<   2006年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

長良川清掃に貢献

f0032780_199417.jpg前日3万発の豪快な花火で全国的に有名な長良川中日花火大会で行われた翌朝の06.7月30日、長良川を美しくする会主催の長良川清掃に参加しました。ゴミを拾い集め、朝の清々しい空気の中気持ちいい汗を流すことができました。
f0032780_19171455.jpg昨夜の楽しい宴の後の散乱したゴミ集める作業は大変だと思うことより、私たちの長良川が美しくなる喜びに変えて地域に役立つ活動をしています。
参加者54名
ありがとうございました。
[PR]
by krinrig | 2006-07-30 19:25 | 地域交流支援活動

しきなみ短歌二ヶ月連続入選!!

f0032780_915531.jpg短歌誌「しきなみ」9月号、真砂集(中部)投稿において長良支苑会員、多和田正子様の作品が一席に入選されました。8月号つづき連続入選です。以下がその作品です。
【薫る五月】
Tシャツの背中に青き風ためてペダル踏みゆく片陰の道
自転車のリムに光りをからませて薫る五月の風を分けゆく
《評》初夏の風がさわやかな二首。共に第三句の「青き風ためて」「光りをからませて」がすばらしい。

ありのままに短歌を詠んで楽しみませんか。
「しきなみ短歌会」「秋津書道会」の文化活動のお問い合せは rinrigifu@yahoo.co.jp へ
[PR]
by krinrig | 2006-07-29 09:22 | 文化活動

「ひとり実践ノート」好評発売中!

書くことで自分の心と対話しよう「ひとり実践ノート」好評発売中です!f0032780_7134878.jpg
平和に流れる日々、日常の些細の中にも、ささやかな「実践」、それによって起こる小さな変化「体験」を私たちは、尊重していきたいと思います。
暮らしの中での「ちょっとした出来事」を記憶し、意味のあるものにするために、私たちは「書くこと」をおすすめします。
この「ひとり実践ノート」を活用し、自らの想いを記してみてください。自分の心と対話することで、きっと「気づき」があるはずです。
バックにも収まるA5判のノートです。いつでも持ち歩いて、どこでも書く習慣をもつことで、心も暮らしも潤ってきます。定価300円。家庭倫理の会支部または rinnrigifu@yahoo.co.jpへ
[PR]
by krinrig | 2006-07-25 07:22 | よくする活動

7/22合同おはよう倫理塾

7月22日合同おはよう倫理塾を開催し、多くの方に参加していただきました。f0032780_9404689.jpg
伊藤理恵子さんのクブチ沙漠緑化隊参加体験の実践報告。今年のゴールデンウイークの一週間、学校の都合もあり参加するか、おおいに迷ったが、友人の参加体験で今しかないと思い切って参加して、本当に良かった。全国から集まった見知らぬ参加者ばかりですが不思議なくらい、すぐに親しくなれた。中国では日本との食文化の違いに戸惑いもあった。目的地に向けて夜行列車に乗り、外の風景も次第に簡素になってくる。やっとの想いで目的地に着いたら、即作業開始。以前植えた苗木も半分ぐらい倒れてしまっていて、自然の厳しさを知る。1mぐらい穴を掘り、次々と苗を植えて行く作業に嫌な疲労感もなく、みんな楽しく作業をしている。それも時間を忘れるほどにである。この力はどこから来るのか不思議に感じる。最終日には地元の小学校を訪れ、貧しい中にも子供達には笑顔とワクワク感があり、今の日本にはない光景を見て考えさせられる。この植林運動を始められた遠山先生のお墓を訪れ遺品にも対面して人柄が偲ばれた。
今回、緑化隊に参加して行程の一週間がとても早く感じられた。日本では体験できないことに直面できたことで、甘えた現在の生活に反省できた。子供達からもらった笑顔を自分にも取り戻したい。と喜びいっぱいの体験報告でした。

