「家庭倫理の会」とは

「家庭倫理の会」は、一般社団法人 倫理研究所の主宰する倫理運動の趣旨に賛同する、個人会員による組織です。
f0032780_11214100.jpg
「家庭倫理の会」は、実行によって直ちに正しさが証明できる、生活法則である
純粋倫理
を基底に、和やかな家庭づくりを推進し、共尊共生の精神に則った生き方をめざす人々の輪を拡げて、地域社会の発展と、美しい平和な世界づくりに貢献することを目的とした団体です。


純粋倫理
とは、日本の精神文化や歴史、宗教等の研究を土台に樹立された《人間生活の法則=すじみち》です。実生活とひと時も離れることのない生活のルールといえます。人間を幸福に導き、平和で豊かな社会を築く基本の《くらしみち》であり、生きた生活法則です。

家庭倫理の会は一般社団法人倫理研究所の個人会員によって組織された会です。倫理研究所は、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律のもとで認可された民間の社会教育団体です。家庭倫理の会は、純粋倫理をベースにした生涯学習活動を通して、健全な家庭づくりと地域社会に貢献することを目的に、様々な活動を展開しています。民間の社会教育団体です。

以下その活動状況を随時掲載しています。

ページ画面の一番下に来ましたら、「次のページ」に進んで下さい。














【お知らせ】ブログに、広告が入るようになりましたが、家庭倫理の会とは一切関係がありませんので、ご承知おき下さい。クッリクしないで下さい。











[PR]
# by krinrig | 2017-12-20 09:25

12月10日「感謝報告会」

12月10日長森コミュニテイセンターにて「感謝報告会」開催。 
中瀬会長より、感謝報告会の意義の説明があり、各支部ごとに感謝報告を発表。

柳ヶ瀬支部  K.Kさん
銀杏採りの作業中、転んで骨折。起きてきた事を前向きに捉え、倫理の学びを生かそうと実践。家族の有難さを深く感じ感謝した。また、これまで喜んでやっていなかった事、人に頼るより自分でやったほうが良いと思い、甘え下手の自分だった事を反省した。「ありがとうございます。これがよい!」と明るく受け止めた時、身の周りの事が好転した。 

加納支部  H.Eさん
支部長の大役を受け、初めての事にチャレンジしている。支部長として前向きな気持ちで『おはよう倫理塾』や『新世』頒布に取り組んでいる。東京に住んでいる長男が購入する新居が丸山敏夫先生の生誕地のすぐ近くだと知り、偶然でなく、倫理活動を応援してもらっていると受け止め、精進する。 

八剣支部 K.Kさん
突然体調を崩し、救急車で運ばれた病院で検査入院した結果、大病が見つかった。自分を見つめ直し、家族、亡き両親、先祖に感謝した。100個の「ありがとう」を主人や子、孫たちにそれぞれ書くなど実践に取り組む。手術する事無く回復に向かい少しずつ日常の生活を取り戻し感謝。 

長森支部 S.Hさん
倫理とのご縁は、姉からの講演会の誘い。「何かが変わるよ」の言葉に魅かれ『おはよう倫理塾』に通う。親として成長させてもらえる場所にご縁をいただき感謝。『万人幸福の栞』を人生の手引書として、これからも学びを深めていく。 

やまがた支部 H.Hさん
27年前に5年間、朝の集いに通っていたが、以降遠退いていた。今年5月から『おはよう倫理塾』に通い始めたきっかけは、のどにポリープが出来たこと。帰り道の清々しさ、働ける事、仕事が出来る事、食事が出来る事など、感謝の生活を心がけた。その後、のどのかすれも無くなりポリープも消えた。自分自身の修行と思いこれからも通う。

芥見支部 M.Yさん
主人に合わせる事、子どもを信じて任せる事が大切と教えられた。子育て委員、子育て委員長、副推進長の役職をさせてもらい、たくさんの気付きと学びをいただいた。子育ての役を通して、自分が身勝手な子育てをしてきた事を反省。役職に真摯に取り組む中、長男が希望の職種に内定の報告をもらった感謝の報告。倫理の学びは、私にとって必要な事だと受け止めている。

















