「家庭倫理の会」とは

「家庭倫理の会」は、一般社団法人 倫理研究所の主宰する倫理運動の趣旨に賛同する、個人会員による組織です。
f0032780_11214100.jpg
「家庭倫理の会」は、実行によって直ちに正しさが証明できる、生活法則である
純粋倫理
を基底に、和やかな家庭づくりを推進し、共尊共生の精神に則った生き方をめざす人々の輪を拡げて、地域社会の発展と、美しい平和な世界づくりに貢献することを目的とした団体です。


純粋倫理
とは、日本の精神文化や歴史、宗教等の研究を土台に樹立された《人間生活の法則=すじみち》です。実生活とひと時も離れることのない生活のルールといえます。人間を幸福に導き、平和で豊かな社会を築く基本の《くらしみち》であり、生きた生活法則です。

家庭倫理の会は一般社団法人倫理研究所の個人会員によって組織された会です。倫理研究所は、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律のもとで認可された民間の社会教育団体です。家庭倫理の会は、純粋倫理をベースにした生涯学習活動を通して、健全な家庭づくりと地域社会に貢献することを目的に、様々な活動を展開しています。民間の社会教育団体です。

以下その活動状況を随時掲載しています。

ページ画面の一番下に来ましたら、「次のページ」に進んで下さい。














【お知らせ】ブログに、広告が入るようになりましたが、家庭倫理の会とは一切関係がありませんので、ご承知おき下さい。クッリクしないで下さい。











[PR]
# by krinrig | 2017-09-04 10:23

中瀬会長あいさつ

f0032780_11121077.jpg
30年度会長を仰せつかりました中瀬加代子です。私は平成17年に入会し、純粋倫理を学ばせて頂く中で心の持ち方や、考え方ががらりと変わりました。人生が変わったといっても過言ではありません。感謝と恩返しの気持ちでお役を受けさせていただきました。1年間 一所懸命頑張ります。どうぞ宜しくお願いします。
[PR]
# by krinrig | 2017-09-01 11:11

神谷会長あいさつ

皆様のご協力のおかげで、3年間、会長のお役を務めさせていただくことができました。心より感謝お礼申し上げます。
f0032780_11091126.jpg
都ホテルで開催した合同の「おはよう倫理塾」は、3年連続全国年間ランキングに名を残し、特に28年度、29年度は、200名を超える動員を得ることができ、岐阜市が自信を持てた取り組みの一つでした。27年度の県体制の教育創生フォーラム、28年度の東海エリアしきなみ歌ごもりは、岐阜市が中心となって取り組み、苦労があった分喜びと感動を共有することができました。また、家庭倫理講演会や普及キャンペーンなど様々な行事で“新に挑む”を意識して活動してこられたのも、全て皆様のご理解とご協力があったからこそであります。29年度は、岐阜市で倫理運動が始まって55周年という節目の年でもありました。この時期に会長として関わらせていただけたことは、私にとりまして、とても意義深いことであり、貴重な経験でした。この経験を糧に、これからも精進してまいります。ありがとうございました。 神谷由美子
[PR]
# by krinrig | 2017-08-31 11:08

8月20日「親子ふれあい会」

8月20日日曜日、長森コミセンにて、子育て支援の一環として「親子ふれあいの会」を開催  参加者 小学生9名、幼児9名、大人8名親子混合で、2チームに分かれ、魚釣りゲームや空き缶積み、ボーリングに段ボールキャタピラ競争など、リレー形式で競いました。
f0032780_10512284.jpg
小さい子には大きい子が手助けしたり、声援したり、最後はみんなで新聞ボールの投げ合いっこ!とても熱く、楽しいふれあい会になりました!!
f0032780_10513253.jpg

