カテゴリ:よくする活動( 114 )

中條ますみ講師を迎え、「明るく楽しく元気に!」

10月22日、家庭倫理の会 八剣支部・長森支部合同倫理セミナーに中條ますみ講師を迎え、「明るく楽しく元気に!」
f0032780_10004283.jpg人生には苦しい時もあります。苦しい時ほどそのまま自分に与えられた課題だと受けて、自分で解決すると決心することです。決して他のせいにしたり、人を責めたりしない。どんな難問でも自分が解決できることしか起きて来ません。ですから、喜んで、朗らかに、静かに迎えることが肝心です。
ものは取りようで、裏と表があります。
夏は暑いから嫌だなぁ~という見方と、夏は暑いのが当たり前だからいいのだ!という見方もあります。陰と陽もあるように、妻(夫)への見方、親への見方、子どもの見方などにも、明暗があります。
明るい見方をすることが、明るい生き方につながり、必ず幸せな生活になっていきます。暗い見方をすれば、暗い生き方になっていき、不足不満が多くなり、心配や憂鬱になってきます。

主人が定年間際の59歳になって、会社を辞めたいと言ってきました。もう少し我慢してくれたら退職金が満額貰えるのにという思いがありましたが、主人の気持ちを大切にしてあげたいという思いもありました。
「これが善い」と、主人の思い通りにすることにすると、次の仕事が決まるまで今の会社に居てもいいとまで言っていただけました。
主人は希望の会社の面接を受けに行きました。それも夏で暑いのにスーツにネクタイをしてそれなりに決めて行きました。他の面接者は全てラフなスタイルだったので一発で合格。
その会社への入職は1月からとなり、9月から休職状態でした。
丁度その間に、リフォーム中の自宅の留守番や、娘に出産のために東京へと行ってくれて、奇跡的に丁度いいようになって行きました。

明るくなればいい事は誰でも知っています。
明るくなるにはどうすればいいか?
①自分の考え方を変える。自分で変えようと気づくこと。わからなければ生活倫理相談を受ける。
②家を明るくする。窓を開ける。照明を明るくする。カーテンの色を明るくする。整理整頓する。
③体を動かす。とにかく上を向く。動き回る。
④動作を大きくする。大股で歩く。
⑤笑う。笑いヨガで練習してみましょう。とにかく笑う。笑うことでナチュラルキラー細胞が活発になり病気も治る。
⑥良い言葉を使う。ダメとかイヤとか面倒くさくとか、もう歳だからというマイナス言葉ではなく、プラス言葉を使う。
そして、一秒ほどの言葉で明るくなれる。
「はじめまして」
「ありがとう」
「顔晴って!」
「おめでとう」
「ごめんなさい」
「さよなら」
これらの一秒ほどの言葉で、明るくなれる。

自分の問題は自分で解決する。
心配しいてる、憂いている自分を静かに見つめる。客観視することで、小さな自分に気づく。
「これが善い」と受け止めることで、苦味あい、苦しみも解けていく。















[PR]
by krinrig | 2017-10-25 09:53 | よくする活動

役職者研修

10月21日南部コミニティーセンターにて、大阪より生涯局中條ますみ講師を迎えて「役職者研修」を開催。
f0032780_10004202.jpg
倫理運動において役職は組織の要であり、倫理運動の推進者として重要な働きを担っています。自己向上の最高の場であり、家族の幸福や、家業の繁栄をもたらす足場でもある事を自覚したいものです。
役職者の心得は、人のために尽くすところにその目的がありますが、同時に心持ちとしては、
① 温かく親しみのある人
② 何でも気楽に相談できる人
③ えこひいきをしない人
④ 秘密を守ってくれる人
⑤ 人の悩みや苦しみを共に悩み、よいことを共に喜ぶことのできる人
⑥ 責任を果たす人
⑦ 率先垂範する人
⑧ できない人を叱らない、できない人の心境がある
⑨ 健康であること
⑩ 家もしっかり実践

