カテゴリ:おはよう倫理塾( 171 )

11月3日合同のおはよう倫理塾

11月3日朝5時30分より、岐阜都ホテルにて
吉川和儀部長を迎え、「おはよう倫理塾」
無料です!
多くの方に早朝に学ぶ、清々しさをご体験ください!


f0032780_12080084.jpg
画面を、ダブルクッリックすると拡大します。

055.gif 問い合わせ rinrigifu@yahoo.co.jp











[PR]
by krinrig | 2017-10-30 11:08 | おはよう倫理塾

目標達成決起大会

10月8日 細畑公民館にて、来たる11月3日の”合同の「おはよう倫理塾」”の目標達成決起大会が行われた。
中瀬加代子会長から「11月3日は5時30分からのおはよう倫理塾です。多くの方々をお誘いし、来年の普及強化月間につながるように努めましょう。」と挨拶があった。
実行委員長の林宏之推進長からは「目標は250名。ランキングで全国一番になるよう頑張りましょう。」と決意発表。
f0032780_12040900.jpg
各支部からは、力強く目標数字の発表と共に、楽しく変え歌や、ダンス、川柳等披露された。
続いて神谷由美子育成講師から、「明るい気持ちで取り組んで、おはよう倫理塾を皆さんにお知らせしてください。」と激励の言葉があった。
f0032780_12040679.jpg
乾杯の音頭は大野ヒサ子副参事、「朝の醍醐味を知らない方々にお知らせしましょう。」と挨拶があった。
歓談しながら参加者の中からも決意発表があり、楽しい決起大会となった。
f0032780_12080084.jpg














[PR]
by krinrig | 2017-10-10 11:47 | おはよう倫理塾

金華山会場「おはよう倫理塾」に望月かよ子講師

9月30日菊地公民館にて、金華山会場「おはよう倫理塾」に望月かよ子講師を迎え開催。
f0032780_10063882.jpg<実践報告>加納支部 林英子さん 
支部長の役職を受けて、明るい大きな声で挨拶することが大切だと実感した。
また、辞令交付式の日、いただいた辞令を見つめ、精一杯やろうと、実家の両親の写真の横にかざると長男から電話があり、家を買うとのこと。
それは創始者丸山敏雄先生が住んでおられた高杉庵と同じ町内であった。
偶然とは思えないこの喜びと倫理の素晴らしさをお伝えすると共に、支部長として前向きに幸せ人生を歩んでいきたい。


f0032780_10063837.jpg<講話>生涯局望月かよ子講師 
声を大きく出すという事は明るい気持ちでないとできない。
「明朗、愛和、喜動」は「明朗」がベース、
人+物+明るさ⇒「愛和」、
働き+明るさ⇒喜動となる。
苦難の渦中に在る時、「明るさ」は難しいが、倫理を学んでいるとそこからの抜け方が違う。
その時は無理でも、いつか明るい方向へもっていこう。















[PR]
by krinrig | 2017-09-30 10:25 | おはよう倫理塾

7月9日合同の「おはよう倫理塾」

7月9日土曜日細畑公民館にて合同の「おはよう倫理塾」が開催されました。参加人数67名。
まず、神谷由美子会長より挨拶と文化活動の表彰がありました。
続いて、加納支部の中瀬さんの実践報告で、勤務先で売り場の移動とスタップの人事異動があり、売り場を苦手意識を持っていた人と二人で担当することになり、その上、メーカー側から販売目標額の設定が課せられ、心が不安に揺れ動く日々であったが、純粋連理で学んだ、相手に合わせること、挨拶と感謝の言葉、笑顔で接することにより、相手を嫌い、欠点と思っていたことが、美点であり、自分にない良いものを持っている方だと気付き、互いの気持ちが協力的に歩み寄り、メーカーの目標も達成できた。自分にも自信を持つことができたと喜びの報告でした。
f0032780_17252650.jpg

講話は、吉澤綾告子講師です。今年度もあと2ヶ月となりました。一日一日心を込めて後始末をして下さい。実践することは、気持ちの切り替えができる人を作ります。
どうせやるなら喜んでやってください。改善は苦難の中から生まれて来ます。あたたかい言葉や思いやりが良き信頼関係を作ります。そして、エネルギーが湧き出てきて放出されます。
そして、子育てセミナーやシニア弁論を通して若い世代の育成に努めて下さいと励ましを頂きました。