[PR]
# by krinrig | 2017-08-21 10:46

8月18日「合同のおはよう倫理塾」

8月18日金曜日、細畑公民館にて「合同のおはよう倫理塾」を開催はじめに神谷由美子会長より挨拶。実践報告は川辺典子さん。3年間文化チーフとして様々な新しいことに挑戦し、多くの感動と喜びをいただいた。役を通して、受け入れること、つながることの大切さを学び、すなおな自分になれた。夫婦関係も良くなった喜びの報告。講話は生涯局普及開発部 澤谷直行主任。8月から中日本の担当で、まずは名前の由来から。熱心に倫理を学んでいた両親が、『万人幸福の栞』にある「純情直行」からとったと自己紹介。講話のテーマは『幸運をつかむ』。幸運をつかむには(『万人幸福の栞』第3条・35ぺージ参照)1 あらゆる時(機会)をとらえる2 断乎として善処する3 目的を定める4 終始一貫やり続ける逆に、運が来ない人は1 人の目を気にしすぎる2 呼吸が浅い3 心の切り替えがうまくできない4 真心のない行動をする
[PR]
# by krinrig | 2017-08-19 19:37

平成30年度会三役・支部長懇談会

8月17日金曜日、八郎鮨にて「平成30年度会三役・支部長懇談会」生涯局普及開発部中日本担当澤谷直行主任をお迎えして開催。
f0032780_10323353.jpg
参加者がそれぞれ自己紹介した後、澤谷主任から挨拶があり、その後、食事をしながら、平成30年度の会の活動や支部の活動について様々な意見交換や質疑応答が行われ、「皆で楽しんで、会活動・支部活動を盛り上げましょう。」と結ばれた。
[PR]
# by krinrig | 2017-08-19 10:23

芥見支部設立式典

8月6日、芥見支部設立式典と記念講演が市内の東部コミュニティセンターにて開催された。参加者95名。後藤千鶴子事務長より経過報告の後、生涯局平岩かおる講師から、篠田知美支部長に認可書が授与された。
f0032780_09592751.jpg
f0032780_09593010.jpg
平岩かおる講師は式辞で、「72年前、敗戦の混乱の中、荒廃した世を立て直すべく倫理運動が始まった。現在は予期せぬ事が多発し、大変動の中を我々は生きている。この時代、不易の倫理を基軸とする健全な家庭作りを力強く推し進めよう」とエールを送った。
f0032780_09593554.jpg
f0032780_09593979.jpg
ご来賓の芥見自治会連合会会長 後藤東洋士様は6年前の準支部発足の際にもご出席いただいており、この度の祝辞の中で「芥見地区の自治会活動が広がる中で、倫理活動がその支えの一部となり、成り立っている」とのお言葉をいただいた。篠田知美支部長は謝辞で、「生涯教育を推進する民間の教育団体として、学びと実践を深め、地域社会の発展と、和やかな家庭作りに貢献したい」と感謝と決意を述べた。 その後「つながる」というテーマで平岩かおる講師による記念講演が行われた。
f0032780_09594539.jpg

[PR]
# by krinrig | 2017-08-10 10:11

「長良川を美しくしよう運動」

「長良川を美しくしよう運動」7月30日日曜日(参加者51名)と8月6日日曜日(参加者45名)、地元新聞社主催の花火大会後の清掃活動に参加。 今年は花火打ち上げ場所の真正面に当たる、『岐阜長良川防災、健康ステーション』に集合場所を変更し、その周辺一帯をゴミ拾い。心地よい汗を流した。
f0032780_10441423.jpg

[PR]
# by krinrig | 2017-08-07 10:43

8/21『子供倫理塾』「親子ふれあいゲーム大会」

8月21日(日)に長森コミュニティセンターにて、親子の絆を深めてもらう事を目的に、「親子ふれあいゲーム大会」を開催。参加者は大人17名、子供7名。
 
f0032780_8401952.jpg
まず、5アクトを斉唱した後、ラジオ体操で体をほぐしてから、2チームに分かれ、魚釣り・空き缶積み・キャタピラーの三つのゲームで、速さを競い合いました。その後も、ボーリングと玉入れで、大人も子供も白熱し、良い汗を流しました。
f0032780_8404761.jpg

今回は、今年度最後の子供倫理塾のため、親子行事にしました。そこで、親子で参加の方には、親から子供、子供から親へ、感謝の気持ちを伝えるように呼びかけました。子供達は恥ずかしいらしく、話してはもらえませんでしたが、親さんの言葉から、成長の様子を伺えることができました。愛が溢れる、楽しい会となりました。
f0032780_8413921.jpg
f0032780_8412536.jpg















