<   2008年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

掃除のコツ【保存版】

f0032780_9594819.jpg年末と言えば大掃除の季節。なるべく早くきれいに済ませたいですよね!そこで、ちょっとした大掃除のコツを紹介します。
f0032780_1003897.jpg【掃除を始める前の注意】
ふき掃除で出る汚れた水も、掃除につきもののホコリも、上から下へと落ちるものです。つまり掃除は「高い所から低い所に」が原則。きれいになった所を汚さないためにも、掃き掃除・拭き掃除は「奥から手前に」。掃除する時は後進しながらがきほんです。

《窓ガラスには新聞紙!》
まず、ガラスを少し湿らせ、十分に拭いて水気をとります。次に乾いた新聞紙で乾拭きします。これでガラスはピカピカ!

f0032780_1033058.jpg《網戸には段ボール紙!》
まず、網戸は取り外さず、内側から段ボール紙を貼ります。こうしておいて外から掃除機で吸えば、内側(部屋の中)にホコリも入らず、ノズルと網が密着するのでホコリが簡単に吸い取れてラクラク!

《冷蔵庫の下には履き古したストッキング!》
ストッキングを不要な棒状のものに巻き付けて、冷蔵庫の下を軽く掃きます。静電気でホコリを吸い取るのでラクラク!

f0032780_1044276.gif《電話機の汚れは、重曹と酢水で!》
手アカで汚れがちなのが電話機やインターホン。まずは、重曹をふりかけてこすり、スポンジに酢水を含ませてから絞ったもので再び拭きます。これで手アカ汚れもスッキリ!
f0032780_1052749.jpg《玄関には茶殻をまく!》
玄関のたたきに水気を絞った茶殻をまきます。それからしばらく待ち、ほうきで掃きます。どうでしょう。茶殻がホコリや土を吸い取り簡単にきれいになるから玄関はスッキリ!(ジャスミン茶等の香りが残る茶殻を使うのもいいですね)
f0032780_1064038.jpg《シールやテープをはがすにはサランラップで!》
ガラスやドア・クロスなど水に濡らしても大丈夫な所に貼ったシールなら、家庭用の中性洗剤をスポンジにつけてシール部分にたっぷりつけます。そこをサランラップで覆い、10分〜20分。あら不思議、シールはがしが簡単!(後で変色しないように水拭きもしましょう)
[PR]
by krinrig | 2008-12-25 10:10 | プチ情報

「こども倫理塾」でクリスマス会

 12月21日「こども倫理塾」はクリスマスツリーとケーキ作りをハイツ桜木集会場で開催。
f0032780_8312966.jpg
 緑に塗った松ぼっくりに思い思いに飾り付けをして、可愛い個性的なクリスマスツリーが出来ました。
f0032780_8321992.jpg
そして、スポンジケーキにフルーツを挟み生クリームをつけたり最後にイチゴをのせてケーキの出来上がり。クリスマスの歌を唄ってみんなで美味しく頂きました。
f0032780_8334730.jpg
「子ども倫理塾」は、あいさつのできる子、仲良くできる子、後始末のできる子を目指して毎月開催してます。
[PR]
by krinrig | 2008-12-22 08:34 | こども倫理塾

「おはよう倫理塾」に出掛けてみませんか!

f0032780_1737813.jpg
クリックすると拡大します。
055.gif問い合せはrinrigifu@yahoo.co.jp
[PR]
by krinrig | 2008-12-16 17:38 | おはよう倫理塾

