<   2007年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

田形局長の「おはよう倫理塾」

f0032780_1824348.jpg11月19日、平成20年度になって初めて田形健一生涯局局長を迎え「合同おはよう倫理塾」が朝5時から岐阜倫理会館で開催。平成20年度の基本方針は、連帯の輪を拡げることです。内に向けては家庭倫理の会での連帯、外に向けては倫理を学ぶ連帯の輪を拡げることです。倫理研究所発刊の月刊誌「新世」に毎号掲載されている、丸山俊秋理事長の“新世言”は是非読んで欲しい。10月号の“新世言”に取り上げられた、向田邦子さんの、言葉のおしゃれのお話しでは、言葉は人を救うこともあり、落とし込むこともあるので、言葉ひとつでも相手を思いやる言葉が大切である。また、叱られて良くなる人と、叱られてダメになる人がいる。叱られ反発して怒る人。叱られてシブシブの人。叱られて真意に聞いて、ごめんなさいと言える人。あなたはいかがですか。相手の期待に応えられるようにする素直さが和やかさを生む。顔の形は変えれないが、表情は変えられます。
心の持ち方が言葉や表情に出る。物事に心をこめる。“笑い”は副作用のない良薬です。2時間笑って癌が消えた実例もある。笑うから良くなるのです。
最後に参加者が、ワッハッハと笑う練習をしました。そうすると自然に笑顔が出るようになりました。
[PR]
by krinrig | 2007-11-19 18:26 | おはよう倫理塾