<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

青年倫理塾岐阜主催『ソフトバレーボール大会』

 3月25日大垣市北部体育館にて、岐阜エリア青年倫理塾主催の「ソフトバレー大会」開催。
 児童・青年・熟年まで7チームに別れて対戦。参加者31名は日ごろの運動不足で、ボールの動きに反応できなかったりして、笑ったり、励ましあったり。それでも、時にはファインプレーも飛び出し、おもいっきり身体を動かし、ここちよい緊張感の中で汗をかくことができました。
f0032780_932989.jpg

[PR]
by krinrig | 2007-03-27 09:32 | 青年倫理塾

男性モーニングセミナー

3月25日岐阜倫理会会館にて、岐阜エリアを対象に男性モーニングセミナーを開催。参加者60名。講話は、テーマ「信頼される男の条件」〜魅力ある男(夫・父親)とは〜で中川保講師。
f0032780_16572233.jpg
世の中は痛ましい事件が様々な形で起きて来ているし、政治家の不信な行動も問題である。そんな中でも若きヒーローがスポーツで活躍するなか大人社会の男は弱っているように感じる現代、大人の男性がどうあるべきか。
物の法則には「物理」があり、人と人の間の法則には「倫理」があり、男(夫・父親)の在り方は、まず、夫婦が互いに慈しみあい仲良くすることであり、夫婦円満の秘訣は、(イ)相手の欠点を直そうと思わないこと。自分が改める。(ロ)対立したら勇気を持って自分から引き下がる。(ハ)自分が悪いと気づいたらすぐ謝る実行。(ニ)夫婦のためを思う。
現代の父親に求められるものは、楽しい家族の共通の思い出をつくること。また、家庭の教育機能の喪失しているのは、家の中心がはっきりしない、父親存在の家族が増えてきている。父親が躾に自信がないから、母親が強くなったと感じる。馬鹿にされる父親は子供に不信感があり、妻も馬鹿にする。それを奪回して行くには、リーダーの自覚を持ち、人はどうあるべきかを伝える。子供の手本となる働きをし、強く逞しく堂々として積極的に働く。仕事を通して社会に貢献する。親先祖を大切にする。
父親の役割は、中心者としての自覚道義として、明るさ(明朗)・優しさ(愛和)・奉仕の働き(喜働)を大切にし、仕事だけでなく家庭も大切にするよう努める。
愛和の家庭にするには、感謝し優しい言葉掛けをすること。仕事は天職として生きる。純粋に一途に働く、やりすぎはない、一気に前進するだけである。
過去と他人は変えられないが、自分と未来は変えられる。運命は自分の力で変わっていくものである。自分のなりたい人になれる。運命を変え、自分を変える。苦難を恐れず目の前のことに一貫して善処する。努力がすべてであり、心が変わり、行動が変わり、習慣が変わり、運命が変わり、人生が変わる。
(1)生命力を強くする⇒生命の元(親先祖)を大切にする。(2)天職にもえる⇒喜んで働く。(3)夫婦仲良く⇒妻を大切に。(4)万象肯定⇒一切これがよい。
「男は、仕事に惚れ、妻に惚れ、故郷に惚れる、三惚れで人生を歩め」
f0032780_16575522.jpg
セミナーの後は女性部に作って頂いた、心のこもったおにぎりと豚汁を美味しく頂きました。ありがとうございます。
[PR]
by krinrig | 2007-03-26 17:09 | よくする活動

第43回「こども倫理塾」は習字!

3月18日(日)第43回「こども倫理塾」は鈴木美智子秋津書道講師の指導で習字を円徳寺で行いました。参加者9名。
習字を書くことを書道ともいい、書く時の姿勢はまず、頭の上からひもにぶら下がっているように背筋を伸ばしあごを引き複式呼吸をします。そのように書道は静かな気持ちで心を落ち着けて机に向かう。そして、書かせて頂く筆には、「お願いします」とあいさつをしてからはじめましょう。と冒頭に教えて頂きましたので、どの子も普段の行動とは違って、心を落ち着かせ静かに集中して筆運びの基礎4枚書くことが出来ました。最後にそれぞれに自分の好きな文字をのびのびと書きました。感謝を込めて後始末もみんなでしっかり出来ました。
f0032780_943087.jpg

次回は第44回「自然と遊ぼう!」4月15日(日)10:00~11:30
集合場所:せいらん会館前
持ち物:リュック・ハンカチ・ティシュ・帽子・水彩セット・ゴミ袋
(雨天の場合は円徳寺でミニゲームをします)
川から流れてくる石ころは、どんなカタチをしているだろう〜。
◯かな?□かな?△かな?
どんな発想で君なら絵が描けるかな。今日から君は芸術家。
親子の参加はもちろん、かわいいお孫さんと楽しい時間を過ごしませんか?
問合せは、北岡恵子まで。
f0032780_11374584.jpg