[PR]
# by krinrig | 2017-12-15 09:28 | よくする活動

12/7「子育てセミナー」

12月7日長森コミュニティーセンターにて子育てセミナーを開催。
テーマ 「子供のSOSに気付いていますか?」
講 師 生涯局 平岩かおる講師
12月2~3日の『子育て正副委員長研修』に野口委員長、片桐・三浦副委員長が参加し、子育てセミナーの開催目的が定まり基本に立ち返って開催することが出来ました。
講師のお話で、子供との関わり方を学び、初参加が2名の方は、グループトークでの、これまで参加された方の話を参考になったとのこと。
講師との質疑応答でも納得のいく解答を得られたようです。
f0032780_09150794.jpg

「次回も来たいと思っています。とてもいい雰囲気の中で話が出来て、スッキリしました。」と、感想がいただけ開催した委員も、とても嬉しく感じました。
時間配分など改善点も気付いたので、今後に活かして更にホッとできる場にしたいです。
f0032780_09165450.jpg
次回をお楽しみに!


















[PR]
# by krinrig | 2017-12-10 09:04 | 子育て支援活動

12月7日「子育てセミナー」開催。

f0032780_16413638.jpg

画面を、ダブルクッリックすると拡大します。

055.gif 問い合わせ rinrigifu@yahoo.co.jp















[PR]
# by krinrig | 2017-11-23 16:41 | 子育て支援活動

11/19「子供倫理塾」

11月19日南部コミュニティセンターにて「子供倫理塾」を開催。
~廃材を使った「モノづくり」と手形アート~
参加者全員で5アクトを斉唱。
ビー玉が転がるように、筒や箱をいくつもつなげたり、ロボット、お人形さんの家、ツリーなど、一人一人が工夫を凝らしながら製作を楽しみました。
手形アートでは、白い絵の具を塗って押した手形をサンタさんのひげに見立て、顔のパーツを貼り付けてサンタさんを完成させました。
家では、なかなかできない遊びに子供達は、夢中で取り組み楽しい時間を過ごせました。
f0032780_09242817.jpg















[PR]
# by krinrig | 2017-11-20 09:19 | こども倫理塾

親睦バス旅行

11月18日は「おはよう倫理塾」細畑会場の会員の親睦バス旅行を開催。
小雨降る中、彦根方面に向けて参加者34名を乗せたバスは出発。
雨も良しと受け止め、澤田班長の名司会で進行。バスの中はでは参加者が自己紹介をして、和やかな雰囲気につつまれた。
『多賀大社』では、皆さん助け合って参道を歩き…これこそが、倫理の仲間旅行だと、心が温かくなりました。 
『ラ コリーナ近江八万』では、長蛇の列に加わり焼き立てバームクーヘンを家族の為に買ったり不思議な建築物を散策したりしました。
ちょうど雨も止み、石山寺で昼食をとり、紅葉が綺麗でした。
『信楽陶苑狸村』では、湯呑みの絵付けに個性を発揮しました。
f0032780_09022322.jpg

帰りのバスでは、ビンゴ、カラオケと盛り上がり、参加者の方から全員にプレゼントがあり、またビンゴの景品の手作り野菜に歓声があがりました。
楽しい一日を過ごし親睦を深めることができました。















.

[PR]
# by krinrig | 2017-11-20 08:47 | 長森支部

11月9日「子育てセミナー」

11月9日「子育てセミナー」長森コミセンにて開催。
テーマ「ママの役割・パパの役割」~共働き夫婦の子育てヒント~
f0032780_17015195.png
講 師 生涯局 平岩かおる講師
 母=女、父=男というわけではなく、母の役割(母性)と父の役割(父性)ということ。
母性は無条件に子どもを抱きしめ、父性はルールや善悪の判断、社会的責任感等を身に付けさせることであり、母性的なものを先に与え、父性的なものは後からという、順番が大切。
初めての参加者が2名あり、日頃の悩みや心配事をグループで話し合い、共感したり、それぞれの体験談を話したりした。最後に講師からアドバイスを受け、皆さんモヤモヤが晴れたようだった。
















