<   2010年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

私たちは、生命のつながりのなかで生きています

9月8日細畑公民館に、小畠智恵専任講師を迎え「合同おはよう倫理塾」を開催。
f0032780_14414711.jpg人はつながりの中で生きている。小畠家の由来を調べ家系図を調べてみると命の継承が続いている事が明確になってくる。私が生まれた時は、衰弱した身体で生まれ、父は健康に育ってほしいと願いが強かったので今があり、嫁ぎ先のとの両家の良いところを受け継いで今の自分がある。
結婚当時の主人は、お酒と麻雀が好きで、夜ともなれば毎日出掛けそんな主人を嫌っていた。倫理の指導では、相手を変えようとしないで、受け入れる事だと教えられました。
麻雀に出掛ける時は、今までと違って嫌な顔をせず、笑顔で送り出し受け入れる。すると、負ける事が多かった麻雀に主人は、勝って帰ってくるようになり、段を上がり、賞品をもらって帰ってくるようになった。当時珍しかった、カラーテレビまでもらい、私は主人の居ない時間を、それで楽しんだ。お酒も喜んで進んで出すようにした。主人を嫌っていた頃、病弱だった子供が元気になって行った。相手を変えようとするのではなく、自分が変わる事です。
37年間倫理を学びながらも、いろいろな事が起きてきます。「人生神劇」の意味は、自分が主役の人生ですが、相手を喜ばす事にあるのです。主人の母と一緒に住むようになって、母と倫理を学ぶようになり、一緒に住むと母の厳しい面が出て来て、一緒に居る事で、疲れ、不足不満が出てくる。心の奥底で責める事をし、主人を責め、妹を責め、不足に思う事が多くなる。そのことで、目を悪くしてしまいました。心の間違いで、丁度良い時に赤信号が来るようになっている。心を入れ換え、それからは笑顔で優しく接して、介護が必要な母に喜んで頂けるようにした。あくまで優しく接することで、最後まで看取ることができた。相手を喜ばせることで、肉体が亡くなっても自分の奥底で生きている。
私たちは、生命のつながりのなかで生きています。自分の舞台の上では、相手を変えようとするのではなく、相手を喜ばすことが、倫理で学ぶ法則です。
[PR]
by krinrig | 2010-09-08 14:43 | おはよう倫理塾

生涯学習セミナー

f0032780_16502881.jpg

参加無料!
是非ご参加下さい!!

[PR]
by krinrig | 2010-09-07 16:51 | よくする活動

平成23年度辞令交付式

9月5日大垣フォーラムホテルにて、平成23年度岐阜県家庭倫理の会辞令交付式が行われました。
f0032780_17583492.jpg
大垣市・岐阜市・いび川・養老・東濃の岐阜県下家庭倫理の会の役員が一堂に会し、程よい緊張感のなか厳粛に会役員、支部役員、各委員全員に辞令を、東海北陸管区 平尾勝管区長より拝受しました。
f0032780_17591376.jpg激励の言葉で、東海北陸管区 森本浩之 副管区長は、「辞令を紙切れにするか、役職に命を燃やすかでは、周りも変わり、結果も違います。役に徹し切るには、理念を掲げ目標は大きく持ち、実践は足下から。大切のなのは、自分お価値観であれこれ考えるより、まず一歩踏み出すことです。皆さんの良き実践に期待します。」と述べ。「世紀の歩調」を元気に斉唱して第一部の式典を終えた。
f0032780_1804434.jpg第二部は研修、東海北陸管区 平尾勝管区長。研修に先立って、今年度岐阜県担当の小畠智恵専任講師が紹介されました。小畠専任講師は京都出身で、穏やかなお人柄で「何でもご相談ください。担当する岐阜のことを24時間考えています。一緒に岐阜県の家庭倫理の会を盛り上げて行きましょう。」と挨拶されました。
f0032780_1811994.jpg研修で平尾管区長は、倫理においては、あからさまにお金の話しはしてきませんでした。現実問題として、お金がなければ生活も出来ませんし、食べて行けません。お金はとても大切です。お金は人と同じように大切に扱わなければなりません。お金は最も敏感な生き物でで、人の心を反影します。倫理は法則ですので、実践しなければ意味がありません。
例えば、トイレに入って、トイレットペーパーが残り少なく、自分の使用分だけで無くなってしまった時(A)自分の分だけあって、やれやれとの思いで立ち去る。(B)次の分を用意しておく。(C)次の人のためにセットし直し整える。誰も見ていないところで(C)の態度をとれる人が、お金に恵まれる人です。お金は人の心を反影するからです。トイレ清掃なども人のためではなく、結局自分のためなのです。
現在は、人間関係が希薄になって来ています。役職は、自分の労力を使って人のお役に立っているのです。喜びをチョットさきがけて与える。お金には変え難い喜びを与える。その喜び、人の喜びを我が喜びとする。一人ひとりが人のためになることを、さきがけて渡せるようにして下さい。理屈、屁理屈を並べると暗くなり、悪化するだけです。理屈を超えて、役職を通して率先垂範し、人に役立つ働きをして下さい。

午後からは会場を、岐阜倫理会館に移し「家庭倫理の会岐阜市 平成23年度方針説明会」が行われました。
f0032780_182302.jpg平成23年度家庭倫理の会岐阜市の活動の重点は、実践力を高め、自他救済力を高め、普及拡大を推し進め、「おはよう倫理塾」の出席者を増やしすことなどの活動方針を、大野ヒサ子新会長より発表されました。

f0032780_183485.jpg引き続き、神谷由美子新推進長から、具体的な数値目標を発表されました。その後各委員会と支部から取り組みの重点活動を発表されました。
[PR]
by krinrig | 2010-09-06 17:56 | よくする活動