,
[PR]
# by krinrig | 2016-08-25 08:42 | こども倫理塾

7/17 子育てセミナー

「お父さんの役割、お母さんの役割」と題した子育てセミナーが7月17日(日)、長森コミュニティセンターで行われました。今年度最後のセミナーということで、今までとは順番を変え、参加者同士で話し合いをした後で講師の森田玲子参事からお話を伺いました。「家庭を安らげる場所になるように心掛けるのが、母親の役割です。」と教えて頂きました。
f0032780_838577.jpg















,
[PR]
# by krinrig | 2016-07-20 08:37 | 子育て支援活動

「子供倫理塾」 “短歌”(ことばであそぼう)

7月17日(日)に「子供倫理塾」 “短歌”(ことばであそぼう)が長森コミュニティセンターで行われました。
最初は言葉遊びから始まり、「楽しかったことや今一番興味のあることを書きましょう。」の子育て委員さんの言葉かけに子供達は、つくり始めました。次に、「その時にどんな気持ちがしたかな」などと問いかけて、思いをどんどん引き出していきました。出来上がった短歌を一人ずつ発表しました。それぞれ良かった所を褒められてとても嬉しそうでした。どの子も子供らしい素敵な短歌でした。
f0032780_8372058.jpg
















,
[PR]
# by krinrig | 2016-07-20 08:36 | こども倫理塾

7月9日合同の「おはよう倫理塾」

7月9日土曜日細畑公民館にて合同の「おはよう倫理塾」が開催されました。参加人数67名。
まず、神谷由美子会長より挨拶と文化活動の表彰がありました。
続いて、加納支部の中瀬さんの実践報告で、勤務先で売り場の移動とスタップの人事異動があり、売り場を苦手意識を持っていた人と二人で担当することになり、その上、メーカー側から販売目標額の設定が課せられ、心が不安に揺れ動く日々であったが、純粋連理で学んだ、相手に合わせること、挨拶と感謝の言葉、笑顔で接することにより、相手を嫌い、欠点と思っていたことが、美点であり、自分にない良いものを持っている方だと気付き、互いの気持ちが協力的に歩み寄り、メーカーの目標も達成できた。自分にも自信を持つことができたと喜びの報告でした。
f0032780_17252650.jpg

講話は、吉澤綾告子講師です。今年度もあと2ヶ月となりました。一日一日心を込めて後始末をして下さい。実践することは、気持ちの切り替えができる人を作ります。
どうせやるなら喜んでやってください。改善は苦難の中から生まれて来ます。あたたかい言葉や思いやりが良き信頼関係を作ります。そして、エネルギーが湧き出てきて放出されます。
そして、子育てセミナーやシニア弁論を通して若い世代の育成に努めて下さいと励ましを頂きました。















,
[PR]
# by krinrig | 2016-07-11 17:24 | おはよう倫理塾

7月の「子育てセミナー」と「子供倫理塾」は17日です。

f0032780_14485923.jpg


場所は、長森コミュニティーセンターです。
画面を、ダブルクッリックすると拡大します。
055.gif 問い合わせ rinrigifu@yahoo.co.jp
















[PR]
# by krinrig | 2016-07-05 14:50 | 子育て支援活動

東海エリア『歌ごもり』

6月20~22日、岐阜グランドホテルにて、本部より、北奥明彦文化部部長、木村英世専任研究員そして、東海エリアの短歌講師を迎え、総勢106名で開催しました。(内岐阜市21名の出席)

f0032780_17161795.jpg 20日午後1時の開講式後、北奥明彦部長の講義『いのちとかたちー短歌における個性の発揚―』が行われ、「生きる力の根源『いのち』を三十一文字という定まった形のうたで表しましょう。すべてがそのままで良いのです。」と述べられました。
 続いて歌会の開始。全投稿草は百十二首になり、一日目の第1部歌会に於いては、五十七首の講評を10人の講師が一首ずつ述べられ、作者が作歌の動機を発表しました。
f0032780_17205341.jpg

二日目の第2部歌会後に、閉講式が行われ、その中で高点歌の方14名の表彰がありました。(高点歌は、20点以上の歌です。)最も点の多いお二人の詠草を紹介します。
  三河  安城支苑   佐々木和歌子さん
◎ハグをする我にふざけて「ハッケヨイ」と相撲をとるふり照れるな夫よ

