、溌溂とした活動を展開する。青年活動、短歌と書道の文化活動、企業経営者向きの倫理法人会活動、富士教員センター活動等を更なる充実をさせいく。9月2日より、社団法人倫理研究所から一般社団法人倫理研究所へと移行しますが、純粋倫理の実践および普及活動を推進していく方向性は、これからも変わることはありません。一般社団法人はその方向性に即した形態であり、これからもその特長を活かしつつ、より公益性の高い事業を堅実かつ大胆に展開してまいります。』
f0032780_1355196.jpg
続いて、会役員が新年の決意を発表。次に各支部の会員が順に、決意発表を行いました。皆さんの実践決意には、個性あふれる発表もあり、笑いをさそった。
f0032780_136301.jpg
懇親会では、高島晴美専任講師の音頭で乾杯の後、お楽しみ会があり景品をジャンケンで獲得し新年の幸運を願った。参加者は59名。

本年もよろしくお願いします。
[PR]
by krinrig | 2013-01-03 13:04 | おはよう倫理塾