<   2008年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「わかあゆ」増刊号発刊中!

f0032780_1322188.jpg
034.gif画面をクイックすると拡大します。
[PR]
by krinrig | 2008-03-31 18:53 | 広報活動

花見

024.gif3月30日(日)桜も満開の各務原の境川に、おはよう倫理塾の後、加納支部と柳ケ瀬支部でそれぞれに、おにぎり、ドーナツ、煮物、果物、コーヒーなど、盛りたくさんの料理を食べながら、桜の下で楽しくお花見していると、散歩の人達もうらやましがられるほどでした。
家庭倫理講演会で、実践報告をされる、大野ヒサ子さんに、励ましのエールを、みんなでおくりました。
f0032780_12235680.jpg

[PR]
by krinrig | 2008-03-30 12:22 | おはよう倫理塾

しきなみ短歌長良支苑200回・徹明支苑50回記念式典

027.gif倫理運動で岐阜市にも、文化部の活動に灯が点ったのは、岐阜支所として活動を拡大し始めた同時期の平成3年でした。この度、しきなみ短歌長良支苑200回、徹明支苑50回の記念式典と歌会を3月23日、岐阜倫理会館で開催しました。
f0032780_9225778.jpg長良支苑設立当時の発起人、篠田隆夫様が当時の心境を含めての16年間の長きの経過報告。全国にさきがけて、岐阜から始まった子ども短歌コンクールなど文化活動の素晴らしさと、永年にわたる努力により支苑活動がますます盛会になっていることに心より喜んでいると、現在5000首を集める日本一のしきなみ短歌会は世界一でもある。
f0032780_9235576.jpg倫理運動もいづれは日本一になって行くと、岡田進文化部主席は挨拶の中で述べられました。深谷長子担当短歌講師・鈴木美智子担当短歌講師からもお祝いの言葉を頂き、長年担当して頂いた水野つや子元長良支苑担当短歌講師にも参加頂けました。
f0032780_924459.jpg記念歌会では参加者25名の素晴らしい個性ある短歌、講評して頂き高点歌八首が発表されました。総評で岡田主席は短歌上達の秘訣として(1)しきなみ上位作品をよく読むこと(2)下手でも感動を素直に出して沢山作ること(3)即かず離れずやめないで続けること、と述べられた。
f0032780_925273.jpg
その後、食事会を開き、それぞれ短歌への思いを語り合い、親睦を深めた。
045.gifこれを記念した会員の歌集「篝火第四集」が発刊しました。問合せは、古山洋子文化活動委員長か各チーフへ。
f0032780_9255693.jpg

[PR]
by krinrig | 2008-03-24 09:26 | 文化活動

シルバー・リフレシュツアー

023.gif3月11日は四月を思わせるような晴天にに恵まれ、ジルバー・リフレシュツアーは開催。一行28名は「薬草の里」と知られる、揖斐川町春日のもりもり村リフレッシュ館に向かいました。
f0032780_85760.jpg先ずは伊吹の薬草たっぷりの薬湯で日頃の疲れを癒しました。その後、明るいテラスで薬膳会席を頂きました。それぞれ素敵な器に盛り付けられ「ワァー、きれい!!」と感嘆の声。次々と運ばれる御馳走に日頃のグルメ通の皆さんも「美味しい!美味しい!」と大満足。
f0032780_855586.jpg料理長から食材の調達とか、調理法などを丁寧に説明があり、この会席に72種の食材が使ってあることには驚きました。目で楽しみ、下で味わい、至福のひと時でした。
f0032780_862883.jpgその後、各々畳の部屋で休んだり、カラオケで日頃の喉を競ったり、Sさんの艶やかなダンスも飛び出し、充実の一日でした。
058.gifシルバーの皆さん、増々お健やかにお過ごし下さい。
[PR]
by krinrig | 2008-03-18 08:15 | シルバー活動

『実践のヒント』発刊しました!

f0032780_9405143.jpg

[PR]
by krinrig | 2008-03-15 09:40 | 広報活動

朝焼けの清掃活動

009.gif家庭倫理の会岐阜市、3月の一斉清掃は35名参加して9日に朝6時から行ないました。
f0032780_9511378.jpg
金公園に集合し”清掃の心得”を斉唱し各々分散し、朝焼けで明るくなり始めた街影を背景に清掃活動をしました。
f0032780_952451.jpg
寒さも少しゆるみましたが、まだ冷たい指先を動かしてのゴミ拾い、行き交う人に”おはようございます”の挨拶を交わして爽やかな気分になりました。
f0032780_9523143.jpg
039.gif
[PR]
by krinrig | 2008-03-10 09:49 | 地域交流支援活動

