カテゴリ:子育て支援活動( 111 )

子育てセミナー「子育ては親育ち」

 9月15日(日)円徳寺にて「子育ては親育ち」と題した子育てセミナーを開催。
講師の神谷由美子生活倫理相談士は、子どもは親の所有物ではなく一人の人間として尊重して関わり、親の都合の良い子に育てない事や、親を困らせる子は、親を成長させてくれる有り難い子だと考えること。また、夫婦が仲良くし、それぞれの役割を果たすこと。子は親の尊き教師です。心から慈しみ感謝しながら「親業」に努めましょうと、自らの体験を交えお話がありました。
 その後、グループ毎に子育てについてディスカッションが行われた。 
f0032780_1542166.jpg
 参加者13名
[PR]
by krinrig | 2013-09-16 15:42 | 子育て支援活動

「子育て教室」を開催

7月21日(日)円徳寺にて「子育て教室」を開催。参加者12名
f0032780_14374163.jpg

「らくらく子育て術」と題して、篠田知美生活倫理相談士の、基調講話がありました。
最初に今まで参加したお母さん方に感想を聞き、
講話では、子育てにとって、一番大切な夫婦のあり方を『万人幸福の栞』の第5条−夫婦対鏡−をもとにお話しがありました。
夫婦は親しいが故に知らない間にお互いを責めていて、相手に求めるが多いが、相手を受け入れることが大切であると説いた。
その後三グループに分かれて、それぞれに生活倫理相談士が入り、ディスカッションを行いました。
[PR]
by krinrig | 2013-07-22 13:36 | 子育て支援活動

「子育て教室」

6月16日(日)円徳寺にて「子育て教室」を開催。参加者14名

「子育ての課題から成長する」と題して、多和田美幸生活倫理相談士の講話があった。
f0032780_14214951.jpg
『万人幸福の栞』の第6条「子は親の心を実演する名優である」について、子どもの問題行動は、親が過去にしてきた事をそのまま真似る“過去投影”と現在の状態をそのまま表す“現在投影”があり、どちらもこどもを正そうとするのでは無く、親自身が改めなければ変わらないとの事であった。
f0032780_14223243.jpgその後、グループディスカッションとなり、それぞれのグループで、活発な意見が出された。最後に多和田相談士が、今ここで相談したことで、もうすでに、個々に解決策が見つかっているのではないでしょうか?子どもの事も、全て夫婦関係が大切です。夫婦で毎朝、握手やハグをすると良いとまとめられた。









この下の広告は「家庭倫理の会」とは関係ありません。
[PR]
by krinrig | 2013-06-18 14:23 | 子育て支援活動

6月の「子育て応援セミナー」

f0032780_918897.jpg

[PR]
by krinrig | 2013-06-03 09:19 | 子育て支援活動

“子育てセミナー”親子の食育教室『よい食習慣で健康な体!』

 家庭倫理の会岐阜市では、4月28日〔日〕長森コミセン調理室にて、子育てセミナーを開催。出席者33名。
「よい食習慣で健康なからだ!」をテーマに多和田詩朗生活倫理相談士が“いただきます”“ごちそうさま”の語源や意味を話され、どちらも感謝の意を表している事を説かれた。その後の食育指導は伊藤恵さんのレシピでクッキングをスタートした。メニューはホットケーキピザとマシュマロ団子あんみつ。子ども達は包丁で野菜を切ったり、団子を丸めたり味見をしたり、と楽しく調理をした。出来上がった料理を「いただきます」と大きな声で挨拶して頂いた。食後は、子どもは後片付け、お母さん方は勉強タイムになり、伊藤恵さんより大豆蛋白の必要性やバランスのとれた食生活の大切さ又、命の大切さを聞き“いのちのまつり”という絵本の読み聞かせもあって、親子で身体や命について考えることのできたセミナーであった。
f0032780_9222747.jpg
f0032780_9221426.jpg
f0032780_923349.jpg
f0032780_9233848.jpg

[PR]
by krinrig | 2013-04-30 09:21 | 子育て支援活動

3月17日「子育て教室」

3月17日(日)円徳寺にて「子育て教室」を開催。参加者11名
「生活改善子育て法」と題して、鈴木美智子生活倫理相談士の講話があった。
『万人幸福の栞』の第6条「子は親の心を実演する名優である」の説明が分かり易くあり、子どもの気になる行動は、親自身の今迄の生活を見直して改め、夫婦が仲よくすれば、子どもには指1本触れなくてもすぐに直ってしまうと説明があった。
f0032780_23433613.jpg


f0032780_23441822.jpg又、子どもは、授かりものであるから、神様からお預かりしているものと思って、大切に育てさせて頂くものであると述べた。その後、子どもの年齢別に2つのグループに分かれてディスカッションを行い、参加者の様々な日頃の悩みに相談士がきめ細かに答えた。
[PR]
by krinrig | 2013-03-18 23:43 | 子育て支援活動

3月の「子育て教室」「こども倫理塾」

f0032780_14233712.jpg
画面を、ダブルクッリックすると拡大します。





048.gif未会員の方も参加できます!

ぜひどうぞ!




