<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

家庭倫理の会大垣市「特別おはよう倫理塾」日本一!

6月24日早朝6時より、大垣市民会館にて、家庭倫理の会大垣市主催「特別おはよう倫理塾」会場満杯の1,463名の日本一の参加者数で開催。講師は(社)倫理研究所 徳江秀雄理事「耀いて生きる」。
川崎克佳会長は挨拶で、社会不安が広がる中での問題点は家庭教育にあると思われる。生活法則の学びと実践によってより良くして行こうと、家庭倫理の会では活動しており、本日は特別に市民会館の協力により会場を満杯にして開催できることに感謝します。と述べた。
f0032780_1581711.jpg
徳江部長の講話は、
人生を生きて行く上で指針として、純粋倫理はあります。
東日本大震災の被災地を再び訪れ、現地の家庭倫理の会の支部長の要請で、被災者遺族を対象に講演会を開催しました。生きる意欲を持ってもらうためである。震災後の二週間は、壊滅的な状況の中で安否確認や遺体収容が進む大変な避難所生活の中では、騒ついた雰囲気ですが、三週間を過ぎると現実を受け入れられなくて、避難所は静まり返ったシーンとした辛い雰囲気が続く。そんな中、(社)倫理研究所発刊の月刊誌、雑誌「新世」を送って欲しいと要請があり、今も送り続けています。そんな環境の中でも、雑誌「新世」を読むという、素晴らしい心のベースがあったので、私は講演で、見えない世界とのつながりのお話をしました。震災以来、絆が深まったと言われるが、本当でしょうか?一過性になっていないでしょうか。家族のつながりも、大切なことですが、親祖先のつながりを意識されているでしょうか。その先に見えない世界があるのです。十代前の祖先の顔を思い浮かべることはほとんどの方ができないと思いますが、居たことは確かです。
親の存在を「家付きカー付きババ抜き」と言った時代から、失ってきた感じがします。縁、絆が薄らいで来た瞬間でもあるようです。遺伝子工学の村上和雄教授によると、科学的に解説すると、 窒素、水素、炭素によってすべての物質ができているが、人も同じですが、人には魂の存在がある。これが見えない世界。被災者として生き残ったからには、生き残った使命があり、「被災者ではない、復興者である」と、講演後の家庭倫理の会の支部長は言い切った。その根底には、おはよう倫理塾に通い続けた実績があったからです。「今日一日、朗らかに安らかに喜んで進んで働きます」の、誓いの言葉を、今日一日だけと誓い続けた。「朝起きがは再建の第一歩」は、昭和24年に創始者によって出来たものですが今に生きています。
現在は無縁社会と言われていますが、無縁社会も、自らが縁を切っているのが現実です。一歩自らの意思で前に出ること。その一歩が、朝起きが再建の第一歩なのです。
f0032780_8532745.jpg

[PR]
by krinrig | 2012-06-25 15:06 | よくする活動

『子どもの個性を伸ばすには』

6月20日、長森ミニュティセンターにて、川崎富子専任講師を迎え、「子育てセミナー」を開催。テーマ『子どもの個性を伸ばすには』8名のお母さんが参加されました。
f0032780_1432276.jpg川崎専任講師の「両親の良い所をすぐに言えますか?」の問いに、皆さん即答できず、少しの時間を頂き、思い出し、それぞれ発表しました。そして両親の良い所は、自分の中にも必ずあるという事、個性は両親から頂いている事を教えて頂きました。又、子どもには、誉め続け良い所を見付け続ける事の大切さも話され、質疑応答では、お子さんについての様々な悩みが出ましたが、川崎専任講師の「大丈夫、大丈夫」と言う言葉に皆さんホッとされていた様でした。
[PR]
by krinrig | 2012-06-21 14:31 | 子育て支援活動

「合同おはよう倫理塾」は川崎富子専任講師

6月20日、細畑公民館にて「合同おはよう倫理塾」は川崎富子専任講師を迎え開催。
開催に先立ち、しきなみ短歌上位入選の、篠田知美さんと井戸悦子さんの表彰と、「おはよう倫理塾」100日皆勤を見事達成された中村和子さん、後藤幸子さん、柳原美代子さん、小木曽敏子さん、澤田広子さん、多和田美幸さん、村山郁子さんの表彰がありました。
f0032780_14372255.jpg実践報告者は八剣支部の石原直子さんで、5月に行われた家庭倫理講演会は、自分を変えるチャンスと思ってお誘いの取り組みをしたところ、新しい方に来て頂けた感動と喜びの報告。
f0032780_14383377.jpg川崎富子専任講師の講話は、家庭倫理の会大垣市は6月24日に、動員目標1380名の「特別おはよう倫理塾」の取り組みをしているが、倫理の普及で感動があるようにしたいですね。一歩踏み出すことにより、体験が出ます。やはり気づくとすぐすることが大切です。と、話されました。
[PR]
by krinrig | 2012-06-20 14:36 | おはよう倫理塾

