<   2007年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

「こども倫理塾」1月28日は『もちつき大会』

f0032780_11163173.jpg1月28日岐阜倫理会館駐車場で恒例のもちつきを行い67名が参加しました。5アクト、挨拶、注意事項のあと、3テーブルにわかれてあずき・きなこ・おろし納豆の餅の粉を準備。そして、順番にみんなで一所懸命餅つきをしました。思い通りに杵を降れない子や上手な子、それぞれに応援しながらの楽しく餅つきを体験。その後、食事のあいさつをして、自分たちで憑いてそれぞれの具をつけてそれは、それはおいしく頂きました。トン汁も実行委員の皆さんにつくっていただきおかわりもしました。
食べた後は大城さんのアコーデオンに合わせていろんな歌をうたってたのしみました。
f0032780_11173947.jpg
f0032780_11181659.jpg
f0032780_11184955.jpgf0032780_1119408.jpg
[PR]
by krinrig | 2007-01-31 16:34 | こども倫理塾

富士高原研修所(富士研)で学んできました。

1月19日〜21日、平成19年度第17組 清らかに喜びと感動、決意を新たに「家庭倫理の会岐阜市」から富士研で学んでこられた方の受講感想です。(順序不同)
f0032780_8531071.jpg

◆天和の里(生命の源流)の学びが一番心に残り、丸山敏雄少年の幼日の話し聞くことによってより身近に丸山敏雄先生を感じることができました。また、奇跡とも思えるような、大きな力が動いて生家復元が成ったのだと思えました。次回はバス一台の人数で燃える会員を増やそうと決意を新たにしました。【高島晴美】
◆相談士養成講座を受講しました。実習が多く戸惑いもしましたが、身に付いたように思います。話し方、また相手の話しをじっくり聴く(アクティブリスニング)講習など、今までにない学びで新鮮でした。洗面場に掲示してあった「今の自分を好きになり、愛と奉仕の気持ちで他人に接する喜びを拡げるような生き方をしよう」という文句が気に入りそれを実践目標としました。【林宏之】
◆基本Aを受講しました。心を休めに富士研に行けたことに感謝。「妻の言葉をスナオに受け、常に明るい心と笑顔で妻と向き合います。」と決意発表をしました。自分を変えて行きます。年に一回は富士研に帰ることを心に誓いました。【神谷栄二】
◆富士研受講に参加して”いのちの遡源”の実習で両親の想いに感謝することができました。二泊三日のスケジュールはとてもゆったりとして良かったです。また、「心の談話」でグループごとに別れて話し合ったことが良かったです。【石原直子】
◆新しくなった富士研に思い切って初めて参加させて頂き、とても良かったです。受講の中のひとつ〈祖霊迎拝の倫理〉で正しい方法を学び、これから実践できることに、とても嬉しく思いました。【水野八重子】
◆プラスの言葉とマイナスの言葉の違いを実際に身体で体験できて、いかにプラス言葉が大切かがわかった。最終日には富士山が裾野から頂上まですっきり見えたことに感動した。【松浦秀子】f0032780_1094680.jpg◆初めて参加させて頂きました。今までの生活を反省する三日間でした。「死を学ぶ」講座では涙が出ました。選択実習では、両方受けられないことが残念でしたので、また富士研に行きたいです。今日から、いや今からスマイル!スマイル!で家庭を明るくします。【後藤千鶴子】
◆気持ちのリフレッシュのために、また日々の疲れを癒すために、寸前になって思い切って参加することにしました。思い切って参加して本当に良かったです。「選択講座」で〈心の談話〉を選びました。今まで4・5回参加していますが、今回が一番丁寧にわかりやすく教えて頂けました。幸せを感じました。素直になって実戦あるのみ。交通手段も多和田さんと神谷さんの二台の車に分乗して行くことができ、ありがとうございました。【沢田広子】
◆毎年ご縁を頂けることに感謝しています。八剣支部からは三名で参加できたこともにも感謝します。近い将来、娘と一緒に参加します。良かったところは一杯ありますので、皆さんが実際に参加して自分の目で確かめ、つかみ取って来て下さい。ありがとうございました。【堀場秀子】
◆参加人数が少なく、急遽、自家用車で行くことになり、ドライバーをしました。講義中に寝てても良いか?!!なんて思いながらの参加でしたが、途中ウトッとするようなことは数回だけで、起きていなきゃもったいない!講義ばかりでした。人生を送るとき、同じ人生、プラスで送るか、自他の働きで送るか、ニコニコ送るか、は自分次第。私は前記の人生を送りたいです。一生勉強、一生実践、一生前進!!ありがとうございました。【多和田美幸】
◆三年ぶりの富士研受講で家族の理解があり、行かせて頂けたことにまず喜びと感謝です。講座では倫理の基本を多く学び、その中で、自分の周りの多くは我がものではなく、預かりものである。だから全てに感謝し尊敬し、喜びを持って生きていく大切さを教えられました。今回は時間にゆとりがあり、講座に集中して受けることができ、心境を高めることができ、これからは人様の幸せを願い伝えることを決意して来ました。【井上なほみ】
◆富士研は、いつもながら先生方のあたたかい出迎えを受けました。今回は「万人幸福の栞」を中心に学び、1条〜12条は自利(自分のため)。14条〜16条自他(他のため)。17条は原理と学びました。13条は自利自他の中間で恩に関して学びました。人は常にほめられ誤解されて生きて行く。そして感動という真実にふれていく等、学びました。とても内容の濃い講習でした。【粟野知子】
f0032780_10104069.jpg