f0032780_9421468.jpg
今回の平尾勝主事の講話は、「中心」について。日本という国は、天皇制に象徴されるように独特のものがあり、その天皇制が途切れることなく続いて来た。日本人が生きて行くためには当然のことである。それに不信感が多くなるといろいろな問題が起きてくる。
地球は自転し太陽の周りを規則正しく公転している。その太陽系も銀河系を中心に回っている。中心があると安定して発展して行くことがわかる。想いが中心にあると物事はうまく行く。これが調和の姿である。
これを日々の生活に当てはめると、うまく行くことがわかってくる。物事の中心に気づくことが倫理である。中心を模索して行くうちに、必ず気づくものである。調和は思いやりである。
日本人は現実的で優柔不断であるといわれるが、調和して行こうとする能力が強い人種だからであり、他国の人から見ると不思議がられる。それは調和的に解決しようとするからである。
物事には中心があり、調和することが大切である。
家庭倫理の会の組織はそれを実践する場であり、それを家庭に応用して欲しい。
中心に合わせ調和することによって、必ずうまく行きます。体験してみてください。と熱っぽく語られました。
この講話内容はほんの一部ですのですべてはお伝えできません。是非、実際に参加して体得してください。
[PR]
by krinrig | 2006-07-22 09:53 | おはよう倫理塾

岐阜市倫理法人会からのご案内

f0032780_11275664.jpg7月29日(土)に大勢でご参加下さい。お待ちしてます。
7月29日(土)の午後6時15分より午後9時まで 
岐阜市倫理法人会特別イベント「テキスト研修と長良川花火鑑賞と夕食の夕べ」を開催します、会費はお弁当代1名1500円です。
場所は県民ふれあい会館14階 レセプションルーム。
参加資格はありませんのでどなたでも参加できます。
参加希望の方は食事の予約がありますので7月26日(水)までに岐阜市倫理法人会事務局 058−252−3708まで電話かfaxでご連絡下さい。
電話もfaxも同じ番号です。

岐阜市倫理法人会 事務長 猪岡 隆保
[PR]
by krinrig | 2006-07-19 11:30 | プチ情報

短歌誌「しきなみ」8月号で入選者

f0032780_13291480.jpg短歌誌「しきなみ」8月号、真砂集(中部)投稿において長良支苑会員、多和田正子様の作品が三席に入選されました。以下がその作品です。
命捨てゆく
「はらはらと命捨てゆく桜花かそけき宵に光り溶して」
「六十八聯隊跡地さくら散り若き兵士の幻影うかぶ」
(評)桜を詠んだ歌は数多くあったが、そのなかで際立っていた一連。一首目、第二句と結句に作者の桜に寄せる思いの深さが伝わる。二首目は、初句の具合がよい。

7月6日に行なわれた「しきなみ短歌会」長良支苑の高点歌
※七十年納戸の隅の古ミシン踏みてかたかた過去の聞こゆる(多和田正子)
※早苗田の水面すれすれ飛ぶ燕今朝の梅雨空たち切るごとく(若原邦子)
※庭先の紫陽花の花一つ咲き静かな朝に雨を待っている(加藤俊子)

7月16日に行なわれた「しきなみ短歌会」徹明支苑の高点歌
◆ぽっかりと浮かぶ水連白ピンク花の下には鯉がゆうゆう(堀百合子)
◆田植え前あぜ道行く人水田に逆さに映り波紋で歪む(多和田詩朗)
◆夕食後肩もむ夫の背なまるくいたわりつつも話題は孫へ(後藤幸子)

皆様も、ありのままを短歌に詠んでみませんか!
短歌会は見学大歓迎です。是非覗いて見てください。
お問い合せは rinrigifu@yahoo.co.jp へ
[PR]
by krinrig | 2006-07-17 13:55 | 文化活動

『新世』8月号

f0032780_985158.jpg『新世』8月号発売中。夏は水道使用量が最も多い季節です。水辺を恋しく思い、水に触れる機会も多くなります。
日々の生活水に限らず、目に見えないところで水を大量に使って成り立っている今の生活。個人で出来ることはわずかですが、「水があるから生きられる」という当たり前のことをだけは忘れたくないものです。今月の特集は【水をめぐる話】。
【新世言】惑わされない心 丸山敏秋 も必見です。
『新世』8月号を先着5名の方に差し上げます。申し込みは rinrigifu@yahoo.co.jp へ
[PR]
by krinrig | 2006-07-12 09:17 | プチ情報

岐阜県現地資格講習で学ぶ!

