<   2011年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

大丈夫という心境

12月22日、講師に川崎富子専任講師を迎え、細畑会場「おはよう倫理塾」を開催。
f0032780_16464981.jpg実践報告では、八剣支部堀場秀子さんが、大変な思いで支部長の役を受けたが、思いを入れ替えて普及にも前向きに取り組んだ時、町長に入会して頂き、「合同おはよう倫理塾」にも参加してもらえ、長男には就職先がスムーズに決まった喜びの報告。川崎専任講師の講話は、「おはよう倫理」で早朝から倫理を学べる会場があることが有り難い。家に帰れば倫理を学んでいるのは自分一人かもしれないが、会場へ行けば大勢の仲間と一緒に学べることが有り難い。倫理を学ぶことにより、幸せ感あふれる生活ができ、子や孫にまで及ぶ。それでもまた来るかもしれない苦難に対して、大丈夫という心境で居られることが倫理の学びであります。何事も「ハイ」と受け入れることで道は拓けると、川崎派遣講師自身の体験を交え講話されました。
[PR]
by krinrig | 2011-12-23 16:46 | おはよう倫理塾

子育てハッピー広場『子どもと共に成長を!』

12月21日、子育てセミナー「子育てハッピー広場」を南部コミュニティーセンターで開催。
f0032780_16582554.jpg今回は『子どもと共に成長を!』テーマに、大野ヒサ子生活倫理相談士と神谷由美生活倫理相談士の二人の講師に迎え、5人のお母さん達が参加。初めに神谷由美子生活倫理相談士が、ご自身のお子さんとの体験を話されました。前回のセミナーのテーマ「子育ては親育ち」を復習し、子育てをすることで、親も同時に子どもから成長させてもらっていると思うことで、焦りが少なくなった体験など、前回参加されているお母さんの体験報告も頂きました。
f0032780_16585413.jpg親は子としっかり向き合い、親自身が不安がらせないことの必要性を改めて学びました。最後に大野ヒサ子生活倫理相談士が、夫婦仲良くして信頼するが、子育ての基本であると、まとめて頂きました。

次回は1月18日です。
[PR]
by krinrig | 2011-12-22 16:53 | 子育て支援活動

実践を続けること!

12月19日、金華山会場「おはよう倫理塾」に、倫理研究所 生涯区 東海北陸管区 小川太郎管区長をお迎えして開催しました。
f0032780_1622239.jpg『万人幸福の栞』第4条人は鏡、万象は我師について学びました。人は人と別々のモノと思っていますが、実はひとつながりにつながっていて、人によって自分を知ることができるから、人は鏡なのです。日々の生活の中で、人間関係を良くするには、よりよい生活習慣を身につける事で、それを続けることです。そこまでは誰でも知っていることです。実践目標をしっかり決め3日坊主にならないように期限を定めて実践する事が大切です。実践するにも100日は続けるという目標を持つことです。100日続けることで、自分の中で習慣化していきます。何でも100という数字を目標を持って取り組んでみてください。
f0032780_1634540.jpg
身近な人の美点(長所)を見ることで、自分も良くなっていきます。一日一点相手の美点を書きとめる実践を100日間続けました。妻の誕生日プレゼントに「美点100」を書いて贈ったところ、奥様は涙を流して喜こばれたそうです。
[PR]
by krinrig | 2011-12-20 16:01 | おはよう倫理塾

「こども倫理塾」クリスマス会

12月18日、「こども倫理塾」を本郷公民館にて開催しました。5アクト【(1)あいさつは明るくハッキリ自分から(2)返事は「ハイ」と元気よく(3)手伝いは先にのばさずすぐ実行(4)背筋をのばしてまっすぐに正しい心は姿勢から(5)物は友だち大事な仲間感謝を込めてあとしまつ】を参加者全員で元気よく斉唱した後、誰の手の中にダイヤモンドが隠されているかを当てるゲームでは、みんなの表情を見ながら、迷いながら探し当てるのが楽しく遊べました。
その後、クリスマスケーキづくりをしました。丸いスポンジケーキに生クリームをデコレーションし、イチゴ、パイナップル、みかん飾り並べて、トッピング材料で仕上げです。出来上がった手作りクリスマスケーキを囲み、みんなでクリスマスの歌を歌って、楽しくクリスマスケーキをいただきました。
f0032780_15521863.jpg
f0032780_15531482.jpg
f0032780_15533379.jpg
[PR]
by krinrig | 2011-12-19 15:47 | こども倫理塾