おかげさまで、全員無事で元気に帰ってくることができました。
神谷栄二様・多和田美幸様、お車の提供と往復の運転、ありがとうございました。
[PR]
by krinrig | 2007-01-22 10:20 | 活動の3本柱

「第2回食育セミナー」も大好評開催!!

好評でした「第1回食育セミナー」に続き、第2回「食育セミナー」は前回より参加者増員。1月12日(金)10時より前回と同様、社団法人倫理研究所研究員 平尾 勝 主事を講師にお迎えして県民文化ホール未来会館にて参加者21名、他にスタッフ・育児ボランティア15名の多大なる手助けの下、開催されました。
前回のセミナーの「共食、共感」の大切さに続いて、今回は「食環境と人生の課題」「食による環境改善」について 講義を受けました。 
f0032780_16502285.jpg
【役割と性格】人は、家庭の中の役割・会社の中の役割・学校の中の役割等、立場、状況、責任によって同じ人間が違った役割を演じています。皆さんには、どんな役割があるのでしょうか?少し考えてみてください。どうですか、いろいろな役割がありますよね。妻、お嫁さん、お母さん、娘・・人は、集団の中の自分の立場や役割を自覚することにより他者の立場を理解し 良好な人間関係を作ろうとします。またその対応には、性格が関わりそしてその性格も生活環境と深く関係して生まれてきます。
本来、性格は生後いろいろな経験を重ねることによって作られていきます。それに対してもともと持って生まれたものを気質と呼びます。これを変えることは、出来ません。でも性格は、成長過程における環境の影響を受けていますが、その反面変えることも可能です。
人の癖についてビデオを大変興味深く見ました。
Tシャツの着方から 隠れマザコンの発見が・・・
携帯の持ち手であなたの性格が・・・
他に玄関で座って靴をはく人、ストローの端をかむ人、いろいろな癖があります。そこからまだまだ大人になりきれない姿を知ることができます。ほとんど無意識に行っていますが、でもそれも自分で気づくことにより直す事が出来ます。それが大事です。
子どもの癖は、母親の癖をまねていることが多いようです。だから母親が気づいて直していけば直ります。良く考えると怖いですね。
f0032780_16424067.jpg【食卓】安心・安全の場であり家族が和む場所として子どもが自覚できるように導いてください。
良い共食をするためには、どんな状況にはどんな対応をすればいいかを親が怒る前に見本を見せることです。こどもは知らないだけなんです。良い共食、共感をすれば心の安定を保ち、心豊かになります。
 平尾講師の経験で、昔 怖〜いお父さんがクリスマスのイベントの食卓の上に こともあろうことか シャンペンの栓を飛ばして・・・悲惨な状況を作ったそうです。その時のお父さんは、いつものお父さんとは、違っていて反対にいい体験だったようです。それから父親の見方が変わったそうです。(そうですこれを書いてる私も怖い父親の失敗場面を目のあたりにし親近感を覚えたような経験があります。そんな場面のほうが覚えてる)みなさんにもそんな体験がありませんか?
食事の内容の良し悪しではなく、にこやかな笑顔が一番です。
生活環境を今一度振り返ってみましょう。
食という字は、人が良くなると書きます。
10年−20年後 楽しかったなーと思える食卓をぜひ作って下さい。
と述べられました。〈記:高橋貴子〉
=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
次回は2月7日(水)AM10:00〜12:00
場所:県民文化ホール未来会館  5階 
 ハイビジョン会議室      
講師:社団法人 倫理研究所  平尾 勝 研究員
参加費:各回500円  定員30名 
 ※事前申し込みが必要です。
対象:小学生までのお子さんをお持ちの保護者。
次回は3回シリーズの最終回です。
★お問い合わせは rinrigifu@yahoo.co.jp
[PR]
by krinrig | 2007-01-16 16:41 | 子育て支援活動