[PR]
# by krinrig | 2017-11-11 16:58 | 子育て支援活動

11月3日スペシャル「おはよう倫理塾」

11月3日スペシャル「おはよう倫理塾」岐阜都ホテルにて開催
f0032780_16550318.jpg〔講師〕生涯局 普及開発部 吉川和儀 部長 
10月8日の目標達成決起大会での決意を胸に、会員全ての力を結集し、昨年度より12名増の224名が、早朝長良河畔、岐阜都ホテルに集った。
林宏優 山県市長、宮脇恭顯 羽島郡二町教育委員会教育長、岐阜市議会議員の方々にもご出席いただいた。 
中瀬加代子会長の挨拶の後、普及開発部 吉川和儀部長の講話があった。倫理運動や、『万人幸福の栞』冒頭の十七箇条の紹介をされ、個人も企業もその基盤は家庭であり、家庭をしっかり見つめ直していこう、一日一日、自分の持てる力を精一杯出し切っていこうと説かれた。
また、自身と母親との関わりの中で、親の子に対する深い愛と思いやり、見守られている事に気付かされた話は来場者に感銘を与えた。
f0032780_16534759.jpg
















,

[PR]
# by krinrig | 2017-11-05 16:43 | おはよう倫理塾

11月2日「純粋倫理基礎講座」

11月2日「純粋倫理基礎講座」第8講を長森コミセンにて開催。
中瀬加代子会長の挨拶の後、
第7講を学んで、柳ヶ瀬支部の浅野郁子さん、加納支部の小森都美子さんの実践報告があった。
f0032780_17072677.jpg第8講テーマ 「純情の心得―実践の指標―」
講 師 生涯局 吉川和儀部長 
絶対倫理の根本は、「すなお」になる事。
ここでは強い積極性を持っているので「純情」の字を充てた。
「純情」は人が本来持って生まれた、あるがままの自然な心、これを「正常心」とも呼ぶ。
これはまた、歪みも偏りもない清浄無垢な心であり、これに徹した時、人の働きは「まことの働き」になって開花結実する。直観は冴えわたり、遅滞なく進行する。 
「純情」の元は「緊張(はり)」、力んだり、身構えたりするのでなく、「その場いっぱいに充ち満ちている」事で「常居基全(常にその全きに居る)」とも言う。 
「純情」の陰と陽    
陰…水のごとく、あるがままに全てを受けきる 「ハイ」の実践    
陽…火のごとく、一気呵成にやってやりまくる 「即行」の実践















[PR]
# by krinrig | 2017-11-04 16:36 | よくする活動

10月29日「子供倫理塾」

10月29日「子供倫理塾 親子で食育~食事の大切さを学ぼう~」長森コミセン調理室にて開催。 
片桐くんの進行で、「5アクト」から始まり、岐阜市食生活改善推進員の方からのお話。
f0032780_16331657.jpgジャンボ図鑑を使って、普段食べている野菜や魚などの、カットや切り身にされていない、本来の姿の話を聞きました。






f0032780_16332088.jpg子供達は、色々質問しながら、興味津々で聞いていた。 







お話の後は調理実習。
f0032780_16332310.jpgメニューは“お味噌汁・白ご飯&炊き込みご飯のおにぎり・スイートポテト”。潰したり、こねたり、丸めたりしました。






f0032780_16332739.jpg
皆で協力して作り、大悟くんの「いただきます」の挨拶で、楽しく食事をしました。
後片付けまで、しっかりでき、子供達の良い姿が、沢山見られた。















[PR]
# by krinrig | 2017-10-31 16:20 | こども倫理塾

加納支部懇談会

10月29日加納支部懇談会~関市へバスツアー~
参加者20名(内未会員3名)
f0032780_16153719.png台風22号が、夜、通過するという予報のなか出発。
関市のホテルに着き、美味しい懐石風料理に舌鼓。参加の皆さんに、11月3日の合同の「おはよう倫理塾」の出席をお願いし、皆さん快く、了承してくださった。
雨が強くなり、予定していた関善光寺や吉田観音はパスし、フェザー剃刀ミュージアム見学だけになったが、今後の支部活動参加のお願いをし、つながりの輪を拡げる事ができた。











,

[PR]
# by krinrig | 2017-10-30 16:13 | 加納支部

11月3日合同のおはよう倫理塾

11月3日朝5時30分より、岐阜都ホテルにて
吉川和儀部長を迎え、「おはよう倫理塾」
無料です!
多くの方に早朝に学ぶ、清々しさをご体験ください!


