<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

7月20日「子育てホッとセミナー」開催

f0032780_1149122.jpg
クリックすると拡大します!











【お知らせ】ブログに、広告が入るようになりましたが、家庭倫理の会とは一切関係がありませんので、ご承知おき下さい。クッリクしないで下さい。
[PR]
by krinrig | 2011-06-29 08:17 | 子育て支援活動

「こども倫理塾」で命を学ぶ!

6月19日、本郷公民館で「こども倫理塾」を開催。参加者全員で、日頃の行動指針わかりやすくまとめた「5ACT」を元気よく斉唱した。5ACT(ファイブアクト)1、あいさつは明るくハッキリ自分から。2、返事は「ハイ」と元気よく。3、手伝いは先にのばさずすぐ実行。4、背筋をのばしてまっすぐに正しい心は姿勢から。5、物は友だち大事な仲間感謝を込めてあとしまつ。

f0032780_1421050.jpg今回は4度目となりますが、国立岐阜大学獣医学研究科のボランティアチーム「ドリームボックス」の11名により「動物の命の大切さ」をテーマに学びました。
f0032780_1435941.jpgクイズの時間にプロジェクターを使い、動物○×クイズで、みんな自分で考えたり、お母さんと相談したりして、動物のあれこれを学びながら楽しみました。例えば、カンガルーはライオンより早く時速70キロの早さで走るそうです。
f0032780_1453995.jpg次に三グループに別れての体験学習(1)はパズルをするグループ。
f0032780_1464283.jpg(2)聴診器で心臓の音を聞くグループ、大人と子どもの心音と早さの違いを比べたりしました。遅い心拍数の動物は像で1分間に20回、早い方ではネズミは200回位だそうです。心臓がゆっくり動く動物は長生きするそうです。
f0032780_1484298.jpg(3)もう1つのグループは動物の絵を描いたり、折り紙を折ったりしました。
三つのグループを10分間ずつ体験、交代していきました。
最後に、風船でお花やプードルなどバルーンアート作ってもらい、みんな楽しそうでした。
参加者は43名。
f0032780_1494812.jpg

次回の「こども倫理塾」には、皆さんも是非参加して下さい。
[PR]
by krinrig | 2011-06-20 13:59 | こども倫理塾

『子育てホッとセミナー』

6月15日、南部コミュニテイーセンターにて、講師は神谷由美子生活倫理相談士を迎えて『子育てホッとセミナー』を開催しました。
f0032780_11412110.jpg前回と続けての熱心な参加者もあり、セミナーの和やかな雰囲気もよく好評ぶりが伺えます。
乳幼児はミルクの要求やおむつの交換など生理的要求から、自分に本当に優しくされてきたのか、ただ義務としてやっているだけなのか等で、幼児の心理的要求の受け取り方が変わってゆき、成長に影響するので注意して行きましょう。そして、なにより大切なことは、夫婦仲良くして、一致和合での生活に努める。とりわけて男女の特性から、まずは夫を家庭の中心に据え重要な事は、夫に任せ切る姿勢が立派な子育てにつながっていくのです。と、講話されました。
f0032780_11452345.jpg
その後、参加者同士でデスカッションが進み、日頃感じている事を話し合うことができ、言葉にして感情を話してしまう事も大切であると感じました。このセミナーで、ママ友ができ、次回会える事が楽しみです。
[PR]
by krinrig | 2011-06-16 11:40 | 子育て支援活動

「生涯学習セミナー」

6月7日、長森コミュニティーセンターにて、講師に山田寿美恵選抜副参事をお迎え「生涯学習セミナー」を開催されました。テーマは『心と体の健康』。
f0032780_11112527.jpg
現代の社会現象にもなっている若者のひきこもり等、心の病気の増加は、物質的な豊かさに原因もあるのではないではしょうか。このまま物質的豊かさを追求する社会が推移すれば、人の心は確実に弱くもろくなっていき、人間関係も希薄になって行く。その対策として、真の心の豊かな生活に立ち返り、家庭では夫婦愛和の生活が大切で、夫婦一致和合し、子供たちには、両親は同じ考えだと思える言動をし、父親を中心者として、夫を立てるのも妻の役目である。息子たちには、父親のようなになりたい・・と思われる父親であること。家庭内の心の健康は、家庭内が明るいこと等、倫理を正しく学び、正しく実践するあることである。と講話されました。
f0032780_14305089.jpg

[PR]
by krinrig | 2011-06-08 14:06 | よくする活動