,
[PR]
by krinrig | 2016-07-11 17:24 | おはよう倫理塾

合同の「おはよう倫理塾」に110名

6月5日(日)「おはよう倫理塾」 細畑公民館にて 参加者110名
■実践報告 鈴木さん
おはよう倫理塾300日皆勤をした事で、主人への感謝の心がより一層深まった報告。きっかけは、朝早く起きる事が苦手で早起きが出来るようになりたいとおはよう倫理塾に通うようにした。何度となく途中で途切れたが、夜11時までには寝る・主人に「はい」と合わせる実践に取組んでいると、秋津書道の応募で秋津賞を頂けたり、やさしい主人の良い所がどんどん見えてくるようになった。これからも思いやりの心を忘れない様に心豊かに過ごします。

f0032780_12162894.jpg■講話 町筋幸江 特別顧問
気づいたらすぐする。「気」は、かたちでは見えないが、やる気のある人はパワーをもっている。ほがらかにならない時、心をきたえないとほがらかにはなれない。心配する人は、事が起こると他人のせいにする。文句を言う心は肉体に症状(特に皮膚・内臓)が現れてくる。
朗らかになったらどんな体験がでるか?
環境の変化は、何かを気づかせてくれる。食事は、喜んでいただく。喜ぶと、環境も身体も良くなる。
倫理は、いつでもどんな時でも喜ぶ事。
物事は、良くなるために起きているので、喜んでそのまま受け入れる事。
と締められた。















,
[PR]
by krinrig | 2016-06-09 12:14 | おはよう倫理塾

合同の「おはよう倫理塾」

5月8日(日)に、細畑公民館にて生涯局吉澤綾告子講師をお迎えして「おはよう倫理塾」を開催しました。参加者は71名。神谷由美子会長より、「熊本地震から、いつ自分達の地域でも起きるか分からないのが天災です。丸山敏秋理事長が“物の備え”“行動の備え”“心の備え”が大切です。とおっしゃっています。直観力を磨くためにも、目が覚めたらさっと起きましょう。」と、挨拶がありました。
 続いて、北岡恵子さんに実践報告をして頂きました。入会以来、目が覚めたら淡々と、同じ時間「おはよう倫理塾」に通い続けてきました。どんなことが起こってきても、どんな状態のときも、「これがよい」と「おはよう倫理塾」の600日皆勤達成を機に、今までの取り組みや心構えの発表がありました。

f0032780_14593879.jpg 吉澤綾告子講師の講話では、今まで困ったときに、心配してくよくよ考えていて、うまく解決できたでしょうか。困ったことと思われることも、頂き物と考え、これが良いとすべてを受け入れてください。目が覚めたら「ありがとう」と、さっと起きて、寝るときは、「今日も一日ありがとうございました。」と感謝して休んでください。続けていくと、こだわる心がなくなっていきますよ。そして、祖先を大切にしましょう。と、述べられました。
f0032780_1512616.jpg















,
[PR]
by krinrig | 2016-05-11 14:58 | おはよう倫理塾

藤﨑正剛部長 合同の「おはよう倫理塾」

3月5日(土)に、細畑公民館にて生涯局教育企画部 藤﨑正剛部長をお迎えして合同の「おはよう倫理塾」を開催しました。参加者は61名。神谷由美子会長より、「本日家庭倫理講演会を無事迎えることができ、感謝します。1月10日の祈誓式並びに決起大会から準備し、皆さんの真心のお誘いで本日来場いただく方々を喜んでお迎えしましょう。また、講演会では、家庭の劣化に歯止めをかけたいという思いで「『いのち』の輝き」というテーマを掲げ、健全な家庭作りの実践の場を提示し、子育て世代をメインにした活動を目指していきます。」と、挨拶がありました。
 続いて、篠田知美さんに本日の講演会のリハーサルを兼ねて実践報告をして頂きました。

f0032780_16553840.jpg 藤﨑正剛部長より、本日の講演会の為に、多くの皆様のご尽力や券頒布があり、成功のことと思います。倫理体験とは、『万人幸福の栞』に書かれていることを実験実証し、その学びの正しさを発表することです。心配をしたり、結果を予想しながら実践するのではなく、ただ喜んで全力を尽くしてください。その時、予想もつかない好結果が得られます。と、話された。













