青年担当 嶌本真人研究員で「おはよう倫理塾」

4月10日の「おはよう倫理塾」細畑会場は、(社)倫理研究所 生涯局 青年担当 嶌本真人研究員は迎え開催。
f0032780_1042499.jpg 嶌本研究員は26才で現在最年少研究員と自己紹介をされ、鈴江研究員から、倫理研究所の入所を勧められたが、断っていました。その後、何度か就職試験を受けるるのですが、なかなか決まりませんでした。父親の一言が私を決断させた「本当は倫理研究所に入りたいのではないのか」。すぐに東京の研究所へ向かい、鈴江研究員に入所したいことを伝えた。「今さら何を言ったいるんだ!」とも言われましたが、私の思いを伝え、レポートにまとめ提出することになりました。両親のおかげで、倫理研究所へ入所出来ることができました。これまでの、熱心な倫理実践者の母親の話や、大阪の青年部の活動で、大阪の青年部を日本一にした時の体験の中で、両親の押しつけでない倫理の素晴らしさがわかるようになってきました。ここが人生の転機になりました。又家庭内にあった自分と父親との確執が解消したことで、両親の仲がよくなった。倫理の素晴らしさを一人でも多くの人に伝えて行きたい。と、語った。
青年部からの参加者もありフレッシュな「おはよう倫理塾」が開催出来ました。参加者27名
[PR]
by krinrig | 2011-04-11 10:02 | 青年倫理塾
<< 家庭倫理の会浜松市 会長 大谷... 「心の健康」をテーマに『倫理の集い』 >>