感謝報告会

12月14日家庭倫理の会岐阜市「丸山敏雄先生没後57年追仰感謝報告会」が細畑公民館で開催されました。
f0032780_818059.jpg

○ 貧血で倒れた時から身体をかばうようになり「おはよう倫理塾」へも行かなくなった。母の命日に朝寝していた私は蚊の鬱陶しさに起こされて「おはよう倫理塾」に行ってみた。名ばかりの役職者であった私を補佐し、「おはよう倫理塾」に私が休んでいる間も、通い続けていた主人に感謝することが出来た。(M.M)
○ 今年度、初めての班長役で、班長研修の際、班常会を楽しく開催することを学び、直ちに実施してみました。最初は二人の参加でしたが、呼びかけにより参加者が増えてきました。「倫理のつどい」には新しい方も誘って参加していただけ、少しずつ倫理の輪が広がり、班活動を楽しく活動しています。(K.M)
○ 「こども倫理塾」を開催しても子供が集まらなかったが、開催会場を変更して幼稚園の孫の友達を誘って、自分も喜んで取り組むように努めると、参加者が徐々に増えてきました。内容も工夫し、原爆の紙芝居をつくりなどをして演じ、いのちの大切さも伝えています。今後も、未来を担う子供たちのために、もっと活発に活動していきます。(K.N)
○ 背骨の矯正の為に、整体に通い続けるべきか迷っていた時、追突事故に遭いました。丁度、パトカーが隣に止まっていて、事情徴収もすぐ済み、偶然にも病院も近くで整形外科で診察していただきついでに背骨の矯正のことも相談でき、高額な整体を止める事に決断が出来、倫理の学びのおかげで亡き主人が丁度良い時に丁度良い導きをしてくれた。また、おまけに車も新しくなった。(H.H)
○ 「おはよう倫理塾」の会場チーフの役が、自分に出来るかどうか不安であったが、気持ちを入れ替えて、喜んでお役に立とうと、思って取り組むことで、主人が協力的になり「倫理の集い」の場所も近所の方に、貸して頂けて協力者が現れてうれしく思いました。(S.U)
○ 週三日ぐらいしか行っていなかった「おはよう倫理塾」に、会場チーフの役は、私には責任が持てないと思っていたが、思い切って役を受け、毎日「おはよう倫理塾」に通うことによって、人にお願いすることや、人が善く見えてきて、家庭でも職場でも、スナオな気持ちで人に合わせることで、物事がうまく進むようになった。(H.I)
○ 子供たちも結婚し、孫が生まれて、親の有難さがしみじみわかりました。息子が長女を嫁にもらったことで、私の主人が養子で来てくれた事が、家の継承が出来ていて、今まで何もしてくれないと思っていたが、家のことを気にかけてくれ、とても頼もしく思えるようになり、倫理で教えられた、順序のこと、夫婦愛和のこと等を知り、倫理普及にも取り組んでいきます。(I.M)
○ 秋津書道としきなみ短歌を通して倫理を学ぶ人を増やしたいと思い、自らの実践で毎日筆を持つことで、今回、秋津賞特選を受賞することが出来ました。好きな言葉を書道で書こうと思って浮かんだのが、主人のことです。「私があなたを好きなわけ ごはんをおいしいよってたべてくれるから」。主人に、感謝の心を持ちつづけることができるようになりました。(Y.K)
最後に、多和田美幸会長は「実践によって、倫理の学びを深め、それを人に伝えて行ってください。理屈抜きでやってみましょう。」と述べられた。
[PR]
by krinrig | 2008-12-15 08:18 | よくする活動

好評!マナーセミナー三回目を開催。

12月10日 第3回マナーセミナーが、南部コミュニティセンターで開催されました。
今回のテーマは『日本の伝統と贈答のマナー』というデーマで、季節がら特に興味のある新年の伝統行事を、詳しく教えてくださいました。
f0032780_1532698.jpg
正月飾りは、29日31日は避けたほうが良い。
日本人は、9は、苦になるにつながるから嫌がる。31日は、前日にあわただしくする感じで、良くない。
 お正月は、歳神さまを迎える行事で、
しめ縄は、神と人間界を分けていて、敬う方々との境界を決めて、相手を敬うもの。門松は、紙に書いたものを貼るのではなく、すこしでいいので、松と南天を下のほうを懐紙にくるんで、両面テープで貼るといい。
鏡餅は魂のかたちを表している。
鏡餅を床の間に飾る場合は、床の間の中心は香炉、床の間を背にして左側に鏡餅、右側にお花が良い。
(日本人は、中国からの文化で左上位が伝統
 欧米は、右上位(国際儀礼となっている。)
大根締めは、家を背にして、太いほうを左にする。