f0032780_12080084.jpg
画面を、ダブルクッリックすると拡大します。

055.gif 問い合わせ rinrigifu@yahoo.co.jp











[PR]
# by krinrig | 2017-10-30 11:08 | おはよう倫理塾

11月の「子育てセミナー」と「子供倫理塾」

f0032780_12165762.jpg
画面を、ダブルクッリックすると拡大します。

055.gif 問い合わせ rinrigifu@yahoo.co.jp、


















[PR]
# by krinrig | 2017-10-29 12:21 | 子育て支援活動

中條ますみ講師を迎え、「明るく楽しく元気に!」

10月22日、家庭倫理の会 八剣支部・長森支部合同倫理セミナーに中條ますみ講師を迎え、「明るく楽しく元気に!」
f0032780_10004283.jpg人生には苦しい時もあります。苦しい時ほどそのまま自分に与えられた課題だと受けて、自分で解決すると決心することです。決して他のせいにしたり、人を責めたりしない。どんな難問でも自分が解決できることしか起きて来ません。ですから、喜んで、朗らかに、静かに迎えることが肝心です。
ものは取りようで、裏と表があります。
夏は暑いから嫌だなぁ~という見方と、夏は暑いのが当たり前だからいいのだ!という見方もあります。陰と陽もあるように、妻(夫)への見方、親への見方、子どもの見方などにも、明暗があります。
明るい見方をすることが、明るい生き方につながり、必ず幸せな生活になっていきます。暗い見方をすれば、暗い生き方になっていき、不足不満が多くなり、心配や憂鬱になってきます。

主人が定年間際の59歳になって、会社を辞めたいと言ってきました。もう少し我慢してくれたら退職金が満額貰えるのにという思いがありましたが、主人の気持ちを大切にしてあげたいという思いもありました。
「これが善い」と、主人の思い通りにすることにすると、次の仕事が決まるまで今の会社に居てもいいとまで言っていただけました。
主人は希望の会社の面接を受けに行きました。それも夏で暑いのにスーツにネクタイをしてそれなりに決めて行きました。他の面接者は全てラフなスタイルだったので一発で合格。
その会社への入職は1月からとなり、9月から休職状態でした。
丁度その間に、リフォーム中の自宅の留守番や、娘に出産のために東京へと行ってくれて、奇跡的に丁度いいようになって行きました。

明るくなればいい事は誰でも知っています。
明るくなるにはどうすればいいか?
①自分の考え方を変える。自分で変えようと気づくこと。わからなければ生活倫理相談を受ける。
②家を明るくする。窓を開ける。照明を明るくする。カーテンの色を明るくする。整理整頓する。
③体を動かす。とにかく上を向く。動き回る。
④動作を大きくする。大股で歩く。
⑤笑う。笑いヨガで練習してみましょう。とにかく笑う。笑うことでナチュラルキラー細胞が活発になり病気も治る。
⑥良い言葉を使う。ダメとかイヤとか面倒くさくとか、もう歳だからというマイナス言葉ではなく、プラス言葉を使う。
そして、一秒ほどの言葉で明るくなれる。
「はじめまして」
「ありがとう」
「顔晴って!」
「おめでとう」
「ごめんなさい」
「さよなら」
これらの一秒ほどの言葉で、明るくなれる。

自分の問題は自分で解決する。
心配しいてる、憂いている自分を静かに見つめる。客観視することで、小さな自分に気づく。
「これが善い」と受け止めることで、苦味あい、苦しみも解けていく。