しきなみ短歌会長良支苑250回長森支苑100回記念式典

6月17日細畑公民館にて、「家庭倫理の会岐阜市」しきなみ短歌会・長良支苑第二百五十回・長森支苑第百回合同記念式典並びに歌会が開催されました。
f0032780_14464368.jpg「家庭倫理の会岐阜市」しきなみ短歌会は、平成三年五月、当時は岐阜支所の岐阜支舎、として開設されました。会員の皆さんの、努力の結果、順調に会員も増え、平成十五年に高富支苑となり、平成十六年には徹明支苑を分封開設し、本日長良支苑第二百五十回・長森支苑第百回を記念して合同歌会を開催することが出来た、喜びの経過報告を鈴木美智子さん。
今回を記念して、合同歌集『かがりび』を発行できたことを鈴木冨佐子文化チーフより謝辞。歌会では、高点歌十首を発表され、それぞれ参加者は作歌の動機を述べ、短歌を詠む喜びを発表。その後の記念懇親会では、記念写真を撮影し、食事会で親睦を深めることができた。参加者20名。
f0032780_14471675.jpg


「経過報告」全文

  「家庭倫理の会岐阜市」の「しきなみ短歌会」は平成三年五月、当時は岐阜支所の岐阜支舎、として開設されました。
四年後の、平成七年七月に、岐阜支舎は、第五十回記念歌会を開催し、合同歌集『篝火』第一集を、上梓しました。
その四年後、平成十一年八月に、岐阜支所の徳田支苑となり、第百回記念歌会を開催し、合同歌集『篝火』第二集を、上梓しました。
そして又四年後、平成十五年十一月、岐阜支所の高富支苑となり、第百五十回記念歌会を開催し、合同歌集『篝火』第三集を、上梓しました。
この様に、しきなみ短歌会の皆さんの、努力の結果、順調に会員も増え、支苑を分封することになり、平成十六年三月、徹明支苑開設式を、行うことができ、岐阜支所は、高富支苑、徹明支苑と二つの支苑になりました。
その後、平成十七年、倫理研究所の改革により、岐阜支所は、「家庭倫理の会岐阜市」と名称が変わり、平成二十年二月、「家庭倫理の会岐阜市」長良支苑が、第二百回記念歌会を、徹明支苑が、第五十回記念歌会を、二支苑合同にて、開催しました。そして二支苑合同の歌集『篝火』第四集を上梓しました
本日、平成二十四年六月十七日、「家庭倫理の会岐阜市」長良支苑が、第二百五十回、長森支苑が第百回、を記念して合同歌会を開催し、合同歌集『篝火』第五集を、上梓することができます事は、この上もない喜びです。
又、この間平成十七年に「子ども倫理塾」にて開設された、「ぎふ子ども短歌コンクール」の応募作品の選歌などを、五年間、協力する活動もありました。
平成三年に開設された、岐阜の「しきなみ短歌会」も、二十一年の歴史ができ、短歌講師も、四名、輩出することができました
お世話になった講師の先生方を振り返ってみますと、平成三年の開設当初から平成十八年迄、十五年間の永きに亘り、水野つや子講師に、その後は深谷長子講師に、そして私鈴木、泉富子講師と続き、現在は、長良支苑を後藤幸子講師、長森支苑を深谷長子講師にお世話になっております。
平成十七年の、倫理研究所の、大きな改革により、「しきなみ短歌会」の目的も、単に自己研鑚に留まること無く、文化活動を通して対外的な倫理普及が、大きく求められております。これからは、「しきなみ短歌会」を創設された「丸山敏雄」先生の精神を忘れず、短歌を詠むことにより、日々の生活を明るく、仲よくし、自分の個性を伸ばして、心豊かな人間になり、歌作りの楽しさを、多くの人々にお伝えし、倫理普及に繋げていくことを、お誓いして経過報告と致します。
 
 
   平成二十四年六月十七日
   しきなみ短歌会「家庭倫理の会岐阜市」長森支苑 鈴木美智子
[PR]
by krinrig | 2012-06-18 14:45 | 文化活動

命の大切さを「こども倫理塾」で学ぶ!

6月17日、本郷公民館にて「こども倫理塾」を開催。今回の講師は、岐阜大学獣医科のボランテアグループ 、ドリーム・ボックスの学生さん達です。
f0032780_1435039.jpgテーマは「動物の命を大切に」。最初は動物に関する○×クイズでした。犬の上手な抱き方は?、フラミンゴは赤ちゃんの時から赤いのか?などの問題に、皆で取り組みました。スゴロクゲームでは、5つのグループに分かれて楽しみました。
f0032780_1441351.jpg最後は神経衰弱、絵本の読み聞かせ、聴診器で心臓の音をきく、3つのグループに分かれました。絵本をくいいるように見ている子、自分の心臓の音を聞いてびっくりしている子、とても楽しそうでした。子供20名、大学生14名、大人17名、合計51名の参加。
f0032780_1445833.jpg

[PR]
by krinrig | 2012-06-18 14:01 | こども倫理塾