おせち料理 おせちは、お節句がなまって来たもの
お屠蘇の注ぎ方は、鼠尾・馬尾・鼠尾の感覚でするとよい。
お年玉を、親見渡したいときは、「御慶」「お年賀」などの言葉が良い。
お福茶の作り方・・黒豆10粒・梅干し1個・昆布1枚・お茶の葉スプーン1杯

そのあと、レジュメに従って、「春の伝統行事」「夏の伝統行事」「秋の伝統行事」「冬の伝統行事」節句の説明などがあり、その中で印象に残った言葉は、敬老の日は、聖徳太子が、悲れん院(今の老人ホームの始まり)を造った日で、変えてはいけないと思います。という言葉でした。

贈答のマナーでは、
送る側のマナーとして、相手のことを考えて、相手のことを知りましょう。
受け取る側のマナーとして、お礼を言葉で伝えましょう。
といわれ、そのあと、具体的なお祝いの話が、ありました。
印象に残ったことは、卒業祝いは、卒業を確認してから贈りましょう。というお話でした。
今回先生は、雑学をお教えします。と最初におっしゃいましたが、その通りに、知って得する豆知識をいっぱい教えていただきました。30名の参加でした。
[PR]
by krinrig | 2008-12-13 15:04 | よくする活動

家族の絆を強固にすれば、大丈夫!

12月11日の「合同おはよう倫理塾」は三好雅典普及副本部長を迎えました。

f0032780_181897.jpg米国の金融破綻に始まった、金融危機報道はタレ流し状態で、世の中をマイナス思考が奔走するなか、それだけで良いのでしょうか。こんな時代に我々倫理者は、何をどう取り組むべきでしょうか。足場から立て直さなければなりません。国は戦争や経済で滅びるものではありません。道義の欠落によって滅びるのです。倫理文化講演会で岐阜出身の武藤元通産大臣は「政治や行政ではなく、一人ひとりの働きによってしか国は変えられない。」と述べられたことが印象に残っている。ゆとり教育が失敗しても国は責任とってくれません。今こそ家族の絆を強くしていかなければなリません。通り魔事件やひき逃げ事件等様々の事件の原因は家庭にあります。金融危機であろうと、家族の絆がしっかりしていれば大丈夫です。戦後の貧しい日本の母は子育てが世界一上手でした。現在の母親は八割が子が憎いと思っているという。世界一の母に育てられた子が母親になって、子育てがうまく出来ていない。親にして貰ったことの心構えが不足しているからです。貧しい時の育ったマイナスイメージだけが残っているから、その反動で、物を与えて育てた子は、愛情の感情が偏ってしまっている。
f0032780_1815832.jpg
本来の家庭は神殿であるべきで、美しい家庭をつくることです。朝は心が澄んでいるから、教育は朝が良い。夜は空気が淀んでいるのでマイナスのことしか浮かんできません。良いと思ったことは、理屈抜きに今に行動することです。育って来た時の誤った思い気づいて、親の自覚をして家族の絆を強めることです。夫婦の絆を強くすれば日本は大丈夫です。それを隣人にお知らせ下さい。倫理の学ぶ人が増やしましょう。
[PR]
by krinrig | 2008-12-11 18:03 | おはよう倫理塾

子育てホッとセミナー「子育てをハッピーに!」

f0032780_17435530.jpg

055.gif問い合せはrinrigifu@yahoo.co.jp
[PR]
by krinrig | 2008-12-06 17:44 | 子育て支援活動