大垣市 大垣支苑   長井トシ子さん
◎手間かけて姑の伝授の草餅に夫は「うまい」と笑みたる面を  
f0032780_17211693.jpg

総括では、北奥明彦部長が、「しきなみ短歌の良さは全員が主人公です。しきなみ短歌には純粋倫理の理念がしっかりとしみ込んでいます。短歌は心の向上が大切です。心を清らかにしていくために短歌を詠んでください。自分の真実の姿を歌に込めてください。心の歴史を歌に詠んで残してきたのが日本人です。」とまとめられました。
  













,
[PR]
# by krinrig | 2016-06-30 17:14 | 文化活動

「子供倫理塾」 “七夕祭り”

 6月19日(日)に「子供倫理塾」 “七夕祭り”(夢や願いを持とう)がぎふメディアコスモスで行われました。参加者は、子供が16名でした。
5アクト斉唱後、自己紹介をしました。始めは恥ずかしそうにしていましたが、子ども達全員が発表できました。
f0032780_14455524.jpg

 次に、役員さんから教えていただきながら、星や天の川の笹飾りを折り紙で作りました。短冊には子ども達それぞれの夢や願いを書いて、笹に結び付けました。どの子も夢中になって取り組んでいました。親子で参加の幼い子は、お母さんと一緒にとても嬉しそうに笹飾りを作っていました。
f0032780_14462399.jpg

f0032780_14464099.jpg
















[PR]
# by krinrig | 2016-06-24 14:44 | こども倫理塾

子育てセミナー「あなたの子育て大丈夫? 」

「あなたの子育て大丈夫? ~自分を責めない~」と題した子育てセミナーが6月19日(日)、ぎふメディアコスモスで行われました。
森田玲子講師は、子どもを変える前に自分が行動!を見直してみましょうと話された。
お家の汚れを一拭きして、できた自分を褒める。すると、子どもの宿題も一行でも出来たら、褒めることが出来るようになる。
何度通っても、良い話を聞いても、現状が変わらないなら、腑に落ちていない、腹で分かってないという証拠。
色々実践してきて、自分の心が楽になってきた。でも、まだ何だかモヤモヤするなら、そのまま先生や仲間に打ち明けてみると、やっぱり基本が大事だった、ということに気づかされた会でした。
f0032780_14395158.jpg

当日、朝日新聞社から取材があり、翌朝の朝刊に掲載されました。
f0032780_14411550.jpg

















[PR]
# by krinrig | 2016-06-24 14:36 | 子育て支援活動

町筋幸江特別顧問「活き活きセミナー」

家庭倫理の会岐阜市では、6月5日長森コミュニティーセンターにて、倫理研究所 特別顧問 町筋幸江様を講師に迎え「活き活きセミナー」を開催。

f0032780_1733348.jpgテーマ【幸せのヒント】
“幸せ”とは一体何でしょう?
幸せとは、(1)心身ともに健康であること。(2)経済的に物質的に恵まれていること。(3)人間関係が円滑であること。(4)生きがいとして充実していること。(5)人の役に立っていること。心に喜びを感じている。
物質面ではなくて、心を豊かに生きるにはどうすればいいのでしょう?
私たちは一人では生きていけません。社会と共に関わって生きることです。
しかし、苦難を抱えていると幸せとは思えないでしょうが、苦難を乗り越える勇気を持つことです。苦難はその人を幸せにする門であるからです。苦難はメッセージを持っていて、心の間違いに自ら変わること。他人のせいにしていては、いつまでたっても解決しません。自らが変わることです。
それには、まず心を明朗にすること。そして、プラスの言葉を使うようにする。苦難をも肯定的に受け、否定しないことです。
夫婦間には様々な問題が起きてきますが、男性は間違いを認めないと思うことです。女性は受け入れる特性を持っているので、家庭内の問題は女性が実践すると大体が解決する。
自分を卑下する人がいますが、自己肯定をすること。自分を好きになること。自分を否定すると、相手の負の部分を見つけて否定するようになります。素晴らしい自分を好きになること。
自分を好きな部分は親のいいところである。自分を嫌うことは親を嫌うことはである。親のいいところは自分のいいところを伸ばし子供につながって行く。
両親のおかげの“いのち”と思えること。その“いのち”を、人のために喜んで働ける人は幸せである。
自分の使命役割の自覚を感じ取っていくこと。
見えない魂のつながりを意識して感じ取れること。
f0032780_1734932.jpg