おはよう倫理塾「体験報告」

12月18日、『合同おはよう倫理塾』が細畑公民館にて開催されました。
今回は「体験報告大会」です。

f0032780_12405390.jpg◆姑と小姑のことで悩んでいた時、知人の勧めで倫理に出会い早朝の勉強会「朝の集い」(現:おはよう倫理塾)に通うようになりましたが、悩みがなかなか解決せず、「朝の集い」に行かなくなってしまい、私自身元気がなくなってしました。それでも、ある時、倫理で教えてもらった実践をしていなかったことに気づき、心の転換をはかった時、みるみる元気を取り戻していきました。また、知人の悩みも生活倫理相談を受けてもらい入会もしていただき、一緒に倫理を学ぶことができています。その時から人に、素晴らしい学びの倫理を勧める喜びを知り、気づいたらすぐする即行の実践も身に付いてきました。(I.N)

f0032780_1242232.jpg◆息子がなかなか結婚する気がなく、この先どうするのか悩みの種でした。そのことで、生活倫理相談を受けました。自分自身、しっかりした目標を持って取り組んでいなかったことに気づき、毎朝、仏壇で「息子に合った縁談で今年中に結婚します」と誓いました。日々の生活も明るく取り組むようにし、息子の結婚を信じるようにしました。すると、8月の花火大会に連れて来ると打ち明けられ、びっくりするやら嬉しいやらの心境でした。トントン拍子に話が進み、5月には念願のディズニーランドの近くで結婚式を挙げることができ、私たち夫婦をディズニーランドへ招待もしてくれ感動の二日間でした。(M.H)

f0032780_12433171.jpg◆倫理に入会して永くなりましが、しばらく朝の勉強会をお休みしていましたが、思い悩むことがあり、会員のAさんに相談しました。そのAさんのアドバイスが心に響き「おはよう倫理塾」に改めて参加するようにしました。通い始めてみると何か新鮮な気持ちになり楽しくなった。思い悩んでいたことも、実践報告で発表したり、生活倫理相談を受けることにより、なぜかしら好転していっていることに気づきました。何事も積極的に肯定的に取り組むと、丁度良い時に丁度良い出会いが合って、倫理を学んでいて、よかったと思えます。(F.K)

f0032780_1244575.jpg◆不景気で将来のことを考えると、自営業を長男に継いでもらうことを諦めて、会社勤めにしてもらうことに決心して、就職活動をしたが、すぐに採用通知を頂けた。それまでは、頑固な私と息子との言い争いが絶えませんでした。倫理の役職も、家内も倫理で頑張っているからとの思いで受けるようにし、倫理の学びを日々の生活に取り入れることが少しずつ出来ていきました。長男が自営業から離れることが決まった時、家内から「毎朝、仏壇に手を合わせてください」とお願いされ、感謝が足りなかったことを素直に反省することができ仏壇に手を合わせるたびに、両親に「ありがとう」が言えるようになりました。(T.A)

f0032780_12531337.jpg◆新年度になり、役職を受けることになりましたが私には荷が重くて出来ないと思っていた事も、やれる事から身を引き締めて役割を果たしていこうと決心し、「おはよう倫理塾」皆勤し、やろうと思えば出来るのだと自信が少しずつ付いてきました。動員達成目標に向けても、自分なりに精一杯取り組む、町内会の事にも協力するようにしました。すると、主人が倫理の事にも協力的になってくれて、動員達成する事が出来、大きな喜びを得た。嫁いでいる長女には八年ぶりに第二子が授かったと連絡があり、それも待望の男の子とわかり主人と大喜びして、誕生を楽しみにしています。人に喜んで貰う働きが、自分に大きな喜びになる純粋倫理の学びを多くの人に伝えていきます。(I.N)

