<   2006年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「蘇るこころとからだ」を読んで!

《人は誰でも健康でありたいと願っています。そして、いつまでも元気に過ごすことができれば、それが一番いいに決まっています。世の中には様々な健康法が溢れていますので、それらを賢く選択し、正しく活用しながら、自己管理に努めるなら、ある程度病気は未然に防ぐことがも可能でしょう。しかし、どんなに節制し、健康管理に万全を期しても、百パーセント病気にならないという保証はありません。なぜなら、健康とはからだだけでなく、こころや魂までのレベルを含めて、そのトータルに調和が取れている状態をさすものだからです。》エピローグより
f0032780_8173599.jpg
本を集中して読む事の苦手な私が、一日で一気に読んでしまうことができてしまった感動の本「蘇るこころとからだ」〜病気がくれた贈り物〜。
7つの実例をもとに、病気と対面する本人と周りの家族在り方興味津々。これは現在病気に対面している人と周りの方に読んで欲しいのはもちろん。現在、健康だと思っておられる方にも是非読んで欲しい、感動の書です。
変な言い方ですが、「病気になることに自信がつく」。病気は嫌なもの情けないものと思いがちですが、病気にはとても重要なメッセージがありそれに向けて実践の指針を示したくれる有り難いものであることに気がつくのです。
そのような考え方は今までに誰しも持つことができなかったでしょう。しかし「蘇るこころとからだ」〜病気がくれた贈り物〜には、7つの実例と解説が解りやすく記載されています。
まずご自身が読まれてから、知人へのプレゼントに活用されても喜ばれると思います。
f0032780_8255119.jpg

B6判 242頁 定価¥1,000(税込) 田中範孝著 新世書房発行
購入は各支部事務長へ。またお問い合わせは rinrigifu@yahoo.co.jp
[PR]
by krinrig | 2006-12-28 08:26 | プチ情報

第40回「こども倫理塾」は『クリスマス会』

12月17日(日)10時から円徳寺で「こども倫理塾」クリスマス会を子ども16人大人15人の参加で開催。5アクトを全員で元気よく斉唱。ペットボトルにビー玉を入れ、音楽に合わせて次の人次の人に廻して音楽が止んだところの人は顔にテープを貼って行くゲームを楽しみ、みんなの変な顔に大笑い。
f0032780_17342913.jpg
その後グループに分かれ、会員のお母さんに焼いて頂いた手作りのスポンジケーキに、みんなで協力して生クリームを塗ったり、スポンジケーキの間にフルーツをは挟んだり。トッピングには、いちごやチョコレート等それぞれが持ってきてた具を乗せて美味しそうなケーキの出来上がりです。f0032780_17492149.jpgf0032780_17493726.jpg「食前のあいさつ」の後、自分たちでデコレーションを工夫してできたクリスマスケーキの美味しさは格別です。大人も子どもも満足な顔・かお・・。ご馳走様の「食後のあいさつ」後、みんなで会場のお掃除をして帰りました。
次回は1月28日「もちつき大会」です。たのしみに待っててね!
[PR]
by krinrig | 2006-12-19 17:57 | こども倫理塾

倫理は実践実証がいのち。

f0032780_13122766.jpg12月16日久しぶりに那須隆研究部主任を迎え「合同おはよう倫理塾」を開催。那須主任は倫理研究所の研究局の重要な役割と趣旨をわかりやすくお話しくださいました。「家庭倫理の会」の母体である倫理研究所は、「生涯局」「法人局」「教育部門」「総務局」「研究局」から成っています。研究局は倫理体験の収集し、それらを研究材料にして、概要として発表し実践資料としていきます。また、富士高原研修所の「心の探究セミナー」を企画運営し好評を得ている。
倫理研究所の目的は、倫理の研究並びに実践普及により、生活の改善、道義の昂揚、文化の発展を図り、もって民族の繁栄と、人類の平和に資するを目的としています。目的のトップに掲げられているように、倫理は研究を重要視しています。
実践実証の素材として体験が必要なのです。実践すると→心の変化→環境の変化が起きて来ます。これが体験です。親の実践によって、子供のアレルギー疾患が治った体験を突き詰め研究してみますと、両親が改め子供に指一本ふれず、一言も言わなくとも、りっぱに直ってしまうという、「万人幸福の栞」の項目にそって相談者はどんな実践をし、心の変化を探究追跡調査をします。すると、重要なことがわかってくるのです。また、離婚する夫婦には、結婚する以前にどんな問題点があったのかも研究を進めています。皆様も今一度考えて下さい。なぜこの人と結婚するのか?(したのか?)愛情だけの結婚は、愛情がなくなった時、別れてしまいます。今はそんな結婚が多いから離婚が多い。夫婦の絆は何か。パートナーシップとしての目的を持っていれば大丈夫です。
f0032780_934348.jpgこのように、研究局では会員の皆様の実践体験実証は貴重な研究材料として役立てています。「ひとり実践ノート」を発刊していますので是非利用して下さい。「ひとり実践ノート」には実践方法のヒントも掲載してあり、とにかく書き出すことが、倫理実践の成功法則です。
また、富士高原研修所の「心の探究セミナー」は好評で、すぐに定員になってしまいますので、早めに応募してください。生命源のみなもとは本人の4歳未満の時の心の有りようにあるのです。「心の探究セミナー」ではそこまで見つめ直して行きます。
倫理体験に大小はありません。倫理実践に大小はありません。皆さんの実践が地域を良くして行くのです。
[PR]
by krinrig | 2006-12-16 13:15 | おはよう倫理塾

あなたを忘れない

07年1月27日から全国ロードショーされる日本韓国合作映画『あなたを忘れない』の試写会が愛知県倫理法人会と多治見市倫理法人会の後援で12月8日にウィル愛知で開催されました。
f0032780_11324426.jpg
詳しくは愛知県倫理法人会ホームページをご覧ください。
[PR]
by krinrig | 2006-12-09 11:34 | プチ情報

『蘇るこころとからだ』−病気がくれた贈り物−  発刊!

『蘇るこころとからだ』−病気がくれた贈り物−  
f0032780_1735448.jpg

B6判 242頁 定価¥1,000(税込) 田中範孝著 新世書房発行

病気と向き合う人々へ贈る七つの愛のメッセージ

この本は、病気を治すための本ではありません。
病気にかからないようにするための本でもありません。
病気のすばらしさを伝える本です。病気をして情けない
と思っている人に、そんなことはないよといってあげた
いのです。こんな病気になってと悔やんでいる人に、き
っとすばらしいメッセージが潜んでいるよ、と耳打ちし
てあげたいのです。本人以上にうちひしがれている家族
に、身近なあなたの元気が大切だよ、とはげましてあげ
たいのです。ぜひ、そういう方々にこの本が伝えられた
らいいなと思います。 (「あとがき」より)

お問い合わせは  rinrigifu@yahoo.co.jp
[PR]
by krinrig | 2006-12-04 17:39 | プチ情報