カテゴリ:子育て支援活動( 106 )

3月17日「子育て教室」

3月17日(日)円徳寺にて「子育て教室」を開催。参加者11名
「生活改善子育て法」と題して、鈴木美智子生活倫理相談士の講話があった。
『万人幸福の栞』の第6条「子は親の心を実演する名優である」の説明が分かり易くあり、子どもの気になる行動は、親自身の今迄の生活を見直して改め、夫婦が仲よくすれば、子どもには指1本触れなくてもすぐに直ってしまうと説明があった。
f0032780_23433613.jpg


f0032780_23441822.jpg又、子どもは、授かりものであるから、神様からお預かりしているものと思って、大切に育てさせて頂くものであると述べた。その後、子どもの年齢別に2つのグループに分かれてディスカッションを行い、参加者の様々な日頃の悩みに相談士がきめ細かに答えた。
[PR]
by krinrig | 2013-03-18 23:43 | 子育て支援活動

3月の「子育て教室」「こども倫理塾」

f0032780_14233712.jpg
画面を、ダブルクッリックすると拡大します。





048.gif未会員の方も参加できます!

ぜひどうぞ!




055.gif 問い合わせ rinrigifu@yahoo.co.jp
[PR]
by krinrig | 2013-02-23 14:24 | 子育て支援活動

2月17日「子育てセミナー」

 2月17日、円徳寺にて「子育てセミナー」が開催された。
『イキイキ子育て魔法の言葉』と題して、神谷由美子生活倫理相談士の講話があった。
子どもは両親の姿を通して価値観や生き方を学び、親の何気ない言動からも影響を受ける為.子どもへの声掛けが大切である。良い言葉として①肯定的な言葉「大丈夫」「まだやれる」「きっとできる」②誉め言葉「すごい」「さすが」「素晴らしい」③魔法の言葉「お母さんはあなたが好きよ・あなたはお母さんの宝物よ・お母さんはあなたの味方よ」を挙げ、自分はどういう言葉を発しているか?と一息置き客観視してみる大切さを説かれた。
f0032780_18533512.jpg
その後子どもの年齢別グループでのディスカッションをし、参加しての感想も発表した。まとめとして、その時その時、その子その子に必要な言葉をタイミング良くかけてあげるのが大切だと述べられた。
[PR]
by krinrig | 2013-02-18 18:52 | 子育て支援活動

子育てセミナー『迷いや心配を希望に変える子育て術』

1月16日、細畑公民館にて神谷由美子生活倫理相談士を講師に迎え「子育てセミナー」を開催。テーマ『迷いや心配を希望に変える子育て術』
多様なメディァにより、膨大な情報が氾濫している現在、何が正しくて、何が正しくないのか判断が難しく、不安や悲観的な心持ちになり、自信を無くしてしまいがちな現代です。しかし、純粋倫理の生活法則の学びと実践には、いつの時代も変わることのない、生き方の基盤です。ですから子育てにおいても、自信が持てます。
心の持ち方として、
1. 子どもそのままを全て受け入れる
2.優しい言葉で誉め抱きしめる
3.夫婦親子の絆をより強くする
4.子どもを信じる
f0032780_13293022.jpg
その後、子どもの年齢毎に分かれ、グループディスカッション。基調講話から得た疑問点や子育ての課題を、4グループと4名の生活倫理相談士と懇談しました。すると、お母さん方で同じような悩みを抱えていることがわかり、充実したデスカッションとなりました。
セミナーの終わりにまとめとして、講師は、絶対信頼の中で育った子どもは、無限の可能性を秘め、伸び伸びと自信を持って自立し、自己存在感を確立させていきます。
夫婦仲良くすることの大切さや、子どもは叱るのではなく、褒めて育てる事などを教えて頂き、中身の濃い、充実した子育てセミナーになりました。
ありがとうございました。
[PR]
by krinrig | 2013-01-23 13:30 | 子育て支援活動

山田寿美恵選抜副参事「愛情ある子育てとは」

12月16日(日)“子育てセミナー“”(社)倫理研究所 生涯局 選抜副参事 山田寿美恵様を講師に迎え「愛情ある子育てとは」をテーマに開催。
子供にとって、お母さんが一番なのです。お母さんのお腹の中にいた時から、会話を聴いています。ですから、毎日感謝の生活をすることが大切。不足不満を思ったり言ったりすれば、お腹の中かなも聴いています。とにかく相手を理解し合って、夫婦仲よくすることが子育ての、要です。夫婦の意見が一致していないと、子供はどうしていいか分からなくなります。
食事でも時間がなくても、一品位は手づくりの料理を作って上げましょう。作るのも嫌々ではなく、喜んで作ることで心が通じ合える。孤食の時代といわれ、家族揃っての食事の時間がない。家族バラバラの食事で、家庭のレストラン化、とかホテル化してきていると将来が心配されます。愛情のこもった手料理で、スキンシップを大切にしましょう。手料理は特効薬です。家庭とは、安心できる場所でなくてはいけません。仕事が忙しくて、声かけができないようでしたら、手紙や交換日記げ、コミュニケーション手段を作っておきましょう。
一流の学校、一流の会社に行くことが子育ての目標ではありません。その事に集中過ぎると、歪んだ子育てになりかねない。何歳になっても、子供が甘えたい時は、甘えさせて上げましょう。妹や弟が出来た時に、お兄ちゃんだからと我慢しています。そんな時も受け入れて上げて、いっぱい、甘えさせて上げましょう。わがままを言うのが子供です。言う事をきかないのが子供です。いたずらをするのが子供です。それらは、自立しようとしている証拠です。親の都合のいい良い子は、自立して行きません。子供の反抗が自立への一歩です。
子供と父親の関係の仲介をするのも、母親の役目です。
f0032780_14143693.jpg