f0032780_1248347.jpg◆娘の事で悩んでいた時、友人から「倫理の集い」に誘われて、自分自身も向上できて素晴らしい学びだと思い、すぐに入会しました。集いやセミナーには参加するようにして、教えて頂いた事を実践するようにしていましたが「おはよう倫理塾」へは遠方で参加していませんでした。準支部発足で近くに「おはよう倫理塾」会場が出来た事は、自分磨きのチャンスだと思い、参加するようになりました。人前で話す練習にもなり、少しずつ何か向上している気がしてきました。娘が最近になって「お母さん、このごろ優しくなったね!」と言ってくれるようになり、穏やかさを取り戻しつつあります。私の廻りにも倫理を学んで欲しいと思う方に、倫理を勧めて行きます。(M.I)

f0032780_1610619.jpg
◆病弱で口の荒い父と、認知症の母を持って将来の不安を持っていた時、「おはよう倫理塾」に誘って頂け、朝寝坊の私が起きられるか心配でしたが、一回だけならと出かけました。参加してみると今まで味わった事のない緊張感が新鮮で、大切な事を学んでいる実感がありました。そんな中で、親子問題で悩んでこられた実践体験を講師から聴き、今までの自分を反省する事が出来涙しました。「私が変わらねば」の思いで、父に「おはよう」のあいさつする実践にも最初は抵抗がありましたが、続けることで、自分自身が優しく感じられるようになりました。その後は、両親に喜んでもられることはどんなことでもしました。少しずつ実践する事で、両親に感謝する気持ちが強くなってきました。父に「このごろ、変わったな〜」と穏やかの表情で言ってくれた事が何より嬉しかった。喜びの働きをする事で、お客様に喜んでもらえて、お客様の注文も増え、忙しくなってきましたが、健康で働けています。喜びが増えてきました。「おはよう倫理塾」に誘て頂いたおかげで、今の自分があります。家族みんなが幸福になれる道が見つかりました。ありがとうございます。(M.Y)
[PR]
by krinrig | 2011-12-19 12:31 | おはよう倫理塾

青年もちつき大会

12月17日、倫理会館にて青年もちつき大会を開催しました。
f0032780_161952.jpg午前10時より事前に役員が準備し、開始時間11時には、蒸し上がった餅米が石臼に運ばれてくると、小・中・高校生が交代で餅をつきました。今は家庭で臼と杵で餅つきをするところも少なくなり参加者たちは楽しみながら慣れない手つきで餅つきをしていました。
幼児は親に手伝ってもらいながら大活躍で、楽しそうな声が響いていました。
f0032780_16202191.jpg餅がつきあがると、つきたての餅をその場で丸めてもらい、あんこ餅、きなこ餅に大根おろし餅をお腹いっぱい頂きました。参加者18名。
[PR]
by krinrig | 2011-12-18 16:18 | 青年倫理塾

12月21日「子育てセミナー」開催!

f0032780_1821717.jpg


055.gif 問い合わせ rinrigifu@yahoo.co.jp










【お知らせ】ブログに、広告が入るようになりましたが、家庭倫理の会とは一切関係がありませんので、ご承知おき下さい。クッリクしないで下さい。
[PR]
by krinrig | 2011-12-16 18:01 | 子育て支援活動

