<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

しきなみ短歌・秋津書道の新年会

f0032780_1916279.jpg

[PR]
by krinrig | 2010-12-29 19:16 | 文化活動

こども倫理塾「クリスマス会」

12月19日本郷公民館にて、「こども倫理塾」を開催。今回は待ちに待ったクリスマス会です。
f0032780_1636129.jpg

f0032780_1637561.jpgクリスマスにふさわしい飾り物をそれぞれに工夫の製作しました。その後はクリスマスケーキの製作で子供たちも大人に交じってケーキ作りに挑戦。スポンジケーキの台に、生クリームを塗ったり絞りで飾ったりし、フルーツも飾りトッピングをして立派にできました。出来立てのケーキを切り分けて美味しく頂けました。
こども倫理塾は事前の準備がとても重要なことで、委員の皆様ご協力ありがとうございます。
[PR]
by krinrig | 2010-12-20 16:37 | こども倫理塾

新世3月号「わが町わが家の食卓紀行」の取材

12月17日、新世3月号に記載する「わが町わが家の食卓紀行」の取材で、倫理研究所 新世編集部からチーフカメラマンの古谷秀男さんと記者の関牧子さんが家庭倫理の会岐阜市を訪問されました。
f0032780_1714896.jpg岐阜の郷土料理を紹介するもので、長森コミュニティーセンターにて実際に調理風景を取材。郷土で作られ、旬の食材を使った料理で、いも餅・柿のしらあえ・かきまわしご飯・けんちん汁など調理しました。
いも餅は、触感が餅みたいで芋とは思えないほどです。けんちん汁は具がたくさん入りボリュームたっぷりです。新世3月号の記載を楽しみにお待ち下さい。
f0032780_1714516.jpg

[PR]
by krinrig | 2010-12-18 17:13 | プチ情報

12月度「子育てホッとセミナー」

12月1 5日南部コミュニティーセンターにて、「子育てホッとセミナー」を片桐定子生活倫理相談士を講師に迎え開催。
f0032780_16473895.jpg今回は5組親子が出席されました。そのうちの4組の方が前回セミナーにも参加されており、打ち解けたムードで進められことが出来、自由で活発な話し合いとなりました。
託児係の方の協力もあり、充実したセミナーになりました。
f0032780_16481061.jpg

f0032780_17275953.jpg

次回の参加をお待ちしています。
055.gif 問い合わ rinrigifu@yahoo.co.jp
[PR]
by krinrig | 2010-12-16 16:48 | 子育て支援活動

体験報告会

12月14日は倫理研究所創始者丸山敏雄先生の命日に当たり、細畑公民館にて「体験報告会」を開催しました。
f0032780_16123229.jpg
◆11月3日の「合同おはよう倫理塾」の参加者目標達成のために、プラス思考で積極的に行動し、諦めずに喜んで取り組んでいると、思わぬ人から参加したいとの要請があり、驚く。息子からは昇給の知らせが入り、孫は勉学に励むようになった。(G.S)
◆11月3日の「合同おはよう倫理塾」の参加者を募るも、早朝からの講演会では尻込みする人もあり、参加者がなかなか集まらないので焦りました。しかし、役柄であるので諦めるわけにも行かずどうしようかと思っていたら、主人が協力してくれ、会員からも協力者が現れました。やってみる。動いてみる。気づき即行の実践。当日前夜が楽しみになり、当日は多くの参加者を得ることができた。娘は自主的に生活倫理相談を受けたいと言ってくれました。(U.S)
◆11月3日の「合同おはよう倫理塾」に誘うに、一番身近な主人をと思い、主人を名前で呼ぶようにしてあいさつをし、主人の気分を損なわないように、接する心持ちで、いつもとは違う対応をする実践をしました。すること、快く参加する意志を伝えてくれました。(S.M)
◆会社の業績が落ち込み、自宅を売りに出しました。不景気で高値では売れないと言われましたが、自分の思い通りの価格で売ることができました。「おはよう倫理塾」で学び、倫理の実践を積み重ねことで、自分が変わり、まわりが良い方に変わってきました。(N.N)
◆姉の倫理の学びに魅せられて、倫理を学ぶようになり40年になります。心配ごとや悩みが多くあり、倫理の学びを深めたくて「おはよう倫理塾」に通うために、60歳になってから運転免許を取得。徐々に「おはよう倫理塾」に参加出来るようになりました。娘には10年目にして子宝に恵まれる、喜びを得ることができました。(G.T)
f0032780_16131865.jpg◆体調不良で早期退職し、「おはよう倫理塾」に通い始めましたが、役職の重圧から「おはよう倫理塾」に参加出来ない時もあり、落ち込みました。しかし、目が覚めたらサッと起きる実践をしていたら、「おはよう倫理塾」に行けるようになりました。少しずつ明るさを取り戻し、主人との会話も増え感謝の気持ちで接することにより、主人も優しくなった。「おはよう倫理塾」を一日のスタートとして、心に余裕ができた。(F.H)
◆町内の自治会長には、他地域から引越して来た人が就いたことが無いのに、主人が自治会長を受けることになってしまい驚きました。なってしまったからには、夫婦が心を合わせ、助け合ってやっていくのが一番良いと思いました。これも倫理で教えてもらった「夫婦対鏡」の実践のチャンスと受け止め、主人に合わせる実践をしています。(I.N)
◆9年前から突然に皮膚病に悩まされ、営業職から職場を変わらなければならない状態になりました。心の変化ですぐに再発します。スナオな気持ちを自分に言い聞かせるように「ふんわりとやわらかで何のこだわりも不足なく澄みきった張り切った心」で明るく過ごすように努めました。スナオになると皮膚病も治まり、不足不満を持つと再発してきます。倫理のバロメーターとして付き合って行けるようにしたい。(K.E)
[PR]
by krinrig | 2010-12-15 16:14 | おはよう倫理塾