<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

徳田支部「生涯学習セミナー」

徳田支部では、11月26日岐南町南町民センターにて、講師に(社)倫理研究所 東海北陸管区 森田正廣副管区長を迎え、「人間関係」~人生のテーマとして~ を演題に生涯学習セミナーを開催。
最も身近な人間関係は家庭にあります。その家庭での不和のすべてが、父・母・子の関係に原因があります。父・母の関係の距離感と母・子の関係の距離感とが違う場合があります。それを、父・母・子の関係の距離感を正三角形になるようにしていくことで良くなって行きます。それには、相手を変えようとしても変わるものではありません。自分が変わることで、相手が変わるのです。自分が変わるには(1)どうしようもない事は、受け入れる。(2)自分の決めた事は、出来るまで努力する。
そんなお話を聴き、未会員の方からは、自分を第三者の目で見ることが出来て「よくがんばったね!」と、自分を褒めることができ、心のわだかまりが消えましたと、喜びの報告がありました。参加者13名(未会員5名)でした。(服部貞子)
f0032780_8482173.jpg

[PR]
by krinrig | 2009-11-28 08:51 | 柳ヶ瀬支部

「家庭倫理の会岐阜市」とは

f0032780_15302942.gif

「家庭倫理の会岐阜市」とは
どんな団体なのか?
どんな活動をしているのか?

ここをクリック
[PR]
by krinrig | 2009-11-28 08:17 | 「家庭倫理の会」とは

絵手紙を描こう!

11月15日「こども倫理塾」を本郷公民館で開催されました。
子どもと保護者20名の参加で、絵手紙に挑戦。f0032780_7402733.jpg
真っ白いはがきに、一筆入れるときはちょっと緊張して、ドキドキした様子ですが、思い切って筆を進めて行くと、次第に芸術家のように楽しく上手に描くことが出来ました。
最後に作品を手に記念写真におさまり、お土産をもらってご機嫌でした。
f0032780_741866.jpg

次回は12月20日ケーキ・クリスマスツリー作りです。
是非ご参加ください。 お待ちしています。(井上 多恵子)
f0032780_7444186.jpg

[PR]
by krinrig | 2009-11-25 15:01 | こども倫理塾

子育てセミナー開催!

11月18日南部コミュニティーにて「子育てホッとセミナー」を開催しました。
f0032780_10124745.jpg

今回は加藤俊子相談士、片桐定子相談士、神谷由美子相談士を迎えての分科会方式で行いました。
最初に加藤俊子相談士から、ご自身の経験や心がけからの子育てのアドバイスのお話をしていただきました。
「朝顔のつるにチューリップは咲かない」と子供の個性を見極め誤った期待をせずにその子の自然な姿を喜び支えよう
というお話が印象的でした。
その後、子供の(おおよそ)年齢別に分かれて、一組1〜3名づつで相談士に悩み等を聞いてもらいました。
少人数でのお話になるので、これって悩みというほどではないんだけど・・・と普段遠慮がちになっていたことも雑談のようにお話でき、その中から意外なことを気づかされたりと、とても有意義な時間を持つことができました。
他の参加者の方もお話が弾んでいたようで、少々時間が押してしまったのですが、皆さん、分科会方式は話がしやすいと自分の悩みにじっくりとアドバイスがもらえてすっきりとしているようでした。
大変好評でしたので、来月もこの方式で行う予定です。(光田春江)
[PR]
by krinrig | 2009-11-24 10:24 | 子育て支援活動

金華山会場

11月17日おはよう倫理塾、終了後、行ける人で高島晴美専任講師と岐阜公園の菊人形を小雨の中10人で見に行きました。
岐阜市制120周年記念事業として「フロイスに食膳を運ぶ信長公」をテーマに展示されていました、菊人形は、織田信長とロレンソ、フロイス、茶筅丸、奇妙で、鎧や内掛けに豪華な菊の花が使われていました。
「綺麗に作ってあるねぇ、この菊の色の白と黄色が良いねえ」…などと、感心する皆さんと美しくも香り高い菊花、盆栽菊、千輪仕立ては、1本の株から300本近くの茎を立て、同時に300輪の花を咲かせ、半球状のお椀型に整え、菊の花や葉を細工には、素晴らしいの一言である、ほとんどの菊花は1本の株から作られていているので、どれも芸術作品。(西田高啓)
f0032780_7483161.jpg

[PR]
by krinrig | 2009-11-24 07:50 | おはよう倫理塾

高山でミニ講演会開催!