◆役職の受け止め方
《プラス》の人
① 役職を喜んで受ける[新しい風]。
 私ごとき者でもさせていただこう。
 同じことをするなら喜んで。
 いろいろなことがあるが、やりくりしてやってみる。
 苦手は自分を磨く。
② 受けた以上は責任をはたそう。
 できるだけ倫理を優先していこう。
このような人は、前進の心、姿勢で、家庭も事業も子供の能力も伸びて行く。

《マイナス》の人
① 役職をできない理由を探して受けない。
 仕事が忙しい。家に年寄りがいる。子供が小さい。私には能力がない。
② 役職を受けるが、させられる。押し付けられると思う。
 仕方なくしぶしぶ。役職を受けるが責任をはたさない。
このような人は、後ろ向きの心、姿勢で、家庭も事業仕事が伸びない。伸びてもガラリと行く。お金も変なものにださざるを得なくなる。子供の能力が意外と伸びない。

倫理運動の組織の特色は、命令と服従の関係ではなく、委嘱(頼んで任せる)と奉仕の関係です。受ける側からいえば、役職を慎んで受けさせていただく。
受けた以上は、その目的に向かって、聖業として、まことを尽くさせていただくということになります。

役職を通して、人を助け、人を救い、人を幸せにすることは、同時に己が救われる元であり、祖先から受け継いだツミを消し積徳の働きとなり、子孫繁栄の元となります。

f0032780_10004547.jpg中條講師の体験では、倫理を優先して実践した時、自分を取り巻く環境が、ちょうど良い時、良い方向へと変わっていった。倫理でつながっている事を実感している。
「つなぐ」が今年度の方針でもあります。
世代をつなぎ、倫理のバトンリレーをして行きましょう。
きらきら輝くには… “私を見て!”というくらいの気持ちで…
①元気、働き者、仲良し、行動的、親先祖を大切にする。
②徳は、ここぞ!という時、天から降りてくる。
③子供が人に役立つ子に!という前に、まず自分が役立つ人になる。
④ 大きな広い心を持つ(人を責めない)。女性であれば、笑顔美人・返事美人・あいさつ美人と言われるようになりたい。

普及目標は人のためであり
① 明るく和やかな家庭が一軒でも多くなり、地域が良くなるように。
② 倫理実践による感謝と感動を一人でも多くの人に波及する。
そのことにより、自分の人生目標として
① よりよい人生にしたい。
② 肉体健康、家庭健康、事業繁栄と掲げることができる。

ぜひ役職を喜んで取り組んで、素晴らしい自分に気づけるようにしてください。















[PR]
by krinrig | 2017-10-23 11:33 | よくする活動

岐阜県家庭倫理の会辞令交付式

9月10日(日)大垣フォーラムホテルにて、平成30年度岐阜県家庭倫理の会辞令交付式がおこなわれ、普及開発部 吉川和儀部長より辞令を拝受した。f0032780_08282073.jpg
 第2部役職者研修のテーマは「平成30年度生涯局活動方針」、講師は吉川和儀部長。
「日本創生」と「地球倫理の推進」の二大スローガンのもと、不易の倫理を基軸とする“健全な家庭づくり”を推し進めていく、そのためには役職者がリーダーとなって足元の実践を大切に、即ち最も身近な家庭がさらに良くなっていく事、辞令があるからこそ実践につながっていく事が役職者の共通の役割であるとエールをおくられた。
f0032780_08284486.jpg

[PR]
by krinrig | 2017-09-12 08:22 | よくする活動

新旧役員懇親会

8月26日ござるさ田神にて「新旧役員懇談会」を開催。
はじめに神谷由美子前会長より
「27、28、29年度会長のお役を務めさせていただきました。
皆さんの支えがあったからこそ、その時その場を一所懸命、精一杯働くことができ、悔いがありません。倫理のお役は、自分の勉強、徳積みです。3年間ありがとうございました。」と挨拶があった。f0032780_08110207.jpg
その後、出席者一人ずつ、これまでのふりかえりやこれからの抱負、また倫理の学びに出会った感謝の思いを語り合い、和やかで楽しいひとときを過ごした。

