<   2007年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「第4回子ども短歌まつり」開催!


f0032780_16333175.jpg7月22日前日までの雨も止み、「第4回ぎふ子ども短歌まつり」を県民文化ホール 未来会館 6階セレモニーホールで開催。
f0032780_1634457.jpg元祖、子ども短歌コンンクールも、4回目を迎えた「ぎふ子ども短歌コンクール」の表彰式は、岐阜市と近郊の小学生から集まった1,263首(今回から一人一首に限定)から、各賞が発表され、賞状と記念メダルを授与されました。会場には秋津書道会の協力で全入選入賞作品が会場に張り出されました。
f0032780_16354798.jpgそれぞれ各賞が授与されました。
f0032780_1637989.jpg
岐阜市長賞を安藤征治教育長から授与された、三里小二年 藤江 七帆さんは、お母さんが大根の煮物を作っている時に思ったことを詠んだ歌だそうです。岡田進文化部主席は「ぐつぐつとにおいにさそわれ・・・」で美味しさと幸せそうな家族を感じさせてくれる素晴らしい歌です。との講評でした。教育長賞の短歌を「森のくまさん」と「ドレミの歌」のメロディーに乗せてみんなで歌ってみることも出来、古い歴史のある短歌に親しみを持つことができました。
f0032780_1639150.jpg授賞式の後、岐阜少年少女合唱団の美しい歌声と
f0032780_16394655.jpg早田太鼓のお腹に響く太鼓の迫力を楽しむことができました。

【受賞短歌】(敬語略)
《岐阜市長賞》お母さんがりょうりをつくるぐつぐつとにおいにさそわれうれしいわたし  三里小二年 藤江七帆
《岐阜市教育長賞》ペアそうじ一年生にしっかりと覚えてもらい学校ピカピカ 岐南町立北小六年 妹尾真由佳
金華の子マイムマイムで手をつなぎあっというまに友達できたよ京町小五年 浅野 夏海
《岐阜新聞・岐阜放送賞》家からもでているゴミがよごしてる川や湖鳥たちの家 白山小六年 高橋祐子
バスの中立っている人に席ゆずる友達はみな心の先輩柳津小六年 橋本あおい
《円徳寺・信長賞》キャンプファイヤー歌を歌って火を強くするみんなの心ももえろよもえろ 徹明小五年 山本 拓海
ついでやるおやじの仕事ついでやるその前にやる高校受験 城西小六年 高橋諒至
《円徳寺・濃姫賞》日曜日家族みんなで夕食だやっぱりいいな四人そろうと 木之本小六年 篠田千暁
プレゼントあげた母が「ありがとう」声聞く私がうれしくなって 加納小六年 小倉悠花
《きらめき賞》
校庭にすずかけの木が立っている楽しく遊ぶ声聞きながら厚見小六年 岡村季実
冬なのに太陽サンサンもうあつい地球温暖化進んだのかな金華小六年 三神栄達
ともだちは新友となり親友にやがていつかは心友となる常磐小六年 新里未沙子
ドッジボール一生けん命がんばって流れる汗がキラキラ光る中川小六年 小林愛子
朝そうじ通る人のあいさつが私のやる気をどんどんだす明徳小六年 浅野好香
パパいつもだいがくびょういんいってるねみんなのびょうきをなおしてあげてね  岩野田北小一年 三好駿斗
田んぼへと家族みんなで苗はこび作業のあいだにカエルたわむる柳津小六年 鷲見実里
夏間近プールで水着を着てみたら小さくなってた成長したな芥見小六年 新川智美
「おはよう」と毎朝ひびく教室に4年1組みんな友だち加納小四年 曽根未宇
くらやみのほたるの光りきれいだなぼくの気持ちもあかるくなるよ梅原小六年 三浦悠暉
ホームランさけんでみたが内野ゴロ今度は打つぞと心に決める松枝小六年 中村瑞希
      以下の入選作品は rinrigifu@yahoo.co.jp へお問い合わせ下さい。
[PR]
by krinrig | 2007-07-23 17:02 | 「家庭倫理の会」岐阜市の活動

第47回こども倫理塾[紙粘土で作ってみよう!やってみよう!]