山田寿美恵選抜副参事の、基調講話の後、分科会に分かれてそれぞれの班に、生活倫理相談士をリーダーに、話し合ってもらいました。
その後、それぞれの課題をリーダーが発表し、山田選抜副参事にまとめて頂きました。
何といっても、夫婦関係が難しいものですが、まずお互いに認め合うこと、誉めること、から実践を始めるのもいいでしょう。
と、まとめられた。
[PR]
by krinrig | 2012-12-18 14:15 | 子育て支援活動

子育て教室&こども倫理塾

 9月30日、円徳寺にて大野ヒサ子生活倫理相談士を迎え『子育て教室』を開催しました。
テーマ「頑張らない子育て」で6名のお母さんが参加され、初めに講師のお話で、子育てはキャッチボールです、ドッチボールのように相手にただ自分の思いをぶつけるのではなく、子どものどんな姿も受け止めて聞いてあげ、答えてあげる姿勢でいてほしいと話されました。
その後のディスカッションでは、子どもの躾、例えばオモチャの取り合い等トラブル時の親の対応相談で「親子相関」(親と子はひと繋がり)、子を改めさせるより自分を見直してみる事が大切・・と話されました。色々なお母さんの悩みについてお互いに参考になったようです。
f0032780_18264893.jpg

[PR]
by krinrig | 2012-10-01 18:43 | 子育て支援活動

「子どもの感性を豊かに」

7月18日に、「子育てハッピー広場」を南部コミュニティーセンターにて開催。神谷由美子生活倫理相談士を講師に迎え、「子どもの感性を豊かに」をテーマに5人のお母さんが参加。
f0032780_1814090.jpg基調講話で、わが子の良いところを話してくださいと言われ、どのお母さんも嬉しそうにわが子の成長した様子をスピーチされました。
講話では、“ 親の大きな愛に包まれた絶対信頼の中で育った子供は、無限の可能性を秘め伸び伸びと軽やかに自信を持って自立し、自己存在感を確立させ、世の中に貢献する立派な人となります。”と話されました。
その後のお母さん同士の話し合いや相談も、時間が足りないくらい活発に行われ、充実したセミナーになりました。
f0032780_1851992.jpg

[PR]
by krinrig | 2012-07-19 18:01 | 子育て支援活動

『子どもの個性を伸ばすには』

6月20日、長森ミニュティセンターにて、川崎富子専任講師を迎え、「子育てセミナー」を開催。テーマ『子どもの個性を伸ばすには』8名のお母さんが参加されました。
f0032780_1432276.jpg川崎専任講師の「両親の良い所をすぐに言えますか?」の問いに、皆さん即答できず、少しの時間を頂き、思い出し、それぞれ発表しました。そして両親の良い所は、自分の中にも必ずあるという事、個性は両親から頂いている事を教えて頂きました。又、子どもには、誉め続け良い所を見付け続ける事の大切さも話され、質疑応答では、お子さんについての様々な悩みが出ましたが、川崎専任講師の「大丈夫、大丈夫」と言う言葉に皆さんホッとされていた様でした。
[PR]
by krinrig | 2012-06-21 14:31 | 子育て支援活動

子育ては「上手なほめ方、叱り方」

4月19日、子育てハッピー広場を南部コミュニティーセンターにて開催。
大野ヒサ子生活倫理相談士を講師に迎え、「上手なほめ方、叱り方」をテーマ。

f0032780_17163916.jpg講話では、親は子供の「良さ」「個性」を認めプラス言葉で受け止めましょう。子供は、ほめられることは認められたということで、自信がつき、やる気がわいてきます。“ほめ育てをしましょう。”と話されました。
その後のお母さん同士の話し合いや相談は、時間が足りないくらい活発に行われました。
いつもお母さんから離れない子にお母さんが、先に託児室に行き、「お母さんは大事なお話を聞くからね。先生に絵本のお話をしてもらおうね。」と言い聞かせて参加されました。少しずつ進歩が見られて嬉しく思いました。
7人のお母さん方が参加。


岐阜市教育委員会の後援で【次回のご案内】
f0032780_17354099.jpg

画像をクリックすると拡大します。

多くの参加をお待ちしてます!










【お知らせ】ブログに、広告が入るようになりましたが、家庭倫理の会とは一切関係がありませんので、ご承知おき下さい。クッリクしないで下さい。
[PR]
by krinrig | 2012-04-20 17:11 | 子育て支援活動

「子育てハッピー広場」開催

3月21日、南部コミュニティセンターにて子育てハッピー広場を開催。高島晴美専任講師を迎え「子どもの健やかな成長を願って」をテーマにご講話頂きました。
f0032780_15404774.jpg子育てはまず「自分が好き」からスタートしましょう。これにより自分の両親を喜ばせることにつながる。
リズムある生活習慣(しつけ)には、①あいさつ ②早寝早起 ③好き嫌いなく ④嘘をつかない、を心がけて子育てしましょう。とのこと等を学びました。
小さなお子さんをお持ちのお母さんや、妊娠中の方もいらっしゃり、とても参考になるお話ばかりでした。
質疑応答では多くの質問があり、ご主人に合わせる事の大切さなどを改めて教えて頂きました。
参加者は会員6名、未会員1名でした。
f0032780_15411983.jpg

[PR]
by krinrig | 2012-03-22 15:42 | 子育て支援活動