[PR]
by krinrig | 2017-08-28 08:11 | よくする活動

町筋幸江特別顧問「活き活きセミナー」

家庭倫理の会岐阜市では、6月5日長森コミュニティーセンターにて、倫理研究所 特別顧問 町筋幸江様を講師に迎え「活き活きセミナー」を開催。

f0032780_1733348.jpgテーマ【幸せのヒント】
“幸せ”とは一体何でしょう?
幸せとは、(1)心身ともに健康であること。(2)経済的に物質的に恵まれていること。(3)人間関係が円滑であること。(4)生きがいとして充実していること。(5)人の役に立っていること。心に喜びを感じている。
物質面ではなくて、心を豊かに生きるにはどうすればいいのでしょう?
私たちは一人では生きていけません。社会と共に関わって生きることです。
しかし、苦難を抱えていると幸せとは思えないでしょうが、苦難を乗り越える勇気を持つことです。苦難はその人を幸せにする門であるからです。苦難はメッセージを持っていて、心の間違いに自ら変わること。他人のせいにしていては、いつまでたっても解決しません。自らが変わることです。
それには、まず心を明朗にすること。そして、プラスの言葉を使うようにする。苦難をも肯定的に受け、否定しないことです。
夫婦間には様々な問題が起きてきますが、男性は間違いを認めないと思うことです。女性は受け入れる特性を持っているので、家庭内の問題は女性が実践すると大体が解決する。
自分を卑下する人がいますが、自己肯定をすること。自分を好きになること。自分を否定すると、相手の負の部分を見つけて否定するようになります。素晴らしい自分を好きになること。
自分を好きな部分は親のいいところである。自分を嫌うことは親を嫌うことはである。親のいいところは自分のいいところを伸ばし子供につながって行く。
両親のおかげの“いのち”と思えること。その“いのち”を、人のために喜んで働ける人は幸せである。
自分の使命役割の自覚を感じ取っていくこと。
見えない魂のつながりを意識して感じ取れること。
f0032780_1734932.jpg

当たり前のことに「ありがとう」の心を持ちましょう。
心が豊かに、当たり前のことに感謝出来ているか
ありがとうの三つの心、毎日三つの感謝を見つけて書き出す。
飲み水に感謝、移動できる車に感謝。主人にありがとう。など
毎日三つのありがとう見つけることで、感謝が深まります。
そうすることで、大丈夫の心境になっていく。
気づいたことを、実践と行動に移すのが幸せのヒントになっていく。
細胞の免疫力を高めるには、喜ぶこと、感動すること、感謝すること。
















[PR]
by krinrig | 2016-06-09 17:35 | よくする活動

『純粋倫理基礎講座』

 6月4日(土)に、講師に町筋幸江特別顧問を講師に迎え、純粋倫理基礎講座 ~第17講~「科学に立脚し宗教に出入する」が岐阜倫理会館にて開催されました。参加者は51名。
 神谷由美子会長の挨拶に続き、第16講の「真っ直ぐに生きる」の倫理受講後の学びの実践を、柳ケ瀬支部の後藤幸子さんと加納支部の洞口宣子さんが報告しました。
 
f0032780_12274264.jpg第17講は純粋倫理の科学的方法、実証と観察と実験によって得られたデーターで理論や法則が見出されるが、純粋倫理はそれを精神、心理の世界まで研究して、誰が、いつ、どこで行っても同じ結果が出ることを証明したもので、この証明ということが、科学に立脚するということです。そして宗教に出入するの、出入するとは、純粋倫理に宗教が入ったり、出たりということではなく、純粋倫理は宗教とは離れがたく、繋がっているということです。倫理と宗教の違いは、倫理は私から親、先祖を通して神・仏(宇宙生命)に至るが、宗教は、私から直に紙を信ずるに至る。純粋倫理は実践することが大切で、親、祖先を尊敬し、大切にする実践をして、初めて真(まこと)の人となりますと結ばれた。














