カテゴリ:文化活動( 44 )

東海エリア『歌ごもり』

6月20~22日、岐阜グランドホテルにて、本部より、北奥明彦文化部部長、木村英世専任研究員そして、東海エリアの短歌講師を迎え、総勢106名で開催しました。(内岐阜市21名の出席)

f0032780_17161795.jpg 20日午後1時の開講式後、北奥明彦部長の講義『いのちとかたちー短歌における個性の発揚―』が行われ、「生きる力の根源『いのち』を三十一文字という定まった形のうたで表しましょう。すべてがそのままで良いのです。」と述べられました。
 続いて歌会の開始。全投稿草は百十二首になり、一日目の第1部歌会に於いては、五十七首の講評を10人の講師が一首ずつ述べられ、作者が作歌の動機を発表しました。
f0032780_17205341.jpg

二日目の第2部歌会後に、閉講式が行われ、その中で高点歌の方14名の表彰がありました。(高点歌は、20点以上の歌です。)最も点の多いお二人の詠草を紹介します。
  三河  安城支苑   佐々木和歌子さん
◎ハグをする我にふざけて「ハッケヨイ」と相撲をとるふり照れるな夫よ

大垣市 大垣支苑   長井トシ子さん
◎手間かけて姑の伝授の草餅に夫は「うまい」と笑みたる面を  
f0032780_17211693.jpg

総括では、北奥明彦部長が、「しきなみ短歌の良さは全員が主人公です。しきなみ短歌には純粋倫理の理念がしっかりとしみ込んでいます。短歌は心の向上が大切です。心を清らかにしていくために短歌を詠んでください。自分の真実の姿を歌に込めてください。心の歴史を歌に詠んで残してきたのが日本人です。」とまとめられました。
  













,
[PR]
by krinrig | 2016-06-30 17:14 | 文化活動

中村正生主事を迎え「吟行会」

6月7日、長良川河畔で「長良支苑・長森支苑合同吟行会」が開催された。
f0032780_16172076.jpg文化部の中村正生主事を迎え、両支苑担当講師の古山洋子講師と川手静子講師を含め三十名が参加。中村正生主事より、吟行会のポイントである即詠をするための心持ちや、短歌のまとめ方についての要点をお聞きした後、歌材を求めて長良川河畔や川湊に格子作りの商家が並ぶ河原町を散策した。よく観察していないと見過ごしてしまう事がらにも中村正生主事は「これも短歌になりますよ。」と、一つひとつ歌を作りながら、即詠について教えてくださった。

f0032780_16163995.jpg歌会は河畔の商家を改築したレストラン「ルシノワかわで」で開催。三人の講師より、一首ずつていねいに講評をして頂いた。中村正生主事は「同じものを見ているのに一人一人が違うものを感じ、表現の仕方はそれぞれです。素直な気持ちで作った短歌は、個性が輝いてきます。楽しんで作りましょう。短歌は生活を豊かにします。難しいと思わずに、日記と思って、遊び感覚で続けてみましょう。いつかあなたの財産になります。」と結ばれた。
f0032780_13362994.jpg

[PR]
by krinrig | 2015-06-08 16:15 | 文化活動

文化部「新年会」

1月11日家庭倫理の会岐阜市 文化部の長良、やまがた、長森各支苑合同新年会を細畑公民館にて開催。午前は、三支苑合同しきなみ短歌会。

f0032780_13165366.jpg川手静子・古山洋子短歌講師をお迎えし、詠草は38首が提出され、合同ならではの他支苑の方の短歌にふれることができました。高点歌を発表し、講師から講評えて、一人一人作歌の動機を聴き感想を述べ、会員29名の参加で、感動をたくさん頂くことができた。
その後の新年会では、美味しい食事をいただきながら、入会の動機や、文化活動の楽しさなど会話も弾み、親睦を深め合うことができた。
午後からは、見学者も加わり三支苑合同秋津書道会と続いた。墨の薫りと程よい緊張感の中、真剣な面もちで筆を運び2月の競書課題に取り組んでいた。
今年度の文化部合同の新年会も、会員相互の交流ができ晴れやかな新春にふさわしく盛会裡に終えた。
f0032780_13174795.jpg

[PR]
by krinrig | 2015-01-13 13:13 | 文化活動

平成26年秋津書道、しきなみ短歌新年会

家庭倫理の会岐阜市では、1月12日「平成26年秋津書道、しきなみ短歌新年会」を、細畑公民館で開催。
午前は後藤幸子短歌講師による“しきなみ短歌会“。
事前の選歌による、高点歌を発表。一人一人作歌の動機などを伺い、感想を述べ合い意義ある学びが出来ました。
f0032780_15494914.jpg

f0032780_15504761.jpg

その後、食事を摂りながら懇談会。各支苑が一同に集まっての食事会は、それぞれ盛り上懇親を深めた。
f0032780_15505472.jpg

午後からは、泉富子書道講師をお迎えして“秋津書道”。
展示された半切に書かれた一月の競書を出席者全員に一作品ずつ感想を聞かれた。
f0032780_15515217.jpg
短歌、書道とも意義あるものとなり、文化チーフ支苑班長の並々ならぬ努力の賜物だと思う。
また前日の作品展示については、細畑会場の男性全員から多大な協力を得たことは感謝に堪えません。有難うございました。参加人員40名
[PR]
by krinrig | 2014-01-13 15:48 | 文化活動

