子供が育つ魔法の言葉

【子は親の鏡】(子は親の心を実演する名優である)
[**子供が育つ魔法の言葉**]
(1)けなされて育つと、子供は人をけなすようになる。
(2)とげとげした家庭に育つと、子供は乱暴になる。
(3)不安な気持ちで育てると、子供も不安になる。
(4)励ましてあげるば、子供は自信を持つようになる。
(5)誉めてあげれば、子供は明るい子に育つ。
(6)愛してあげれば、子供は人を愛することを学ぶ。
(7)認めてあげれば、子供は自分が好きになる。
(8)見つめてあげれば、子供は頑張り屋になる。
(9)親が正直であれば、子供は正直であることの大切さを知る。
(10)子供に公平であれば、子供は正義感のある子に育つ。
(11)守ってあげれば、子供は強い子に育つ。
(12)叱りつけてばかりいると、子供は「自分は悪い子なんだ」と思ってします。
〈PHP研究所刊〉
f0032780_1748533.jpg
★喜ばせ上手になろう

「喜ばせ上手になる」というのは、上手に生き、ツキを良くするための大原則的コツのひとつです。

たとえば「ほめられる」と人は喜びます。「受け入れ、認められる」と喜びます。どんな人にも良い点が必ずありますから、相手の長所をみつけて、うんとほめましょう。できるだけ受け入れ、どんどん認めてみましょう。

このような簡単なことであっても、実行し続けることで、だれでも喜ばせ上手になることができるのです。
[PR]
by krinrig | 2006-07-03 17:49 | 子育て支援活動
<< 【健康情報保存版】良薬は口に苦し! しきなみ短歌創設60周年記念大会 >>