11月15日(日)飛騨・世界生活文化センターで高山ミニ講演会が開催されました。
参加人数64名、未会員32名でした、北村二三子さんの進行で始まり、体験報告の田村春子さんと野村保江専任講師で行われました、田村さんの体験報告は、おはよう倫理塾委員長を受ける際に、職務と後継ぎ問題で研究員に指導を受け、二回目の指導で家系図を作ることを言われ、作っている内に先祖供養も行うことが出来ました。すると以前離婚した娘さんと、久しぶりに会い、父の一言で子供と一緒に戻る事が出来ました、新世を16冊引き受ける決心すると、娘さんから、やめようと思っていたふとん店を続けたいとの言葉をもらい、後継ぎができました。
野村保江専任講師の話の中で、核家族が増え食事で会話もなく、自分中心の生活になり、家族の絆も薄れてきています、血縁、血の流れよりも結びが強いのは、同じ物を同じ家庭で一緒に頂くことで、楽しい、和やかな家庭が作られる。安らぎは家の中に女と言う字が書きます、女性が暖かい物を作り、生きる勇気がわいてくる意味が含まれています。男は男らしさ、女は女らしさ、子供は子供らしさ、らしさが大切である。あいさつの意味は、(あ)あかるく愛情をこめて、(い)いつでも、どこでも誰とでも、(さ)さきに気づいた人から、(つ)つづけて、いつでも変わらずに。あいさつは人と人の心を結ぶ金の鎖と言われます。(西田高啓)
f0032780_16102356.jpg

[PR]
by krinrig | 2009-11-18 16:13 | よくする活動

根っこの心を良くする

11月7日の合同おはよう倫理塾は鶴川文子専任講師を講師に迎え開催。鶴川専任講師の体験談を泣き笑いで拝聴しました。
f0032780_123529.jpg仕事と家庭と倫理の役職と、目まぐるし毎日の中でも倫理に楽しく取組んでいた42歳の時、まさかと思う主人の気持ちの中での問題点が突然、襲ってきました。若き丸山主任に倫理指導を受けるも、又かという思いで指導を聴き、夫婦愛和のことを真剣に受け止めてはいませんでした。その数ヶ月後、銀行の支店長をしていた主人の支店が、多額の負債融資が勃発し、責任者として新聞報道に顔写真が載るかも知れない程でした。その話を、主人から覚悟しておくようにと聞かされ、丸山主任の指導は、このことが起きてくる事前指導であったことに気づきました。そしてこの緊急事態に、夫婦愛和の実践に取り組み、主人の思いを知り得る事が出来ていなかったことや、安らぎの家庭になっていなかったことを反省し、主人が安らぐ家庭にしていくことに徹する。
債権者会議で、不正融資の大元締め主犯会社の主の92歳の母親から、涙ながらの謝罪とお金を返すように説得してくださり、主人の銀行分だけ全額返金されるという、奇蹟が起きたのです。物事が成就して行くには、すべて夫婦の心が一致しているかいないかにかかっているのです。今は亡き主人は、大切なことを教えてくれて行きました。
新年度からの役員朝礼では、「ハイの練習」を行っています。その場では「ハイ」は言えていますが、現実で「ハイ」が言えてるか?「ハイ」の練習を普段の生活でも活かして下さい。何か頼まれた時に「うん〜」と言って言い訳ばかりしていませんか。普段からラの音で「ハイ」と言えるようにして行くのです。
f0032780_1244423.jpg
倫理を学ぶ心を、同じくする人は身近にいます。自分が一所懸命学んでいても、自分の身近な子や孫に倫理の事に無視されるのは、日頃から愚痴を言っていたり、しょうがないと思っていたりしないでしょうか。倫理は、自分の根っこの心を良くするために学んでいるのです。身近な若い人を倫理に集めることで、家庭を明るくすることができるのです。
[PR]
by krinrig | 2009-11-08 12:09 | おはよう倫理塾

錦秋の一日を楽しむ

家庭倫理の会岐阜市 長森支部では10月28日に紅葉狩りのバスツアーを開催しました。
白山スーパー林道と白川郷の合掌造りの文化遺産を見学。霊峰白山山系の紅葉も丁度見頃で、息を呑む景色の連続に車内は歓声で沸き立ち、中には浮かんだ思いを、短歌にしたためメモする方もありました。
今回のバス旅行は、新体制への支部活動の活性化と親睦に多いに役立つものとなりました。参加者21名。(松原辰彦)
f0032780_10262080.jpg
f0032780_10295570.jpg
f0032780_10301670.jpg

[PR]
by krinrig | 2009-11-04 09:50 | 長森支部