カテゴリ:子育て支援活動( 103 )

子育て胎教セミナー

f0032780_209236.jpg4月6日(木)午後2時より アクティブG2Fカフェにて 『子育て胎教セミナー』を開催しました。参加者10名のなかには 妊婦の方や新米ママの参加はもとより、新祖母世代の方もあり 母親としてだけでなく祖母としても興味深い講話内容でした。そのためか、質疑応答の時間にも多くの質問があり、講師の中村研究員の返答も体験談など交え、納得のいくまた驚きの返答で 質問者の方も満足していただけたと思います。
中村研究員は 助産婦をされている奥様の出産には 自ら立ち会われた経験を持ってみえるので、出産の感動も強く、それがお写真からもよく伝わってきました。
セミナーの内容
・ 0〜1歳6ヶ月までの子育て時に、子どもに充分な愛情をかけ、基本的信頼関係を築くことが大切である。
・ この時期に基本的信頼関係を築くことができないと「凶暴化する小学生」などさまざまな問題行動が後に現れる。
・ 子どもは親を成長させるために生まれてくる。子育てと共に親も成長する。
・ 私は生まれて良かった。ここにいることを幸せと思う気持ちを子どもが持つように胎児のときから語りかける。否定されれば、子どもはここにいてはいけないと思う。
・ 乳幼児が母親から充分な世話や愛情を受けることで安心感が築かれる。
・ 出産は病気ではない。恐れず自然に任せ、生まれる直前まで普通の生活をすること。
・ 出産の際、夫から「生んでくれてありがとう」と言われて「また生みたい。」と思ったと喜びの出産をされた方の感想も頂いた。
[PR]
by krinrig | 2006-04-11 14:57 | 子育て支援活動

子育てセミナー通信

f0032780_9173569.jpg
11月19日(土)に、岐南町中央公民館にて10時より高島晴美講師をお迎えして“子供をもつ親の心構え”と題して 子育てセミナーを行いました。若いご夫婦1組を含めて12人のご参加がありました。(総人数21人)
【講話より抜粋】
昨今、テレビ等では、いろいろな事件が報道され 世の中はとても騒がしくなっていますが、そんな中だからこそ親は

“基本的に大切なことを伝えること” “ぬくもりを伝えること”

これが一番大切であると話されました。基本的に大切な事とは、ごめんなさい、ありがとう を教えることでこれにより人に喜ばれる事また迷惑をかけない事を学び、あえては、社会に貢献できる人を育てる事になる。ぬくもりとは、子供は3才までに60%の脳が出来上がりますが、それまでに与えた親のスキンシップや語りがけがそのまま大人になってもぬくもりとして心に残り、またそれにより心を穏やかに保っていけるのだそうです。このことが親の役目であると話されました。
そして それ以上のすぎたしつけは、必要ない。
「あれだめ」「これだめ」を口癖にしていませんか?
わが子の今をそのまま受け止め、認めてあげる。そして褒めましょう!
その為にはまず自分を認めること、褒めること。親本人が褒められていないと子供も褒められません。誰も褒めてくれなければ自分で褒めましょうと・・・また親であっても人間です、感情に任せて怒った時は必ず後で謝りましょうとの事でした。
いい母親でなくてもいい、明るいお母さんであればいい。
また、親が変わらなければ子どもも変わりません。・・・・


f0032780_9215446.jpg
後半にはフリートークがあり、参加者の今の悩み事などに対して回答もいただきました。
何が大切かさえわかっていれば、もう少し肩の力を抜いて子供に接していけるのでは、ないでしょうか?
みなさん、心を少し軽くされて帰っていかれたように思えるセミナーでした。

今後も子育てに参考になるセミナ−を開催していきます!
ご期待下さい!
参加をお待ちしております。
[PR]
by krinrig | 2006-01-04 09:25 | 子育て支援活動

子育て支援活動

子育て支援活動として「子育てセミナー」の開催を企画・実施してい来ます。子育て中の方や、子育ての支えになっておられる方の、悩みや疑問解決のヒントにきっとなります。実施に当たっては、こども倫理塾との共同開催も取り入れていきます。対象者の参加を心よりお待ちしております。
f0032780_7595834.jpg

[PR]
by krinrig | 2006-01-02 15:06 | 子育て支援活動