[PR]
# by krinrig | 2017-10-25 09:53 | よくする活動

芥見支部「おはよう倫理塾」

10月22日芥見支部「おはよう倫理塾」に、中條ますみ講師を迎え開催。
<実践報告>村山さん芥見準支部が発足した6年前から子育て委員を4年、子育て委員長を2年、今年度は副推進長を拝命し、仕事と家事の忙しさの中、頑張って取り組んでいる中、長男は希望の大学に進学し、教育関係の出版社への就職が決まった喜びの報告。
f0032780_16101558.jpg<講話>中条ますみ講師初めて「おはよう倫理塾」に参加して以来38年間、様々な出来事(家の購入、主人の交通事故等)があり、嬉しい時も、大変な時も倫理の学びと役職を続け、主人から感謝の言葉をいただいた。明るく、楽しく講話され、座談会では笑いが絶えない、NKホルモン分泌がたっぷりの倫理塾となった。
≪参考≫体に悪影響を及ぼす物質を退治しているのが、リンパ球の一種であるナチュラルキラー(NK)細胞“笑い”が発端となって作られた“善玉”の神経ペプチドは、血液やリンパ液を通じて体中に流れ出し、NK細胞の表面に付着し、NK細胞を活性化する。その結果、がん細胞やウイルスなどの病気のもとを次々と攻撃するので、免疫力が高まる。

[PR]
# by krinrig | 2017-10-24 16:08 | おはよう倫理塾

役職者研修

10月21日南部コミニティーセンターにて、大阪より生涯局中條ますみ講師を迎えて「役職者研修」を開催。
f0032780_10004202.jpg
倫理運動において役職は組織の要であり、倫理運動の推進者として重要な働きを担っています。自己向上の最高の場であり、家族の幸福や、家業の繁栄をもたらす足場でもある事を自覚したいものです。
役職者の心得は、人のために尽くすところにその目的がありますが、同時に心持ちとしては、
① 温かく親しみのある人
② 何でも気楽に相談できる人
③ えこひいきをしない人
④ 秘密を守ってくれる人
⑤ 人の悩みや苦しみを共に悩み、よいことを共に喜ぶことのできる人
⑥ 責任を果たす人
⑦ 率先垂範する人
⑧ できない人を叱らない、できない人の心境がある
⑨ 健康であること
⑩ 家もしっかり実践

◆役職の受け止め方
《プラス》の人
① 役職を喜んで受ける[新しい風]。
 私ごとき者でもさせていただこう。
 同じことをするなら喜んで。
 いろいろなことがあるが、やりくりしてやってみる。
 苦手は自分を磨く。
② 受けた以上は責任をはたそう。
 できるだけ倫理を優先していこう。
このような人は、前進の心、姿勢で、家庭も事業も子供の能力も伸びて行く。

《マイナス》の人
① 役職をできない理由を探して受けない。
 仕事が忙しい。家に年寄りがいる。子供が小さい。私には能力がない。
② 役職を受けるが、させられる。押し付けられると思う。
 仕方なくしぶしぶ。役職を受けるが責任をはたさない。
このような人は、後ろ向きの心、姿勢で、家庭も事業仕事が伸びない。伸びてもガラリと行く。お金も変なものにださざるを得なくなる。子供の能力が意外と伸びない。

倫理運動の組織の特色は、命令と服従の関係ではなく、委嘱(頼んで任せる)と奉仕の関係です。受ける側からいえば、役職を慎んで受けさせていただく。
受けた以上は、その目的に向かって、聖業として、まことを尽くさせていただくということになります。

役職を通して、人を助け、人を救い、人を幸せにすることは、同時に己が救われる元であり、祖先から受け継いだツミを消し積徳の働きとなり、子孫繁栄の元となります。

f0032780_10004547.jpg中條講師の体験では、倫理を優先して実践した時、自分を取り巻く環境が、ちょうど良い時、良い方向へと変わっていった。倫理でつながっている事を実感している。
「つなぐ」が今年度の方針でもあります。
世代をつなぎ、倫理のバトンリレーをして行きましょう。
きらきら輝くには… “私を見て!”というくらいの気持ちで…
①元気、働き者、仲良し、行動的、親先祖を大切にする。
②徳は、ここぞ!という時、天から降りてくる。
③子供が人に役立つ子に!という前に、まず自分が役立つ人になる。
④ 大きな広い心を持つ(人を責めない)。女性であれば、笑顔美人・返事美人・あいさつ美人と言われるようになりたい。

普及目標は人のためであり
① 明るく和やかな家庭が一軒でも多くなり、地域が良くなるように。
② 倫理実践による感謝と感動を一人でも多くの人に波及する。
そのことにより、自分の人生目標として
① よりよい人生にしたい。
② 肉体健康、家庭健康、事業繁栄と掲げることができる。

