<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

人命を救う重要保存版「心臓麻痺(マヒ)対処法」

メール友の友人の医者が送ってくれた貴重な情報をここに載せます。
f0032780_18342683.gif
  「一人でいる時の心臓麻痺対処要領」
 心臓麻痺が起こるのは大部分が一人でいる時で、介助してくれる人がいないことが多いようです。心臓の拍動の乱れを感じてから、意識を失う迄10秒とかかりません。どうすれば良いでしょうか?
 →恐れ慌てずに、深く強く咳を お続けなさい。
まず息を深く吸い込み、次いで力強く咳をせねばなりません。
胸の奥にある痰を吐き出すように咳をしなさい。
息を吸う動作と咳はそれぞれ2秒程度とし、救急隊が来たり、心臓の鼓動が正常化するまで休み無くお続けなさい。
 息を深く吸えば多量の酸素が肺に入り、咳をすれば心臓が押されて、血液の循環が良くなります。また心臓に圧力をかけたり緩めたりすることになり、鼓動の正常化を助けます。
これによって病院に行くまでの余裕が出来ます。
この内容を出来る限り多くの人にお伝えなさい。
その人の生命を救うことになるかも知れません。
25〜30歳そこそこでは心臓麻痺は起こらない、なんてことはありません。
最近は生活習慣の変化で、年齢層に関係なく心臓麻痺の危険性が増加しています。
友人を助けよう、との心情を持って、以上の内容を、すべての友人にお伝え下さい。
f0032780_18352696.gif

[PR]
by krinrig | 2006-10-26 18:37 | プチ情報

家庭倫理の会芦屋市のホームページ

f0032780_6255077.gif
ネットワークが広がる「家庭倫理の会」
家庭倫理の会芦屋市からホームページへリンクの要請がありました。
素晴らしいホームページと「家庭倫理の会芦屋市」の活動を覗いてみてください。
リンクボックスにも貼付けましたので、折にふれご覧ください。
[PR]
by krinrig | 2006-10-25 06:30 | プチ情報

クリーン長良川

家庭倫理の会岐阜市では、鵜飼シーズンが終わった最初の日曜日を利用して開催される、長良川を美しくする会主催の「クリーン長良川」に参加しました。
f0032780_148265.jpg
他団体からも大勢が参加して朝六時、曇天模様でもコスモスが華麗に咲いた金華橋西詰めから、河原や沿線街道など思い思いに清掃活動をすることが出来ました。
テトラポットや草木に引っかかったビニール類が目立ち、それを拾い集めるだけでゴミ袋がいっぱいになります。こんな物が海まで流れて行き、何気なく捨てた物が、海洋汚染になっているのだと思いました。
[PR]
by krinrig | 2006-10-23 14:18 | 地域交流支援活動

絵手紙を書こう!

f0032780_16252932.jpg第38回 こども倫理塾
10月15日(日)10時から円徳寺に於いて「家庭倫理の会岐阜市」の「こども倫理塾」で絵手紙を書きました。
子ども13名大人13名の参加で3人の指導者に手順を説明していただきそれぞれに楽しく絵筆を運ばせました。今回画材自由でありますが、第4回子ども短歌コンクールのポスターやチラシに絵手紙を使っても良いかも!ということで帽子を1枚ずつ書きました。
あっという間に時間が過ぎ、みんな集中して最後まで取り組むことが出来ました。
f0032780_1626021.jpg

[PR]
by krinrig | 2006-10-16 16:27 | こども倫理塾

「おはよう倫理塾」参加者研修!

f0032780_93930100.jpg10月8日、平尾勝主事を迎え、「おはよう倫理塾」参加者研修を開催。
創生にあたり、今までの「朝の集い」から「おはよう倫倫理塾」に変わった意義と要点を理解していただくために開催さてた研修会です。
旧体制の凝り固まった考え方ではなく、「おはよう倫理塾」は「家庭倫理の会」が毎朝開催する会員を対象にした生涯学習です。(ただし、「おはよう倫理塾は会員の対象にした早朝の学びの場である」ということを理解した上での、未会員の参加は可とします。)
『万人幸福の栞』を基本テキストに純粋倫理を学び、わがままを捨てて純情(すなお)な人間になり、様々な問題を解決して人生を好転させる倫理実践者の育成を目指すことにあります。
[PR]
by krinrig | 2006-10-08 09:52 | おはよう倫理塾

食育セミナー、3回シリーズで開催します!

「食育セミナー」
「好き嫌いをすることはいいことですよ。」
それはなぜ・・・?