富士高原研修所平成18年度岐阜県現地講習(基本講座C)が、関弘講師と小畠智恵講師を迎え、開催されました。参加者128名。
f0032780_917450.jpg
今年度から、創生に向けて、団体名の名称や資格制度が変わり、初めての現地講習です。単に資格を目指すだけでなく、純粋倫理を基本から学びを深めるためにも講習には積極的に受講してください。f0032780_9264672.jpg開講式につづき、第1講「明るい心で、自分を大切に」では、明朗な心の大切さと自分を客観視し、自分を明るくする方法を学びました。
第2講「約束を守り、幸せな人生を築く」では、やくそくごと、きめごとの大切さ、その中でも自分との約束の重要性。約束を破ったときの責任の重大性を学びました。
f0032780_9355462.jpg昼食をはさみ、第3講「夫婦仲良く暮らす」では、はじめから理想的な結婚はそうたくさんはあるものではないからこそ、夫婦の意義を学ぶことにより、まず自ら相手に合わせ人間性を高めて行くことの大切さと、相手の美点発見の実習もしました。
第4講「喜びの働きで、物に恵まれる生活を送る」では、現代人に欠けている喜働精神と、正しい働きで得た金銭しか残らないこと、物を大切にすることの意義を学びました。
f0032780_948857.jpg
閉講式では代表32名による決意発表があり、日々の生活で実践力を高めて行くことを誓い合いました。
参加者の皆様ありがとうございます。
[PR]
by krinrig | 2006-07-10 09:51 | 活動の3本柱

「おはよう倫理塾」細畑会場に小畠智恵講師、来場!

2006年7月9日(日)「おはよう倫理塾」細畑会場に小畠智恵講師を迎え講話を頂きました。参加者38名。
f0032780_8374458.jpg
小畠智恵講師はサッカーに由緒ある京都の白峯神宮の近くに住まいされ、昭和48年に入会。昭和47年頃から知人から雑誌「新世」を頂くようになり、翌年「サークルオブマザー」のセミナーに誘われて初めて参加してみました。朝の集い(おはよう倫理塾の前身)にも誘われましたがとても行く気にはなりませんでした。その時の田口勝先生のお話は何を話されたか分りませんが、「親が仲良くすれば子は指一本触れなくても立派に育つ」という内容だけ頭に残っておりました。
翌日の日曜日、毎週のように夫が朝早くから釣りに行くことを不満に思い送り出したら、夫は交通事故を起こしてしまいました。いつもでしたら、そえに対しても不満に思うところでしたが、前日、倫理のお話に触れていたから不思議と反省できたのです。毎週のように息子が高熱を出すことに何か思い当たるところがあり、思い立って翌日の月曜日から、朝の集いに出掛け、その日の内に入会しました。
f0032780_8575851.jpg人生にはそれぞれいろいろあります。人生の転換期、岐路に立った時は、より美しい方に行くことです。楽な方ではなく、美しい人生になる方向に行くことです。
人生の主役で居ることです。5年間続けた母親の介護も、脇役ではなく、自らが主役になり、させて戴く心境で出来たので続けてこられた。
願いを持つ、目標に向かって実践することが、希望通りの人生が歩めるのです。

美しい人生にするために、あなたも「おはよう倫理塾」に勇気を出して、参加してみてください。
お問い合せは rinrigifu@yahoo.co.jp
[PR]
by krinrig | 2006-07-09 08:34 | おはよう倫理塾

【健康情報保存版】良薬は口に苦し!

f0032780_1947426.jpg一生に一回だけすれば
脳卒中を予防できるという
予防法をご紹介します。

下記に記します。(一人分)

1.鶏卵一個(白味だけ)

2.ふきの葉の汁(小さじ3杯)
  生のふきの葉3−4枚を刻んですりつぶし、
  それをしぼった汁。

3.清酒(小さじ3杯)焼酎はだめです。

4.漬梅1個(中梅)すりつぶしたそのまま塩漬けして柔らかくなったもの。

5.製法は必ず番号順に入れるだけ、一品を入れる毎によくかき混ぜること。

以上何度飲んでも害はありませんが、一回飲むだけで結構とのことです。

お役に立てれば幸いです。

私が実際にやってみました!とてもニガイ!!です。
でも脳卒中の予防になると聞けばやってみるべし!!!
[PR]
by krinrig | 2006-07-05 19:49 | プチ情報