ぜひ役職を喜んで取り組んで、素晴らしい自分に気づけるようにしてください。















[PR]
# by krinrig | 2017-10-23 11:33 | よくする活動

目標達成決起大会

10月8日 細畑公民館にて、来たる11月3日の”合同の「おはよう倫理塾」”の目標達成決起大会が行われた。
中瀬加代子会長から「11月3日は5時30分からのおはよう倫理塾です。多くの方々をお誘いし、来年の普及強化月間につながるように努めましょう。」と挨拶があった。
実行委員長の林宏之推進長からは「目標は250名。ランキングで全国一番になるよう頑張りましょう。」と決意発表。
f0032780_12040900.jpg
各支部からは、力強く目標数字の発表と共に、楽しく変え歌や、ダンス、川柳等披露された。
続いて神谷由美子育成講師から、「明るい気持ちで取り組んで、おはよう倫理塾を皆さんにお知らせしてください。」と激励の言葉があった。
f0032780_12040679.jpg
乾杯の音頭は大野ヒサ子副参事、「朝の醍醐味を知らない方々にお知らせしましょう。」と挨拶があった。
歓談しながら参加者の中からも決意発表があり、楽しい決起大会となった。
f0032780_12080084.jpg














[PR]
# by krinrig | 2017-10-10 11:47 | おはよう倫理塾

子育てセミナー 30年度予定表


子育てセミナー
30年度予定表

f0032780_12171806.jpg
画面を、ダブルクッリックすると拡大します。

055.gif 問い合わせ rinrigifu@yahoo.co.jp
[PR]
# by krinrig | 2017-09-30 12:16 | 子育て支援活動

金華山会場「おはよう倫理塾」に望月かよ子講師

9月30日菊地公民館にて、金華山会場「おはよう倫理塾」に望月かよ子講師を迎え開催。
f0032780_10063882.jpg<実践報告>加納支部 林英子さん 
支部長の役職を受けて、明るい大きな声で挨拶することが大切だと実感した。
また、辞令交付式の日、いただいた辞令を見つめ、精一杯やろうと、実家の両親の写真の横にかざると長男から電話があり、家を買うとのこと。
それは創始者丸山敏雄先生が住んでおられた高杉庵と同じ町内であった。
偶然とは思えないこの喜びと倫理の素晴らしさをお伝えすると共に、支部長として前向きに幸せ人生を歩んでいきたい。


f0032780_10063837.jpg<講話>生涯局望月かよ子講師 
声を大きく出すという事は明るい気持ちでないとできない。
「明朗、愛和、喜動」は「明朗」がベース、
人+物+明るさ⇒「愛和」、
働き+明るさ⇒喜動となる。
苦難の渦中に在る時、「明るさ」は難しいが、倫理を学んでいるとそこからの抜け方が違う。
その時は無理でも、いつか明るい方向へもっていこう。















[PR]
# by krinrig | 2017-09-30 10:25 | おはよう倫理塾

望月かよ子講師「純粋倫理基礎講座」

9月29日長森コミ二ティーセンターにて、講師 生涯局 望月かよ子講師を迎え、純粋倫理基礎講座 第7講「丸山竹秋会長の足跡」
f0032780_10171507.jpg中瀬加代子会長の挨拶の後、第6講を学んでの、二人の実践報告があった。
やまがた支部 松原浩一さん=「おはよう倫理塾」の会場に一番に入る事に固執せず、目覚めた時に起きるという実践に取り組んだら、居眠りもなくなり、体が軽くすっきりしている。
芥見支部 後藤千鶴子さん=目が覚めたらさっと起きて会場に早めに行き、準備する実践に取り組んだ。


<講話>  竹秋会長の人となりについて学ぶ。
昭和26年、31歳の若さで亡き創始者の遺徳を顕彰し、遺志を継承する選択をされた。
S.26 研究部門を終始一貫リード
S.41 富士高原研修所の竣工【二大業績】
S.55 第1号の倫理法人会の設立      
S.56 『丸山敏雄全集』完成【二大業績】
S.60 「地球倫理の推進」を発表
H.7  未来に向けての方向性を明示
①視野を地球的に広げる。
②アジアに目を向ける。
③アジア(世界)のタグボートになる。















[PR]
# by krinrig | 2017-09-30 10:06 | 「家庭倫理の会」岐阜市の活動