子供倫理塾『日本の文化を知ろう』

2月21日(日)、『日本の文化を知ろう』 ~ 昔なつかしい遊びで遊んでみよう ~をテーマに、子供倫理塾がメディアコスモスにて行われた。参加者は子供9名。
 
f0032780_1636561.jpgけん玉に、こま回しやだるま落し、会員手作りのお手玉や福笑いを使っての遊びをしました。
うまくできるコツや遊び方を教えてもらった子供達は繰り返し挑戦し、上手になっていくので、とても嬉しそうでした。 

f0032780_16372343.jpg最近の子供達は習い事や学習塾の合間にゲーム機で遊ぶことが多いようですが、子供達の祖父母の世代が子供だった頃は、市販のおもちゃはあまり買ってもらえず、親や年上の子に教えてもらいながら身の回りの物や自然の木や竹などを切ったり削ったり工夫をしておもちゃを作りました。お手玉で遊びながら自分の使いやすいように、端切れの縫い合わせ方、中に入れる小豆やトウモロコシの量を工夫して作りました。「遊び唄」を歌いながらお手玉1個から始めていき、2個、3個と歌いながら次々に増やし、手がそれて失敗したら次の子へと渡します。  近所には子供が大勢いて、主に外で遊びました。集団で遊ぶことにより、ルールを守ることや小さい子へのいたわりなど、遊びを通して人との関わり方を身に付けていったように思います。
f0032780_16374289.jpg

f0032780_16595825.jpg













,
[PR]
by krinrig | 2016-02-24 16:32 | こども倫理塾
<< 藤﨑正剛部長 合同の「おはよう... 森田玲子講師の子育てセミナー >>