当たり前のことに「ありがとう」の心を持ちましょう。
心が豊かに、当たり前のことに感謝出来ているか
ありがとうの三つの心、毎日三つの感謝を見つけて書き出す。
飲み水に感謝、移動できる車に感謝。主人にありがとう。など
毎日三つのありがとう見つけることで、感謝が深まります。
そうすることで、大丈夫の心境になっていく。
気づいたことを、実践と行動に移すのが幸せのヒントになっていく。
細胞の免疫力を高めるには、喜ぶこと、感動すること、感謝すること。
















[PR]
# by krinrig | 2016-06-09 17:35 | よくする活動

合同の「おはよう倫理塾」に110名

6月5日(日)「おはよう倫理塾」 細畑公民館にて 参加者110名
■実践報告 鈴木さん
おはよう倫理塾300日皆勤をした事で、主人への感謝の心がより一層深まった報告。きっかけは、朝早く起きる事が苦手で早起きが出来るようになりたいとおはよう倫理塾に通うようにした。何度となく途中で途切れたが、夜11時までには寝る・主人に「はい」と合わせる実践に取組んでいると、秋津書道の応募で秋津賞を頂けたり、やさしい主人の良い所がどんどん見えてくるようになった。これからも思いやりの心を忘れない様に心豊かに過ごします。

f0032780_12162894.jpg■講話 町筋幸江 特別顧問
気づいたらすぐする。「気」は、かたちでは見えないが、やる気のある人はパワーをもっている。ほがらかにならない時、心をきたえないとほがらかにはなれない。心配する人は、事が起こると他人のせいにする。文句を言う心は肉体に症状(特に皮膚・内臓)が現れてくる。
朗らかになったらどんな体験がでるか?
環境の変化は、何かを気づかせてくれる。食事は、喜んでいただく。喜ぶと、環境も身体も良くなる。
倫理は、いつでもどんな時でも喜ぶ事。
物事は、良くなるために起きているので、喜んでそのまま受け入れる事。
と締められた。















,
[PR]
# by krinrig | 2016-06-09 12:14 | おはよう倫理塾

『純粋倫理基礎講座』

 6月4日(土)に、講師に町筋幸江特別顧問を講師に迎え、純粋倫理基礎講座 ~第17講~「科学に立脚し宗教に出入する」が岐阜倫理会館にて開催されました。参加者は51名。
 神谷由美子会長の挨拶に続き、第16講の「真っ直ぐに生きる」の倫理受講後の学びの実践を、柳ケ瀬支部の後藤幸子さんと加納支部の洞口宣子さんが報告しました。
 
f0032780_12274264.jpg第17講は純粋倫理の科学的方法、実証と観察と実験によって得られたデーターで理論や法則が見出されるが、純粋倫理はそれを精神、心理の世界まで研究して、誰が、いつ、どこで行っても同じ結果が出ることを証明したもので、この証明ということが、科学に立脚するということです。そして宗教に出入するの、出入するとは、純粋倫理に宗教が入ったり、出たりということではなく、純粋倫理は宗教とは離れがたく、繋がっているということです。倫理と宗教の違いは、倫理は私から親、先祖を通して神・仏(宇宙生命)に至るが、宗教は、私から直に紙を信ずるに至る。純粋倫理は実践することが大切で、親、祖先を尊敬し、大切にする実践をして、初めて真(まこと)の人となりますと結ばれた。














,
[PR]
# by krinrig | 2016-06-07 12:26 | よくする活動

6月の「子育てセミナー」と「子供倫理塾」

f0032780_17583967.jpg

画面を、ダブルクッリックすると拡大します。

055.gif 問い合わせ rinrigifu@yahoo.co.jp
















[PR]
# by krinrig | 2016-05-24 18:00 | 子育て支援活動