,
[PR]
by krinrig | 2016-03-07 16:52 | おはよう倫理塾

2月3日細畑会場のおはよう倫理塾

2月3日水曜日細畑会場のおはよう倫理塾に一般社団法人倫理研究所普及開発部内田靖士研究員をお迎えして開催しました。出席者は29人です。
実践報告は気付き即行の実践により、仲間づくりや家庭倫理講演会の動員が出来たという喜びの報告を八剣支部の堀場さんが、仲間づくりの事をいつも考えているときに、次から次へと知人の顔が浮かび毎日頒布に出ていたところ、訪問先の方が入会して1年分の会費までも頂けた喜びを長森支部の川辺さんがして下さいました。

f0032780_16212780.jpg内田研究員より、自分のことだけを考えていたら、普及は出来ないが、相手の方に幸せになっていただきたいたいと願ったときに力を頂けるのですねとお話しがあった。又、昨年度倫理研究所は創立70周年を迎えました。戦後間もなく創始者丸山敏雄先生が、この荒れ果てた日本を立て直すには夫婦の有り様から学ぶ事が必要不可欠とのことから、夫婦動の本を起稿して倫理運動が始まったことから、原点に立ち返り夫婦のあり方を話された。先ず、相手のことを明るく受け止める心。ハイと話を聞くこと。次に、明るさを自分から発する心。相手に喜んでもらえる働きをすることですと話された。
















[PR]
by krinrig | 2016-02-05 16:17 | おはよう倫理塾

1月13日合同の「おはよう倫理塾」

 1月13日(水)に、細畑公民館にて一般社団法人倫理研究所 東日本担当 松本光司主任を迎え開催された。参加者は64名。最初に岩田さんによる実践報告が行われた。
 
f0032780_10195314.jpg娘夫婦の危機に直面し、娘が悪い婿が悪いと責め心があったが、自分達夫婦に問題があることに気付かされた。主人を尊重する生活と娘の話をしっかり聞くことに心がける実践に取り組んだ。その後、懸命の介護にも関わらず主人は癌で亡くなった。今は娘夫婦と仲良く暮らせ幸せな日々を送っている。

f0032780_1020175.jpg次に、松本光司主任の講話が行われた。
“学ぶ”という言葉の語源は“真似る”という言葉からと言われる。最近の学校では“学ぶ”ことは、「なぜ、どうして」と疑問を持ち、考えることが“学ぶ”ことと言う。そして、「なぜ、どうして」を分かるようにしていくことを“研究”という。
 “守破離”という言葉がある。“守”…基本を徹底して行うこと。“破”…応用を利かせ、自然にできるようになること。“離”…自由自在に発揮できるようになること。最近の動向として、基本を学ぼうとせずに応用あるいは自由にできることを重視していることが多々あるが、そこからは本当の学びはできない。
 
f0032780_10203995.jpg
私は30歳の時に研究員として倫理研究所に入所した。まず最初に覚えることは『万人幸福の栞』の暗唱である。第2条までは、すらすらと覚えられたのに第3条からは全く覚えられないでいた。先輩から「まだ捨て切れていないな」と言われ、自分の中の“先入観、価値観、自分の思いやプライド”があると新しいものは入ってこないことに気付いた。プライドを捨てるために①清掃を徹底的にすること。②今、必要でないものは捨てる。の二つに取り組んだ。その結果、誰よりも早く暗唱することができた。今から何かを学ぼうとする時は、今までの経験やプライドを捨てて取り組むことが大切。と、述べられた。
[PR]
by krinrig | 2016-01-15 10:18 | おはよう倫理塾

12月6日、合同の「おはよう倫理塾」

 12月6日、合同の「おはよう倫理塾」を細畑公民館にて開催しました。参加者は83名でした。
f0032780_1543160.jpg講師の吉澤綾告子講師から「普及に向けての取り組み」についての心構えを話して頂きました。 

f0032780_1541161.jpg○古田さんの実践報告
「倫理を学び始めて20年、途中10年程休んでいました。再開のきっかけは、5年前に当時高校生の息子が友人関係につまずいたことからでした。生活倫理相談を受け、「おはよう倫理塾」に通い始めました。会場の先輩方に導かれてたんたんと通っているうちに、息子は無事高校を卒業し、大学に進学することが出来ました。
毎朝会場では、通う方が気持ちよく学べるように清掃や会場作りなど手分けして準備がきちんと行われています。なかなか真似はできませんがお手本となる方ばかりです。純粋倫理を学び人の為に自分の持ち味を発揮し、喜んで頂ければとても嬉しくなります。そして、いろんな人からご恩を受けている自分を今一度自覚して少しでもご恩返しができるように、これからも実践をしていきます。」と発表されました。
f0032780_1544612.jpg

[PR]
by krinrig | 2015-12-08 15:01 | おはよう倫理塾