文化部で合同新年会

「家庭倫理の会岐阜市」文化部では1月14日細畑公民館いて徹明支苑と長良支苑合同に新年会を深谷長子講師と水野つや子講師を招き開催。参加者32名。
新年会に先立って午前9時半より、合同の「しきなみ短歌」歌会を行いました。いつもより大勢の参加。高点歌は〈孫三月我の歌いしこもりうた笑みてうとうとと眠りに入いる〉(立川悦子)。〈さ庭辺の白きさざんか咲き満ちし時々めじろは花をゆらせり〉(若原邦子)。〈「ないしょだよママに赤ちゃんできたって」孫のかえでは笑顔で話す〉(中原喜代子)。以下7点を選出。それぞれ個性のある歌がそろいました。普段交流のない会員と顔合わせで楽しく歌会を開くことができました。
その後、新年会で水野つや子講師は「皆さんの顔を見るのを楽しみに来ました。今後も続けて下さい。」深谷長子講師は「短歌も書道もやっていると、いつまでもボケないことは確かです。楽しくやって行きましょう。」とあいさつ。食事をしながら親睦を深め、食後にはビンゴゲームをして楽しい新年会になりました。
f0032780_8525218.jpg

午後からも続いて、合同「秋津書道会」を行いました。墨のにおいが漂う中、うまく書けないと言いながらも、のびのびとした筆運びでお互いに作品を見せ合っていました。
f0032780_9225216.jpg

[PR]
by krinrig | 2007-01-15 09:23 | 文化活動

大自然の法則

1月12日金華山会場に平尾勝主事を迎え「おはよう倫理塾」を開催。
創生2年目に入り個人の実践を遵守する時でもあります。f0032780_9949.jpg
私は現在、胎教を通して出産や子育てに活かす研究活動をしています。2・3歳までは母親のお腹の中にいた記憶を持って生まれて来ていることがわかってきた。妊娠中の胎教時に不安や嫌な思いが強かった人と、おだやかな生活が出来た人では、出産が違い、生まれてからの子どもの性格も違ってくることがわかって来た。それらの研究をこれからの出産や子育てに役立てていただきたい。創始者丸山敏雄は「無痛安産の書」で既に記していますので、参考にして下さい。
「万人幸福の栞」の17条〈人生神劇〉には難解な部分も多いし、「神」と表現されているので、敬遠する方もおられる。ここで述べられている「神」一神教で現す崇め拝む「神」を示すものではなく、『大自然の法則』のことである。人生は、それぞれの立場や時代背景で違ってくるものであるが、根底に『自然の法則』は明朗でなくてはならないように、義務感だけで行動していてうまく行かないのは当たり前である。それぞれの立場で『大自然の法則』を活用して欲しい。純粋倫理の学びと実践には、年齢や学び期間の長さには関係ありません。もう年だからとか、もう終わりだからと言わないで下さい。やれることはあります。大輪を咲かせて下さい。倫理に卒業は有り得ません。
f0032780_9103196.jpg世の中思わぬ変な事件が多発しています。元はと言えば、それには「自分さえよければ・・」という考え方が浸透してしまっているからです。こういう世の中だからこそ倫理実践を充実して行かなければなりません。
時には自分の生まれた年に、何があったか知ることも大切です。(今は、インターネットで簡単に調べられます。)自分の生まれた時代背景がわかって来ると、親の気持ちも解って来る。戦時中だったり、戦後の混乱期だったり、それぞれに遡源をしてみることです。
日本の反対側ブラジルへ倫理活動の応援で行ったとき、現地の日本人二世や三世の方々が日本の倫理運動にとても期待をしておられます。
今必要とされている倫理運動の今後が楽しみです。

このように述べられ、家庭倫理の活動の必要性をヒシヒシと感じました。
[PR]
by krinrig | 2007-01-12 09:13 | おはよう倫理塾

新春!!金華山登山

 f0032780_9583920.jpg前日の天気予報とは裏腹に素晴らしく晴れ上がった、平成19年1月3日。岐阜エリア青年部は金華山登山を開催。早朝5時20分に岩戸公園に青年17名を含む25名が参集。事前の注意事項連絡と準備運動をして5時45分に登山スタート。月明りは登山道までは届かないので懐中電灯で足下を照らしながら登る。途中では夜明け前の岐阜市内の夜景がイルミネーションのように輝いて見え寒さも忘れ、汗ばむほどになってきます。7時前には全員元気よく金華山頂上到着しました。空が明るくなり始め、東の空を望み日の出を待つことしばらく。大きな太陽が昇り始め全員の顔がオレンジに染まり、それぞれに新年にかける誓いを祈ることができました。
f0032780_1051133.jpg

[PR]
by krinrig | 2007-01-04 07:54 | 青年倫理塾

ギンナンの収益を義援金に

「おはよう倫理塾」会場の円徳寺さんの境内に落ちている銀杏を拾い集め、きれいにして会員や知人に販売した収益を「年末助け合い義援金」へ、円徳寺さんの許可を得て北岡恵子さんが届けられたことが、顔写真入りで岐阜新聞の記事に載り、円徳寺の境内でも大きく引き伸し掲示されました。
f0032780_1813693.jpg

[PR]
by krinrig | 2007-01-02 18:11 | 地域交流支援活動

あけましておめでとうございます

f0032780_13141127.jpg

[PR]
by krinrig | 2007-01-01 00:00 | 広報活動