055.gif 問い合わせ rinrigifu@yahoo.co.jp
[PR]
by krinrig | 2013-02-23 14:24 | 子育て支援活動

2月17日「子育てセミナー」

 2月17日、円徳寺にて「子育てセミナー」が開催された。
『イキイキ子育て魔法の言葉』と題して、神谷由美子生活倫理相談士の講話があった。
子どもは両親の姿を通して価値観や生き方を学び、親の何気ない言動からも影響を受ける為.子どもへの声掛けが大切である。良い言葉として①肯定的な言葉「大丈夫」「まだやれる」「きっとできる」②誉め言葉「すごい」「さすが」「素晴らしい」③魔法の言葉「お母さんはあなたが好きよ・あなたはお母さんの宝物よ・お母さんはあなたの味方よ」を挙げ、自分はどういう言葉を発しているか?と一息置き客観視してみる大切さを説かれた。
f0032780_18533512.jpg
その後子どもの年齢別グループでのディスカッションをし、参加しての感想も発表した。まとめとして、その時その時、その子その子に必要な言葉をタイミング良くかけてあげるのが大切だと述べられた。
[PR]
by krinrig | 2013-02-18 18:52 | 子育て支援活動

子育てセミナー『迷いや心配を希望に変える子育て術』

1月16日、細畑公民館にて神谷由美子生活倫理相談士を講師に迎え「子育てセミナー」を開催。テーマ『迷いや心配を希望に変える子育て術』
多様なメディァにより、膨大な情報が氾濫している現在、何が正しくて、何が正しくないのか判断が難しく、不安や悲観的な心持ちになり、自信を無くしてしまいがちな現代です。しかし、純粋倫理の生活法則の学びと実践には、いつの時代も変わることのない、生き方の基盤です。ですから子育てにおいても、自信が持てます。
心の持ち方として、
1. 子どもそのままを全て受け入れる
2.優しい言葉で誉め抱きしめる
3.夫婦親子の絆をより強くする
4.子どもを信じる
f0032780_13293022.jpg
その後、子どもの年齢毎に分かれ、グループディスカッション。基調講話から得た疑問点や子育ての課題を、4グループと4名の生活倫理相談士と懇談しました。すると、お母さん方で同じような悩みを抱えていることがわかり、充実したデスカッションとなりました。
セミナーの終わりにまとめとして、講師は、絶対信頼の中で育った子どもは、無限の可能性を秘め、伸び伸びと自信を持って自立し、自己存在感を確立させていきます。
夫婦仲良くすることの大切さや、子どもは叱るのではなく、褒めて育てる事などを教えて頂き、中身の濃い、充実した子育てセミナーになりました。
ありがとうございました。
[PR]
by krinrig | 2013-01-23 13:30 | 子育て支援活動

山田寿美恵選抜副参事「愛情ある子育てとは」

12月16日(日)“子育てセミナー“”(社)倫理研究所 生涯局 選抜副参事 山田寿美恵様を講師に迎え「愛情ある子育てとは」をテーマに開催。
子供にとって、お母さんが一番なのです。お母さんのお腹の中にいた時から、会話を聴いています。ですから、毎日感謝の生活をすることが大切。不足不満を思ったり言ったりすれば、お腹の中かなも聴いています。とにかく相手を理解し合って、夫婦仲よくすることが子育ての、要です。夫婦の意見が一致していないと、子供はどうしていいか分からなくなります。
食事でも時間がなくても、一品位は手づくりの料理を作って上げましょう。作るのも嫌々ではなく、喜んで作ることで心が通じ合える。孤食の時代といわれ、家族揃っての食事の時間がない。家族バラバラの食事で、家庭のレストラン化、とかホテル化してきていると将来が心配されます。愛情のこもった手料理で、スキンシップを大切にしましょう。手料理は特効薬です。家庭とは、安心できる場所でなくてはいけません。仕事が忙しくて、声かけができないようでしたら、手紙や交換日記げ、コミュニケーション手段を作っておきましょう。
一流の学校、一流の会社に行くことが子育ての目標ではありません。その事に集中過ぎると、歪んだ子育てになりかねない。何歳になっても、子供が甘えたい時は、甘えさせて上げましょう。妹や弟が出来た時に、お兄ちゃんだからと我慢しています。そんな時も受け入れて上げて、いっぱい、甘えさせて上げましょう。わがままを言うのが子供です。言う事をきかないのが子供です。いたずらをするのが子供です。それらは、自立しようとしている証拠です。親の都合のいい良い子は、自立して行きません。子供の反抗が自立への一歩です。
子供と父親の関係の仲介をするのも、母親の役目です。
f0032780_14143693.jpg

山田寿美恵選抜副参事の、基調講話の後、分科会に分かれてそれぞれの班に、生活倫理相談士をリーダーに、話し合ってもらいました。
その後、それぞれの課題をリーダーが発表し、山田選抜副参事にまとめて頂きました。
何といっても、夫婦関係が難しいものですが、まずお互いに認め合うこと、誉めること、から実践を始めるのもいいでしょう。
と、まとめられた。
[PR]
by krinrig | 2012-12-18 14:15 | 子育て支援活動