,
[PR]
by krinrig | 2016-06-07 12:26 | よくする活動

「全役職者研修」

 5月7日(土)に、長森コミュニティセンターにて生涯局吉澤綾告子講師をお迎えして「全役職者研修」を開催しました。参加者は47名。神谷由美子会長より、「今年度も三分の一が過ぎました。皆さんが役を受け、その役に精一杯取り組んでいただいたお陰で無事行事を行うことが出来ました。ありがとうございます。改めて、役職の意義を再認識して、これからも引き続きお願いします。」と挨拶がありました。

f0032780_156318.jpg吉澤綾告子講師の講話。“長”の付く人は、人の好き嫌いをせず、自分の中に不足不満を持たず、あたたかく包み込むような気持ちで接しましょう。行事に取り組むときは、“はい、喜んで‼ ”と、にこにこ楽しく行ってください。人の為に喜んで取り組むことは、徳を積んだ生き方になり、子や孫につながります。人、物、チャンスは徳のある人に集まってきます。足元の小さなことに喜んで取り組んで、大きな目標を達成しましょう。」と述べられました。
f0032780_1564628.jpg















,
[PR]
by krinrig | 2016-05-10 15:04 | よくする活動

純粋倫理基礎講座 ~第16講~「大自然と生きる」

 4月9日(土)に、講師に中川ヤスエ講師を迎え、純粋倫理基礎講座 ~第16講~「大自然と生きる」が長森コミニュティーセンターにて開催されました。参加者は56名。
 最初に、第15講の「大自然と生きる」天候気候の倫理受講後の学びの実践を、やまがた支部の神谷栄二さんと芥見支部の篠田知美さんが報告しました。

f0032780_13275841.jpg続いて、中川ヤスエ講師による講話。
「人は希望を失うと気持ちが沈み、自分の生き方を狭くしてしまいがちである。しかし、自分の至らぬことに気付いて改めてよくなれば、おのずから周囲が変わり、環境が変わっていく。
 人生の主役は己自身である。心に希望をかかげ、自分の人生を如何に切り拓いていくか。
f0032780_13282194.jpg

①真っ直ぐに行なうこと。わき見をせず、そのまま、ひたすら実行。
②よしと信じ、やると決めたことは必ず実行する。一心にやりぬく。
③直行を心掛けていると、生活にムダがなくなり、流れるようにことが運び、その時その場に力いっぱい生きている充実感に満たされるようになる。
f0032780_13284023.jpg

















[PR]
by krinrig | 2016-04-11 13:30 | よくする活動

感謝の会

3月27日(日)、「家庭倫理の会岐阜市 感謝の会」をホテルパークにて開催されました。
 最初に、神谷由美子会長より、普及キャンペーンと家庭倫理講演会の目標達成に向け取り組んだ会員の方々への感謝の言葉がありました。続いて6名の方が喜びの発表を行いました。
 
f0032780_12573998.jpg○野口さん・・・家庭倫理講演会の進行を受け、何かを成し遂げる自分なりの達成感を得たことと、子供の大学合格が重なりとても嬉しかったです。
 
f0032780_1258512.jpg○神谷さん・・・小学校の恩師が家庭倫理講演会に遠方より来てくださり、後日「いいお話が聞けてとても嬉しく思います」とお礼の手紙を頂きました。
 
f0032780_12583654.jpg○栗本さん・・・孫に家庭倫理講演会に出席して欲しいという思いが伝わって、来てくれました。
 
f0032780_12585696.jpg○田口さん・・・家庭倫理講演会に仕事関係の人を思い切ってお誘いしたところ、未会員8名の方に来て頂けました。そして、主人がとても協力的であったことに感謝しました。
 
f0032780_1259329.jpg○水崎さん・・・普及キャンペーンで、一生懸命やっている姿をみて、入会をしてくださった方がありました。明るい気持ちでコツコツとお誘いしていけば、普及につながること実感しました。

f0032780_12595967.jpg ○小森さん・・・支部長としてすべてを受け入れると心に決めた時、支部の方が動いてくださり、家庭倫理講演会に、88名の動員ができた喜びと、一人ひとりの方に感謝です。
f0032780_1304196.jpg

