<   2011年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「こども倫理塾」で笛作り

5月22日、本郷公民館にて、こども倫理塾「KIDランド」を開催。
f0032780_15122169.jpg5ACTを全員で元気よく斉唱した後、松原浩一さんにトイレットペーパーの芯を利用した笛の作り方を教えて頂きました。トイレットペーパーの芯に小さな穴をあけ、その穴に合わせてストローの先端を少しつぶしてテープで固定しますと、手製の笛となり、ある程度音階も弾けます。完成した笛で、早速みんなで『春の小川』をみんなで吹いてみました。
f0032780_1620222.jpgトイレットペーパーの芯から、音の出るのが面白くて、子ども達は夢中で吹きました。その後は、輪投げで遊びました。景品が頂けるので、何回も挑戦しては、楽しんでいました。参加者23名。







♪《詳しい笛の作り方は、ここをクリックして下さい。》♪
[PR]
by krinrig | 2011-05-23 16:17 | こども倫理塾

「子育てホッとセミナー」

5月18日、南部コミ二ュティーセンターにて「子育てホッとセミナー」を、神谷由美子生活倫理相談士をお迎えして開催。
f0032780_17104195.jpg
神谷相談士からの基調講話は、褒める事の大切さ、特に男の子は女の子の3倍褒めるつもりで!積極的に褒めることで、本人の存在感が増し、やる気が引き出すことが出来るとのこと。見つめられ、愛されている実感できることを欲しています。
後半は参加者からの意見を聞きながら、皆でディスカッションしました。ご飯をじっとして食べない、保育園に入ってから指しゃぶりが始まった等、それぞれに様々な悩みが出てきました。紙屋相談士からは、3人のお子さんを育てられた経験を元にされたアドバイスして頂き、子供だけでなく、夫の気持ちにも思いを寄せる事にも話が深まり、初めて参加の方も子供の問題は、夫婦仲の問題でもあるとの捉え方に新鮮な驚きを感じられていたようで、良い気づきを頂けました。参加者は、0~5才までのお子様を持つヤングママ5名でした。
[PR]
by krinrig | 2011-05-19 16:36 | 子育て支援活動

目標達成感謝の会

5月15日ホテルパークにて、家庭倫理の会岐阜市「1900名達成感謝の会」を開催しました。
f0032780_1531537.jpg
会長挨拶で、大野ヒサ子会長は、普及キャンペーンに当たって、皆様の高い目標に向かっての、並々ならぬ努力に対しての感謝に感極まり声を詰まらしての思い深い気持ちが伝わってきました。
f0032780_15323587.jpg森本裕之副管区長は感謝の挨拶で、3.11の大震災後、世の中は今こそ絆を求め新たな方向に向かっています。厳しい時ほど倫理が求められます。りんり基金によって震災孤児の教育を支援していく活動は、文部科学省からも注目されています。
f0032780_15332495.jpg喜びの発表で、
八剣支部・堀場秀子支部長は、進まない普及の壁に向かって、朝の気づきノートの実践にと各班長の助けによって目標を達成できた喜びの報告。
f0032780_15343213.jpg長森支部・堀加代子支部長は、目標達成日間近の4月になっても残り30名余りの焦りの中で、一人の班長のやる気が皆に感染し、目標を達成できた喜びの報告。
f0032780_15352223.jpg柳ヶ瀬支部・中村和子支部長は大野さつき促進長とペアで発表。前回達成できなかった悔しさをバネに、とにかく明るく取り組みました。個性ある班長のリーダーの協力のもと、会の中でいち早く達成することができた。

f0032780_15364569.jpgf0032780_15371187.jpgf0032780_1537552.jpgf0032780_15382669.jpgf0032780_1925638.jpg
感謝の宴では、詩吟・松原浩一さん。マジック・中原喜代子さん。端唄・飯島佐代美さん。安来節・田村春子さん。替え歌・長森元少年少女合唱団による余興が演ぜられました。
f0032780_1541581.jpgまとめで、小畠智恵専任講師は、これほどまでに、芸達者の家庭倫理の会に遭遇し楽しませてもらったのは初めてです。岐阜県を担当し目標値の大きさに対しても皆さまの努力の深さは、会長の涙の挨拶で伝わってきます。益々のご活躍をお祈りします。
[PR]
by krinrig | 2011-05-16 15:47 | 「家庭倫理の会」岐阜市の活動

「感謝報告会」

5月5日のおはよう倫理塾は、創始者丸山敏雄生誕にあたり、「体験報告会」を、細畑公民館にて開催。
f0032780_1342455.jpg◆ 主人のメニエル病について、富士高原研修所のセミナー参加の機会に相談。足湯で暖めることと、足ツボマッサージを丁寧に教えていただき、早速帰宅して実行。思いっきり優しく、家族の喜ぶこと、家族とのスキンシップをして、明るく取り組んで行きます。(柳ヶ瀬支部/K.K)

f0032780_13425917.jpg◆ 主人のお金に執着する心が、理解できず困っていました。富士高原研修所のセミナーで、主人が育ってきた環境に気づくことができ、気持ちが分かるようになりました。これからも主人に感謝の気持ちで接するようにして行きます。(加納支部/K.T)

f0032780_13435562.jpg◆ 26歳の時、岡崎に出向した時に出会った女性と結婚し、今までの人生を勘違いの人生にしてきた。働きは、最上の喜びですが、一番身近な人に、辛い思いをさせ、苦しませて来たことを、富士高原研修所のセミナーで思い知らされました。それは私にとって最大の苦しみとなりましたが、倫理の仲間に励まされ、職場の上司に窘められ反省することができ今があります。(八剣支部/T.W)

f0032780_13445283.jpg◆ 入会時、誘われるままに、朝の勉強会の百日皆勤に挑戦し、大変でしたが達成した時は嬉しかった。していなかった墓参も出来るようになり、父が亡くなった後も見守っていてくれることが実感でき、長男が大学に合格することができた。この場を借りて、妻に対しても心から、ありがとうと言えます。(長森支部/H.M)

f0032780_13454691.jpg◆ 自作のミニコミ誌と倫理の月刊誌「新世」を、毎月おおよそ120人に渡して喜んでもらっています。倫理の素晴らしさをお伝えする、普及キャンペーの時に入会をお勧めすることで快く入会していただけ、日頃から人の喜ばれることをして、要望に対応できるようにしています。(早田支部/M.K)

f0032780_1346452.jpg◆ 倫理の素晴らしさをお伝えする、普及キャンペーの目標達成に向けて、やってやってやりぬく精神で取り組みました。最終日に不足していた人数も、何とかしたい思いと、出会いによって達成することができました。やってやってやりぬく精神は知恵も湧いてきます。(長良支部/S.S)

f0032780_13485962.jpg◆ 自治会の役職を引き受けることによって、父任せで知らなかった地域のことが身近になり、父に分からないことをきくことでコミュニケーションが取れるようになった。起きてくること何でも、これが良いと素直に受けるようになった。(やまがた支部/K.E)

f0032780_13495468.jpg◆ 「おはよう倫理塾」開催一年。毎朝の行動で何でも早目に行動できるようになり、高山祭りの役職を受け、憂い心がなくなり、好天にも恵まれ落ち着いて行動できた。ひたすらにやり続け、あの時があってよかったと思える人生にします。(飛騨高山支部/N.N)
[PR]
by krinrig | 2011-05-05 13:55 | おはよう倫理塾