「幼い頃に食べたもので、もう一度食べてみたいものがありますか?」
「ジャガイモのコロッケ」「サトイモの煮っ転がし」「こんにゃくの味噌煮」・・・
食べてみたいものがある人は幸せ。なぜなら・・・

食事をすることで育つ心や家族の絆。
食事が人格に及ぼす影響は想像以上です。
f0032780_9232711.jpg

11月13日(月)10:00~12:00
1月12日(金)10:00〜12:00
2月7日(水)10:00〜12:00
県民文化ホール未来会館5階
      ハイビジョン会議室
参加費:各回500円  定員30名
対象:小学生までのお子さんをお持ちの保護者。なるべく3回通して聴講できる方
講師:社団法人 倫理研究所  平尾 勝 研究員
人気好評のセミナーです。定員になり次第締め切ります。
お問い合せは rinrigifu@yahoo.co.jp
[PR]
by krinrig | 2006-10-08 09:35 | 子育て支援活動

岐南町町民自主講座で子育て支援

f0032780_14383352.jpg
家庭倫理の会岐阜市徳田支部では、10月4日岐南町町民自主講座「エンジョイママの部屋」を開催。今回の出席者は15人のママと18人の子どもスタッフ4人。
f0032780_1439148.jpg 今回は、岐阜県リクレーション協会より、講師を招き、「親子でリズム体操」を開催。参加の子どもさんの年齢に幅がありますが、工夫をしてくださり、ボール遊び、大きな布を使っての遊び、おむつ交換の時のふれあい遊び、本の読み聞かせ等々を楽しみました。講話の中に、「年齢に幅があります、今日出来なくてもあせらないで下さい、あのぐらいに成長したら出来るようになるんだなー?ぐらいに思ってください。家に帰っての楽しんでやってください。」など、子育てのアドバイスもいただきました。
f0032780_14395828.jpg
この講座は、今年の2月、岐南町自治会から配布されます、広報誌に「みなさんの趣味や技術を生かした町民自主講座を開きませんか?」という記事が掲載されました。以前から若いお母さんの子育ての悩み相談事を聴くことや、「交流の場」つくりをしたいと思っていた。早速申し込みをし、5月より毎月1回「エンジョイママの部屋」として開催。1回目、2回目と家庭倫理の会の講師を招き、子育てのお話などをしていただき、講話と質疑応答と美味しい手作りのお菓子でティータイムを楽しみました。皆さんより、「毎週でもこんな場がほしいです。」「家で子供と二人で向き合っていると悶々としてしますけど、ここに来て、悩みを聞いてもらったり・・・。」「「そうそう私もよ。」の一言で元気をもらって帰っていくことが出来る。」という声と要望があり、最近では週1回みんなに出会えることを楽しみに、大勢のママさんと子どもさんが集まって来て頂けるようになりました。
参加された若いお母さんから、こんなメールが届きました。「ママ友達がいることは、とても心強いです。エンジョイママの部屋に参加して本当に良かったです。」
 これまでも、「簡単なおやつ作り」や「短歌を作ろう」など開催してきました。今後も色々工夫をして、楽しい「エンジョイママの部屋」にしていきたいと思っております。

また、2006年に町制施行50周年を迎える岐南町の記念誌に、パン作りで地域交流をされている、多和田美幸さんが記事に掲載されました。
f0032780_14414763.jpg

f0032780_14424751.jpgいきいき笑顔、発信タウン「わがまち岐南町」
岐南町町制施行50周年
[PR]
by krinrig | 2006-10-05 09:05 | 子育て支援活動

しきなみ短歌11月号、岐阜から5名入選

f0032780_829677.jpgしきなみ短歌11月号投稿作品で、岐阜長良支苑から5名入選されました。おめでとうございます。2名上位作品を紹介します。
◎真砂集三席「ちあきなおみエレジー」 井土いつき
◆なぜかしら涙があふれて止まらないちあきなおみのエレジー聞けば
◆眉ひそめ赤き口びるつき出してカモメよカモメなおみが唄う
【評】歌手・ちあきなおみへの熱烈な賛歌。一首目は、「エレジー(悲歌)がテーマなので湿っぽいが、その共感の深さに嘘は無い。二首目は、一転して戯画を見るような凝視の歌で見事。

f0032780_914258.jpg
◎青泉集三席「老人ホームの遠足」柳原泰一
◆助手席にあんたは誰と言う老母に苦笑し乍ら車走らす
◆公園の芝生の上に弁当を拡げ食する九十八の母と
【評】お母様へのいたわりが伝わり、心和む作です。
[PR]
by krinrig | 2006-10-03 08:49 | 文化活動