『しきなみ短歌会、合同吟行会』

6月30日(日)「しきなみ短歌会」の合同の吟行会が開催された。参加者33名
当日は梅雨のさ中にもかかわらず、うす曇りの天気にめぐまれ、三田洞弘法の法華寺を尋ねた。広い庭園内は、
木々の新緑に溢れ、紫陽花の花と池には水連のピンクや黄の花が咲き、鯉の泳ぐ素敵なところであった。参加者は歌会の始まるまで、庭園内を散策し、清々しい緑を満喫した。長良支苑264回、長森支苑112回の合同の短歌会を法華寺をお借りして川手 静子・高橋 秀雄両短歌講師をお迎えして賑やかに行った。秋津書道は7月の競書作品を並べて鑑賞し、泉 富子書道講師の指導のもと、良いところを発表し合い、お互いが学びあえる場となった。精進料理の昼食を美味しく頂き、会員以外の参加者もあった、なごやかな吟行会は、好評のうちに散会となった。
f0032780_11243554.jpg

[PR]
by krinrig | 2013-07-31 11:25 | 文化活動

「しきなみ短歌セミナー」「秋津書道セミナー」

5月17日午前に「しきなみ短歌セミナー」午後に「秋津書道セミナー」が長森コミュニティセンターにて講師に(社)倫理研究所 生涯局 文化部 部長 北奥明彦様をお迎えし開催された。
出席者 しきなみ短歌 25名  秋津書道 27名
f0032780_1456174.jpg

始めに大野ヒサ子会長より「倫理研究所文化部より北奥部長をお迎えして、短歌と書道の心を教えて頂く中々ない機会を頂きました。私も主人や孫の事を短歌に詠んでいます。短歌も書道も心の勉強です。素直な心になるには、続けることが大切です。」と挨拶があった。

午前のしきなみ短歌セミナーは北奥明彦部長より「今日はしきなみ短歌を通して丸山敏雄先生の精神をお伝えします。」と始まり丸山敏雄先生の書かれた『歌をすすめる言葉』の文より、「自分の個性をあきらかにし、生活のすべてを浄化するために歌があります。歌をつくりはじめると悲しみが喜びとなり、怒りは笑いに、憎悪は愛情に、恐怖は親愛にと人生苦のことごとくは歌によって歓喜の泉となります。そして醜い物さえ美しく転じてきます。」と詳しく、丁寧に、分かり易く説明があった。
そして短歌で遊ぶ実習として、5人ひと組とし、5,7,5,7,7の文字を一人一人が担当、今感じていることを書いてそれを並び変えてひとつの歌にしました。5つのグループがありましたが、そのうちのひとつを紹介します。
   さ緑の はっきりと見え この出会い 初めての歌 いい気になるな
難しいと思っていた歌づくりも笑いの中に体験し、とても有意義で楽しい短歌セミナーであった。
f0032780_14562278.jpg

午後の秋津書道セミナーは倫理運動の原点である秋津書道院の発足の説明に始まり、書は何の為に習うかの説明があった。書道の目的は心をみがくことであり、心が文字にあらわれるので、正しく書く様にすれば、心は美しくなること。又、「書道箴言」の説明があり、毎日練習することの大切さや、人と比べず自分の心を磨くことや、筆をもてることを感謝すること、など守っていかなければ行けないものは、人の心であり、書の道であると、力強く説かれた。最後に丸山敏雄先生の書を2点臨書され、ご自分の歌を調和体で揮毫され、見事な書きぶりに出席者一同が圧倒され、感動を残して修了となった。
f0032780_1456480.jpg

[PR]
by krinrig | 2013-05-18 14:52 | 文化活動

子ども短歌コンクール

f0032780_10161632.jpg

[PR]
by krinrig | 2012-07-13 10:16 | 文化活動

しきなみ短歌会長良支苑250回長森支苑100回記念式典

6月17日細畑公民館にて、「家庭倫理の会岐阜市」しきなみ短歌会・長良支苑第二百五十回・長森支苑第百回合同記念式典並びに歌会が開催されました。
f0032780_14464368.jpg「家庭倫理の会岐阜市」しきなみ短歌会は、平成三年五月、当時は岐阜支所の岐阜支舎、として開設されました。会員の皆さんの、努力の結果、順調に会員も増え、平成十五年に高富支苑となり、平成十六年には徹明支苑を分封開設し、本日長良支苑第二百五十回・長森支苑第百回を記念して合同歌会を開催することが出来た、喜びの経過報告を鈴木美智子さん。
今回を記念して、合同歌集『かがりび』を発行できたことを鈴木冨佐子文化チーフより謝辞。歌会では、高点歌十首を発表され、それぞれ参加者は作歌の動機を述べ、短歌を詠む喜びを発表。その後の記念懇親会では、記念写真を撮影し、食事会で親睦を深めることができた。参加者20名。
f0032780_14471675.jpg


