<   2009年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

4回マナーセミナーを開催!

f0032780_15142663.jpgマナーデザイナー伊藤享子様の「マナーセミナー」4回目が1月28日、南部コミュニティーセンターにて好評開催。
 今回は、冠婚葬祭のマナー。結婚式に関するマナーでは、招待状に対する返事の書き方、お祝いを差し上げる時のマナーなどを学びました。また、結婚披露宴の時の椅子の座り方。お祝い事の袱紗替わりはピンクの小さい風呂敷が良い。スピーチは、必ず褒めることが良く、暗唱していくこと好印象になることなど、気づかずに居たマナーを、たくさん学ぶことができました。参加者36名。次回は2月25日「美しい立ち振る舞い(1)」* 訪問のマナー *を学びます。
[PR]
by krinrig | 2009-01-29 17:35 | よくする活動

好評!「子育てホッとセミナー」

f0032780_17501415.jpg 1月22日未来会館にて、神谷由美子生活倫理相談士を講師に迎え「子育てホッとセミナー」を開催。「子育てをハッピーに!」をテーマに神谷講師の実体験を交え、子育てのポイントを話されました。良い子を育てる三つの魔法の言葉は(1)お母さんは、あなたが大好きよ!(2)あなたは、お母さんの宝ものよ!(3)お母さんはいつもあなたの味方よ!。
 0〜3歳頃までは、”常に愛されている”と感じることが必須伊条件。一日一度は優しく抱いて、先の三つの言葉を掛けることを学びました。
 今回は、妊婦から3歳児までの保護者を対象に開催し、参加者とのディスカッションを重視し、育児に対する思いや不安など充分に話し合うことができ、こういう機会も大切だと思いました。また、スタッフとして携わっても参加者の意見や思いから、教えられることがあり、暖かいセミナーにして頂き、有り難うございました。
[PR]
by krinrig | 2009-01-22 17:50 | 子育て支援活動

新シリーズ「純粋倫理学習会」を開催

f0032780_17472796.jpg今年度も「純粋倫理学習会」を開催。第一講は1月20日、19:30から平尾勝管区長が担当。同じ時間でも、気の集中力によって得るものが違ってきます。との、学習する心構えの説明。今回は「倫理研究所の目的・信条・事業」。創始者丸山敏雄は、戦後の荒廃した日本を何とかせねばと、止むにやまれぬ心境からたった一人で動き始めたのです。戦後の混乱期、貧困の雑踏の中で倫理運動を呼びかけても誰も振り向きもせず、馬鹿者扱いされることもあった。それでも、止めなかった、丸山敏雄には、”目的”と”信条”がありました。それが60年近く過ぎ去った今日でもなお、倫理運動の方向性を示す重要な指標にほかなりません。倫理運動の原点がここにあるのです。
 昭和22年に丸山敏雄が、倫理研究所の前身「新世会」を設立したときに趣意書を掲げました。この趣意書はさらに、この運動に賛同し、共鳴する人々が心がけるべき目標として5つの「信条」が掲示されています。丸山敏雄の強い決心で止めなかったから、倫理が今も学べます。今一度それを再確認して欲しい。
 会員の方々が、倫理に出会った切っ掛けは別々でも、倫理の良さを知って学び続けておられますが、物事は本質を見抜くことが出来ていないと、倫理をやっているつもりだけであって、空回りしてしまいます。倫理運動の本質が、倫理研究所の目的と信条に明確に記されています。
真に相手を思いやる気持ちがあるか。自分の都合のいい実践をしていないか。こんな時代だからこそ、倫理を謙虚に学んで下さい。自分の本質をどれだけ知っていますか。それを見いだし、人様に差し出せる人を、増やして行かなければなりません。参加者38名。
[PR]
by krinrig | 2009-01-21 17:43 | よくする活動

長良支部「生涯学習セミナー」で即入会者あり。

f0032780_17345331.gif 長良支部では1月18日、多和田詩朗生活倫理相談士を講師に迎え、「家庭はグー(good)」─あなたから出来る、幸せな家庭づくり─をテーマに生涯学習セミナーをカランドリエで開催。
 相手を素晴らしいと見る方法や、感謝力を高める方法などで自らが変ることで、幸せな家庭を築いて行くことなど、資料をたくさん用意して頂け、わかりやすく、話されました。「知行合一」実践は足もとからということを改めて感じました。
 初めての方からも「他では聞けない良いお話でした。」と、うれしい感想をいただきました。
半分は未会員をという動員目標をかかげ、支部一丸となって声掛けをして、当日、14名の参加のうち未会員7名の参加があり、終了直後に2名その後1名入会で目標達成でき、喜びをいっぱいもらったセミナーでした。
[PR]
by krinrig | 2009-01-20 17:32 | よくする活動

文化部長良支苑で「新年会」

f0032780_17414277.jpg文化部長良支苑では1月10日、カランドリエにて、新年会を開催しました。午前は秋津書道、昼食を挟んで、午後はしきなみ短歌。
昼食の新年会では、何が書いてあるかわからない人生指針カードを引き、各自で発表しました。
 それが偶然にも、各自の心境にピッタリのものが当たり、今後の人生の高揚に役立てて行けると、楽しく話し合って親睦を深めることが出来ました。
[PR]
by krinrig | 2009-01-12 17:39 | 文化活動

金華山登山で日の出を拝む!

青年倫理塾では、1月3日金華山登山。準備運動をして、まだ暗い、朝五時半に岩戸公園を出発。懐中電灯で足下を確認しながら、なだらかな落ち葉の道や、急勾配の階段などをゆっくりと登って行きます。6時40分頃には岐阜城がある頂上に全員無事に到着。
f0032780_1555017.jpg頂上は風が強いが晴れ渡り、7時10分頃太陽が昇り始め、素晴らしい日の出が眺められ、参加者は思い思いの願いを、日の出に祈りを込め拝礼することができました。参加者総勢18名。
f0032780_1562568.jpg

[PR]
by krinrig | 2009-01-03 15:30 | 青年倫理塾

2009年新年式

f0032780_15221969.jpg
平成21年1月1日、家庭倫理の会岐阜市の「新年会」が、朝5時15分から行なわれました。丸山敏秋理事長の新年のあいさつを多和田美幸会長が代読。「現代は倫理運動の果たす役割は非常に大きい。連帯の力を養いつながりの輪を広げる、基本方針のもと、倫理をしっかり正しく学び、諸活動へのご尽力をどうかよろしくお願いいたします。皆様のさらなるご健勝とご繁栄を心より祈念申し上げます。」と、述べられた。
f0032780_15232451.jpg参加者全員が、今年の決意を発表を発表し、“喜びのこぶ茶”で乾杯後、お楽しみ抽選会が行なわれました。参加者全員に様々な景品が当たり、今年の幸運を祈願し、倫理運動の活性化を誓い合いました。
[PR]
by krinrig | 2009-01-02 15:25 | 「家庭倫理の会」岐阜市の活動

2009年 年賀

f0032780_1120266.jpg
丑の字は、人が手を伸ばして、指先を曲げて物をとる形から出来た象形文字です。
方角では北北東、陰暦では12月、時刻では、現在の午前2時とその前後2時間を指します。
丑年の人は、「正直で忍耐力に富み、勤勉で堅実さをもち、信念によって事を処理し、人から親しまれ信用される。」といわれています。
“「牛にひかれて善光寺参り」の諺にて、人についていって、思わぬいい所へ行き幸福を得た。”とたとえています。
2009年の初日の出はこちらでご覧になれます!
[PR]
by krinrig | 2009-01-01 00:00 | プチ情報