苦難感

056.gif啓蟄を迎えても早朝の気温は0℃を指していた、3月6日「おはよう倫理塾」は細畑会場に鈴江章主席を講師に迎えました。参加者41名。
f0032780_16561214.jpg
倫理研究所は沙漠緑化事業として中国内モンゴル自治区クブチ沙漠に緑化隊を派遣して10年になります。植林は26万本になる。今回隊長として参加する、5月の緑化隊は中国の学生も一緒に参加してくれるので日中友好にもなるので楽しみです。「沙漠緑化によって、黄砂がの飛来が少なくなれば海洋汚染も阻止することができ、食糧危機も救えることになり、中国への恩返しにもなる。」遠山正瑛氏は生前に言っておられた。
f0032780_1657960.jpg018.gif倫理は実践が重要でありますが、自分のことしか考えない実践は心のあり方が問題です。純粋倫理の特徴に「苦難感」があります(14-1)。苦難の原因を追求して行くとアレが悪いとかコレが悪いとか責任転換しがちである。また、倫理を学びながら苦難が起きて来るのはおかしいと思うのは間違いであります。苦難があってこそ、生きている充実感を味わえるのであり、身に現れて来ると、刻々と生の喜びが感じられるてくるのです(157-5)。ですから、苦難の原因を有りのまま見る。しきなみ短歌を詠むのは、有りのまま見る学びなのです(41-6)。そうすることで苦難の意味がわかって来る(100-2)。苦難には意味がある。苦難そのものが善であり美である。苦難によって、他からどのようにして貰いたいかではなく、自分がどうしたいかハッキリすることによって開けて来る(序-1)。心で思うことと、行動と、言葉がひとつになることです。
             【( )内は「万人幸福の栞」参照頁と行目です。】
[PR]
by krinrig | 2008-03-06 16:59 | おはよう倫理塾

第5講純粋倫理学習会

059.gif第5講純粋倫理学習会が3月5日の夜と6日午前に鈴江章主席を講師に、岐阜倫理会館で開催され52名参加。今年度は5講で終了しますが、全講受講された28名に修了証書が発行されました。来年度もご期待下さい。
f0032780_9114859.jpg前回までの復習では、(1)霊(タマシイ)の教育。理屈では教えられない感化教育であり、宗教教育の必要性があるが、その教え方が具体的にわからないから、学校での教育から遠のいてきた。ですから家庭でこそ霊(タマシイ)の教育が必要である現代。(2)墓参の意義。何のために墓参をするのか。お願い事ばかりではなく、過去とのつながり深めることにより、護られるべくして護られる。(3)信仰心を深める。宗教にも各々有り、倫理は一宗一派に偏らないのは、排他的にならないようにするためです。正しいい宗教か見極めるには、宗教のトップリーダーがどれだけ物欲から離れているかである。信仰心を高めることにより、こころの余裕が出てくるもので、他に対して優しくできる。(4)元点に帰る。元点を知ることで今がわかる。何の為に生きていくのか。節目の記念日などで過去を感謝して顧みることで未来がみえて来る。
f0032780_912372.jpgそして、第5講「自然現象に対する心構え」〜天候気候の倫理〜。地球の温暖化も異常気象も、地球がバランスを保とうとして起きている現象であります。しかし人類は、幸福と不幸の根本が人の自然現象に対する心の持ち方や行いの仕方であることが知らなかった。人類の好き勝手なことをしてきた。自然現象こそ天与のものであるゆえに、どうすることも出来ないもの。それに対する心得は、畏敬・賛美し感謝することです。ここに重大な倫理があり、どうすることも出来ないものを嫌うと、体を悪くする。自分を中心に家族⇒家系・血縁⇒地域⇒国・民族⇒アジア・世界⇒地球・自然現象へと、全てがひとつながりであるこで、今年度の純粋倫理学習会でこれまで学んできたことの意義がわかります。大きく変わらなければいけない時代に、私達はチャンスをいただきました。喜んで、ありがとうございますと感謝して実践していき、今年度の最後の頃には、みんなが明るくなれるようにして行きましょう。
と、結ばれた。
[PR]
by krinrig | 2008-03-06 09:14 | よくする活動