「経過報告」全文

  「家庭倫理の会岐阜市」の「しきなみ短歌会」は平成三年五月、当時は岐阜支所の岐阜支舎、として開設されました。
四年後の、平成七年七月に、岐阜支舎は、第五十回記念歌会を開催し、合同歌集『篝火』第一集を、上梓しました。
その四年後、平成十一年八月に、岐阜支所の徳田支苑となり、第百回記念歌会を開催し、合同歌集『篝火』第二集を、上梓しました。
そして又四年後、平成十五年十一月、岐阜支所の高富支苑となり、第百五十回記念歌会を開催し、合同歌集『篝火』第三集を、上梓しました。
この様に、しきなみ短歌会の皆さんの、努力の結果、順調に会員も増え、支苑を分封することになり、平成十六年三月、徹明支苑開設式を、行うことができ、岐阜支所は、高富支苑、徹明支苑と二つの支苑になりました。
その後、平成十七年、倫理研究所の改革により、岐阜支所は、「家庭倫理の会岐阜市」と名称が変わり、平成二十年二月、「家庭倫理の会岐阜市」長良支苑が、第二百回記念歌会を、徹明支苑が、第五十回記念歌会を、二支苑合同にて、開催しました。そして二支苑合同の歌集『篝火』第四集を上梓しました
本日、平成二十四年六月十七日、「家庭倫理の会岐阜市」長良支苑が、第二百五十回、長森支苑が第百回、を記念して合同歌会を開催し、合同歌集『篝火』第五集を、上梓することができます事は、この上もない喜びです。
又、この間平成十七年に「子ども倫理塾」にて開設された、「ぎふ子ども短歌コンクール」の応募作品の選歌などを、五年間、協力する活動もありました。
平成三年に開設された、岐阜の「しきなみ短歌会」も、二十一年の歴史ができ、短歌講師も、四名、輩出することができました
お世話になった講師の先生方を振り返ってみますと、平成三年の開設当初から平成十八年迄、十五年間の永きに亘り、水野つや子講師に、その後は深谷長子講師に、そして私鈴木、泉富子講師と続き、現在は、長良支苑を後藤幸子講師、長森支苑を深谷長子講師にお世話になっております。
平成十七年の、倫理研究所の、大きな改革により、「しきなみ短歌会」の目的も、単に自己研鑚に留まること無く、文化活動を通して対外的な倫理普及が、大きく求められております。これからは、「しきなみ短歌会」を創設された「丸山敏雄」先生の精神を忘れず、短歌を詠むことにより、日々の生活を明るく、仲よくし、自分の個性を伸ばして、心豊かな人間になり、歌作りの楽しさを、多くの人々にお伝えし、倫理普及に繋げていくことを、お誓いして経過報告と致します。
 
 
   平成二十四年六月十七日
   しきなみ短歌会「家庭倫理の会岐阜市」長森支苑 鈴木美智子
[PR]
by krinrig | 2012-06-18 14:45 | 文化活動

秋津書道・しきなみ短歌合同新年会

1月15日、長良支苑・長森支苑合同新年会を開催しました。会場には、書道と短歌の作品が展示され互いに観賞し合うことができました。
f0032780_17423261.jpg

午前は、合同しきなみ短歌歌会です。支苑合同での歌会では後藤幸子短歌講師のもと高点歌が発表され、個々の個性ある素晴らしい作品が並び、講評と作者の感想を交え、交流を深めることが出来ました。
f0032780_17425322.jpg

その後の「合同新年会」では、会食しながら、倫理を通しての、日頃の作品作り談話で盛り上がりました。参加者25名。
午後は合同秋津書道会を開催しました。墨のにおいに、真新しい半紙に筆を走らせる音。互いに励まし合いながら、書道を通して交流を深めました。
f0032780_17431037.jpg


一緒に、短歌と書道を学びませんか。

倫理文化活動は、しきなみ短歌と秋津書道を楽しく日本文化を学ぶことが即倫理実践であり、心の浄化につながることを体験していただく場をもういけていきます。
活動は現在長良支苑と長森支苑があり月一回歌会と書道会を開催しています。
倫理未会員にも参加を積極的に働きかけています。

どんなことでも
055.gifrinrigifu@yahoo.co.jp
へ、お問合せください。
[PR]
by krinrig | 2012-01-16 17:47 | 文化活動

北岡さんが短歌で入選!

家庭倫理の会では、文化活動として、「秋津書道」「しきなみ短歌」の勉強会を毎月行なっています。
しきなみ9月号では、長森支苑 北岡 恵子様が飛雲集 第三席に入選。
おめでとうございます。

「桜花咲き満つる中立つちする孫の一歩をひらひら祝う」 
「初登園緊張の中家中で見送る孫のバス走りゆく」
f0032780_17234566.jpg



055.gif 文化活動の問い合わせは rinrigifu@yahoo.co.jp








【お知らせ】ブログに、広告が入るようになりましたが、家庭倫理の会とは一切関係がありませんので、ご承知おき下さい。クッリクしないで下さい。
[PR]
by krinrig | 2011-08-05 17:25 | 文化活動