岐阜県・北陸合同頒布実習&研修

12月10日、福井県鯖江市嚮陽会館に於いて「岐阜県、北陸合同頒布実習&研修」が行われた。
岐阜県からは、岐阜・大垣・いび川・養老・東濃の5つの家庭倫理の会から、バス1台で参加、石川・福井合わせて総勢80名の参加でした。
f0032780_1633829.jpg
主な内容は準家庭倫理の会福井が8月19日発足に当り、福井県鯖江市で倫理の月刊誌「新世」を頒布する実習を行いました。実習の前に9名の方の実践報告を聞くことができ、参加会員は大変な励みになりました。頒布実習として、2人1組になり、チラシと「新世」を持ち地図にそって一件々回っていきました。多人数で一斉頒布を行うことは、やる気を起こさせ初めての体験でした。頒布13冊、配布110冊できた。
家庭倫理の会石川の金治会長は「これ程のエネルギーをもらえるとは夢にも思わなかった。」8月には達成できると誓われました。最後に倫理研究所 東海北陸管区 小川太郎管区長も、未普及地域福井県に大きく前進できると結ばれ、みなさん笑顔で福井を後にしました。
[PR]
by krinrig | 2011-12-11 16:35 | よくする活動

風邪の裏ワザ・隠しワザ

確実に春が訪れようとしていますが、この時期、風邪を引いている方が多いようです。
手洗いとウガイで80パーセントは予防できると言われますが、それでも引いてしまった場合の、風邪の裏ワザ・隠しワザをお教えしましょう!f0032780_162617.jpg

風邪をひいて咳は出るし、熱もある。ここで多くの人は、市販の薬や病院でもらった西洋医学系の風邪薬を飲む。たしかにこの方法は、症状が即座に緩和される。しかし、医者のなかには「安易に抗生剤入りの薬に頼っていると、だんだん体の自己治癒力が弱まる」という人もいて、そう聞くと強い薬はあまり飲みたくないものだ。

では、漢方薬を飲むのはどうかというと、おなじみ葛根湯は、風邪のもっと初期の段階、すなわち、クシャミ、鼻づまり、悪寒程度の症状にはきくが、咳も熱も出てしまったら、時すでに遅しだという。

こうなると、副作用を覚悟で強い薬を飲むか、つらい症状を我慢するしかないのか、というと、じつはそうでもない。どこの家の台所にも転がっている食材から、驚くほど簡単に咳や熱にきく風邪薬ドリンクを作ることができるのだ。

まずは咳止めドリンク。大根を1センチメートル角の短冊状に切って、500cc入りぐらいの密封容器にぎっしり詰め込み、容器の口のところまでハチミツで満たす。2〜3時間で大根のエキスがハチミツに溶け出すので、これをオチョコ1杯を目安に飲む。ストレートでは甘すぎるという人はお湯割りにしてもよい。しばらすると、不思議と咳がおさまってくるだろう。

これは、大根の“辛味”には抗菌作用があり、またハチミツには炎症止めの効果があるから。両者のエキスが凝縮されたドリンクを飲むことで、咽頭についた風邪の菌の増殖を抑え、なおかつ炎症を緩和し、結果的に咳を止めてくれるというわけである。

次は解熱ドリンク。ミカン2個をよく洗い、ワックスを完全に落としてから皮をむく。使うのは皮だけなので、中身はビタミンCの補給にしてしまおう。

で、皮をラップなしで電子レンジに3分かける。それを千切りにして600ccの水を加えて煮る。半量まで煮詰まったら火を止め、茶漉しで漉してからハチミツで好みの甘味をつける。冷めたらそのままどうぞ。

色も味もオレンジジュースに似た感覚だが、これを飲んでフトンのなかでジッとしていると、驚くほど汗をかき、気づくと熱が下がっているだろう。これは、ミカンの皮には発汗作用を促進するリモネンという成分が含まれており、それを大量にとることで解熱効果が上がるからだ。

いずれのドリンクも天然素材100パーセント。怖い副作用の心配はまったくない。しかも超安上がりときている。今度、風邪をひいたら、ぜひお試しあれ。
【完全保存版です、各自でパソコンに保存してください】
[PR]
by krinrig | 2011-12-07 09:56 | プチ情報