[PR]
by krinrig | 2007-03-23 09:06 | こども倫理塾

胎内の自分

3月7日、金華山会場の「おはよう倫理塾」平尾勝主事の講話の主な内容。
f0032780_16303185.jpg 母親の胎内にいるとき、子どもは両親しか知らないことをまるでそばにいたかのように克明に覚えているものである。4・5歳の子どもが、行っても、見てもいない出来事や景色を「あそこのあの景色、すごく綺麗だったね。」と話すことがあります。それは、お母さんのお腹の中で感じ取っていたのだそうです。
 また、乳児のときに捨てられ、施設で育った親の顔も知らず、親を恨んでいた人がいました。純粋倫理と出会い、『万人幸福の栞』にはすばらしいことが書かれているが、どうしても十三条『反始慎終』にあります、「最も大切な、わが命の根元は、両親である。・・・・・。」「ほんとうに、父を敬し、母を愛する、純情の子でなければ、世に残るような大業をなし遂げる事はできない。いや世の常のことでも、親を大切にせぬような子は、何一つ満足にはできない。」等が受け入れられず、嫌いであった。ある時、担当の研究員から、親のことを思い出してくださいと何度も言われた。数ヵ月後夢の中に女性が現れ「ごめんなさい」と言われた。またその数日後男性が現れた。親の顔も知らないのに不思議に思っていたが、後日両親だと知る。
 誰でも両親のことは記憶に残っているもので、思い出せないだけである。脳の何処かに残されているものである。             (記:西田高啓)
[PR]
by krinrig | 2007-03-17 16:31 | おはよう倫理塾

「子育てセミナー」好評!

3月7日(水) 岐南町自主講座『エンジョイママの部屋』に平尾勝主事を迎え、子育てセミナーを開催。18名の参加(幼児は除く)とスタッフ8名。
f0032780_1623989.jpg
いつになく、とても暖かい良い気候の中、参加者も晴れ渡った気持ちで受講することが出来ました。
講話の中で印象に残ったのは、母親自身が楽しんで子育てすることが大切と言うことでした。子どもに“安心・安全”を与えるには、自分自身がその状態にあることが一番なんだと言うこと。そうなるには、自分が育った環境(親子関係)を振り返ることも一つの方法です。と、述べられました。
テストで0点を取った子が、お母さんに正直にその解答用紙を見せたら、そのお母さんは0を100に変えて、花マルも書いて渡しました。理由は「正直に見せてくれたから。」で、その後その子どもは東大に入ったそうです。受験勉強の間もそのお母さんは、息子が徹夜をしていても気張って自分も徹夜するということはなく、自分(母親)のペースで喜んで生活をしていたという事です。自分は自分、子どもは子どもという“信頼感”も大事なんだなあと思いました。
参加者の感想は、「こういう講座に参加することにより、育児に対してモヤモヤした感じから、方向性が見えて少しずつ子育てに自信がつくようです」
90分の講座も短く感じるほどで好評につき、またこんな機会を再度作って行きたいと講師からも希望が出て、参加した私たちも是非是非機会を作っていただきたいと思いました。ありがとうございます。(記:片桐貴子)
[PR]
by krinrig | 2007-03-15 08:26 | 子育て支援活動

沙漠緑化隊員を募集します。

f0032780_9345154.jpg
1985年から日中倫理交流が始まり、1999年には、中国内蒙古自治区クブチ沙漠で「地球倫理の森」創成の第一歩を踏み出されました。今年は8周年記念沙漠緑化隊となります。
これまで総数1,130名の老若男女の皆様の植林により.延々と広がる砂丘だった景色も緑の森へと変貌し、沙漠の沿岸には植えられたはずもない花が咲くまでになりました。いつしか鳥もさえずり、小動物たちの生態系を変えつつあります。
しかし、まだまだ砂丘は限りなく眼前に横たわり、浸食の手を緩めません。植林面積を拡大しない限り沙漠化は止まりません。
私たちが植えるポプラの苗木を栽培するのに3年、障子松の栽培には、5年の歳月を要します。植林には、苗木の栽培から植樹管理、撫育などの作業が必要です。
これらを担当する中国人スタッフ、そしてボランティアによる働きなくしては、「地球倫理の森」も育たないのです。
ひとりの力は小さくても、みんなの力を合わせれば大きな森ができます。広がりつつある不毛の大地に、ぜひあなたの木を植えてください。
f0032780_9352491.jpg
詳しくは「地球倫理の森」事務局(国際部)TEL 03-3264-2251
[PR]
by krinrig | 2007-03-14 09:37 | よくする活動

男性モーニングセミナーを開催します

二回シリーズで「男子モーニングセミナー」を開催します。
f0032780_18455768.jpg
【第1回】3月25日(日)朝7:00~8:30
     岐阜倫理会館
     講師:中川保講師

【第2回】4月15日(日)朝7:00~8:30
     岐阜倫理会館
     講師:野村保江講師

会費:無料(朝食付き)

★岐阜県の「家庭倫理の会」が企画した男性のためのセミナー!
男の人生を考える!男性から見た男の魅力、女性から見た男の魅力!!活気ある日々を過ごすため『百言一行にしかず』目覚めとともに起きて参加しよう!!
[PR]
by krinrig | 2007-03-03 19:05 | プチ情報

第20回地球倫理フォーラムに村上教授と丸山理事長

f0032780_8194928.jpg

2月10日名古屋で開催された第20回地球倫理フォーラムの内容はこちらでご覧になれます。
[PR]
by krinrig | 2007-03-02 08:24 | プチ情報