その後、余興では歌・オカリナ演奏・詩吟・フラダンス・ゴスペルとダンスなど取り組んだ成果を発表し、大いに盛り上がりました。
f0032780_131136.jpg















,
[PR]
by krinrig | 2016-03-28 12:56 | よくする活動

28年度 家庭倫理講演会

3月5日土曜日、家庭倫理講演会がじゅうろくプラザで開催されました。
進行は野口みかさんです。
まず初めに、家庭倫理講演会岐阜市を代表して神谷由美子会長の挨拶がありました。
続いて来賓の岐阜市教育委員会教育長早川三根夫様よりお言葉を賜りました。
そして、一般社団法人倫理研究所の藤﨑正剛理事が「『いのち』の輝きをテーマに講演されました。483名の参加がありました。
f0032780_16494239.jpg

 藤﨑正剛講師は、少しの間心臓を止めておこうと思っても止めることはできません。赤ちゃんが生まれてくる時は息を吐いて生まれてきます。そして、亡くなるときは、吸って死を迎えます。生かされている命です。事例として、交通事故で奇跡的に生還した男性の体験談を紹介。「普段の生活では感じない、自分は生かされている、という感覚を男性はあらためて感じている」と話し、「一日に1回だけでもいいので、自分の家族や祖先のことを考えて、命の大切さを意識してください。」と参加者に呼び掛けた。また、夫婦の間に生まれた子供の問題には夫婦の関係に問題があります。夫と妻は平等ですが、順序があります。そして、相手は鏡です。相手を変えようと思う前に自分が変わるのです。夫婦は釣り合っています。と、夫婦の関係についても話された。

f0032780_16501788.jpg続いて篠田知美さんの体験報告がありました。
長男が中学三年の部活を終えて「さあこれから受験勉強を始めるぞ」と言っていたのに塾をさぼり、夜遊びをするようになり、注意すればするほど反抗するようになりました。主人は単身赴任で、直接相談することができません。
その頃に倫理のお誘いがあり、子供が変わると聞き、きっと良くなると信じて「おはよう倫理塾」に通い続けました。セミナーや生活倫理相談を受けた時に、これまでの自分の生活の間違いに気付かされました。子供の困った行動の原因は親にあったのです。子供ではなくて自分を正せば良いとわかりました。反省し、主人に話して、二人で子供の寝姿に心から謝りました。主人に対しては、“喜んでくれることをしよう”と赴任先に出かけて部屋の掃除をしたり、料理を作ったりして、主人と安らぎの時間を持ちました。今では、息子は元の優しい思いやりのある子に戻り、仕事も一生懸命頑張っています。
 また、義母は昨年の2月に脳梗塞で入院しました。徐々に食べ物が喉を通りにくくなり、寝たきりの状態になった義母を自宅介護に切り替えて、家で流動食を作ったり、夜は主人と交代で義母の横に寝てお世話をしました。
倫理の学びのお蔭で大変な介護も、前向きに明るい気持ちでお世話をすることが出来ました。
 再入院後の7月に娘や孫、皆に見守られて89歳で亡くなりました。義母は命尽きるまで力を振り絞って生を全うし、“どんな時も辛抱強く真面目に頑張って生きることが大切”と教えてくれました。感謝の気持ちでいっぱいです。と、発表をして頂きました。
f0032780_16503544.jpg

 最後のまとめとして、講師は相手を変えようとしても変わりません。相手を受け入れ、共感したときに相手は変わります。まず、夫婦の間で気持ち良い挨拶から始めてください。と、結ばれた。














,
[PR]
by krinrig | 2016-03-08 16:38 | よくする活動