f0032780_11131335.jpg紙粘土で作ってみよう!やってみよう!
心配された台風も通り過ぎ7月15日(日)10時から岐阜円徳寺で、こども倫理塾開催。今回は林英子講師にご指導頂いて、紙粘土を使っての少し早い夏休みの作品作りをしました。先生から、紙粘土の扱い方の説明を受け、各自思い描いて来たものを、紙粘土と空きビン等を工夫して作って行きます。子ども達のかわいい手から、豚さん、アンパンマン、怪獣、縄文時代の花びん等、持ち寄った、アクセサリー、貝殻、ビー玉、ビーズ等をつけたり、ロープを押し付けて模様を作ってみたりと、とても楽しくできました。粘土を乾かして、色塗り完成です。
f0032780_11151236.jpgいつも「こども倫理塾」を開催して感じることですが、みんな一所懸命取り組んでくれてアッという間に時間が経ってしまいます。この素晴らしい笑顔に出会えて本当に良かったと思いました。22名の参加でした。ありがとうございます。(北岡恵子)
[PR]
by krinrig | 2007-07-18 11:17 | こども倫理塾

池間哲郎氏講演会

f0032780_834693.jpg
アジアの恵まれない子供たちを支援しているアジアチャイルドサポートの代表者、池間哲郎氏を迎え「日本人こそアジアの子どもたちから学んで欲しい」をテーマに岐阜県倫理法人会主催・岐阜県教育委員会 岐阜新聞 岐阜放送後援・家庭倫理の会協力により、7月8日岐阜市文化センターで開催されました。
f0032780_8344583.jpgミャンマー・タイ・カンボジア・モンゴルなど貧困と餓えの中でゴミ捨て場生活する子、ストリートチルドレン、マンホールでの生活など、豊かな日本では考えられない生活をしている子どもたちの夢は、大人になるまで生きること、腹一杯食べること、一日一食の食事にありつけない子どもは抵抗力もなく亡くなっていくことが多く三人に一人の割合でしか生き延びていかない。3秒に一人、一日4万人の子どもたちが亡くなっているのが現状です。そんな子どもたちに支援活動をして感じることは、そんな環境でも懸命に生きようとする子どもたちから学んでい欲しいことは、「最も大切なボランティアは自分自身が一生懸命に生きること」。
厳しい現実を知り、池間哲郎氏の訴えからこれからの生き方を考えさせられました。
先着2名様に池間哲郎氏講演会内容の小冊子を差し上げます。rinrigifu@yahoo.co.jpへ。
[PR]
by krinrig | 2007-07-10 08:35 | よくする活動

7月の「合同おはよう倫理塾」

f0032780_1855540.jpg7月7日平尾勝次席を岐阜倫理会館に迎え、「合同おはよう倫理塾」を開催。9月に迎える新年度は『創生』3年目に入ります。ここで「朝の集い」が新しく「おはよう倫理塾」に変わった点と違いをハッキリ理解しておきましょう。「朝の集い」は各地域の活動拠点としたところがありました。「おはよう倫理塾」は家庭倫理の会が主催する、倫理を学び、確認し、実践の場なのです。参加は、会員であることが前提で、それぞれの参加者が実践を高めて行く場であることが大前提です。倫理はスナオになる勉強です「おはよう倫理塾」で実践力つけましょう。と、平尾次席は力強く述べられた。
必ず変わります。あなたも是非、参加してみて下さい。
[PR]
by krinrig | 2007-07-08 18:54 | おはよう倫理塾

子ども短歌まつり

f0032780_18365564.jpg
 4回目を迎える「ぎふ子ども短歌コンクール」に、皆さんの協力により岐阜市内及び近郊の小学校21校から1,263首(今回は一人一首に限定)の応募がありました。
 今回はしきなみ短歌会から、京町小学校・金華小学校・明徳小学校の授業に短歌指導で参加し、子どもたちが楽しく喜んで短歌を作ってくれました。
 7月22日「ぎふ子ども短歌まつり」の表彰式に向けて、ただいま選考が進んでおります。
楽しみにお待ちください。
[PR]
by krinrig | 2007-07-01 18:36 | プチ情報